タグ:中出しの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:中出し

アメリカ人のセフレが巨根でずっとオマンコに入れてて欲しいので中出し

 

外国人 巨根
画像はイメージです

 

アメリカ人のセックスフレンドとホテルへ

 

アメリカ人のマークとセフレ関係になってから、初めてのクリスマスを迎えました。

 

当時私は彼がいなかったので特に予定もなく、マークからクリスマスに会わないかと誘われたのでOKしました。

 

恋人のためのクリスマスという概念は外国にはないのですが、長年日本に住んでいるからかその感覚がなんとなく分かっているようでした。

 

いつも仕事中のマークにしか会っていなかったので、私服を見たのは初めてでした。

 

まずはお昼を買っていこうとお店に立ち寄り、簡単に食べられるものを購入しました。

 

ついでにアイスクリームやチョコスプレッドも購入しました。

 

ホテルまでの道中、いつも通り、おっぱいの谷間に腕を挟みながら歩き、クリスマスという特別な日という事もあって、彼の耳元に

 

「もうすごく濡れてるの」

 

と囁いたら、

 

「すぐに全部なめてあげるから」

 

と返されました。

 

※会話はすべて英語です

 

「今日は泊まりだよ」

 

「うれしいけど、そんな準備してきてないよ」

 

「どうせずっと裸でエッチしまくっているから関係ないよ」

 

そんな会話でチェックインし、エレベータに乗り込むと、彼はすかさずスカートをめくってTバックをずらして指を入れてきました。

 

「こんなに濡らしてしょうがないコだね」

 

と言って掻き回していました。

 

部屋に入るとドアに私の背中を押し付け、しゃがみ込んで舐め始めました。

 

「いつもシャワー浴びてからなのに今日は特別なの?」

 

と聞くと、

 

「あんな濡れている状態がわかったら我慢なんかできない」

 

と言いました。

 

私は早く衣服から解放されたかったので、上半身はブラ以外自分で全部脱ぎました。

 

すると、彼は

 

「まずは裸にならないとね」

 

といってスカートを脱がし、靴を脱がし、ブラとTバックだけの姿にしました。

 

そして彼自身も自分で脱ぎ、彼はパンツすら全部脱いで真っ裸な姿になりました。

 

「奈々、今日のブラとTバックはいつも以上にエロいね。どこで買ったの?」

 

と聞かれました。

 

そう、実はちょっと特別な日に、というためにイタリアで買った下着をその日につけていたのでした。

 

「イタリアでね」

 

と言ったら、

 

「余計エロく感じる」

 

と言われました。

 

彼の国籍はイタリアではないですが、イタリア製の下着というとワイルドにセクシーなイメージが強いみたいです。

この体験談の続きを読む

娘の家庭教師にボディラインが出る服装で誘惑しホテルで中出しさせました

娘の家庭教師
画像はイメージです

 

娘の家庭教師にアピールしました

 

私は43歳の主婦です。

 

現在、高校1年生の娘がいますが、娘が中学に入った頃からずっと、近所の知り合いの男性に家庭教師に来てもらっています。

 

彼は27歳で学生時代は教師を目指していたそうですが、会社を経営している実家の事情で、現在は経営に関わりながら週に1~2回ほど、娘の勉強を見てもらっています。

 

もう3年ほど家庭教師をお願いしていて、しかも格安でしてもらっています。

 

何度か私も主人も一緒に、お酒を飲んだこともあります。

 

大体3人で飲みに行くと、一番弱い主人が潰れてしまうので、それが合図で帰っていました。

 

早いときは1時間くらいで主人が潰れてしまうこともあり、あまり話せずに解散してしまったこともありました。

 

そして家庭教師に来てもらって、1年ほど経ったころのことです。

 

3人で飲みに行くのは5回目ぐらいでしたが、主人が早々に酔い潰れたので家に送り届けた後、飲み足りないと思って彼と飲み直しに行きました。

 

やたらとスキンシップが多かったのですが、お互いにほろ酔い状態でしたので、あまり気にしていませんでした。

 

というよりも、慣れというのか欲求不満というか、帰りには肩を抱かれて歩きましたが、まったく不快な思いはなく、むしろ私から寄り添うような感じでした。

 

すると家の前でキスをされて、恋人同士のように別れました。

 

主人とはセックスレスでしたが、そこまでの不満はありませんでした。

 

しかしそれ以降、彼を意識するようになってしまいました。

 

キスもされたことですし、それ以上のことを期待するようになったのですが、彼はそれからしばらくしても、デートにすら誘ってくれませんでした。

 

私の方からどことなくサインを出しても、スルーされているような気がします。

 

そんな彼に、私は安易なアピールをしてしまいました。

 

彼が家庭教師に来る日、娘の服を借りて、短いスカートを穿き、わざと体のラインが出るような服を着たのです。

この体験談の続きを読む

中学生のイケメン弟をフェラチオして精液飲んで中出しして何度もセックス

イケメン弟 精液ごっくん
画像はイメージです

 

イケメンの弟と二人きり

 

私は高校3年生の女子高生で、中学3年生の弟がいます。

 

弟といっても、離婚した母親が再婚してやってきた連れ子なんです。

 

しかもその弟というのが、近所でも有名なイケメンなんです。

 

学校とかでもよくクラスの女子から、告白されたり電話がかかってくるほどです。

 

実は私も、弟を一目見て好きになってしまいました。

 

母が今の父と再婚して3ヶ月ぐらい経った時の話なんですが、両親が実家(母方のほう)へに出かけて、2日ほど留守にしたことがありました。

 

その時は、私は弟と二人きりで留守番です。

 

私と弟は仲が悪いわけではなかったのですが、私自身弟のことを意識していますし、その私に弟も妙に意識している感じがしていたんです。

 

一緒に生活するようになっても、まだあまりしゃべったことが無かったんです。

 

でも、その日は両親がいない開放感もあり、いろいろ話しかけてみると、とても話が弾んだんです。

 

そして話題は、好きな子の話へと発展していきました。

 

「ねえ、E君は学校で好きな子いるの?」

 

何気なく聞いたふりしてますが、以前からすごく気になってたことです。

 

「うん、付き合ってる子がいるよ」

 

ガーン!

 

ショックでした。

 

聞かなければよかったと後悔しました。

 

いや、いずれ分かるだろうから良かったのかな?

 

でも一応、血は繋がってないとはいえ姉ですから、弟に対する気持ちを表に出さないようにしながら、

 

「ふ、ふ~ん、でその子とはどこまで行ったの?」

 

なるべく平静を装って、核心の部分をさりげなく聞いてみました。

 

すると、

 

「まだ何もしてない、抱きしめたことはあるけど・・・」

 

相手の女の子は怖がって何もさせてくれない・・・

 

とのことだそうです。

 

私は内心ホッとすると同時に、

 

そんなどこの馬の骨とも分からない女に、

 

(可愛い弟をいいようにさせない!)

 

と嫉妬のような、闘争心のような感情が湧いてきてしまいました。

 

私は熱に浮かされたような気分になり、そして気がついたら、弟の体に触れていました。

 

「お姉ちゃんだったらE君に色々してあげられるよ」

 

弟の耳元で甘く囁いて、ホッペにキスしました。

この体験談の続きを読む

チンポ好き元風俗嬢に中出しをせがまれて1週間溜め込んだ精液を噴出した

中出し
画像はイメージです

 

おちんちん無しでは生きていけない

 

以前、出会い系サイトで元風俗嬢という女性とやり取りをしました。

 

今は26歳の人妻で、K美といいます。

 

数回メールのやり取りをすると、なんとなく

 

(いい感じかな?)

 

と思っていると、K美から突然、

 

「今日、これから会わない?」

 

と言われました。

 

これからどうやって誘おうか考えるつもりだったので、女性からの誘いには驚きました。

 

ちょっと警戒しながらも待ち合わせの場所へ行きましたが、美人局でもないようですが、K美を見て僕はちょっとびっくりしました。

 

K美はパンティーが見えるほどの超ミニのワンピース姿だったんです。

 

しかも胸はFかGカップ位あり、かなり強調されています。

 

僕は1週間ぐらい精子を溜め込んでいましたので、そんなK美を見た途端にチンポが反応してしまいました。

 

早速K美を車に乗せホテルへと向かう車中で、K美はこんな事を言い出しました。

 

「旦那とはDVのため別居中なの。でもセックス大好きだから出会い系で知り合った男とやりまくってるの。

 

私って、おちんちん無しでは生きていけないの。早く貴方のおちんちんも欲しい!」

 

ですって。

 

いきなりのチンポ好き宣言です。

 

そしてすぐに僕の太もも付近を撫でてきたんです。

 

(運転に集中しなきゃ!)

 

とは思っていますが、禁欲状態でそんなことされたので、チンポはビンビンに勃起しました。

 

さらにK美は僕のジーンズのファスナーを下ろし、すでに勃起したチンポをフェラチオし始めたのです。

 

幸い、僕の車は車高が高いので外から見られる事は無かったのですが、いきなりのフェラチオ攻撃に焦りまくりです。

 

それにさすがは元風俗嬢です。

 

男の感じるツボを心得ているようで、フェラチオだけで危うくイキそうになりました。

 

「俺溜まってるから、そんなにされたら出ちゃうよ!」

 

と言って口を離してもらい、なんとか射精することなくホテルへ辿り着きました。

この体験談の続きを読む

責め好き熟女に出会って調教されつつある僕はM男に洗脳されそうです

アナル責め
画像はイメージです

 

今日は責めたい気分なの

 

出会い系サイトで知り合った熟女と、食事をすることになりました。

 

僕は大学生で、相手は20才も年上の四十路熟女です。

 

最初はアラフォーの熟女とリアルに会って、どんな会話をすればいいのか不安もありました。

 

しかし、写メを交換すると可愛らしいおばさんだったので、勇気を出して会うことに決めました。

 

ご飯を食べに行く約束で、待ち合わせ場所まで車で迎えに行きました。

 

車種と色を言っておいたのですぐ分かったのか、相手の女性らしき人が手を振っていました。

 

実際に会うと、写メよりも可愛くはなかったですが、それでもエロそうな熟女という印象だったので、期待がかなり膨らみました。

 

アラフォーの年上熟女を助手席に座らせました。

 

スカートが少しあがって、太股丸見えです。

 

この時点で勃起しました。

 

彼女は聞き上手なお姉さん風といった感じで、食事しながら楽しく会話ができました。

 

旦那さんとはセックスレス気味でマンネリしているせいか、かなり欲求不満な主婦生活を
送っているそうです。

 

エロ話も盛り上がったところで、場所を移動します。

 

お互い雰囲気もエロエロな感じで、すんなりラブホテルに突入です。

 

ホテルに入ると、別々にシャワーを浴びます。

 

先に浴びた彼女を待たせて、急いでシャワーを浴びて彼女の元へ行きます。

 

彼女の服を脱がせると、今まで服装では分からなかったんですが、Eカップほどの柔らかそうなおっぱいがポロリと出てきました。

 

隣に座って抱き寄せようとすると、

 

「今日は責めたい気分なの」

 

と言って僕を押し倒して、バスローブを脱がせて、AVの痴女みたいに強引なキスをしてきました。

この体験談の続きを読む