タグ:中出しの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:中出し

肉食系人妻がセクハラマッサージに我慢できずチンポにしゃぶりつく

セクハラマッサージ
画像はイメージです

 

セクハラマッサージ

 

私は個人的な趣味で、女性相手のマッサージを行っています。

 

その理由は単純で、エロいことをするのが目的です。

 

といっても、あからさまに胸やお尻に触るとまずいので、最初は真面目にマッサージを施し、女性の反応を見ながら、

 

(いけるかも)

 

と判断したら徐々に際どい箇所に触れていく感じですね。

 

しかし、うまくいくことはほとんどありません。

 

普通のマッサージで終わって喜んでくれたお客さんが、さらに口コミで伝えてくれてお客さんが来てくれるということも多いです。

 

有りがたい話ですが、口コミなどで来てくれた女性だと、なかなかエロい展開に発展しないんですよね。

 

常連さんになった女性で、セックスまで持ち込めたことはあるのですが、たまたまラッキーだっただけで、まず無いと思った方がいいですね。

 

そこで、最初からエロいことを匂わせておけば確率があがるかもしれないと思い、ネットを使って「セクハラマッサージ」の広告を出したんです。

 

あまり期待してなかったんですが、それでも月に数件の問い合わせがあります。

 

しかし、

 

「セクハラが条件ですけどいいですか?」

 

って念を押すと、それっきり返信なし、なんてことが多いんです。

 

それでも会ってくれる女性はいました。

 

これまでだいたい月に1人か2人程度です。セクハラOKで来てくれるのでヤレる確率も上がります。

 

今まで6人の女性とセックスすることができました。

 

その中で一番記憶に残っている女性が、33歳の人妻さんです。

 

ショートカットで、スラリとしたスレンダーボディーなのに、おっぱいは結構大きく、なかなか綺麗な人でした。

この体験談の続きを読む

電車内で痴女軍団にチンポを弄られた後は拉致されてハーレム乱交へ

女子大生 ハーレム乱交
画像はイメージです

 

高身長の女性集団に電車内で取り囲まれた

 

私が社会人になったばかりのころの話です。

 

その日は寝坊してしまい、駅に着くと普段乗っている電車が出発ギリギリで、ドアが閉まりかけているところを大急ぎで駆け込みました。

 

間に合ってホッとしたんですが、周りをよく見ると女性ばかりなんです。

 

女性専用車両に乗ってしまったことを、そこでやっと認識しました。

 

(ヤバい!)

 

と焦りましたが、次の駅で車両を移ろうと考え、ドア付近でじっとしていました。

 

しかしいつの間にか私は、6名と思われる背の高い女性陣に囲まれていました。

 

大学の運動部みたいで、高身長なのでバレーボール部とかバスケットボール部の女子大生ではないかと思われます。

 

全員私より背が高いので、女性の壁に包囲されたような状況で、その向こう側は全く見えません。

 

多少の圧迫感はありますが、私を睨んでる訳でもなく、しかも美人ばかりのグループでしたので、特に気にする事無くそのままの状態でいました。

 

次の駅に着くと、開いたドアは反対側だったので、

 

「すみません、降ります」

 

と言うと6人組の一人が小声で、

 

「間違えて乗っちゃったんでしょ?気にしなくて大丈夫ですよ。混んでますし」

 

と言って6人の包囲網から解放してもらえず、女性専用車両から降りられなくなってしまいました。

 

「こっち側が開くまでここにいていいですよ」

 

みたいなことも言われ、別に間違えて乗っただけで悪い事している訳でもないし、

 

(まあ、いっか)

 

ってあまり気にするのをやめて、こちら側のドアが開くまで、そこに乗りつづけることにしました。

 

その駅ではたくさんの人が乗ってきたみたいで、高身長女子大生集団の壁がさらに迫ってきて、私により密着してきました。

 

取り囲まれている私は背中や肩、胸などに、彼女たちの胸が押し付けられることになり、一気にチンポが勃起してしまいました。

 

(バレたらやばい)

 

と思いながらも態勢を変えられる訳でもなく、腰を引き気味にしてじっと立っていました。

 

すると、私の勃起したチンポに手が触れている感触があります。

 

(えっ?)

 

っと思い視線を動かすと、正面の女子大生がニコッと微笑んで私の顔を見つめてきます。

 

(嘘だろ?)

 

と困惑して彼女を見つめると、彼女は顔を近づけて私の耳元で、

 

「じっとしてて」

 

と小声で言いながらチンポを撫で回し始めました。

この体験談の続きを読む

【近親相姦】酔って倒れた私に息子が乗っかり腰を動かしていました

近親相姦
画像はイメージです

 

息子のオナニーが気になって

 

私は44歳のバツイチです。

 

主人とは6年前に離婚し、今は一人息子と二人きりでアパート暮らしをしています。

 

部屋は四畳半と六畳の二間のみです。玄関のある四畳半の部屋は、台所、居間、脱衣所と併用です。

 

奥の部屋で主に生活しており、タンスがあり、息子の勉強机があり、私たちの寝室でもあります。

 

高校生の年頃の息子と同じ部屋で寝るというのは、あまりよろしくないのは分かるのですが、そんなこと言ってる余裕などありません。

 

しかしこんな狭い家での生活ですので、お互いの裸を見るのは日常茶飯事です。

 

私も息子も同じ部屋で着替えますし、お風呂に入るときは、台所の横で裸になります。

 

お風呂のお湯がすぐに冷めてしまうので、息子が中学2年の時までは二人で一緒にお風呂に入っていました。

 

一緒に入るのを止めた理由は、息子のおちんちんが勃起するようになったからなのです。

 

息子は中学2年ぐらいから急に男性っぽくなってきて、オナニーも覚えたようなのです。

 

健全な男の子だったら当然のことだと思い、私は一人の時間を作ってあげたくて、寝るまではできるだけ居間ですごしていました。

 

でも寝た後でも、時々私の寝ている横で、こそこそとおちんちんを扱いていることもあります。

 

寝ているふりをしつつ、私もドキドキしながら聞き耳を立てていました。

 

そんな生活が続いて、息子が高校2年生になった夏休みのことです。

 

「自分の寝室を作りたい」

 

と言って、押し入れの下の段を片付けた頃から、私を見る目が変わったように思うんです。

 

しかも息子はお風呂から上がっても、素っ裸でしばらくウロウロすることもあります。

 

「早くパンツ穿きなさい」

 

って言うこともしばしばです。

 

もう高校2年性ですから、チラチラと見えるおちんちんは立派な大人のもので、陰毛もしっかりと生えています。

 

そして私が着替えているとこを凝視したり、あろうことか私の下着を使ってオナニーしているのを目撃したこともあります。

 

どうして突然そうなったのか見当が付かないまま、私は、息子にどう接していいのか分からず、そのままオロオロしているだけでした。

 

それに、私自身主人と別れて長いことセックスしていません。

 

息子がいないときに時々オナニーしていますが、それだけでは欲求不満が溜まってしまい、どうしても息子のおちんちんに目がいってしまうのです。

この体験談の続きを読む

高校で再会したイジメっ子女子にズボンとパンツを脱がされた僕は…

女子高生逆レイプ
画像はイメージです

 

子供時代に僕をイジメた女子に高校で再開

 

僕には、Y美という同級生の幼馴染がいます。

 

Y美とは子供のころに、ちょこっと遊んだことがあって、

 

「男のくせに弱いね、本当は女の子じゃないの?」

 

と言われ、ズボンの上からチンコを捕まれたり、イジメられたり泣かされたりしたこともありました。

 

Y美の言うことも仕方ないとこがあって、僕は華奢でひ弱、しかも中性的な顔をしています。

 

当時の僕は気の強いY美の言いなりで、何でもいう事を聞いていました。

 

しかしながら、小学5年の時に僕は隣町に引っ越すことになり、Y美と遊ぶ事も会うこともなくなりました。

 

Y美と疎遠になってから数年の歳月が経ち、僕は勉強の甲斐あって、地元でもそこそこの男女共学の進学校に入学することができました。

 

入学してから1ヶ月ほど経ったある日、クラスで仲良くなった友達が、

 

「違うクラスにめっちゃ可愛い子がいるって噂だから見に行こう」

 

と誘われたんです。

 

情けない話なのですが、子供の頃Y美に苛められた僕はトラウマになり、思春期になっても女性と話すのが怖かったほどです。

 

いわゆる女性恐怖症だと思いますが、今でもクラスの女子と会話する時に動悸がするほどで、その事を周囲に悟られないようにするのも一苦労でした。

 

そういう僕なので、いまいち見に行くことに乗り気じゃなかったのですが、友人はよっぽど見たかったみたいで、とにかく強引で頑固でした。

 

そんなことで揉めて時間を無駄にしたくなかったので、僕は渋々ついて行くことにしました。

 

噂の子がいるというクラスに到着し、

 

「それでお前の言ってる子は誰だよ?」

 

と僕は聞きました。友人は、

 

「えっと~、いたいた!あの一番後ろの窓側にいる女子の中で、こっち側向いてるあの子だよ」

 

と女の子たちのいる方向を向いて、興奮した様子で教えました。

 

僕はそんな興奮した友人を見て多少呆れながら、数人の女の子達の方を見ました。

 

確かにその子は駄弁っている女子の中でも際立って可愛くて、思わず女性恐怖症の僕でさえも、

 

「ホントだ、かわいいね」

 

と即座に答えてしまう程でした。

 

しかし、可愛いと思うのと同時に、何か言い表せない違和感のようなものが、僕の頭の中を駆け巡っていきました。

 

その女の子を見るのは初めてだと思うけど、でもどこかで会ったことがあるような気もしたんです。

 

そしてしばらくすると、その子が誰なのか分かったのです。

 

確認のため、その子の名前を友人に聞くと、やはりY美だったのです。

 

僕は背筋が凍りました。

 

昔はわりと男っぽかったY美は、考えられないほど清楚で女の子らしくなっていて、とても可愛いのです。

 

一目見ただけでは分かりませんでした。

 

僕は子供の頃イジメられた記憶がよみがえって怖くなり、

 

「もう見たから満足したろ、早くクラスに戻ろうよ!」

 

と友人を急かして戻ろうとましたが、時既に遅しでした。

 

僕はパニック状態になって、結構大きな声で友人を急かしてしまったようです。

 

そのクラス全員からの視線を浴びることになってしまい、ビクビクしながらY美の方を見ると、Y美は僕の方を見てニヤニヤ笑っていたんです。

 

絶対にY美は僕の事を覚えていると確信し、僕の高校生活は終わったと思いながら、その場から急いで自分のクラスに戻りました。

この体験談の続きを読む

出会い系で知り合った超淫乱女がカップル喫茶の常連で男が群がり…

乱交 ハーレム
画像はイメージです

 

超淫乱女とカップ喫茶へ行くと常連だった

 

出会い系サイトで顔見知りになった美幸は、想像を絶するほどの超ド淫乱な女で、今まで体験したことないような過激なセックスを俺に教えてくれた。

 

野外露出でセックス、女二人と俺のの3P、デパートの女性用トイレでフェラチオ、SMプレイ、そして先日は、カップル喫茶に行って物凄い乱交セックスを初めて体験してきた。

 

さすがに、最初から乱交なんてするつもりなかったんだけど、その場の空気に流されて、気がつくと数名で乱交セックスになっていた。

 

AVじゃあるまいし、3Pだって普通の人間は経験できないはずだと思うけど、乱交はとてつもなく刺激的だった。

 

なんかAVの世界に自分が男優として紛れ込んだような、夢を見ているような不思議な感じだった。

 

ただ興奮と快楽だけが俺を支配していて、何人の女と何回セックスしたのかも分からないぐらい、とにかく我を忘れて本能のままにセックスしまくっていた。

 

その日は美幸と二人でカップル喫茶に行った。

 

実は美幸はその店の常連で、顔パスで出迎えられ、なんと連れである俺も、お金を払わなくてよかった。

 

美幸はいかなるお客にもいやらしい体を差し出して、どんな変態チックなプレイでも快諾してくれるため、美幸目当てでこの店にやってくる客も多いとのこと。

 

実際、美幸の集客効果は凄くて、俺達が店に来た時には一組しかカップルがいなかったにもかかわらず、いつの間にか次々と客が集まってきた。

 

後で聞いた話だが店長が、

 

「美幸さんが来ている」

 

と常連客に知らせたみたい。

 

ここはカップル喫茶なので男女同伴でしか入れない。なのでみんなカップルで来店してくるんだが、どのカップルも男の方が興奮しており、女は多少、引き気味だ。

 

そりゃ、自分の男が美幸のセックスに熱中してチンポをビンビンに勃起させてりゃ、女もむしゃくしゃするよね。

 

美幸はすでにスッポンポンになっていて、他の客に見られて集中できていない俺の半立ちんぽを、見せ付けるようにいやらしくフェラチオしていた。

 

「あの・・・美幸さんに触らせていただいてもいいですか?」

 

いきなり若い男が、美幸の同伴者の俺に、許可を求めてきた。

 

俺はカップル喫茶に初めて来たんで、戸惑いながらも美幸に、

 

「美幸ちゃん、いいの?」

 

俺のちんぽをフェラチオし続けている美幸に聞くと、こくりと頷いたので、仕方なく了承した。

 

本当は他の男に美幸の体を触られるとか嫌だった。

 

しかしここはカップル喫茶だし、淫乱な美幸がこのような状況で、俺と二人きりのセックスで満足するはずがない。

 

若い男は嬉しそうにして俺に頭を下げ、早速美幸のオマンコを舐め始めた。

 

それを見ていた他の男達が次々と、美幸の体へ触れる許可を俺に求めてくる。

 

美幸はどんな男でも受け入れていたので、たくさんの男達が美幸のところに集まってきて、どえらいことになっていた。

 

男達に体中を触られ、揉まれ、愛撫され、舐めまわされている美幸は、引き続き俺のちんぽをフェラチオしている。

 

俺はそんなシチュエーションに妙に興奮し、早くも射精感が高まってきて、美幸の口の中にザーメンを発射してしまった。

 

美幸は俺のちんぽを口から引き抜くと、口を開けて俺が出した精液を男たちにひと通り見せつけた後、ごっくんしてザーメンを飲み干した。

 

さらに俺のちんぽを咥えて丁寧なお掃除フェラをし終わると、男達は美幸を連れ去っていってしまった。

この体験談の続きを読む