タグ:処女の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:処女

高校生の弟とお風呂に入って射精するのを見て興奮してお互い求め合ってセックスしました

姉弟 近親相姦
画像はイメージです

 

弟と一緒にお風呂に入りました

 

私が高校3年の夏の事でした。

 

両親が親戚の結婚式に行っていたので、一晩だけ私と弟と二人で過ごしたことがありました。

 

弟は高校1年生で、高校生になったぐらいから、なんとなく男っぽくなってきた感じがしていました。

 

朝とか、おちんちんが勃起(朝立ち?)してるのを見かけたりしたことがあったので、私の方が弟の体に興味がありました。

 

弟とは中学1年まで一緒にお風呂に入ってましたけど、

 

(久しぶりに入りたいなあ)

 

って思って軽い気持ちで、

 

「一緒に入ろっか」

 

って声を掛けました。

 

すると弟も、

 

「いいよー」

 

って軽く応じてくれました。

 

さっそくお風呂沸かして二人で入ったんですけど、なんだかお互いすぐにドキドキしてました。

 

弟は私の胸(Dカップ)が気になってしょうがないみたいだし、私は弟のおちんちんが凄く大きくなってるのをチラッて見ちゃいましたし・・・

 

でも、もうこういうチャンスはないと思って、明るく背中を洗いっこしたり、交代で湯船に入ったりしてました。

 

弟は手でしっかりおちんちんを押さえているので、時々チラッて見えるくらいです。

 

私はもっと見てみたかったので、いきなり弟の脇腹をくすぐってやりました。

 

弟はくすぐったがりで、脇腹がすごく弱いのを知っていたからです。

 

弟はくすぐったがって暴れて、その勢いで肘で私の胸を思いっきり打ったので、私は転んで壁に頭をぶつけてしまいました。

 

胸も頭も痛くて、泣きそうでした。

 

しかも私は足を広げてしまっていて、恥ずかしい格好でした。

 

それを弟は見ちゃったんです。

 

弟もびっくりしたのか、

 

「ごめん・・・」

 

と私を両手で引っ張ってくれたけど、そのとき、弟のおっきいおちんちんが目に入って、私は真っ赤になりました。

この体験談の続きを読む

【ハーレムセックス】高校時代に交際してた彼女が実はセフレ希望だった?

乱交 ハーレム
画像はイメージです

 

彼女の家でハーレムセックス

 

僕が高校時代に一つ年上の女子の先輩に告白され、わりと可愛いかったので付き合うことになりました。

 

お互い初体験は済ませていた事もあり、セックスはスムーズに出来ました。

 

付き合い始めて1ヶ月ほど経った週末に彼女の部屋に行くと、彼女の女友達が二人いて、一人は知ってるけどもう一人は知らない子でした。

 

初めて会った子が僕の事を、

 

「結構カッコイイじゃん」

 

と言ってニヤニヤしてるが多少気になりました。

 

それから悪ぶって皆でお酒を飲んだりして酔いが回ってきた頃、彼女が僕に持たれ掛かって来たので、

 

「人前でヤバいよ」

 

と言ってもキスまで迫ってきて、自分も酔いも手伝ってその気になってしまいました。

 

お互い裸に近い状態になり組みつ解れつ、他の二人は興奮して見てたようだけど、その内に初めて会う女子が僕に触れてきました。

 

複数で乱交セックスするとか概念に無かった僕は、

 

(えっ?)

 

と思ったけど、気持ち良さに頭が飛びそうになってる状態で、

 

(どうにでもなれ)

 

という感じで身を任せました。

 

顔見知りの女子は処女だったみたいで、躊躇してるのを彼女がその子の手を取り、強引に僕の勃起したチンポを握らせました。

 

始めは確かめるように弱々しく握っていましたが、

 

「上下に擦るのよ」

 

と彼女の助言で手を動かしてきたんですが、皮を無理矢理引っ張られるように動かされたので痛かったんです。

 

そこで僕は、

 

「皮を余すように手コキしないとダメ」

 

とか言ってチンポのシゴき方を教えてあげるとだいぶマシになりました。

 

それからコンドームを付けて、彼女が一番始めに乗っかってきて、互いにとっても気持ち良くなった状態で、初めて会う彼女の友達がバトンタッチして乗って来ました。

 

騎乗位であまりにも激しく腰を振られるので、たまらずすぐに射精してしまいました。

この体験談の続きを読む

大好きなお兄ちゃんの彼女に嫉妬して泣いたらキスしてオマンコ触られて…

近親相姦
画像はイメージです

 

大好きなお兄ちゃん

 

去年のゴールデンウィークにお兄ちゃんが帰って来ました。

 

私は高校2年生で、4つ上のお兄ちゃんがいます。

 

お兄ちゃんは気さくで喋るのも上手で、友達が多いタイプです。

 

「トモミ(私)のお兄さんってサッカー上手いし、カッコいいし、バンド組んでるんでしょ。ほんとすごいよね」

 

「うん・・・そうかなぁ」

 

「あたしもそういうお兄ちゃん欲しいなぁ」

 

私もお兄ちゃんよりは少ないけど、何度か告白されたこともあるし、お兄ちゃんの友達から、

 

「兄妹揃ってルックスいいよね。トモミちゃんも可愛いもんな」

 

と言われたことがあります。

 

人前では

 

「そうなんだぁ」

 

と他人事みたいなフリしてるけど、本当はお兄ちゃんが大好きです。

 

兄「ただいま!マジで電車混み過ぎ、疲れたわ」

 

私「おかえり♪いつまで地元いるの?」

 

母「今日は用事あるの?晩ご飯はいる?」

 

兄「夜友達とカラオケ行って来るからええわ」

 

母が炊事場に行きます。

 

私「ねぇー!」

 

兄「ん?今回のGWって間に学校があるから、今日と明日家にいてから帰るわ。バイトも用事もあるし」

 

私「次の休みは?」

 

兄「バイト」

 

私「学校休んじゃえばいいじゃん」

 

兄「3日も休めるか!ちょい寝るから1時間位したら起こして」

 

私「・・・うん」

 

少ししてお兄ちゃんの携帯が鳴り、覗いてみると彼女らしき人からでした。

 

時間が過ぎたのでお兄ちゃんを起こしました。

 

「さっき電話来てたよ。彼女さん?」

 

「ん?ああ、そうやね」

 

私はショックで部屋に行って、涙が出てきて泣いてしまいました。

この体験談の続きを読む

中学生の姪と中出しセックス!好きと告白されて一緒にお風呂に入って・・・

中学生の姪 中出し
画像はイメージです

 

中学生の姪と二人きり

 

妻の姉の娘、つまり姪の聡美ちゃんが家に遊びに来ました。

 

聡美ちゃんは中学3年生で、小さい頃から私にもよく懐いていました。

 

小学1年からクラシックバレエを習っていて、背は高いですが痩せています。

 

小学5年で少し胸が膨らんできたころまで、一緒に風呂にも入っていました。

 

当時は、

 

「聡美ちゃんも大人の女性の体になってきたから、もう俺と一緒にお風呂に入るのはまずいよ」

 

「おじちゃんは好きだからいいの」

 

なんてやり取りがありました。

 

先日、妻と義姉が実家へ行くということで、聡美ちゃんも連れて行こうとすると、

 

「受験勉強があるから」

 

という理由で、仕事で行けない私と2日間一緒に過ごすことになりました。

 

妻たちが出かけた日の夜、仕事から帰ると、聡美ちゃんがエプロン姿で夕食の準備をしていました。

 

タンクトップにショートパンツ姿です。

 

バレエで鍛えられた引き締まったスレンダーボディーに中3の姪ながらドキドキしました。

 

「おじちゃん、お仕事お疲れさまでした」

 

と聡美ちゃんがビールを注いでくれ、二人だけで焼肉を食べました。

 

「勉強ははかどった?ひとりだから寂しくなかった?」

 

「勉強は順調。おじちゃんと一緒にいれるから寂しくないよ」

 

と嬉しいことを言ってくれます。

 

「聡美も少しだけビール飲んでいい?」

 

「えぇ~子供はダメだよ、俺が叱られちゃうし」

 

「大丈夫、ちょっとだけ、ね~お願い!」

 

仕方なく、小さなグラスに半分くらい注いであげました。

 

「苦っ!でも好きかもしんない」

 

とチビチビ飲んでました。

 

頬がほんのり赤くなると、学校のことや進路のことなど話し始めました。

 

「聡美ちゃん、ボーイフレンドは?」

 

「片思いの人はいるよ」

 

「そっか、そういうお年頃だもんな、どんな人?」

 

「えぇ~?ナイショ」

 

「えぇっ?教えてよ、ビール飲んだことチクるぞ」

 

「ダメだよ、ママには真面目でいい子にしてるんだから」

 

「じゃ~教えてよ」

 

「えぇ~恥ずかしい」

 

「いいから誰?」

 

「おじちゃん」

 

「はぁ?ビールで酔ったんだな、でもありがとう、そういえば小5の時にそんなこと言ってたな。いやぁ~こんな若い女性に告白してもらっちゃった」

 

と笑いながら言うと、

 

「あの時からずっと好きだったの・・・もちろん今でも」

 

と突然泣き出したんです。

この体験談の続きを読む

小学生の時に女の子に囲まれて逆レイプされたけど処女も貰いました

男子小学生 逆レイプ
画像はイメージです

 

近所のお姉さんにチンコを弄られてました

 

僕は小学生の時、近所の中学生のお姉さんにエッチなイタズラをされていました。

 

きっかけは、何となくチンコ触られて来て気持ち良かったので、無抵抗にしていたらエスカレートしていった感じです。

 

お姉さんの家はかなりのお金持ちで、坂道を登った頂上にあるお城のような家でした。

 

学校帰りに遊びに行くと、お姉さんの部屋で二人でゲームをしたり漫画を読んだりしていました。

 

僕が漫画に夢中になっていると、お姉さんは身体を密着させたり、耳にキスしたりしてきました。

 

僕が身をよじらせながら漫画を読み続けていると、お姉さんの手は僕のズボンに伸びてきて、ズボンを膝まで下ろされ、パンツに手がかかります。

 

ここからは、いつもの二人のルールです。

 

パンツを脱がされたら、僕は必ず横を向き、目を閉じなければいけませんでした。

 

始めは手で、すぐに舌と口で、僕のチンコはベトベトにされていきます。

 

初めての精通は小4の時でした。

 

最初は射精はしませんでしたが、尿道の先から気持ちいい痛みが走り、全身がジーンとして不思議な感覚でした。

 

そして何度か同じような経験をすると、いつしか白濁の精液が出ました。

 

初めての時はオロオロしましたが、お姉さんがテキパキと処理してくれました。

 

「一人でする時はこうしなさいね」

 

と性教育でオナニーのやり方まで教えてもらいました。

 

僕の方からお姉さんにタッチするのは禁止され、約束を破るとお尻に鉛筆を差し込まれる罰がありました。

 

でも何度もお願いしていたら、胸はOKということになり、僕はお姉さんにチンコを弄られながら、乳首を舐めたり胸をモミモミしたりとガッつきました。

 

お姉さんが顔を僕の股間に移動させると、いつも目を閉じてされるがままでフィニッシュだったのですが、いつしかフィニッシュの仕方が口や手だけじゃなく、別の何かが密着して擦りつけてるやり方に変わり、それが多くなりました。

 

目を閉じるように強いられていましたが、何となく股間同士擦り合わせていたのかなと想像はしていました。

この体験談の続きを読む