タグ:名器の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:名器

デブで臭いマンコの熟女に逆レイプされたけど名器でしかも何度も中出し

デブで臭いマンコ
画像はイメージです

 

セフレが欲しいという熟女に会ってみると・・・

 

ある日、出会い系で知り合って関係を持った人妻から、

 

「セフレを欲しがっている女性の知り合いがいるんだけど、良かったら会ってみる?40代の人なんだけど、結構な金額のお小遣いくれるってよ」

 

当時、女には困っていませんでしたが、お金には困っていたので1度会う事にしてみました。

 

アドレスを教えてもらい、会う約束を交わました。

 

俺は結構ストライクゾーンが広かったので、40代でも大丈夫だろうとその時は思っていました。

 

約束の当日になり、女性の住むマンションへ向かいました。

 

彼女の名は浩子さんで42歳。

 

5年前に旦那さんを亡くしているそうです。

 

マンションに着くと、わりと大きくて綺麗なマンションでした。

 

オートロックのため、教えられた部屋番号を押します。

 

「はい?」

 

「約束していた○○です」

 

「あっ、今開けますね」

 

扉が開きました。

 

エレベーターで上へあがり、部屋の前へ行き、インターフォンを押すと、

 

「はーい」

 

と中から声が聞こえてきました。

 

ドアが開きます。

 

すると玄関から突然犬が2匹出てきました。

 

そして中にいた女性はというと・・・とても42歳には見えません。

 

(どう見ても50代だろう)

 

と思うぐらいの、外見はマツコデラックスほどではないが、ちょっと老けさせた感じです。

 

長めのスカートに、ピチピチのTシャツを着ていました。

 

3段腹が透けています。

 

正直あり得ません。

 

街で見かけたら思わず噴き出してしまう位の醜さです。

 

直ぐに帰ろうかと思いましたが、紹介してもらった手前、せめて言い訳位して帰る事にしました。

この体験談の続きを読む

私のオマンコが名器だからって男子達のセフレになっちゃいました

名器 セフレ
画像はイメージです

 

セックス体験をしゃべったら男子が触ってきた

 

私は中学生の時は結構不良少女で、同じような派手な女子達&男子達と一緒に夜まで遊ぶこともしょちゅうでした。

 

繁華街にも頻繁に行っていましたが、学校の先生たちに目を付けられて、パトロールされて注意されることも多くなりました。

 

やがて、親が夜働いている友達の家に行くようになり、泊まったりもしていました。

 

一番よく泊まったのは、タクミという男子の家でした。

 

タクミの家は、母親が小学校低学年の頃に離婚して家を出て行きました。

 

お父さんがタクミを育てているのですが、夜勤も多くて、その夜勤の日に合わせて、みんなで遊びに行ったり泊まったりしていました。

 

家の中で大人の目も無いからやりたい放題で、中学生なのにお酒やタバコも好きなようにやってました。

 

そのうちやっぱり思春期の男女なので、みんなエッチなことに興味津々みたいで、話がそういう方向になってきちゃいます。

 

最初は、知ってるエロ知識を披露するとか、トークだけでしたが、自分に関するエッチな事とかも話すようになっていました。

 

お酒でかなり酔っていたせいもありますが、

 

「初めてオナニーしたのいつ?」

 

とか、恥ずかしげもなく話す子もいて、盛り上がっていました。

 

そんな中で実は私は、中1の夏休みの時、一定期間だけ来てもらっていた大学生の家庭教師と初体験を済ませていて、ついついその話をしてしまいました。

 

他のみんなはセックスまでは経験してなかったんで、相当ビックリされて、根掘り葉掘り突っ込んで質問されました。

 

私も酔った勢いで赤裸々にしゃべり、

 

「最初は痛かったけど、2回目からは気持ちよかった」

 

「オナニーなんかより、超気持ち良いんだよ~」

 

なんて話しちゃいました。

 

この時はそれで終わり、みんな気に入った部屋で適当に寝ていたんですが、私は夜中に喉が渇いたので水を飲もうと、1階の台所へ向かいました。

 

すると台所にタクミが居て私が、

 

「喉が渇いちゃった」

 

と言ってたら、タクミが

 

「俺、なんだか眠れなくなっちゃった、ちょっと話さねえか?」

 

と言われて別に構わなかったので、そのまま一緒に和室に行きました。

 

タクミの他にショウジとマサも起きてて、最初は普通に話をしてました。

 

そしたらタクミが、

 

「なあ、前から思ってたんだけど、ルミって胸でけえよなあ」

 

と言ってきたんです。

 

タクミ「なあ、ちょっと、見せてくれよ」

 

私「やだ~」

 

そしたら、ショウジが私を後ろから羽交い絞めにしてきました。

 

と同時に、タクミが私のTシャツを上に捲り上げたんです。

 

寝巻き代わりでブラジャーは着けてなくってキャミソールだけだったので、そのまま胸が露わになってしまいました。

 

タクミ「うわっ、やっぱデケェなあ、ちょ~興奮する」

 

私「だめだよっ!」

 

私は抵抗して足をバタバタさせました。

 

その足をマサが押さえてきました。

 

もう一切抵抗できない状態にされてしまいました。

 

タクミは胸を両手で、おそるおそる触ってきました。

 

タクミ「は~、やわらけぇ」

 

そう言いながら、感触を確かめるようにおっぱいをモミモミし、乳首も舐められました。

 

私「あん、はぁ・・・」

 

抵抗していたはずなのに、気持ちよくなってしまって、思わず声が漏れてしまいました。

この体験談の続きを読む