タグ:中学の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:中学

私のオマンコが名器だからって男子達のセフレになっちゃいました

名器 セフレ
画像はイメージです

 

セックス体験をしゃべったら男子が触ってきた

 

私は中学生の時は結構不良少女で、同じような派手な女子達&男子達と一緒に夜まで遊ぶこともしょちゅうでした。

 

繁華街にも頻繁に行っていましたが、学校の先生たちに目を付けられて、パトロールされて注意されることも多くなりました。

 

やがて、親が夜働いている友達の家に行くようになり、泊まったりもしていました。

 

一番よく泊まったのは、タクミという男子の家でした。

 

タクミの家は、母親が小学校低学年の頃に離婚して家を出て行きました。

 

お父さんがタクミを育てているのですが、夜勤も多くて、その夜勤の日に合わせて、みんなで遊びに行ったり泊まったりしていました。

 

家の中で大人の目も無いからやりたい放題で、中学生なのにお酒やタバコも好きなようにやってました。

 

そのうちやっぱり思春期の男女なので、みんなエッチなことに興味津々みたいで、話がそういう方向になってきちゃいます。

 

最初は、知ってるエロ知識を披露するとか、トークだけでしたが、自分に関するエッチな事とかも話すようになっていました。

 

お酒でかなり酔っていたせいもありますが、

 

「初めてオナニーしたのいつ?」

 

とか、恥ずかしげもなく話す子もいて、盛り上がっていました。

 

そんな中で実は私は、中1の夏休みの時、一定期間だけ来てもらっていた大学生の家庭教師と初体験を済ませていて、ついついその話をしてしまいました。

 

他のみんなはセックスまでは経験してなかったんで、相当ビックリされて、根掘り葉掘り突っ込んで質問されました。

 

私も酔った勢いで赤裸々にしゃべり、

 

「最初は痛かったけど、2回目からは気持ちよかった」

 

「オナニーなんかより、超気持ち良いんだよ~」

 

なんて話しちゃいました。

 

この時はそれで終わり、みんな気に入った部屋で適当に寝ていたんですが、私は夜中に喉が渇いたので水を飲もうと、1階の台所へ向かいました。

 

すると台所にタクミが居て私が、

 

「喉が渇いちゃった」

 

と言ってたら、タクミが

 

「俺、なんだか眠れなくなっちゃった、ちょっと話さねえか?」

 

と言われて別に構わなかったので、そのまま一緒に和室に行きました。

 

タクミの他にショウジとマサも起きてて、最初は普通に話をしてました。

 

そしたらタクミが、

 

「なあ、前から思ってたんだけど、ルミって胸でけえよなあ」

 

と言ってきたんです。

 

タクミ「なあ、ちょっと、見せてくれよ」

 

私「やだ~」

 

そしたら、ショウジが私を後ろから羽交い絞めにしてきました。

 

と同時に、タクミが私のTシャツを上に捲り上げたんです。

 

寝巻き代わりでブラジャーは着けてなくってキャミソールだけだったので、そのまま胸が露わになってしまいました。

 

タクミ「うわっ、やっぱデケェなあ、ちょ~興奮する」

 

私「だめだよっ!」

 

私は抵抗して足をバタバタさせました。

 

その足をマサが押さえてきました。

 

もう一切抵抗できない状態にされてしまいました。

 

タクミは胸を両手で、おそるおそる触ってきました。

 

タクミ「は~、やわらけぇ」

 

そう言いながら、感触を確かめるようにおっぱいをモミモミし、乳首も舐められました。

 

私「あん、はぁ・・・」

 

抵抗していたはずなのに、気持ちよくなってしまって、思わず声が漏れてしまいました。

この体験談の続きを読む

初めての射精の瞬間を目撃!おしっこと勘違いしていた男子

女子高生 手コキ
画像はイメージです

 

お互いの性器に興味津々

 

私が中学2年生の時に体験したことです。

 

同級生の男子で、大輔くんを初めての射精に導いたのです。

 

大輔くんとは、小学校も同じでした。

 

当時私と大輔くんは、ともに放送部に入っていて、放課後の放送室内で、お昼の給食の時間に校内放送する内容などの準備をしていました。

 

中学2年生といえば、性に興味を持つ思春期の真っ只中です。

 

性についての知識があれこれと入ってくる頃で、今から考えれば大したことない内容でも興味津々で、女友達同士エッチな話で盛り上がることも度々ありました。

 

大輔くんともエッチな話をすることもありました。

 

中学生の異性同士なので過激な内容ではありませんが、新しいエッチな単語を覚えると、

 

「○○って知ってる?」

 

て軽い感じで言ってみたり、その程度です。

 

そんなある時、やっぱり一番興味あるのはお互いの性器だと思うんです。

 

男子は女子のオマンコが見たいと思うでしょうし、私も男子のおちんちんを見たくて、いつしかお互いに見せ合うことになったのです。

 

放送室の隣には小さな部屋があり、鍵をかけてカーテンを引けば、暗くて完全な密室になります。

 

いざ2人で小部屋に入り鍵をかけると凄い緊張でドキドキしてきます。

 

大輔くんも顔を真っ赤にしてモジモジと落ち着かない感じでした。

 

私の方から意を決して机の上に横たわり、ジャージとブルマ、そして恥ずかしい気持ちを抑えて下着も下ろしました。

 

当時私たちの中学では、登下校の時以外はジャージで学校生活を送っていました。

 

大輔くんの目の前に私のオマンコが晒され、ジーッと見ている大輔くんの息づかいが荒くなっていました。

 

(私のオマンコ見て興奮してる)

 

恥ずかしい気持ちが段々と薄れ、見られてるだけで私も興奮してきました。

 

「触ってもいいよ」

 

私がそう言うと大輔くんは指を伸ばし、こわごわオマンコを触ってきました。

 

気持ちいいというよりも、たどたどしく触られるので、くすぐったい感じの方が強かったんですが、じわじわとオマンコが濡れてきたことは覚えています。

 

大輔くんはゆっくり優しく小陰唇など外側を触った後、オマンコの中に指を入れようとしてきました。

 

「いやっ、中はダメっ!」

 

その当時既に私はオナニーをしていましたが、指入れはまだ怖かったんです。

 

自分でも怖くて、オマンコに指や物を入れたことはなかったのです。

 

一通り私のオマンコに触り、満足げな様子を見せつつも、まだ緊張した表情をしている大輔くんです。

 

「今度は私の番だね」

 

私の横に立ってもらい、大輔くんのジャージと短パン、そしてパンツも下ろしました。

 

パンツの前の箇所が濡れ、短パンにもうっすらシミができていました。

 

当時はカウパーなんて言葉は知らなかったですが。

 

決して大きいとは言えないおちんちんだったと思いますが、硬く勃起し、ピンと上を向いている様子がすごく不思議に思えました。

 

亀頭の大体が皮に包まれていて、美しいピンク色の先端部分が見えていました。

 

陰毛も薄っすら生えている程度で、私の方が濃かったと思います。

 

今思い返せば、この時見た大輔くんのおちんちんは、まだまだ成長過程だったのでしょう。

 

「触ってもいいよね?」

 

おちんちんの先からは透明な少し粘り気のある液(カウパー氏腺液)が出ていて、結構濡れていました。

この体験談の続きを読む

ドMで情けない僕を犯して喜ぶSな女性に貢献しています

ドM
画像はイメージです

 

ドMの僕は女子に犯されるのが楽しみになりました

 

僕は思春期の頃からドMで、SM雑誌などを見ながらいつもオナニーしています。

 

中学3年の時、クラスメイトにU子という女子がいました。

 

顔は平均より下で背が小さく、人の話を聞かない自己中心的なところがあったので、クラスの人からはあまり相手にされていない子でした。

 

しかしどういう心境からか、僕はU子のことが気になり、U子に犯されたいという欲求を持つようになってしまったのです。

 

毎日U子に犯される様子を妄想しながらオナニーしていました。

 

ただ他の生徒に知られるとマズいので、U子に打ち明けるようなことはしませんでした。

しかし、とある休日にスーパーで偶然U子に会いました。

 

その時、思い切って自分の性癖をU子に全て話してしまいました。

 

彼女は最初呆れ顔でしたが、僕が真剣なのが伝わったのか、そのうちニヤリと笑って、

 

「ふーん、マサシ君てドMなんだー。」

 

と言いました。

 

そしてU子の家に一緒に行ったのですが、家の中に入ると、もう後へは戻ることができないと感じました。

 

僕は素っ裸にされて犯されました。

 

U子は服を着たまま僕のチンコを握り、扱き始めました。

 

だんだん気持ちよくなってきて、僕は思わず、

 

「あっ、あんっ・・・」

 

と情けない声で喘いでしまいました。

 

そしてU子は服を脱ぎ、僕を抱き上げました。

 

彼女は小柄な割りに力が強く、しかも僕が軽かったこともあったので、軽々と抱き抱上げました。

 

そして僕のチンコを目がけて、自分のマンコに挿入させました。

 

僕は両手を首に回してしがみついている格好となり、あまりの情けない格好に泣いてしまいました。

 

彼女は笑いながら腰をグリグリ動かしていました。

 

情けない格好でも僕は気持ちよくなってそのまま射精してしまい、ぐったりしてU子のベッドの上に仰向けに寝かされました。

 

チンコ丸出しの姿を写真に取られ、

 

「バラされたくなかったら私の言う事を聞きな。」

 

と言われました。

 

もはや断ることもできず、僕はU子の性奴隷になることを余儀なくされました。

 

すでに部活は引退していたので、その日から毎日のように放課後は彼女の家に行っては犯されました。

 

プレイ内容も日を追うごとにSMらしくなっていきました。

 

全裸で男の僕がお姫様抱っこされたり、首輪を付けられたまま犬のように四つんばいにさせられたり、大股開きでチンコを足で擦られたりしました。

 

僕のドMっぷりはどんどん拍車がかかっていきました。

 

携帯で呼び出されないと心配で、自分から連絡してお願いするようになり、U子に辱められることを楽しみにしていました。

この体験談の続きを読む

女教師と男子中学生の甘いセックス、別れた彼氏に似ていたから

女教師
画像はイメージです

 

僕を心配した美人先生が家庭訪問に

 

中学生のとき、わが家が貧困状態だったので、朝夕と新聞配達していました。

 

中学はアルバイトは厳禁らしくて、異なる店でバイトしてたのですが、当たり前のように授業中は眠い日もあって、ある時国語の時間に眠ってしまったようです。

 

国語の先生は、転勤してきて1年目の富田美恵子先生で、僕の担任も受持ち、若々しくクリーンで長い黒髪のお蔭もあったようで教え子の間では人気が集まっていました。

 

眠ってしまった国語の授業は5時間目といったこともあって、放課後に職員室に来るように呼ばれ、下校前に美恵子先生の場所に行き注意されてしまったのです。

 

説教の後、先生の授業のスタイルに原因があるのか?と落ち込んだので、新聞配達のアルバイトの事をハッキリ言って、取りあえずお家の事情と言うことで中学には秘密にしていてくれることになりました。

 

この週の日曜日、共稼ぎで誰もいない状態の家の中で、昼食を食べて先輩からもらったギターで稽古してると、インターホンが鳴り、入り口に行くと美恵子先生が立っておられました。

 

僕のアルバイトの事もあって、急に家庭訪問することを決めたそうなのですが、両親とも働いてて夜間にならないと帰宅しません。直ぐ帰ると考えていたんですが、僕の日常のライフスタイルも見たいと言うことで、僕の部屋に招待しました。

 

部屋の中でアルバイトの事や成績の事に関して相談して、僕のアルバイト代の用途を聞かれ、1月3万5000円程のアルバイト代は全部母親に渡して自分の取り分は月3千円程で、新しいギターを手に入れたかった僕はその中からの2千円を貯めてるって、得意げに先生にしゃべったのを覚えてます。

この体験談の続きを読む