タグ:中出しの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:中出し

童貞の中学生を誘惑していたおばさんから彼を奪って筆下ろししました

男子中学生 童貞 筆下ろし
画像はイメージです

 

おばさんが男子中学生を誘惑

 

私は29歳ですが、スポーツクラブでインストラクターをしています。

 

最近は

 

「色気があるね」

 

ってお客さんから言われる事やナンパされる事も多くなりました。

 

私の勤めているスポーツジムでは、毎週水曜日は地域振興の一環で、午後2時から6時までの比較的暇な時間帯を、中高生に無料で開放していました。

 

6時も過ぎて、会員様が来る時間の前に、一通り点検をしていました。

 

中高生が使った後は、物が散らかっていたり、忘れ物などが多いのです。

 

女子更衣室を見回りに来ると、一番奥の個室の扉が閉まったままでした。

 

まだ生徒が残っているのかなと思い、声を掛けようと近づいてみると、2人くらいが入っている気配を感じました。

 

はっきりと聞き取れませんでしたが、女性が小声で何か話している声と、うん、うん、と返事をする少年っぽい声が聞こえてきました。

 

私は音を立てずに扉に近づき、聞き耳を立てました。

 

相変わらず、話はハッきりと聞き取れませんでしたが、男の子の照れ笑いのような声や、女性のボソボソという声は聞こえます。

 

私は、直感的に何をしているのかが分かりました。

 

スポーツクラブでは、こういう事はたまにあるんです。

 

ただ、女性と少年というケースは初めてでした。

 

私は周りに誰もいないのを確認し、そっと扉の下の隙間から覗いてみました。

 

まず見えたのは、女性がひざまずいている足というか下半身です。

 

さらに奥を見ると、少年の足が見えました。

 

私は胸の心拍数が高まりました。

 

後ずさりするように更衣室の入り口に戻り、一度深呼吸をしてから、中に向かって声をかけました。

 

「もう終了の時間ですよ。早く支度してくださいね」

 

と、言う感じです。

 

すると中から女性の声で、

 

「はーい、分かりましたー」

 

という返事がしました。

 

私はちょっと笑ってしまいました。

 

私は更衣室の出入り口が見えるちょっと離れたところで、どんな女性や少年が出てくるんだろうと隠れて見ていました。

 

しばらく待っていると、女性が出てきました。

 

初めて見る、一見、40代半ばくらいのおばさんでした。

 

でもなかなか綺麗な美熟女で、何事もなかったような表情で、玄関から出て行きました。

 

そして少しして、今度は男の子が出てきました。

 

(あ、あの子だったんだ)

 

彼は中学3年生で、毎週熱心にここへ通って来る男の子でした。

この体験談の続きを読む

淫乱看護婦が新婚の僕のチンポにむしゃぶりついて騎乗位で中出しさせられました

淫乱看護婦
画像はイメージです

 

看護婦がチンポを咥えてきた

 

新婚して間もない頃、腎臓結石になってしまって救急車で運ばれ、入院する事になりました。

 

めちゃくちゃ痛いんです。

 

死ぬというか、痛すぎて

 

「今すぐ俺を殺してくれっ」

 

て思うレベルの痛さでした。

 

最初の数日はチンポに管を入れられて身動きする事も出来ず、妻が居る時には妻が、妻が自宅に帰っているときは看護婦さんが大の方の世話をしてくれていました。

 

初めは病気の苦しみで、看護婦さんにチンポを弄られるのにあまり恥ずかしさは感じていませんでした。

 

数日経ってチンポからパイプは抜かれましたが、お医者さんからは

 

「四時間おきに看護婦さんが見にくるから」

 

と言われました。

 

看護婦さんは四時間おきに僕のベッドに来て、本を読んでいようと寝ていようとお構いなしにパンツをずらし、チンポを摘んで見回して帰っていきました。

 

当然でしょうが、その態度は事務的なものでした

 

しかしその中で、30代ぐらいで若妻風の看護婦さんだけは、チンポを持つ手つきが他のナースさんとは違い、妙にいやらしいんです。

 

そしてそれから二日目の晩のことです。

 

寝ている僕のパンツをずらそうとする手に気づき、目が覚めました。

 

看護婦さんが来る時間ではないと思っていたのでびっくりすると、その三十路で若妻風の看護婦さんは、

 

「一応心配だからね」

 

と笑って言いました。

 

その看護婦さんはチンポを持ったまま、なかなか離してくれませんでした。

 

そして僕の耳元で、

 

「あなた新婚さんだから、股間が落ちつかないんじゃないんじゃない?」

 

と囁きました。

 

僕は、

 

「痛みで辛かったし、パイプ入れられたりで元気なんか無いですよ」

 

と答えました。

 

確かに僕のチンポは看護婦さんに触ってもらっても萎えたままでした。

 

すると看護婦さんは急に、

 

「これでも?」

 

と言って僕のチンポを咥えてきました。

この体験談の続きを読む

【淫乱奥さん】病院で知り合った時は清楚なイメージでしたが中出しを求められました

淫乱奥さん
画像はイメージです

 

父の入院で知り合った奥さん

 

親父が検査入院したんですが、胃に腫瘍が見つかってしまい、すぐに手術しなければならなくなりました。

 

幸いにも早期発見だったため大事には至らず、術後の様子見ということで、しばらく経過入院することになりました。

 

個室は差額ベッド代がかかるので、とりあえず大部屋に押し込めたんですが、父は文句言っていました。

 

まあ、文句を言うほど元気な証拠と思って、笑って聞き流していました。

 

隣のベッドには、40代の奥さんらしき女性が、毎日夫のお見舞いに来ていました。

 

毎日顔を合わすうちにいつしか話をするようになり、帰りに僕の車で送るほどになりました。

 

ある日、夫の身の回りの品を買いたいと言うので、帰りにスーパーに寄りました。

 

お礼にお茶でもと言うことになって、駐車場の広いファミレスに入りました。

 

軽食をしながら、他愛もない話をしていましたが、しばらくすると奥さんは、年下の僕に悩みを打ち明け始めました。

 

それは、夫婦2人の生活で子どもはいないので、夫が入院してしまって家に帰っても独りなので、寂しさがストレスになっているとのことでした。

 

だから、

 

「こうして話を聞いてもらえるだけで嬉しい」

 

と言われたので、

 

「年下のこんな僕でよければいつでも話相手になりますよ」

 

と言いました。

 

そして、

 

「それなら明日お見舞いの帰りにちょっとドライブにでも行きませんか?」

 

と誘いました。

 

奥さんは笑顔で、

 

「いいんですか?」

 

と言ってきたので、

 

「もちろんです」

 

と言って早速、明日のドライブが決まってしまいました。

この体験談の続きを読む

露出願望のある私は混浴温泉で中学生の少年をフェラチオして中出しセックスもしました

混浴 フェラ 中出し
画像はイメージです

 

混浴温泉に行くと少年が2人いました

 

私は大学生のころ露出に興味があり、初めての体験の場として混浴温泉がある旅館に行きました。

 

しかし、やっぱり女一人で混浴というのは勇気がいるもので、なかなか決心ができず、実行したのは誰も温泉に入っていない深夜でした。

 

残念と安心が混ざったような気分で混浴温泉に向かうと、深夜にも関わらず少学生か中学生の少年2人の男の子が、混浴温泉に入っていくのが見えました。

 

(これはチャンス!)

 

と思い、私も急いで混浴温泉に向かうと、ここで一つの予想外の事がありました。

 

脱衣所が男女共同だったことです。

 

私が扉をあけると、全裸の男の子が2人こちらを見て硬直していました。

 

そんな2人に驚きつつも、気にしないふりをしながら、私は浴衣を脱ぎ出します。

 

当然、男の子二人の視線が私に突き刺さります。

 

子供相手に裸になっていく自分の行為に興奮が隠しきれず、男の子の反応をチラっと見てみると、薄っすらと毛が生えているおちんちんが勃起していました。

 

下着姿のまま焦らしながら脱ぎつつ2人の様子を見ると、彼らと目が合ってしまい、それに気付いた2人は急いで温泉に入っていきました。

 

(失敗したかな~)

 

と思いつつ私も後を追うと、小声で2人の会話が聞こえました。

 

「マジで女の人がいた!裸見れるかな?」

 

「お姉さんのおっぱいとパンツ見ちゃった!温泉だから絶対見れるよ!」

 

と、どうやら女性の裸を見たくて混浴に来たみたいでした。

 

裸を見たい少年2人と、見られたい私、という利害が一致していることに嬉しくなり、私は思い切って、

 

「こんばんは~、夜遅くに温泉?ご両親は?」

 

と話しかけました。

この体験談の続きを読む

小学生の時に女の子に囲まれて逆レイプされたけど処女も貰いました

男子小学生 逆レイプ
画像はイメージです

 

近所のお姉さんにチンコを弄られてました

 

僕は小学生の時、近所の中学生のお姉さんにエッチなイタズラをされていました。

 

きっかけは、何となくチンコ触られて来て気持ち良かったので、無抵抗にしていたらエスカレートしていった感じです。

 

お姉さんの家はかなりのお金持ちで、坂道を登った頂上にあるお城のような家でした。

 

学校帰りに遊びに行くと、お姉さんの部屋で二人でゲームをしたり漫画を読んだりしていました。

 

僕が漫画に夢中になっていると、お姉さんは身体を密着させたり、耳にキスしたりしてきました。

 

僕が身をよじらせながら漫画を読み続けていると、お姉さんの手は僕のズボンに伸びてきて、ズボンを膝まで下ろされ、パンツに手がかかります。

 

ここからは、いつもの二人のルールです。

 

パンツを脱がされたら、僕は必ず横を向き、目を閉じなければいけませんでした。

 

始めは手で、すぐに舌と口で、僕のチンコはベトベトにされていきます。

 

初めての精通は小4の時でした。

 

最初は射精はしませんでしたが、尿道の先から気持ちいい痛みが走り、全身がジーンとして不思議な感覚でした。

 

そして何度か同じような経験をすると、いつしか白濁の精液が出ました。

 

初めての時はオロオロしましたが、お姉さんがテキパキと処理してくれました。

 

「一人でする時はこうしなさいね」

 

と性教育でオナニーのやり方まで教えてもらいました。

 

僕の方からお姉さんにタッチするのは禁止され、約束を破るとお尻に鉛筆を差し込まれる罰がありました。

 

でも何度もお願いしていたら、胸はOKということになり、僕はお姉さんにチンコを弄られながら、乳首を舐めたり胸をモミモミしたりとガッつきました。

 

お姉さんが顔を僕の股間に移動させると、いつも目を閉じてされるがままでフィニッシュだったのですが、いつしかフィニッシュの仕方が口や手だけじゃなく、別の何かが密着して擦りつけてるやり方に変わり、それが多くなりました。

 

目を閉じるように強いられていましたが、何となく股間同士擦り合わせていたのかなと想像はしていました。

この体験談の続きを読む