タグ:中出しの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:中出し

【逆レイプ】水泳で鍛えたマッチョでイケメンな俺のチンポを姉と女友達が…

逆レイプ 姉と友達
画像はイメージです

 

マッチョなイケメンが近くにいる?

 

俺が高校1年の時の話です。

 

夏休みに水泳部の練習を終えて帰宅すると、姉が帰宅していました。

 

「おっ雅人!真っ黒に焼けて部活がんばってるな~!背もかなり伸びたんじゃない?」

 

姉は東京で一人暮らしをしていて4歳年上です。

 

姉は昔から美人でしたが、久しぶりに見る姉は、さらに美しさを増していました。

 

俺はちょっとドキッとして目を合わせる事が出来ず、適当に挨拶をして自分の部屋に逃げ込みました。

 

ベッドに転がってマンガを読んでいると、隣の姉の部屋が騒がしくなってきました。

 

「かんぱ~い!久しぶりだね~、みんな変わらないね~」

 

声を聞いただけで誰がいるか分かります。

 

姉の親友の由美さんと育子さんが来ています。

 

俺は小柄でかわいい由美さんが小学校の頃から大好きでした。

 

一方、育子さんはかなり太っていて顔も不細工です。

 

姉達の話も徐々に過激になっていきました。

 

「章子(姉)の彼氏、超イケメンだよね~!」

 

「でもあいつ顔だけでさ~、エッチ下手くそなんだよね~、チンコ小さいし~」

 

「エ~!そ~なの~?ギャハハ~」

 

(女は怖い、怖すぎる)

 

「育子はあの彼とはどうなってるの?」

 

「あいつとはもう別れたよ~、たまに来てエッチだけして私の財布からお金取って、もう~サイテーだったよ!」

 

「それって、育子の身体だけが目当てなんだよ~、サイテーだね~!」

 

(違う違う、お金お金)

 

「どっかに、マッチョなイケメンいないかな~」

 

「アッ!いるよ~」

 

「えっ!誰?章子、紹介してよ~」

 

そこからはヒソヒソと何か話しているようでした。

 

そしてしばらくすると、俺の部屋の扉がノックされました。

 

扉を開けると、姉がニヤリと笑いながら立っています。

 

俺は知っています。

 

あの笑いは何かイタズラを思いついた時の顔です。

この体験談の続きを読む

【近親相姦】中学の時オナニー中に母が部屋に入ってきてフェラされ・・・

近親相姦
画像はイメージです

 

オナニー中に母が部屋に入ってきた

 

僕が中学2年生の時、母とセックスをした体験談を話します。

 

母は当時37歳でした。

 

黒髪を長く伸ばし、細顔で目はクリッとして、爽やかな感じの母です。

 

友達が初めて母に会うと、

 

「お姉さん?」

 

と言われるくらい、若く見られます。

 

父は僕が小学生の時に蒸発して帰ってこなくなり、今は母と二人暮しです。

 

母とセックスをするようになったきっかけは、僕がオナニーをしているとことろを母に見られてしまったからです。

 

それは、夏休みに入ったばかりの、蒸し暑い夜でした。

 

夜10時頃、すでに母は寝室に入っていました。

 

僕は風呂から上がり、自分の部屋で素っ裸のまま明かりを消して、友達から借りたエロビデオを見ながらオナニーしていました。

 

すると突然ノブがカチャと回り、母が部屋に入って来ました。

 

おそらく部屋をノックされたと思いますが、ヘッドフォンを付けていて気づきませんでした。

 

「ユウちゃん、入るわね・・・」

 

僕は慌てましたが、素っ裸なのでどうしようもありませんでした。

 

「ああっ!」

 

僕は情けない声を出してしまいました。

この体験談の続きを読む

フニャチンに中出しされて欲求不満の私は若いイケメンを逆ナンしましたが・・・

イケメン 逆ナンパ 中出し
画像はイメージです

 

おじさんに中出しされてた?

 

私は同棲している彼と中出しセックスしています。

 

それとは別に、私が過去に体験した衝撃的なことについてお話します。

 

これでも私は食品関係の商社で営業をしています。

 

入社してすぐ営業に配属され、念願だった事もあり仕事第一の生活でした。

 

この不況の時代、成績を達成させるのは簡単な事ではありません。

 

そこで、女であることを武器に契約を取る事も何度かありました。

 

私にとっては別に嫌な事では無く、むしろセックスが大好きなので、接待にかこつけて取引先の責任者と関係を持ったりしていたんです。

 

この話は、そんな関係を持った男性の中でも特に不快だったので、今でも思い出してしまうんです。

 

相手は2部上場企業のスーパーマーケットで、チェーン本部の食肉仕入の責任者でした。

 

加工肉の売込みで営業していたんですが、ライバル企業と価格面でバッティングしたんです。

 

どうしても一括納入させたくて、禁じ手のスペシャル接待攻撃を仕掛けたんです。

 

後輩の若い男性の営業社員と一緒に食べて飲んでまでは普通の接待で、最後に私がタクシーで送るところからスペシャルコースの始まりです。

 

酔ったフリでなにげに誘う私の演技は我ながら見事で、まんまと敵は罠に掛かり、ホテルへと行き先変更です。

 

問題はこここからです。

 

このおじさん、ここまで来てもおちんちんが勃起せず、私もせっかくの酔いが醒めてしまう感じでした。

 

ゴムもなかなかうまく装着できないほどのフニャチンぶりです。

 

お口でフェラして元気にしてあげても、挿入してしばらくすると中折れ状態に。

 

シラケムードも隠しつつ、何とかイカせることが出来、私の方もイッたフリで締めくくったんですが、相手のおじさん、そそくさと帰り支度をしています。

 

まるで我に返ったと言わんばかりの素振りで、私を置いて帰ってしまいました。

 

それもそのはず、おじさんは中出しをしてたんです。

この体験談の続きを読む

俺の巨根が気に入って中出しを求めてきた巨乳の人妻と絶賛不倫中

巨乳人妻 不倫
画像はイメージです

 

気になってた巨乳の人妻に誘われた

 

飲み会は、俺と取引先の男性3人と女性4人の合計8人だった。

 

居酒屋からカラオケとお決まりコースで終了した。

 

帰ろうしていると、人妻の恵理子さん(32歳、事務員)から

 

「もう一軒飲みに行きましょう」

 

と誘われた。

 

恵理子さんは見た目も綺麗でスタイル抜群、しかも巨乳。

 

(チャンスがあれば一度は抱きたい)

 

と思っていたが、取引先でしかも人妻ということもあり、ハードルはかなり高かった。

 

そんな矢先、恵理子さんからお誘いがきた。

 

2人で飲みに行くと、恵理子さんは旦那の愚痴や仕事の愚痴をこぼしていた。

 

特に旦那の愚痴が多かったが、

 

(なんでそんな事俺に言うのだろう?)

 

と不思議に思いながら聞いていた。

 

すると恵理子さんは、大胆な発言をしてきた。

 

「旦那は運転手だから、一度でいいからスーツの人に抱かれたい」

 

俺はビックリしたと同時に、

 

(これはいける!)

 

と思ったが焦らすことにした。

 

「会社にスーツの男はいっぱいいるし、恵理子さんのスタイルだと、しょっちゅう声かけられるんじゃないですか?」

 

「会社の人はないわ、どこで噂になるか分からないし」

 

「だったら旦那さんにスーツ着てもらって抱かれたらどうですか?」

 

「旦那に抱かれても気持ち良くないし、いつもワンパターンですぐイクし、それにアソコがちっちゃいのよ、結婚相手間違えちゃったかも」

 

旦那が気の毒になるほどの毒舌だった。

 

出会い系サイトとかに登録すればすぐ見つかるでしょう。恵理子さん綺麗だし巨乳だし」

 

褒めながらなおも焦らし続けた。

 

恵理子さんがだんだんイライラしてきたのが感じ取れた。

 

すると恵理子さんがついに、

 

「マサルくん(俺)は、年上の人妻はタイプじゃない?」

 

「年齢なんか関係ないですよ。相手に彼氏や旦那がいようが、抱きたいと思ったら抱きますよ」

 

「私のことはどう?」

 

「取引先の事務員さんだし、でも・・・」

 

「でも何?」

 

「魅力あるし、巨乳だし」

 

「マサルくんが良ければ私を抱いて」

 

「本当にいいんですか?」

 

「だって私、前からマサルくんのこと気になってて。今日の飲み会にマサルくん呼んでって言ったの私なのよ。シラフじゃ言えないけどお酒が入ったら言えると思ったから」

 

「でもこれからだと遅くなりますよ、旦那さんにバレるんじゃないですか?本当に抱いていいんですか?」

 

「旦那は今日帰って来ないし、マサルくんに抱いて欲しいの、私の家に来る?絶対旦那帰って来ないから」

 

「初めてはホテルで」

 

店を出てタクシーを拾い、ホテルへ向かう。

この体験談の続きを読む

旦那の浮気を相談した相手と二人きりの不倫旅行で中出ししてもらいました

不倫旅行
画像はイメージです

 

旦那の同僚と不倫旅行へ

 

私は40歳でパートで働いています。

 

旦那とは、ここのところセックスレス状態です。

 

と言うのも、どうやら旦那は浮気をしているみたいなんです。

 

そこで、たまに我が家に来る旦那の同僚に相談してみることにしました。

 

その男性はバツイチで、離婚の原因は奥様の浮気でしたから、私の気持ちを理解してくれると思ったからです。

 

彼はとても親身に相談に乗ってくれました。

 

今までは旦那の同僚としてしか見ていませんでしたが、私は相談を口実に彼と会うようになっていました。

 

私の中ではすでに彼に対する想いが膨らんできていたのかもしれません。

 

彼もまた私に対する思いを遠回しに言ってくれるようになっていました。

 

そんな時、初めて車の中で引き寄せられ、唇を奪われました。

 

初めは抵抗しましたが・・・

 

今は子供にもお金のかかる時期で離婚はできません。

 

それもあり、旦那の浮気については彼のアドバイスもあり“知らないふり”を通していました。

 

でも本当は我慢の限界でした。

 

そんな時、主人の3日間の出張が決まりました。

 

もちろん彼は同僚ですから知っていたはずです。

 

「出張に合わせて俺たちもお泊りで旅行に行かない?気晴らしにはいいかもよ」

 

彼からお誘いがありました。

 

1日考えた後、

 

「急だけど、女友達と旅行に行くことになった」

 

と旦那に告げ、子供は実家に預けることにしました。

 

主人は何の疑いもなく、

 

「いいよ」

 

と言いました。

 

私に不倫なんてできる訳ないと思っているのです。

 

19歳で旦那と知り合い、初めての男性が今の旦那なんです。

 

それは旦那も知っています。

 

結婚してからは家事に子育てと忙しく、不倫や浮気はもちろん、異性との出会いすらない狭い世界にいた私を、旦那は知っているからです。

 

この年ですから、男の人と2人だけで旅行することの意味は分かります。

 

ランジェリーを新調しようとショップに行き、悩んだ末、白を基調としたピンク柄で2組上下揃えました。

 

行き先は信州の山の温泉でした。

この体験談の続きを読む