タグ:変態の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:変態

早漏の僕は妻から射精管理されて男性用スケスケショーツとリングを装着しています

射精管理
画像はイメージです

 

射精を我慢しなさい

 

僕は26歳で、雄一といいます。

 

半年前に、1年間交際していた妻の千奈美と結婚しました。

 

妻は38歳と一回りも年上ですが、僕が営業で困っている時に、同じ会社の方を紹介してくれたりして、すごく助けられていました。

 

そして付き合い始めて半年が経った頃に、千奈美さんの方から告白され、結婚することになりました。

 

千奈美さんも仕事をされていて、毎日スーツ姿での仕事なのですが、見た目よりも若く、プロポーションもよくて豊満な体型です。

 

といっても太っているわけではなく、バストが97cmセンチのIカップもあり、ウエストは64cmくらいで、ヒップは93cmくらいです。

 

ボン、キュッ、ボンを絵に描いたような体型です。

 

千奈美さんとの結婚生活はとても楽しくて、しかも人生の先輩でもあるので、なにかと教えてもらうこともあります。

 

いつかは僕の給料だけで養いたいと思っていました。

 

でもその楽しい新婚生活は、わずか3ヶ月で途切れてしまいました。

 

千奈美さんとの夜の性生活が原因です。

 

付き合っていた時から分かっていたことではあるのですが、僕はかなりの早漏で、挿入してから平均2、3分、早ければいわゆる“3擦り半”で射精してしまうこともあります。

 

千奈美さんのオマンコの中が気持ちいいのが原因なのですが、最近ようやく5分を越えるようになったところです。

 

そして、ついに千奈美さんから“キツいお仕置き”が下されてしまったのです。

 

それは2ヶ月前の7月の暑い日でした。

 

僕が仕事から帰ってくると、千奈美さんは超セクシーなベビードールを身にまとっていました。

 

薄いピンクのキャミソールはお尻までしか丈がなく、下のブラとショーツは同じような色合いですが、隠している生地は小さく、ブラはハーフカップ、ショーツはTバックでした。

 

帰るなり玄関口で着替えるように命令され、素っ裸にされました。

 

渡された袋に入っていたものは、男性用Tバックのショーツで白のシルク地のものでした。

 

穿いてみるとスケスケで、チンコの色や形が丸分かりでした。

 

おまけにSサイズと小さく、少しでも勃起しようものならはみ出してしまいそうな状況でした。

 

なんとこの格好で朝まで過ごし、しかも、

 

「射精を我慢しなさい」

 

と言うのです。

この体験談の続きを読む

ヤリマン女と呼ばれるようになった私は男たちのザーメンを飲みすぎて…

ヤリマン女
画像はイメージです

 

クンニが好きすぎる男

 

私は30代前半の独身女で、女性向けのアパレル関係の仕事をしています。

 

職場も女性がほとんどで、出会いなんか滅多にありません。

 

そんな私は3年ほど前から、あるネットのサークルに入ってしまいました。

 

そのサークルとは、大人の性癖の集いサークル。

 

4年ほど前に2年間付き合っていた彼と別れ、寂しい思いもしていたので、軽い気持ちでそのサイトに入りました。

 

そのサイトには私の他に4人ほどの女性がいたし、どこの誰かわからないという安心感もあって、ついつい入り浸っていました。

 

最初はサイト内の複数の人達が集まるチャットに入り、色んな人の性癖を聞いているだけだったのですが・・・。

 

みんなの話を聞いているうちに、色々なことに興味を持ってしまいました。

 

それからは、独り妄想して自分で慰める毎日になっていました。

 

自分が経験したことのない話を聞いては驚き、興奮していました。

 

それから数ヶ月して、そのサイトで知り合った男性とリアルで会って、お茶をしたり食事したりして、3回目に会った時にその男性とセックスしました。

 

彼はクンニが好きらしく、1時間近くオマンコを舐められ、彼の舌だけで4回くらいイカされました。

 

1時間近くもクンニされてるもんですから、私も彼のを1時間近くフェラしてあげて、彼の出すザーメンで口の中が苦くなっていました。

 

途中で、

 

「入れて欲しい」

 

とお願いしてもクンニばかりされ、やっと挿入された時には1分くらいでイッてしまって、彼が射精するまでに3回ほどイカされました。

 

こんなに一日でイカされたのは初めてだったので、癖になりそうでした。

 

それから数回、彼とは会ってセックスを楽しんでいました。

 

私が今までに付き合った人は3人で、それぞれ関係を持ちましたが、普通のセックスがほとんどでした。

 

フェラチコ、シックスナイン、正常位、バック、騎乗位くらいは経験していましたが・・・。

 

彼とのセックスでは片足を持ち上げられて立って挿入されたり、立ったまま両手をベッドに付かされバックで突かれたり、彼の首に手を回して彼にお尻を抱えて持ち上げられ挿入されたり(駅弁と言うそうです)・・・。

 

フェラチオも、ただ舌で舐めたり口に含むだけしかしてこなかったのに、彼の指示でタマタマを舐めさせられたり、口に含んで転がしたり、アナルまで舐めさせられたりしました。

 

彼が射精する時は、口の中で出すというより、私に口を大きく開けさせて、そこにザーメンを流し込む感じで出されました。

 

その後も、彼のザーメンで汚れているおちんちんを綺麗に舐めて、先っぽに吸い付いて尿道に残っているザーメンを残らず吸い取って、最後はごっくんさせられました。

 

なんか不思議な感じでした。

 

彼に言われると、

 

(してあげなきゃ!)

 

という気持ちもあったり、少しレイプっぽい感じもして興奮しました。

 

彼とはまるで、スポーツを楽しむようにセックスしていました。

この体験談の続きを読む

【小学生フェラチオ】恥垢がついた包茎おちんちんの臭いに興奮する私は変態

小学生フェラチオ
画像はイメージです

 

小学生の男の子がおねしょ

 

私は小学校の教員ではあるのですが、とにかく少年が大好きなのです。

 

しかも包茎の男の子なら、なおさらです。

 

女性の多くは、変態って思うかもしれません。

 

でも、好きなものはどうしようもありません。

 

大人の男性とは違う魅力があります。

 

汗の匂いやおしっこの臭い、思春期の男の子ならではの独特の甘い精子の臭い、それら臭いを嗅ぎながら、少年のおちんちんの先に舌を這わせてフェラチオしてあげます。

 

想像しただけでも、オマンコが濡れてしまいます。

 

私が今、関係を持っているのは、小学校の教え子ではなく、近所に住んでいる宏君です。

 

驚くことに今の子供って、早い子では、小学4年生でおちんちんが勃起もするし、射精もするんです。

 

子供でも気持ちよくなって、精液ピュッピュッて飛ばしちゃうんです。

 

女の子の生理も、小学3年生で始まる子もいます。

 

信じられないでしょ?今の子供は発育が早いのです。

 

宏君とは、ここ1年ぐらい、エッチな関係にあります。

 

最初は地域の子供会のスキー旅行で、宏君の両親がどうしても行けなかったため、教師でもある私と、私の父が面倒を見たのがきっかけでした。

 

宏君はお泊まりは初めてと言う事で、バスの中でも緊張していましたが、スキー場に着くと、子供らしく元気いっぱいに滑っていました。

 

飲み込みも早くて私よりも上手で、私が

 

「宏君、滑り方教えてよ」

 

って言うと、

 

「うん、お姉ちゃん一緒にすべろ」

 

なんて無邪気な笑顔で私の手を取り、丁寧に滑り方を教えてくれました。

 

ホテルに戻ると、たくさん汗をかいたので、私は温泉に入りに行きました。

 

部屋に戻ってくると、さっきまで大はしゃぎで遊んでいた宏君は、お風呂も入らずに、そのまま布団でぐっすりと寝ていました。

 

部屋は私の父と私、そして宏君の3人だけでした。

 

夕食は大人数なので宴会場で食べる予定なのですが、宏君が起きないので、父だけ宴会場に行って貰い、私は宏君と部屋に残る事にしました。

 

父は浴衣に着替えると、

 

「じゃあ、夕飯は後で食べに行くか、買ってくるかしなさい」

 

と言って、私に5千円を渡してくれて、宴会場に向かいました。

 

父が部屋から出て行ってから、すぐのことでした。

 

なにか、

 

ジョ、ジョー

 

という音が聞こえてきたんです。

 

(なんだろう?)

 

と思ってキョロキョロしていると、宏君が目を覚ましたみたいです。

 

時間は夜の6時過ぎでした。

 

「あれ?宏君、起きたんだね」

 

と私は声を掛けましたが、宏君は寝ぼけているのか、一言もしゃべりません。

 

むしろ、落ち着きがない感じでした。

 

寝ぼけているのとは明らかに違います。

 

私は

 

(もしかして?)

 

と思い、宏君に近づいて布団に手をかけました。

 

すると宏君は、

 

「やめてー」

 

と大きな声で嫌がると、真っ赤な顔をしながら私の手を掴んで払いのけました。

 

私は何も言わずに立ち上がり、部屋のお風呂場からバスタオルを取ってくると、

 

「大丈夫よ」

 

と言って、布団をめくりました。

 

そうです、宏君は「おねしょ」をしてしまったんです。

この体験談の続きを読む

【ビッチなJK】バツイチ女性の娘に変態あつかいされて逆レイプ

ビッチなJKの手コキ
画像はイメージです

 

ママと結婚してあげて!

 

私は42歳の時に、17歳の女子高生の娘がいるバツイチ女性(40歳)と結婚しました。

 

彼女との出会いは昨年の春のことですが、私の会社にパートとして彼女が来た時でした。

 

私たちは何度か話すうちに、お互い気が合って二人きりで飲みに行ったり、独身の私を気遣って晩御飯に招待してくれたりと、少しずつ深い仲になり、セックスをする関係までになりました。

 

JKの娘を紹介してくれたのもその頃でした。

 

おそらく彼女は、その時点で私との結婚を意識していたと思います。

 

しかし、私は迷っていました。

 

初婚でいきなりJKの娘の親というのは、やはり抵抗があります。

 

(この子の親になれるだろうか?)

 

と思い、とても自信がありませんでした。

 

そんな時、突然その娘が、私の自宅を訪ねて来たのです。

 

仮に名前をサキとします。

 

サキは、

 

「ママの事で話があるの」

 

と言って家に上がりました。

 

するといきなり、

 

「ねえ、ママとセックスしたでしょ」

 

「え?」

 

「あたしも女だから分かるの。ママはあなたのこと好きなんだよ。ママと結婚してあげて。本当のパパと別れてから、ママはあたしを育てるために必死に生きて来たの。あんな楽しそうなママ見るのは初めて。だから結婚して!」

 

そう言いながら、JKの娘は私に詰め寄って来ました。

この体験談の続きを読む

俺のカリデカチンポを使っておばさんたちに男の潮吹きをレクチャー

男の潮吹き
画像はイメージです

 

カリデカチンポにおばさんはうっとり

 

とある団地に住む高校2年生です。

 

俺が童貞を奪われたのが、団地内に住む男好きなおばさんでした。

 

高校1年の夏休みの時ですが、まさか団地内のおばさんとセックスするとはまったく思ってもいませんでした。

 

俺が住む隣の棟の佳子さんと言うおばさんで、当時は40歳で年の割には若くて綺麗なんですが、化粧が濃くて、ちょっとケバイ感じもするおばさんでした。

 

男好きの佳子さんは、特に若い男が好きで、童貞狩りで高校生を中心に食い漁っているみたいなんです。

 

その中でも気に行った男には、セックスのテクニックや変態プレイも教え込んでいたそうです。

 

俺が佳子さんに喰われた時は、ちょうど新しい若い男を探していたようです。

 

しかも、男に潮を吹かせるテクニックをエロ仲間に教えてもらったそうで、それも実験したかったみたいです。

 

俺が童貞を奪われた当日は、たまたま団地で佳子さんと出会い、平日の昼間に部屋に連れていかれました。

 

童貞狩りをしているせいもあってか、若い男の扱いには慣れている感じでした。

 

部屋に入ると佳子さんは体を密着させてきて、ズボンの上からチンポを撫でてきました。

 

びっくりしましたが、おばさんといえども綺麗な女性に触られると、あっという間に勃起します。

 

佳子さんは勃起したのを確認すると、ズボンのチャックを下ろし、手を入れて直接俺のチンポを握ってきました。

 

「16歳でこのおちんちんは初めてだわ。太くて長いの男の子はいるけど、こんなにカリが太いのは初めてよ」

 

と俺の顔を見ながら言いました。

 

しばらくパンツに手を突っ込まれたままチンポを扱かれると、俺はすぐに逝きそうになりました。

 

「まだ出しちゃダメよ」

 

と言って手の動きを止めたんですが、その後は俺の表情を見ながら、手の動きを速めたり、緩めたりと強弱をつけて手コキされました。

 

「どんなおちんちんか見せてちょうだい」

 

と言って、チャックから俺のチンポを引っ張りだしました。

 

すると佳子さんは、一瞬ハッとした表情で、

 

「いやだぁ・・・こんなにいやらしいおちんちんだったのね・・・おばさんビックリだわ」

 

と嬉しそうに言って、

 

「カリデカチンポだわ・・・素敵」

 

と言いながら、チンポに頬ずりしてきました。

 

そして、

 

「いただきます」

 

と言うと、口を開けて俺のカリデカチンポを咥えました。

この体験談の続きを読む