タグ:中出しの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:中出し

年上の部下が射精したザーメンの臭いに興奮した私は自分から性処理係に

年上の部下が射精
画像はイメージです

 

オナ禁が災いして射精してしまったようです

 

32歳の独身女です。

 

外食チェーン店の社員で1店舗を任されています。社員とアルバイトを含めて12人ほどおり、ほぼ年下なのですが、その中に一人41歳の男性がいます(名前をAさんとします)。

 

一定期間Aさんのミスが目立っていたため、ある時、別室に呼び出して彼に注意をしたのです。

 

元々気が弱い性格のAさんは、最初は真剣に私の話を聞いていました。だけど途中から雰囲気がおかしくなっていったのです。

 

話もうわの空で、姿勢も猫背になっていって、明らかに変。叱られてしょんぼりしただけかとも思ったものの、どうも違う様子です。

 

そんなわけで具合が悪いのかと思って、

 

「Aさん、大丈夫ですか?」

 

と近づいてた時、特有なあの匂いを感じたのです。瞬間に、何が起きたのかがやっと分かりました。彼は射精してパンツの中にザーメンを出していたんです。

 

わけを聞くと、2ヶ月のオナ禁中で、かなり溜まっていたようなんです。そして何と言っても、その時の私のファッションがいけなかったのです。

 

私は元々Gカップと胸が大きいうえに、その時は部屋の暖房が効いて暑かったので、自然とジャケットを脱いでシャツ1枚だけになっていたんです。

 

大きく盛り上がっていた私の巨乳に興奮して、彼はおちんちんを大きくしてしまい、何とか気を逸らそうとしたものの、おちんちんとパンツが擦れて刺激されてしまい、つい射精しちゃったみたいなんです。

 

ひとまずトイレに行っていただこうと思ったのですが、そうするためには一度お客さんがいる場所を通らなければいけないのです。

 

それはさすがに問題なので、仕方無しに誰も入り込んで来ないようドアに施錠をし、所持していたハンカチを彼に渡しました。

 

私「トイレに行く前に、まずはこのハンカチで拭いてください。私後ろ向いていますので」

 

A「はい、すみません」

 

重苦しい空気の中、

 

A「あの、この事は誰にも言わないでほしいんですけど」

 

私「当たり前ですよ!言うわけないでしょ。私のせいでもありますし」

 

ザーメンを拭き終わったAさんが、

 

A「ありがとうございます。あの、これ(ハンカチ)は洗濯して必ずお返しします」

 

私「そんないいですよ。このまま返してもらえれば」

 

A「え、でも汚いですし」

 

私「別に汚くないですよ。それより、この状況じゃ今日の仕事は出来ないでしょうから、早退を認めますので帰宅されて下さい。体調不良ということで伝えときますから。」

 

そういうわけで、当日は彼を早退させました。よっぽどヘコんだでしょうね。

この体験談の続きを読む

女子大生の彼女のお母さんが巨乳・巨尻で誘惑、我慢できませんでした

彼女のお母さん
画像はイメージです

 

巨乳・巨尻のお母さんと2人きりに

 

今の嫁とまだ結婚する以前の話です。

 

その当時、嫁は20才の女子大学生だったんだけど、彼女は両親が離婚していて母子家庭で育てられたからなのか、何でもかんでもお母さんに相談するやつでした。

 

そういった優柔不断さがあったので、付き合おうかって話になった時に躊躇はありましたが、

 

「お母さんに会って欲しいから家に来てくれない?」

 

と言われました。

 

結婚する訳ではないのにと思って、俺的には少し引いたけどやむを得ず了解して、彼女の家でお母さんを紹介されたんです。

 

ところがどっこい、彼女のお母さんにお会いしてみると美しくてメチャクチャいやらしいボディをしていました。

 

服を着てるのに何処から見ても、巨乳どころではなく爆乳なのは一目瞭然で目のやり場に困惑しました。

 

ついでに後ろ姿を見たのですが、お尻も丸く張り出していてムチムチ感が魅力的でした。

爆乳でヒップもムチムチというとデブと思うでかもしれませんが、そんなことはありません。

 

ハッキリ言うと、彼女よりもそそられててしまって、勝手にちんぽがムズムズしたほどでした。

 

この日はひとまず、挨拶して何だかんだ聞かれながら食事をして何事もなく帰宅しました。

 

帰る途中に彼女からメールが来て、

 

「今日は来てくれてありがとう。お母さん、好感を持ってくれたみたいだよ」

 

的な中身だったので、とりあえず彼女と付き合うようになりました。

 

そして3ヶ月ぐらい経った時、彼女が大学の部活の合宿で3泊4日で家を空ける事態になったんだけど、そうしたら彼女が、

 

「これまでお母さん独りにさせたことなくて可哀相なの。ご飯でも食べに行ってくれないかしら」

 

と言って来たのです。

 

「(彼女の)お母さんと2人っきりなんて」

 

と拒否したら、彼女がチョー機嫌悪くなったので、まったく面倒だと思いながらも

 

「ごめん、ごめん、分かったよ、行くよ」

 

と言ってしまいました。彼女、急に機嫌良くなって、

 

「サンキュー、お母さんによろしくね」

 

と言ってくるので、

 

(なんだよコイツ?)

 

と思ってしまいました。そうして当日、彼女の家を訪問して合宿に出かけるのを見送ると、そのままお母さんは俺を家に迎え入れてくれました。

この体験談の続きを読む

巨根の性欲処理に落ちぶれ逃れられない私は後輩の女の子を連れてきました

後輩OL
画像はイメージです

 

(前回の続き)

 

↓ ↓ ↓

 

 

大量のザーメン浴びて童貞をいただき

 

童貞巨根の上田君にクンニされて2回続けてイカされてしまいました。

 

私はちょっとだけ悔しくなって、上田君の顔面に股がってクンニさせていたので、この状態で回転してシックスナインの形になって、私も彼のおちんちんを攻撃しはじめました。

 

上田君の巨根は全部は口に入りこまないので、亀頭を舐めながら、ツバをしたたらして両手擦っていました。そうするとそれまで度々寸止めしていたので、上田君は

 

「もうダメです、お願いです、出してもいいですか」

 

と情けない声でお願いしてくるので、微笑ましくなってしまい、

 

「それじゃあいいよ!思いっきり射精して」

 

と言って一層激しく扱きました。そしたらアッという間に上田君は

 

「ああ、出ます、イク、ああ~ああ」

 

と絶叫しました。

 

私は射精する瞬間が見たかったので口を離して眺めていると、おちんちんが一瞬大きくなった瞬間に大量のザーメンが飛び出してきたのです。

 

物凄い勢いで飛び出してきたので、お顔がザーメンまみれでベトベトになってしまいました。

 

予想してなかった顔面シャワーをされて、胸の奥底がジンジンしてきて、支配された気分になってしまいまして、私は凄く興奮しました。

 

私は上田君が射精した後も、すぐに巨根を扱いて、亀頭をしゃぶりまくりました。

 

男性は射精した後に触られるのを嫌がる人が多いので、逆にイタズラをしてやろうと思い、無理矢理攻撃を続けてました。すると上田君が

 

「ああ、ダメです、それ以上はダメです、ああ、やばいです、ああ~ああ」

 

と大きな声で叫んだかと思えば、ビシャッ、ビュッ、と透明な液体が飛び出しました。

 

私は驚愕してそれを先ほどのように顔中に浴びてしまいまして、上田君は呆然としています。その液体は何であるのか知りません。

 

それ後はいくらなんでもおちんちんに触られるのは辛いみたいだったので、ちょっとひと休みしました。

 

でも私はまだ満足してないので、上田君の巨根を勝手にしゃぶりはじめました。

 

上田君はビクッとしていたのですが、もう問題ないみたいで、すぐに硬く勃起しました。私はもうオマンコビチョビチョで早く巨根を入れたかったので、上田君の上に股がると

 

「ほら見て上田君、童貞卒業の瞬間だよ」

 

と言って巨根をオマンコに当てました。そしてじっくりと腰を沈めましたが、大きくて中々入りません。ニチャ、ブチュと卑猥な音を出しながら、徐々に入れたんですけど、やっぱりちょっとだけ痛いです。

 

私は辛抱してそのままブチュ、ズリュと言わせながらおちんちんを根元まで入れると、普通じゃ無い感覚でした。まるでワインの瓶に一旦抜いたコルクを再度入れるみたいに、きゅうきゅうに押し込んでいる感じです。

 

上田君は嬉しそうに

 

「うああ、ハァハァ、僕もう童貞じゃないんですね」

 

と言っていました。

 

私はとても上田君が愛くるしく見えてしまい、上田君にもたれ掛かって激しく唇を重ねました。

 

キスをしているとオマンコの奥から濡れてくるのが分かり、もっと激しく巨根で突いて欲しくなりました。私は自分であせらずに腰を動かしてみましたが、やっぱり少し痛いんです。

 

何度か反復していると、痛みはもう無くなり、上田君の巨根サイズにオマンコがぴったり拡大した感じがしました。

 

そして段々過激に腰を振ると、今まで実感した事の無い気持ち良さがなだれ込んできました。私は自分でも気付かない位、自然にイッてしまいました。

 

とても不思議な感覚で、声も全く出ないで、頭だけ普段のイッた感じになって、自然と体が痙攣し、自分ではまったく止めることができなかったです。

 

そうすると、私が全く動かないので、上田君が下から腰を突き上げてきました。私は

 

「ちょっと待って」

 

と言ったんですけれど、声にならなくて聞こえていない様子でした。上田君は初体験なので、遠慮なく激しく突き上げます。

 

私も段々正気になってくると、とてつもない快感が身体の内側に駆け巡りました。

 

「ああ、うはあっ、あうっ、イヤッ、ダメッ、またイッちゃう~、イクう」

 

アッという間にまたイカされてしまったのです。

 

私は以前から巨根に目がなかったので、これ程若くて硬いビッグサイズのおちんちんを入れられたら、この先他の男性では満足出来ない体になってしまうかもしれないと思いました。

 

そして上田君は

 

「先輩、後ろから入れてみたいんですけど」

 

と言うと、私の答えも聞かずに身体の位置を変え始めました。

 

このくらいから上田君の様子が変化してきて、これまでは私に主導権があったんですけど、気が付けば上田君がリードしていました。

 

私は主導権を取りもどす事なんて無理な位にフラフラでした。そして上田君はバックでおちんちんを入れなおすと、

 

「ああ、気持ちいい~」

 

とひとり言の様につぶやくと、たちまちブチュッ、ニチュッ、ズリュッと突いてきました。

 

私は一突きされる度に失神しそうになり、声も出せずにビクンビクンぐらついていると、継続して凄く強烈な腰使いで突いてきました。

 

「ああ、あんっ、ダメッ、スゴイ、何これ、凄い、おかしくなるう、イク、あうっ、うぐう」

 

とまたすぐにイッてしまいましたが、上田君は確実に知らんぷりをして腰を突きまくっています。ある程度経過した頃、

 

「ああ、出る、このまま中に出していいですか?ああ~、出る~」

 

 

と上田君は雄叫び始めました。

今日は危険日の可能性があるので中出しは駄目と思いましたが、先程の凄い量のザーメンを思い出してみて、

 

(精液をオマンコの中に出されたい)

 

と思ってしまったのです。そうして何も答えないでにいると上田君は

 

「ああ、もう無理です、イキます、ああ、出る、ああ」

 

と喚いて、すごい量の温かいザーメンをオマンコの中に放出しました。中におしっこをビュービューされたみたいな感じで、すっごい量のザーメンが入ってきました。

 

私はすっかり支配された気分だったのですが、この巨根ならやむを得ないと諦めました。

 

そうこうしているとみんなが戻ってくると思われる時間になっていたので、二人で急いで着替えました。つい先ほどまではシャイだったはずの上田君なのに、今はとってもナユラルに私に話し掛けてきます。

 

「美紀さんの体マジたまんなかったです。またお願いしてイイですか?」

 

なんて平気で言ってくるんです。でも彼から離れられないのは私の方なので全然オッケーですけどね。

この体験談の続きを読む

女子大生の容赦ない集団逆レイプで泣き出す男子高校生

女子大生 集団逆レイプ
画像はイメージです

 

逆ナンパで連れられ、強制オナニーも

 

ついにやらされてしまいました。私はまだ19歳の女子大生で入学したばかりです。私は大学の女子柔道部に籍を置いていつも稽古に熱を入れています。

 

しかし、私の柔道部は尋常でないのです。なんと男の人を集団で逆レイプをしているのです。体育会系なので上下関係がとても厳格で嫌でも従わなければ行けません。

 

まず2、3回生の先輩2人が部活の稽古の後におちんちんの大きそうな人を逆ナンします。世代は高校生から20代の大人まで様々です。

 

ちょっとだけ恥ずかしそうにしてウキウキしている人もいれば、ほとんど否応なしに連れて凝られる人もやはりいます。逆ナンパして連れて来るのが女子柔道部の部室です。

稽古後で汗の臭いが充満した部室に連れ込まれ、そこに女子部員30人ほどが控えているという状況です。

 

大学の裏側で時間的に人っこ一人通らない場所ですから、声を出されても周囲の人にも聞こえません。

 

無論誰にもバレ無いのです。そこに連れ込まれた男の人たちはともかく先輩達に押さえられ、服を脱がされます。そこから男性への逆レイプがスタートします。

 

強制オナニーをさせられたり、汗臭いオマンコを顔面に押し当てられたり、汗で濡れたタオルやパンティーを口の中に突っ込まれたり、足を舐めさせられたち踏まれたりもします。

この体験談の続きを読む

俺のデカチンに興奮したバイト先の熟女たちとエッチしまくりました

カラオケBOX
画像はイメージです

 

熟女に囲まれたカラオケBOXでアルバイト

 

俺は21歳の大学3年生で宏樹と申します。

 

1年、2年の時に真面目に単位を取得したので3年からは楽になり、アルバイトをしようかなと思っている時にサークルの仲間が、

 

「僕のアルバイト先のカラオケBOX入らない?」

 

と誘われたのです。友人がやっているバイトは24時間営業のカラオケBOXで、9時~17時、17時~深夜1時、深夜1時~9時のシフト制で昼、夜、深夜の3交代制になっています。

 

友人は夜の時間帯に入っていました。昼の時間に1人探しているとのこと。昼はパートのおばちゃんばかりで、できれば男が1人入れば安心らしくて、それもあって求人しているとのことでした。

 

店長は19時~深夜3時が基本的な出勤時間帯で何も無い限り昼間出てくることが無いらしい。

 

すべては入れませんが、3日でもいてもらえると役立つと言われ、昨年の夏休みからカラオケBOXでアルバイトを始めました。

 

週3でバイトしました。昼間のバイトは、俺を除いて5人の婦人です。37歳の正美さん、38歳の理絵さん、40歳の洋子さん、43歳の佳恵さんと繁子さんの5人のご婦人達です。

 

そもそも高校正の頃は熟女とセックスしまくっていたこともあり、この年代の女性は全然やるのもアリでした。ただ、ここ2年は勉強に真面目に取り組んでいたので少し心配もありました。

 

5人ともスタート日からバイト中に質問攻撃でした。俺が来るまで奥さんたちだけだったので21歳の男子大学生に興味を抱いていたようで、5日後後にはバイト中にエロトークばかりしていました。

 

「俺は熟女が好きですけどここ1、2年はHしてないですよ、恋人もいないし」

 

とか、5人は

 

「旦那とは夜の営みがまったくなくて欲求不満よ」

 

とか慣れっこになって話す様になってました。しかも理絵さん、洋子さんと一緒に入った時は逆セクハラがもの凄かったんですよ。

この体験談の続きを読む