タグ:中出しの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:中出し

女教師と男子中学生の甘いセックス、別れた彼氏に似ていたから

女教師
画像はイメージです

 

僕を心配した美人先生が家庭訪問に

 

中学生のとき、わが家が貧困状態だったので、朝夕と新聞配達していました。

 

中学はアルバイトは厳禁らしくて、異なる店でバイトしてたのですが、当たり前のように授業中は眠い日もあって、ある時国語の時間に眠ってしまったようです。

 

国語の先生は、転勤してきて1年目の富田美恵子先生で、僕の担任も受持ち、若々しくクリーンで長い黒髪のお蔭もあったようで教え子の間では人気が集まっていました。

 

眠ってしまった国語の授業は5時間目といったこともあって、放課後に職員室に来るように呼ばれ、下校前に美恵子先生の場所に行き注意されてしまったのです。

 

説教の後、先生の授業のスタイルに原因があるのか?と落ち込んだので、新聞配達のアルバイトの事をハッキリ言って、取りあえずお家の事情と言うことで中学には秘密にしていてくれることになりました。

 

この週の日曜日、共稼ぎで誰もいない状態の家の中で、昼食を食べて先輩からもらったギターで稽古してると、インターホンが鳴り、入り口に行くと美恵子先生が立っておられました。

 

僕のアルバイトの事もあって、急に家庭訪問することを決めたそうなのですが、両親とも働いてて夜間にならないと帰宅しません。直ぐ帰ると考えていたんですが、僕の日常のライフスタイルも見たいと言うことで、僕の部屋に招待しました。

 

部屋の中でアルバイトの事や成績の事に関して相談して、僕のアルバイト代の用途を聞かれ、1月3万5000円程のアルバイト代は全部母親に渡して自分の取り分は月3千円程で、新しいギターを手に入れたかった僕はその中からの2千円を貯めてるって、得意げに先生にしゃべったのを覚えてます。

この体験談の続きを読む

女装した僕を責める2人の熟女、ノーパン黒タイツを破ってチンポ挿入

女装黒タイツ
画像はイメージです

 

タイツフェチの僕は姉がいると嘘をつきました

 

学生の頃に変わったアルバイトをしました。ある通販会社がモニターを募集していたのです。その会社は女性向けのランジェリーやストッキング類が豊富で、タイツ好きな僕は何度かその会社の通販でタイツを買った事がありました。

 

今回の募集は新発売のタイツのモニターで、穿き心地をレポートすれば報酬が貰えるという内容でした。そんな美味しいバイトを重度のタイツフェチだった僕が見逃すハズがありません。

 

すぐさま応募しようとしましたが、女性向け商品なので男性名前では断られると思い、架空の姉の名前で応募したところ、商品を渡すので取りにきて欲しいと言われました。どうしようかと迷いましたが、姉の代理で受け取りに来たと言う事にしようと思いました。

 

通販会社の営業所に着きました。営業所と言ってもマンションの一室です。ドキドキしながらチャイムを押すと、30代後半の女の人が招き入れてくれました。部屋の中にはもう一人、40代前半の女性がいました。

 

二人とも濃い化粧でしたが、顔立ちは整っており、スタイルも年齢の割には良さそうです。そして僕の目を引いたのは二人とも、僕の大好物の濃い黒タイツを穿いている事でした。

 

二人の説明によると、用意されたタイツを毎日穿いて、着用感をレポートして欲しいという事でした。

 

簡単な内容でホッとしましたが、報酬支払いの条件として、タイツを穿いたモニターの写真を撮らせて欲しいと言われました。

 

姉にそう伝えると言うと、商品引き渡しの際に写真が必要で、今撮らせて欲しいと言います。架空の姉がモニターすると言う嘘を付いたので、撮影は無理と言うと、二人は困った顔になりました。

 

実はモニターの集まりが悪く、今日中にタイツモニターの写真を撮って、本社に送らないと叱られると言うのです。それは困りましたね、でも姉は今いないので、と白々しい嘘を付くと、二人は隣の部屋に下がり、何事かを相談し始めました。

 

この体験談の続きを読む

【近親相姦】主人の義理の弟に中出しさせることに成功しました

近親相姦
画像はイメージです

 

すでに辛抱できませんでした

 

3年前に結婚のご挨拶に主人の実家を訪問して、出会ってドキッとしてから昨日まで、こういう関係になることを期待していたんです。

 

昨日の昼過ぎから主人は4歳の息子をと一緒に実家に帰省しましたが、私は同窓会がありましたのでついて行けなかったのです。

 

途中に旦那から実家に寝泊まりするとTELがあり、2次会にも加入して終了したのが午後10時を過ぎていました。

かなり酔ってしまっていて歩くとクルマの中から

 

「お姉さん」

 

と言う声が聞こえました。義理の弟の直人君でした。15分程の自宅へ送り届けてくれる事になったのです。

 

自宅に到着してクルマから降りる時にフラフラしてしまって、直人君が手を貸してくれたので家に入ることが出来ました。

 

入口で横たわって飲み水を持ってきて貰うようにお願いし、頭を支えられて飲ませて貰ってリラックスしたそんなときです。

 

マッチョな厚みのある腕に支えられている事により、以前から何回も期待していた事が脳裏をよぎったのです。

 

私は彼の頭を引き寄せ唇を重ねました。いきなり舌を絡めて過激にです。そしたら彼は私に覆いかぶさり、さらに激しくキスをしてくれたのです。長くて猛烈で否応なしで若さいっぱいのキスでした。

 

彼の体重の重みが快適に感じて、これ程感じるキスは生まれて初めてだったのです。彼が私のボディをいじりだした頃、私は自宅ではよくないと思い、主人にTelを入れて友人の家に宿泊することを伝え、彼にラブホテルに出掛けようと言いました。

この体験談の続きを読む

【女子高生】同じクラスのヤンキー女子から痴漢強要、中出しさせられ

女子高生の逆レイプ
画像はイメージです

 

痴漢を仕掛けられて写真に撮られ、脅迫

 

高一の時、同じクラスに4人組のヤンキー娘がいた。顔は綺麗な感じが2人、キュートな感じ1人、そこそこの1人。しかし4人とも明らかにサディスティックのオーラたっぷり。

 

この間の放課後、僕は友達と学食で他愛もない話し合いをしていた。その頃の僕は女子と話す事が不得意で、あいさつを交わす程度。顔もハンサムじゃないし、女子とは無縁だと思っていた。

 

丁度話が一段落した時、4人組が学食に来た。僕は可能なら関与したくないと思っていたので、友人にもう帰ろうといって席を立とうとした。

 

そんな時、4人組がここに近寄って来て、

 

「◯◯(僕の名前)。少しあたいらに付き合えよ」

 

と言ってきた。

 

友人は小走りでその場を離婚し、僕は4人に包囲される形となった。たえず教員達に目をつけられている4人なんで、ろくでもない事になると考えた。でも突っぱねたら、何をされるか分からないとも思った。あんまり良い気はしないでいたが、やむを得ず4人に従うことに。

 

引き連れて来られたところは看板のついていない駐輪所の後ろ。抜け出せないように、KとSが両腕をお互いに抑えつけた。その際は気が動転して脳裏がおかしくなっていたが、現在よく考えれば通学服越しに女の子のおっぱいを感じたと思っている。

 

とりわけKはずい分巨乳で、通学服越しでも納得するほどだった。そういった意味で、なぜここのところに引き連れて来られたのか原因が思い浮かばなかった。

両腕を抑制しているSとKはニヤニヤをして、前方を歩行していたMとUが耳打ちしてた。
そしてUが、

 

「どんなわけであたしらに呼び出されたか、原因わかる?」

 

と言ってきた。

僕は身に覚えが無いから、

 

「すまん、見当が付かないよ」

 

と言った。
さほど4人としゃべった事が無くて、ドキドキで声が変だったように感じる。
そんな時、腕が突如重くなり、両腕を抑制していたKとSが、

 

「こんなんでもなにも無いって言うのかな」
「そんなこと言い切れるの?」

 

とお互い口に出してきた。

 

こうしてみると、2人が抑制していた僕の手をスカートの中とブラウスの内側にすべり込ませていた。しかもパニック状況での時、Uがニヤニヤしながら写メで僕をカメラに写した。

 

U「あー、◯◯がスケベなことやってる」

 

M「うわぁ、2人を襲ってる」

 

そういう事を発言しながら笑っていた。SとKも、

 

「◯◯に触られた」
「痴漢してきた」

 

と言いながら笑っていた。僕が、

 

「これっぽっちもやっていないよ。こんな言いがかりやめにしてくれないか」

 

と言えば、例の写メを見せつつUが、

 

「これ見た人は、そういう言い逃れに耳を傾けると思うの?」

 

と脅してきた。

 

U「これをバラ撒いてみたいな」
S「◯◯がこういう事するヤツだったなんてねえ」
K「みんなあんたの理屈なんか聞く耳持たないよ」

 

そういう事を言う有様。

 

M「この写メをバラされたくなければ、これからあたいらの話すことをよく聞けよ。退学になりたくないだろ?」

 

退学という単語を耳にして僕は青ざめた。こんなやり方で退学ともなれば馬鹿にされるどころの話ではない。僕は我慢しながら

 

「わかったよ」

 

というと、4人はますます人気のない女子更衣室に僕を引きずり込んだ。その場所はちっとも使用されることがなさそうな所で、放課後は誰も立ち寄らない場所だった。

 

この体験談の続きを読む