ブルマ 妻
画像はイメージです

 

妻に娘の体操服を着せました

 

私は44歳のサラリーマンで、妻は41歳、そして高校1年になる娘と3人で暮らしています。

 

娘が中学に入学した頃から妻がパートに出るようになり、それが原因のすべてではないのですが、お互いの時間のすれ違いが生じる様になりました。

 

夫婦仲はいい方だと思っていましたが、セックスの回数は減っていき、最近では義務的な感じにさえなっていました。

 

さらに娘が高校生にもなると胸も大きくなり、色気も出てきて、妻より娘の方に私の興味が移りかけていました。

 

決して妻に飽きたわけではありません。

 

むしろ妻は日頃から、

 

(年を重ねても女性として見られたい)

 

と努力しており、Gカップの胸は今だ上を向いており、お尻もピチピチのパンツを穿いたときのムッチリ具合といったら一瞬で勃起ものです。

 

ただ、お互いにその気持ちが伝えられない状況だったのです。

 

ある日、娘が学校行事で1泊の泊まりに出かけました。

 

私はここがチャンスと考え、対策を練り、実行することにしました。

 

その日の夜、いつも通り仕事から帰り、食事、お風呂と進み、私たちは寝室へ向かいました。

 

私のほうが先に風呂を済ませ、部屋で妻を待ちます。

 

やがて妻が風呂から上がってきました。

 

私は妻にお願いをしてみました。

 

「これ、娘の体操服、Tシャツとブルマなんだけど、着て見せてよ」

 

「急に何言ってるの?できるわけないでしょ!」

 

「最近、なんかエッチが盛り上がらないしさ、いつもより興奮して頑張っちゃうと思うよ」

 

「だから無理だって!そもそも私とあの子じゃサイズも違うじゃない!」

 

「そこがいいんだよ、無理に着たピチピチ感が見たいんだよ、あと、正直に話すと最近娘を見ると勃起しちゃうんだよ、でもそれは絶対ダメだから、お前とまた昔みたいにいっぱい愛し合いたいんだよ!頼むから着てみて!」

 

「あなた、今の本当なの?絶対だめよ、そんなこと!・・・もう、仕方ないなあ・・・今日だけよ」

 

そう言って着ていたパジャマを妻は脱ぎ始め、ショーツ1枚になりました。

 

そして、娘のTシャツとブルマを着始めました。

この体験談の続きを読む