タグ:口内射精の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:口内射精

【童貞喪失】美人で巨乳なお姉さんに見つめられながら最高の中出し

巨乳 騎乗位
画像はイメージです

 

姉の先輩がおっぱいを押し付けてきた

 

僕は姉の勤め先の先輩に食事に誘われたので出かけました。

 

「宏美さん!こんちには」

 

「悠斗くん、座りなよ」

 

「あれ?今日は姉ちゃん居ないんすか?」

 

「なに?私と2人っきりで食事するのはイヤなの?」

 

「いえいえ、そんなことないですよ!いただきま~す!」

 

いつもは姉と僕(悠斗)と、姉の先輩の宏美さんの3人でご飯を食べることが多かったんです。

 

宏美さんは僕より9歳年上の27歳。

 

彼氏はいません。

 

初めはあまり意識してなかったんですが・・・。

 

「悠斗くんお酒飲みなよ。飲めるでしょ?」

 

「はい、でもすげー弱いですよ・・・。すぐ顔真っ赤になるし・・・」

 

「いいからいいから、ほら、飲みな」

 

「はい~・・・」

 

いつも奢ってもらってるし、年上だし、やっぱり姉ちゃんの会社の先輩だし、僕は宏美さんに逆らった事などありません。

 

それに、水川あさみ似の超美人なんです。

 

怒るとすんげー怖そうですけど・・・

 

あまり飲んでないはずですが、もうフラフラです。

 

「もう酔っ払っちゃいましたよ~だから弱いって言ったのに~」

 

「ふふ、ほんとに弱かったんだね。可愛い可愛い」

 

僕の頭に手を回してナデナデしてくれました。

 

しかも、宏美さんのおっぱいが僕の頭に当たっています。

 

一瞬で僕のチンポは勃起しちゃいました。

 

「ひ、宏美さん!胸が当たってますよ~」

 

「そりゃ当ててるんだもん、ねぇ、触りたい?」

 

いきなりそんな事言うからびっくりです。

 

「へ?そりゃ触りたいです!」

 

酔った勢いもあるし、軽く言ってみました。

 

「ふふ。じゃあ今度ね」

 

この時は、

 

(やったー!宏美さんのおっぱいに触れた~)

 

ぐらいの喜びでした。

この体験談の続きを読む

【不倫】隣の奥さんが豊満なおっぱいを押し付けて誘惑してきた

熟女セックス
画像はイメージです

 

お隣の奥さんがおっぱいを押し付けてきた

 

私は結婚3年目で29才です。

 

住んでいるマンションの隣のご夫婦に親切にしていただき、夕食をご馳走になる事もあります。

 

その家のご主人は44才で3交代制の仕事をされており、奥さんは41才で専業主婦です。

 

私の妻がめでたく妊娠して、出産のために実家に帰省している時の事です。

 

自炊が出来ない私は、食費を出して隣の奥さんに夕食を面倒見て貰っていました。

 

その日も夕食の準備ができたからと奥さんから電話を貰い、お隣の家にお邪魔しました。

 

旦那さんは夜勤の日で奥さん一人です。

 

食事をご馳走になり、リビングでくつろぎながら話をしていると、

 

「奥さんがいないので寂しいでしょ?」

 

「えぇ、まぁ・・・」

 

「特に夜になると寂しいわよねぇ・・・」

 

「そうですねぇ・・・」

 

「その、ずっと・・・してないんでしょ?」

 

「え、ええ、まぁ・・・」

 

「私なんか、もう何年も相手されてないわよ」

 

「そうなんですか・・・」

 

「もう女として魅力ないのかな・・・40も過ぎたおばさんじゃ、そんな気にならないわよね?」

 

「えっ?いえいえ・・・そんな事ありませんよ」

 

お世辞ではなく実際に奥さんは小柄で童顔だし、可愛らしくて41歳には見えませんでした。

 

そう言うと嬉しそうに、奥さんは私の隣にすり寄ってきました。

 

「ほんと?私でもその気になる?」

 

「本当ですよ、奥さんすごく可愛らしいし・・・そんなに近付かれると、ドキドキするじゃないですか」

 

「嬉しい・・・」

 

奥さんは私に体を密着させてきて、シャツの上から心臓に手を当ててきました。

 

顔をすぐ近くに寄せてきて見つめられると、ほんとにドキドキして鼓動が速くなってきました。

 

「ホントだ、ドキドキしてるわ・・・」

 

奥さんは更に体を密着させてきて、私の腕に豊満な胸を押し付けてきました。

 

「ねぇ、嫌じゃない?正直に言って・・・」

 

奥さんは私のシャツの中に手を入れてきて、直接乳首を指で撫でてきました。

 

「全然嫌じゃないですよ・・・奥さん、そんな事されたら・・・私も男ですから・・・その・・・」

 

奥さんにおっぱいまで押し付けられて、平常心でいられる訳がありません。

 

すでに私のチンポはピクピク反応していました。

 

「お互い溜まってるんだし・・・エッチなことしちゃおっか・・・」

 

奥さんの顔が目の前まで迫ってくると、そのまま唇を重ねながら奥さんを抱きしめました。

 

奥さんは目を閉じたまま舌を出して、自分から私の唇をいやらしく舐めてきます。

この体験談の続きを読む

電車内で痴女軍団にチンポを弄られた後は拉致されてハーレム乱交へ

女子大生 ハーレム乱交
画像はイメージです

 

高身長の女性集団に電車内で取り囲まれた

 

私が社会人になったばかりのころの話です。

 

その日は寝坊してしまい、駅に着くと普段乗っている電車が出発ギリギリで、ドアが閉まりかけているところを大急ぎで駆け込みました。

 

間に合ってホッとしたんですが、周りをよく見ると女性ばかりなんです。

 

女性専用車両に乗ってしまったことを、そこでやっと認識しました。

 

(ヤバい!)

 

と焦りましたが、次の駅で車両を移ろうと考え、ドア付近でじっとしていました。

 

しかしいつの間にか私は、6名と思われる背の高い女性陣に囲まれていました。

 

大学の運動部みたいで、高身長なのでバレーボール部とかバスケットボール部の女子大生ではないかと思われます。

 

全員私より背が高いので、女性の壁に包囲されたような状況で、その向こう側は全く見えません。

 

多少の圧迫感はありますが、私を睨んでる訳でもなく、しかも美人ばかりのグループでしたので、特に気にする事無くそのままの状態でいました。

 

次の駅に着くと、開いたドアは反対側だったので、

 

「すみません、降ります」

 

と言うと6人組の一人が小声で、

 

「間違えて乗っちゃったんでしょ?気にしなくて大丈夫ですよ。混んでますし」

 

と言って6人の包囲網から解放してもらえず、女性専用車両から降りられなくなってしまいました。

 

「こっち側が開くまでここにいていいですよ」

 

みたいなことも言われ、別に間違えて乗っただけで悪い事している訳でもないし、

 

(まあ、いっか)

 

ってあまり気にするのをやめて、こちら側のドアが開くまで、そこに乗りつづけることにしました。

 

その駅ではたくさんの人が乗ってきたみたいで、高身長女子大生集団の壁がさらに迫ってきて、私により密着してきました。

 

取り囲まれている私は背中や肩、胸などに、彼女たちの胸が押し付けられることになり、一気にチンポが勃起してしまいました。

 

(バレたらやばい)

 

と思いながらも態勢を変えられる訳でもなく、腰を引き気味にしてじっと立っていました。

 

すると、私の勃起したチンポに手が触れている感触があります。

 

(えっ?)

 

っと思い視線を動かすと、正面の女子大生がニコッと微笑んで私の顔を見つめてきます。

 

(嘘だろ?)

 

と困惑して彼女を見つめると、彼女は顔を近づけて私の耳元で、

 

「じっとしてて」

 

と小声で言いながらチンポを撫で回し始めました。

この体験談の続きを読む

出会い系で知り合った超淫乱女がカップル喫茶の常連で男が群がり…

乱交 ハーレム
画像はイメージです

 

超淫乱女とカップ喫茶へ行くと常連だった

 

出会い系サイトで顔見知りになった美幸は、想像を絶するほどの超ド淫乱な女で、今まで体験したことないような過激なセックスを俺に教えてくれた。

 

野外露出でセックス、女二人と俺のの3P、デパートの女性用トイレでフェラチオ、SMプレイ、そして先日は、カップル喫茶に行って物凄い乱交セックスを初めて体験してきた。

 

さすがに、最初から乱交なんてするつもりなかったんだけど、その場の空気に流されて、気がつくと数名で乱交セックスになっていた。

 

AVじゃあるまいし、3Pだって普通の人間は経験できないはずだと思うけど、乱交はとてつもなく刺激的だった。

 

なんかAVの世界に自分が男優として紛れ込んだような、夢を見ているような不思議な感じだった。

 

ただ興奮と快楽だけが俺を支配していて、何人の女と何回セックスしたのかも分からないぐらい、とにかく我を忘れて本能のままにセックスしまくっていた。

 

その日は美幸と二人でカップル喫茶に行った。

 

実は美幸はその店の常連で、顔パスで出迎えられ、なんと連れである俺も、お金を払わなくてよかった。

 

美幸はいかなるお客にもいやらしい体を差し出して、どんな変態チックなプレイでも快諾してくれるため、美幸目当てでこの店にやってくる客も多いとのこと。

 

実際、美幸の集客効果は凄くて、俺達が店に来た時には一組しかカップルがいなかったにもかかわらず、いつの間にか次々と客が集まってきた。

 

後で聞いた話だが店長が、

 

「美幸さんが来ている」

 

と常連客に知らせたみたい。

 

ここはカップル喫茶なので男女同伴でしか入れない。なのでみんなカップルで来店してくるんだが、どのカップルも男の方が興奮しており、女は多少、引き気味だ。

 

そりゃ、自分の男が美幸のセックスに熱中してチンポをビンビンに勃起させてりゃ、女もむしゃくしゃするよね。

 

美幸はすでにスッポンポンになっていて、他の客に見られて集中できていない俺の半立ちんぽを、見せ付けるようにいやらしくフェラチオしていた。

 

「あの・・・美幸さんに触らせていただいてもいいですか?」

 

いきなり若い男が、美幸の同伴者の俺に、許可を求めてきた。

 

俺はカップル喫茶に初めて来たんで、戸惑いながらも美幸に、

 

「美幸ちゃん、いいの?」

 

俺のちんぽをフェラチオし続けている美幸に聞くと、こくりと頷いたので、仕方なく了承した。

 

本当は他の男に美幸の体を触られるとか嫌だった。

 

しかしここはカップル喫茶だし、淫乱な美幸がこのような状況で、俺と二人きりのセックスで満足するはずがない。

 

若い男は嬉しそうにして俺に頭を下げ、早速美幸のオマンコを舐め始めた。

 

それを見ていた他の男達が次々と、美幸の体へ触れる許可を俺に求めてくる。

 

美幸はどんな男でも受け入れていたので、たくさんの男達が美幸のところに集まってきて、どえらいことになっていた。

 

男達に体中を触られ、揉まれ、愛撫され、舐めまわされている美幸は、引き続き俺のちんぽをフェラチオしている。

 

俺はそんなシチュエーションに妙に興奮し、早くも射精感が高まってきて、美幸の口の中にザーメンを発射してしまった。

 

美幸は俺のちんぽを口から引き抜くと、口を開けて俺が出した精液を男たちにひと通り見せつけた後、ごっくんしてザーメンを飲み干した。

 

さらに俺のちんぽを咥えて丁寧なお掃除フェラをし終わると、男達は美幸を連れ去っていってしまった。

この体験談の続きを読む

【近親相姦】寝てる弟のおちんちんに興奮して触っていたら・・・

近親相姦
画像はイメージです

 

寝ている弟のおちんちんにいたずら

 

私は女子大生で、4つ下で高校2年生の弟がいます。

 

水泳部で逆三角形の鍛えられた体をしていて女の子からも結構モテてるみたいです。

 

姉の私から見ても、最近いい男になってきたなと感じてはいました。

 

そんな弟なんですが、いけないなと思いつつも、時々すごくHな目で見てしまう時があるんです。

 

夏には毎晩のように、弟が風呂上りにトランクス一枚でウロウロしているんです。

 

そしてソファーに腰を下ろすと、トランクスの隙間から明らかにタマタママとおちんちんが見えるんですよね。

 

その光景を横目でチラチラ眺めて、私は興奮して度々濡れていました。

 

お盆がきて両親が田舎に帰り、私と弟二人きりになった時のことでした。

 

弟に、

 

「パンツの隙間からおちんちん見えてるよ」

 

って言うと、

 

「あれ、そう?まあ、見せて減るもんじゃないし、姉ちゃんなら気にならねぇ」

 

と言って、そのまま普通にテレビを見ていました。

 

そしてしばらくして、弟はソファーで寝てしまいました。

 

見たいテレビも終わり、とりあえず弟をそのままにして私はお風呂に入りました。

 

そしてお風呂の中で、弟に対してHな想像をしてしまいました。

 

(弟のおちんちん見たいな。お風呂上がってまだソファーに寝てたら、パンツ下ろして見ちゃおうかな)

 

なんてことを考えていました。

 

そしてお風呂からあがると、まだ弟は寝ていたので、そっと近づきました。

 

Tシャツとトランクス姿で寝ていましたから、風邪引かないようにそっとバスタオルを掛けます。

 

そして、トランクスを少しずつズリ下げました。

 

トランクスを下ろすと、横向きに寝ていた弟が、仰向けに寝返りを打ったものですから、弟のおちんちん私の目の前に現われました。

 

私はおちんちんをじっと見て興奮しました。

 

私はこれまで男性経験は1人だけなんです。

 

弟のおちんちんは、その男性よりも大きくて立派なんです。

 

トランクスをおろしても、弟は起きずにスースーと寝ています。

 

私は、弟のおちんちんに手を伸ばし、軽く触り、撫でてみました。

 

そうやっていると、おちんちんが徐々に大きく、硬くなってきたんです。

 

(すごい、こんなに勃起しちゃった)

 

と思ったタイミングで弟が目を覚まし、

 

「姉ちゃん、気持ちいいじゃん」

 

って言ってきました。

 

「ごめん、寝てたから風邪引いちゃいけないと思って、起こそうとおちんちんにいたずらしちゃった」

 

と言ったら、

 

「なんか気持ちいいから、そのまま、チンコ触ってていいよ」

 

と言いました。

 

私は弟のその反応にちょっと驚きましたが、内心は嬉しくて、そのままおちんちんを触り続けました。

この体験談の続きを読む