タグ:口内射精の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:口内射精

巨乳奥さんが超エロい格好で俺を挑発するからバックでチンポ挿入した

後背位
画像はイメージです

 

奥さんがエロい格好で俺を挑発している?

 

去年の夏のこと。

 

俺は現在20代半ばで、とあるマンションでTVアンテナの工事のアルバイトをしていた。

 

高級マンションではあったにも関わらず、ちょい古かったため、CS放送の受信にはいまだ対応していなかった。

 

屋上のアンテナと共用部分の機器は交換し終わって、あとは各部屋の中のテレビの端子交換を残すのみだった。

 

しかしこれがかなり大変で、だいたいの家庭のテレビの後ろは埃が溜まっているので、むせ返る事もしばしば。

 

俺は職人ではないので、材料の準備と工事の立会いを主にしていた。

 

そして最終日になったのだが・・・。

 

職人さんが突然交通事故に遭い、来れなくなってしまったのだ。

 

かなり焦ったけど、今日の予定は午前中の3件だけだった。

 

材料は揃っていたので急遽俺が工事をすることになった。工事の仕方はいつも注視していたので、なんとか出来るだろうと。

 

一軒目はスムーズに終わって二軒目の家に来た。

 

なんとそこの奥さんがとても官能的。

 

笑うと優木まおみにそっくりで可愛い。

 

しかも体型もやたらとエロチック。

 

Tシャツにジーパンといったラフな格好なんだけど、Tシャツから突き出たおっぱいに目を奪われてしまう。

 

下半身がピクンとして頭はクラクラ状態。

 

「あ、失礼しまーす」

 

「どうぞー、ごめんなさいねー。散らかってるの」

 

「いえいえ、とんでもないですよ」

 

部屋は本当に綺麗でちっとも散らかっていなかった。しかもなんともいえないいい匂いがする。

 

「じゃぁ早速工事に入らせていただきますね」

 

「場所はリビングと、あと寝室です。お願いしますね。あれ、あなた工事の説明会の時には居た?」

 

「あっ、自分は普段工事はしないんですが、急遽代打を頼まれまして」

 

「あら大変なのねー。急いでないからゆっくりでいいわよ」

 

覚えていてくれたことに妙に感動してしまう。

 

テレビを動かして端子の箇所を交換をしていると、奥さんが興味あるのか、四つん這いの状態で覗き込んでくり。

 

「へぇー、こんなふうになってるんだー」

 

覗き込む顔が近すぎてドキドキしてしまう。

 

工具を持ち替えるために体勢を変えた時、Tシャツの胸元から、ブラジャーに包まれた大きな谷間がバッチリ見えてしまった。

 

しかも至近距離で。

 

たまんねぇ。

 

ピンクだ。

 

仕事どころじゃねぇ。

 

いやいや、やることはやらないと。

 

リビングが終わって寝室へ移動する。

 

大きなダブルベッドを見て少し興奮する。

 

この時点で半勃起状態に。そりゃ仕方ないよね。

 

「ちょっと暗いからカーテン開けるわね」

 

そう言って奥さんがカーテンを開けると、ベランダに干してある洗濯物のブラジャーとパンティーを発見!

 

薄いピンクのものと黒があった。

 

やっぱりブラジャーがかなりデカい。

 

この時点でフル勃起。

 

そして作業中にまた奥さんが近い。

 

「すいまんせん、汗臭いんであまり近寄られると臭いますよ」

 

夏だったこともあり、実際ある程度汗をかいていた。

 

「大丈夫よ、嫌いじゃないから」

 

「え?あっ、は、はい」

 

奥さんはチャーミングな笑顔で見ている。

 

俺はもう心臓がバクバクしていた。

この体験談の続きを読む

バイト仲間の高校生が可愛くて童貞を奪っちゃいました

ラブホで童貞とセックス
画像はイメージです

 

カップルのイチャイチャに興奮してホテルへ

 

私は21歳の女子大生です。T君は高校2年生でバイトの仲間です。T君は眼鏡をかけてて頭が良くて、要するに優等生タイプです。

 

ところが、なかなか面白くて仲間からも結構好かれています。前の週末、バイト仲間での飲み会があり、帰り道がT君と一緒の方向で二人きりになったんです。

 

私たち二人とも軽く酔いが回っていて、飲み屋の近所の公園にはカップルが大勢いるので有名なんですが、覗きに行こうと大盛り上がりになりました。

 

公園に到着すると、噂通りかなりのカップルがいます。ベンチに腰掛けてセックス開始しちゃってる人たちもいて私とT君は、

 

「おぉ!」

 

とか言いながらこっそり見物してました。しばしカップルを数組眺めながら歩いてると、T君の様子がだんだんおかしくなってきたんです(当たり前か)。

 

T君が軽く充血した目で私の顔をじっと見つめて

 

「奈美さんは、公園とかでしたことありますか?」

 

といきなり聞いてきました。私もだいぶ酔ってきてたから、

 

「あるよ!超気持ちいいよ!見られるかもってスリルが興奮するの」

 

とか言っちゃっいました。

 

T君はそれのことを聞くと切なそうな表情になったんです。私はそのT君の顔を見て急に欲情してしまい、思わずこう言っちゃいました。

 

「T君もしたいの?」

 

と聞いてしまったのです。T君は答えずに、

 

「奈美さん、奈美さん」

 

と言いつつ私に抱きついてきたんです。T君、超カワイイ!ここで私の理性は吹っ飛びました。

 

けれど、いくらなんでもバイト先の傍にある公園では知っている人に見つかる可能性があります。なので私はT君を近くのラブホテルに誘いました。

 

部屋に入るとT君はスッキリと酔いも覚めた風の顔で、興味津々で部屋中を眺めています。

 

「こういうとこ来るのは初めてなの?」

 

と聞くとT君は

 

「初めてもなにも、俺、童貞ですし・・」

 

と気恥ずかしそうに言ったんです。一瞬、私の頭の中で

 

(まずい!)

 

と思ったけど、T君の可愛さが勝ちました。

 

「そっか、ひとまずお風呂に入ろうよ」

 

と私は話を逸らしてT君を誘いました。

 

T君が照れくさそうに先にお風呂に入ると、私も全裸にタオルを巻いて入りました。

 

私が入ってきたその姿を見て、T君のおちんちんがムクムクって大きくなったのが超可愛かったんです。

 

「奈美さん、恥ずかしいですよ」

 

もうT君に萌え萌えキュンキュンです。

 

「大丈夫よ、洗ってあげるね」

 

とT君を座らせ背中をゴシゴシ擦ります。チラチラ見えるおちんちんはずっと勃起したままです。

 

「大事なとこも洗っていい?」

 

と聞きます。T君は気まずそうな表情ですが、

 

「は、はい」

 

と頷きました。

この体験談の続きを読む

年下彼氏を目隠しで縛って調教中に女先輩が遊びに来て大変なことに

4p 拘束
画像はイメージです

 

私の誕生日を祝いに来てくれた先輩だけど・・・

 

私は今年大学を出て就職したばかりのカナです。つい先日の土曜日、私のバースデイでの出来事なんです。

 

私の彼氏は智史といい、年下のまだ大学1年生なんです。つい3週間ほど前に出来た彼氏なんです。

 

私はひとり暮らしのアパート住まいなのですが、智史も近所のアパートで生活しています。

 

お互い今年の4月に転居してきたのですが、ちょっとしたきっかけがあって恋愛関係になりました。

 

近頃は、ほとんど毎日私の部屋か彼の部屋でセックスしていました。当日は、私のバースデーという事で昼過ぎから智史が私の部屋に来ていたんです。

 

私は彼に

 

「ねえ智史、今日は私の誕生日なんで私のわがまま聞いてくれない?」

 

と頼んである事をしてしまったんです。それは・・・、

 

彼をパンツ一枚にして目隠しさせてベッドに縛り付け、拘束したんです。前の日にアダルト動画でそういうシーンを見ていたので、智史に実践してみたくなっちゃったんです。

 

智史は、

 

「えっ!」

 

とビックリですが、年上の私の言う事はだいたい聞いてくれるんです。

 

目隠しをしたあと、両手と両足をそれぞれベッドの四隅に紐で束縛すると、パンツの中のおちんちんははもう勃起しているんです。

 

私は智史の体を指でなぞったりして意地悪します。智史の息が

 

「あーっ!はーっ!」

 

って大きくなって体をクネクネさせています。すると唐突に玄関のチャイムが鳴り、なんと瑞樹先輩と理絵先輩の声がしたのです。

 

「カナー、瑞樹と理絵だぞー、遊びにきたよー。」

 

私はとある会社の経理部に在籍していますが、同じ部署に入社5年目の瑞樹先輩と、入社3年目の理絵先輩がいます。

 

自分で言うのもなんですが、私も含めて社内では経理の3美人と呼ばれています。私はさておき、瑞樹先輩も理絵先輩も、美人で容姿も良いので私の憧れなんです。

 

実は先輩たちにはまだ彼が出来た事を内緒にしていたんです。その理由は、年下の学生が彼氏なんて打ち明けるのが恥ずかしかったんです。

 

「カナー、窓開いてるんだからいるんでしょ?居留守なんて使わないでよね。」

 

慌てた私は智史をそのままベッドに放置して玄関のドアを開けてしまったのです。

 

「もう何してたのよ~。今日はカナの誕生日でしょ。彼氏いないし一人で寂しくしてると思ってケーキを買ってきたわよ。3人でワイワイやりましょ。」

 

瑞樹先輩がそう言い終わるか終わらないかぐらいで、理絵先輩が智史の靴を発見しました。

 

「あれ?男の人来てるの?カナ彼氏いたの?」

 

って理絵先輩が言うので仕方なく

 

「はい」

 

て頷くと、瑞樹先輩と理絵先輩は、

 

「それじゃあご挨拶しなきゃ」

 

といってズカズカ上がってきたんです。智史をベッドに拘束している所なんかを先輩達に見られたらヤバイので、

 

「いや、ちょっと待って下さい!」

 

と制御したんですが、不可能でした。ベッドに縛りつけられた智史を見た二人は、

 

「えー!カナー!あんたこんな趣味あったの?まだお昼だよー!」

 

って大声で言うんです。私は恥ずかしくて顔を真っ赤にしていました。

 

一方で、目隠しでしかも拘束された智史は、突如部屋に入ってきた二人の女性を認識したのですが、縛られてるためどうする事もできまないのです。

 

私は慌てて智史との巡り合いの事なんかを二人に素直に話して、ベッドに拘束したのも

 

「遊び半分でやってみただけなんです」

 

と言いました。理絵先輩が

 

「なんだそうだったんだー、カナやっと彼氏が出来たんだ。でも19才の彼なんて羨ましいわね。」

 

と言うと、瑞樹先輩が

 

「ねえ、みんなでこのままの智史君を使ってゲームでもしようか」

 

と言い出したんです。

 

(智史を使って、ってどういう事?)

 

と思ったんですが、私は二人には逆らえません。

この体験談の続きを読む

女友達と逆ナンパで3P、男子中学生の童貞をいただきました

3pセックス
画像はイメージです

 

純情な中学生を逆ナンしてホテルへ

 

私(静香)22歳と友達(恵子)23歳が昨年の秋に体験した事です。

 

私と恵子は幼なじみで職場も一緒です。仕事の関係上季節外れの夏季休暇を過ごしている状況での事です。恵子が男をゲットしたいと言うので恵子の車で繁華街に逆ナンパしに行きました。

 

恵子はチャラ男や遊び人は嫌いなので、清純そうな男の子に狙いを定めているようでした。

 

約1時間程探した時、一人の清純そうな少年がすぐ傍を通過しました。

 

恵子「あの男の子すごく良くない?」

 

私「そうね、じゃぁもう一人探そっか」

 

恵子「いや、私達二人で彼一人を襲っちゃおうよ」

 

私「エッ?」

 

すると恵子は男の子に声をかけに行きました。

 

何を話してるのか知りませんが、数分後に恵子が私にOKの合図を送ってきたので、二人の所に行き恵子の車に乗り込みました。

 

話を聞くと彼は浩司と言い地元の中学2年生だそうです。

 

車は一直線にラブホテルヘ向かいます。

 

ラブホテルの部屋に入ると浩司君を床面に座らせ、私達は浩司君にわざとスカートの中のパンティーが見える位置でベッドに座りました。

 

恵子「浩司君、ここは何をする所か分かる?」

 

と言うと浩司君はほんの少し頷きました。

 

私「じゃぁ話は早いね。服脱ごうか?」

 

と言って三人は下着オンリーの姿になりました。私が浩司君に優しくディープキスをして、恵子は耳や首に甘がみするようにキスを始めました。

 

恵子「ねえ、私達のブラジャー外してくれない?」

 

私は浩司君に背中を向けました。恵子は浩司君の手を取り、誘導しながら私のホックを外させました。

 

その次は恵子のホックを外してくれて、二人で浩司君の方へ向き直ると同時にブラジャーを外しました。

 

私はDカップ。恵子はEカップ。浩司君は息を荒くしながら興奮して二人の巨乳をじっと観察しています。

 

私「私たちのおっぱいどう?触ってもいいのよ。」

 

と浩司君の右手を私の左胸ヘ、恵子は浩司君の左手を右胸に持って行きました。浩司君はさらに息遣いを荒くしながらゆっくりと揉み始めました。

この体験談の続きを読む

露天風呂で中学の同級生女子に手コキとフェラチオされた

露天風呂
画像はイメージです

 

混浴の露天風呂に女子のクラスメイトが

 

僕が中学3年の時、近くですが家族みんなで温泉旅行に出掛けました。その旅館はバラエティーに富んだお湯があって、しかも混浴だったのです。

 

夜中の2時ぐらいまで、兄と卓球をして遊んでいたのですが、さすがにフラフラになってしまったので、兄は部屋に戻って寝ましたが、僕は

 

(露天風呂に入ってから寝よう)

 

と思ったので、もう深夜でしたが露天風呂に一人で足を運びました。

 

露天風呂には誰一人として居なかったので、汗を流し、体を洗って素早く湯に浸かりました。そのタイミングで、脱衣場の方から女子の声が耳に入りました。

 

そこは、家からもわりと近い旅館だったので、近くの人が来ても珍しくはないですし、連休を活用してクラスメイトの女子が、

 

「連休の日に○○旅館に行こうよ」

 

という風に話していたので、まさかと思っていたらそのまさかで、同じクラスの真美と千佳がタオルで体を隠しながら露天風呂に入ってきました。

 

(あちゃー、まじかよ)

 

と思っていると真美が、

 

「あれ~、圭介がいるじゃん!何で?」

 

と言いました。僕は内心ドキドキしましたが、気持ちを落ち着かせて

 

「家族で温泉旅行に来たんだよ」

 

と言いました。真美は

 

「へ~、そーなんだ」

 

と言ってましたが千佳は、

 

「こんな近くで家族旅行なの?」

 

と半ば驚いた様子で笑っていたんです。クラスの中でもかなり可愛い方の真美と、千佳の裸(タオルで隠してはいるけど)を見た僕のチンコは興奮でかなりビンビンでした。

この体験談の続きを読む