タグ:中出しの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:中出し

可愛い中学生の男の子にフェラチオとパイズリして中出しもさせました

 

パイズリ
画像はイメージです

 

中学生の男の子を家に連れて行きました

 

私が高校2年生の時の話です。

 

高校まではバスで通っていました。

 

いつも帰りは19時くらいで、結構遅かったですね。

 

バスから降りると、ここ1ヶ月くらい、いつも中学生の男の子がいました。

 

最初はあまり気になりませんでしたが、さすがに1ヶ月もいたので、ちょっと話し掛けてみました。

 

「こんにちは!最近いつもいるね、何してるの?」

 

「あっ・・・えーっと、その・・・」

 

男の子はモジモジして、黙りこんでしまいました。

 

そしてしばらくしてから、

 

「あの・・・これ」

 

と言って、ハンカチを差し出してきました。

 

「あっ!これ、私が前に失くしたやつ!まさかこれを渡すためにいつもいてくれたの?ありがとう!」

 

「うん、これ、お姉さんがバスから降りる時に落としたんです。だから今度会った時に渡そうと思ったんだけど、緊張して渡せなくて・・・」

 

ウブな男の子みたいで、可愛く思いました。

 

「そうだったのね、家はどこなの?」

 

聞くと、このバス停の近くだそうです。

 

それで、その子の家まで一緒におしゃべりしながら行きました。

 

その子は中学2年生で、名前はサトシ君だそうです。

 

親は共働きで、18時ぐらいにしか帰ってこないそうです。

 

次の日もまた会いました。

 

「こんにちは!」

 

と話し掛けると、

 

「こんにちは!」

 

と返してくれました。

 

昨日しゃべったことで緊張が解けたのか、笑顔でした。

 

その日は16時ぐらいでした。

 

まだ両親も帰ってないことですし、私の家に連れて行きました。

 

最初はゲームをしたり漫画読んでたりで過ごしいてましたが、サトシ君は眠くなって寝てしまいました。

 

私は、

 

(チャンス!)

 

と思いました。

 

まず、サトシ君のズボンを脱がしました。

この体験談の続きを読む

旦那が寝ている横で浮気して中出しさせたのに「ザマミロ」と思う私

旦那が寝ている横で浮気
画像はイメージです

 

3人ともこたつで寝てしまったら・・・

 

家は2LDKで、30歳の旦那と2人で暮らしてる26歳の専業主婦です。

 

子供はいません。

 

現在の状況として、旦那は仕事は真面目にやるけどオンラインゲームが好きで、ここ3ヶ月で15万円くらい課金してる事が発覚しました。

 

旦那への愛も急激に冷めて、別れるかどうかの瀬戸際って感じです。

 

そんな状況で先週、旦那の勤務先で新年会があって、なぜか私も参加することになりました。

 

奥さんを連れて来てる人は他にもいましたけど、私はあまり楽しめなかったので、1人でまったりしていました。

 

みんな凄く盛り上がっていて、旦那はかなり酔って出来上がってる感じでした。

 

3次会まで付き合わされた後、酔い潰れてる旦那を

 

(どうしようかな?)

 

なんて悩んでいたら、同僚の久保さんが家まて運んでくれたんです。

 

久保さんの自宅は我が家からかなり遠く、終電はもう終わってるし、泊まってもらう事にしました。

 

でもリビングの他は一部屋が寝室で、もう一部屋はこたつ部屋なんです。

 

仕方ないのでこたつを隅に寄せて、なんとか布団を敷くことが出来ました。

 

その後、私がシャワーを浴びて上がってみると、2人は冷蔵庫からビールを出して騒いでました。

 

(参ったなー)

 

とか思いながら、誘われて私も付き合うことになったんです。

 

私がテレビを観ながら2人の様子を見ていると、久保さんはさすがに眠くなったらしく、こたつにくっ付いて敷いてある布団に寝転びながら旦那と話していました。

 

その時の体勢は久保さんの布団とこたつがぴったりくっついてて、久保さんの頭側に私が座ってる感じです。

 

そのうち旦那が寝ちゃって、隣の寝室で寝るように言ったんだけど、全く起きないんです。

 

久保さんも寝ちゃったみたいです。

 

何だか私も眠くなっちゃって、そのままこたつに潜り込んで寝ちゃったんです。

 

それからどのくらい経ったんでしょうか・・・

 

人の寝息が顔にかかる感じで目が覚めると、久保さんと私の顔の距離は10センチほどでした。

 

私の顔に久保さんの寝息がかかっていたんです。

この体験談の続きを読む

【美魔女に中出し】酔った勢いでホテルへ行くと淫乱で感じやすい人妻でした

美魔女に中出し
画像はイメージです

 

美魔女とホテルへ

 

僕は32歳で結婚しており、妻は30歳で2人の子供がいます。

 

町内会の自治会にも入っています。

 

自治会で活動してるバレーにも入らされ、週に2回、小学校の体育館で男女一緒に練習しています。

 

高校バレーの経験者で、自治会のキャプテンの好子さんという人妻がいます。

 

年齢は47歳で、僕と同じで子供が2人います。

 

好子さんは年齢の割にはかなり美人で、今で言う美魔女といっても過言ではないと思います。

 

ジャージ姿でも分かるように、ムチムチした太ももにふくらはぎをしています。

 

バランスのとれた脚で、元アスリートらしくお尻も引き締まって大きいです。

 

胸もDカップくらいあります。

 

最近ショートヘアーしてますます若く見え、可愛くもあり、バレーで会うのが楽しみでした。

 

この自治会バレーの仲間達はお酒好きが集まっていて、飲み会が月に最低2回はあります。

 

普段ジャージ姿しか見ない好子さんの私服姿もたまりません。

 

飲むとほっぺたを赤くし、よく話すようになります。

 

この前、会社の飲み会に参加した私は、飲み屋街に行きました。

 

23時時くらいにタクシーが並ぶ路地を歩いていたら、突然後ろから肩を叩かれ、振り向いたらなんと好子さんでした。

 

好子さんは女性3人と一緒で、みんなタクシーで帰るところだったんです。

 

二人を先にタクシーで見送ると、

 

「ちょうど良いところに会ったわ~、私まだ飲みたかったの・・・」

 

好子さんと2人きりになれるなんて願ってもないことなので、もちろんOKしました。

 

好子さんは店に入るまで、笑顔で僕の腕を組んで歩きました。

 

(見られたらマズいと思わないんだろうか?)

 

とは思いましたが、私は嬉しかったです。

 

しかも初めて見るスカート姿の好子さんでした。

 

スカートと言っても、やや膝上くらいのキュロットにレギンスでした。

 

胸元もやや谷間が見えています。

 

興奮でドキドキです。

 

そして入ったお店は、焼酎バーでした。

 

一時間くらいはお店にいたでしょうか。

 

「そろそろ帰らないとマズいんじゃないですか?」

 

「え~、ま~だぁ~帰りたくな~い」

 

「もう遅いですよ~」

 

「私と居るの嫌なの?まだ一緒にいようよ~」

 

「いや、むしろ俺は嬉しいっすよ。でも、もう遅いし、だいぶ呑んでるみたいですし・・・」

 

「トシくん(僕)は酔ったおばさんは嫌い?ウザいから?でも襲いやすいでしょ?」

 

「襲いやすいでしょって・・・まあ男ですから・・・独身だったらお持ち帰りしてたかな~」

 

と笑って誤魔化しました。

 

「あらそう~、昔はお持ち帰りしてたんだ~、まっいいや~、出ましょっ」

 

好子さんはまた僕に腕を組んできました。

 

でも歩く先は、タクシーの並ぶ路地とは反対方向でした。

 

「ちょっと・・・どこ行くんですか~?」

 

「トシくんにお持ち帰りしてもらうのっ」

 

「ええ~マジっすか?そりゃマズいですって!」

 

そんなやりとりしながら、とうとうホテルへ着きました。

この体験談の続きを読む

旦那とご無沙汰だった私は新入社員の男の子を捕まえて中出しエッチしました

新入社員 中出し
画像はイメージです

 

新入社員の男の子と倉庫で

 

以前勤めてた会社の倉庫で、新入社員の男の子を食べちゃったことがあります。

 

当時私は、人事課に所属していました。

 

健康診断の手配やら入社手続きやらで、新入社員と接することが多かったんですよね。

 

で、お世話しながら気さくに雑談します。

 

新入社員って言っても、そこは成年男子です。

 

雑談しながら彼女の有無とか、結構いろいろ聞き出しました。

 

ちなみに私は当時から人妻です。

 

社内案内しながら、問題の倉庫も案内しました。

 

倉庫だけあって、人気はもちろんありません。

 

最初に案内した時は、その男の子も、

 

「これだけ入り組んでたら、ここで何やってても分かんないですよねー」

 

だって。

 

そう言われたもんだから、

 

「じゃあ、ちょっと試してみる?」

 

って、私の後ろにいたその子に振り返ってニコって笑ってみました。

 

まだまだ大人の余裕を見せられる私です。

 

この時はまだ照れてるその男の子が可愛かったです。

 

「い、いいんですか?冗談ですよね?」

 

なんて言ってる彼のおちんちんをスラックスの上からナデナデしました。

 

スラックスの上からでも、勃起してくるのが分かります。

 

「反応しちゃってるよ。どうして欲しいの?」

 

必死に我慢してる顔が可愛くって、ついイジメたくなります。

 

ファスナー下ろして、トランクスの隙間からそっとおちんちんを触りつつ、その男の子の顔を拝んでました。

 

興奮したのか、だんだん男の子の息遣いだけが荒くなってきてたので、

 

「食べちゃおうっかな?」

 

と言いながら目の前に屈み込みました。

 

で、そのあとは何も言わせず、トランクスの間からおちんちんを引っ張り出して、指と口で奉仕しました。

 

旦那に仕込まれてるせいか、フェラチオは結構自信あるんですよね。

 

その子は、

 

「うっ、うぅっ」

 

なんて声を噛み殺しながら感じまくってくれました。

この体験談の続きを読む

満員電車で奥さんと密着して勃起すると駅のトイレに連れて行かれた

満員電車で勃起
画像はイメージです

 

向かいの奥さんと満員電車で一緒になった

 

半年ほど前に、小学生のお子さん一人を持つ30代半ばの夫婦が、向かいの家に引っ越してきました。

 

スポーツマンタイプのご主人とは趣味が合い、一緒にバーベキューをすることもあります。

 

奥さんは美人で、家庭的で明るく爽やかな女性です。

 

同年代の友人が出来て、私と妻はとても喜んでいます。

 

先日の話ですが、私はいつもより一時間遅く家を出ました。

 

妻の具合が悪く、私が家事をしていたからです。

 

時間がちょっと遅いだけでこんなに混雑するのかと思いながら駅を歩いていますと、向かいに住む奥さんの姿が目に留まりました。

 

「木下さん?」

 

「あらっ、荒木さん、おはようございます」

 

「仕事ですか?」

 

「ええ。パートなので3時には終わるんですけどね。荒木さんは、もしかしていつもこの電車に乗ってらしたんですか?」

 

「いえ、今日はいつもより遅いんです。妻の具合が悪くて看病してたもので」

 

「まぁ、風邪ですか?大変。でも優しいご主人で羨ましいですわ」

 

「いやいや」

 

そんな会話をしながら電車に乗り込みました。

 

当然満員で、一緒に乗った木下さんの奥さんの額が、私の顎とほんの数センチ程の距離で向かい合います。

 

奥さんは上目遣いで、

 

(満員電車は困りますよね)

 

って感じの視線を送ってきます。

 

私は眉を動かしそれに答えます。

 

「でも、今日は荒木さんと一緒で良かった」

 

意味深な言葉にドキッとします。

 

平常心を保とうと頑張る程、息遣いがおかしくなります。

 

髪のいい香りが漂ってきます。

 

真下には胸の膨らみが触れるか触れないかのところで揺れています。

 

目を反らしても残像がよぎります。

 

他人ならまだしも、隣人で仲の良い綺麗な奥さんがこんな間近に・・・。

 

(ヤバいなぁ、我慢できるかなぁ)

 

とその時、なんとか保っていた奥さんとの距離がゼロになりました。

 

軽い遠心力だったはずですが、

 

(まさか、わざと?)

 

変な妄想が頭をよぎり、それにプラスされて体温とボリュームある胸の膨らみの感触が、私の股間を一気に刺激してしきました。

 

「奥さん!」

 

微かな声で囁きました。

 

(離れなくては・・・)

 

でも時既に遅しです。

 

勃起してしまっては、しばらく収まりません。

 

奥さんにも気付かれました。

 

目を大きく開いて、

 

(あらまぁ)

 

って感じで微笑んでいます。

この体験談の続きを読む