タグ:中出しの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:中出し

実は胸の谷間やノーブラTシャツで挑発していた近所の淫乱奥さんに誘惑されて…

農家 淫乱奥さん
画像はイメージです

 

おばさんの揺れるおっぱいに興奮

 

僕はAVで、「農家の嫁」とか「農家の奥さん」といったタイトルを見ると物凄く興奮してしまいます。

 

何故なら僕は高校時代に、アダルトビデオのように実際に淫乱痴女な近所の農家の奥さんとセックスしたことがあるんです。

 

農家の奥さんは、景子という当時四十路過ぎのおばさんでした。

 

僕の住んでい場所は田舎で、景子さんは近所の農家の奥さんでしたが、無防備というかノーブラにTシャツでした。

 

だから乳首が浮き出てましたし、青春時代の僕のオナネタでした。

 

しゃがんでる時には胸元が緩いのでおっぱいの谷間がモロ見えでした。

 

ちょくちょく話しかけたりしてはおっぱいの谷間を覗き、オナニーのおかずにしていました。

 

そして夏前ぐらいの時、一人で家にいたら、景子さんから野菜を貰いました。

 

「スイカ冷やしなよ」

 

と言われて、バケツに水を入れて冷やしながら、しゃがんでる景子さんの胸元を覗いていました。

 

その時は白いブラに豊満なおっぱいが包まれていて、動く度にユサユサ揺れています。

 

そこまで爆乳ではないけど、超エロい光景です。

 

間近でガン見してたら景子さんと目が合ってしまい、

 

「汚ないもの見せちゃったね」

 

と胸元を隠されました。

 

「おばさんのおっぱいなんて目の毒だね」

 

と笑う景子さんに、

 

「柔らかそう」

 

と話すと、一瞬景子さんが固まりました

 

「柔らかいよ」

 

と笑う景子さんが、背筋を伸ばしておっぱいを突きだすような仕草をすると、

 

「触りたい?」

 

と聞かれたので頷くと、

 

「いいよタクちゃん」

 

と言って景子さんが突き出すおっぱいを触ると、柔らかくて触り心地が良かったです。

 

「優しく触って・・・ところでタクちゃんまだエッチした事ないでしょ?」

 

と言われて赤面しました。

 

「恥ずかしくないよ、まだ高校生なんだから」

 

僕はフル勃起したので立てませんでした。

 

「もしかして起っちゃった?」

 

と聞かれて頷くと、

 

「おばさんでよかったら、口でしてあげようか?」

 

「口ってフェラ?」

 

と聞くと景子さんは頷きました。

この体験談の続きを読む

不倫中の淫乱妻はフェラが大好き!安全日じゃなかったけど中出しを求めてきた

淫乱不倫妻
画像はイメージです

 

不倫妻がいきなりフェラチオごっくん

 

不倫している人妻が、朝10時にやってきました。

 

玄関のベルが鳴り、部屋へ通してソファーに座った途端、僕の前にしゃがみ込んで、

 

「しゃぶらせて・・・」

 

「どしたの急に?」

 

「フェラして全部飲んじゃう夢見たの」

 

そう言うと僕のトズボンとパンツを一緒に引きずり下ろしてきます。

 

「そんなエッチな夢見たの?」

 

「見ちゃったんだもん、しょうがないじゃん」

 

「見たからって、いきなりそんな、おおっ!」

 

温かい口の中に、まだ勃起してないチンポが吸い込まれました。

 

一気に根元まで吸い込まれ、咥えたままで舌を使って刺激されるとあっという間に勃起しました。

 

硬くなったチンポを一度吐き出し、金玉袋を唇と舌でほぐしてくれます。

 

竿も舐めたり吸い付いたりしながらゆっくり上に向かい、時々我慢汁をチロチロ吸ってくれて、

 

(もうイキたいんでしょ?)

 

みたいな目をして見つめてきます。

 

彼女の口だけが上下しています。

 

確かにだんだんと射精感が込み上げてきて、

 

「イキそう、このまま出るよ」

 

と言うと、

 

「うん、いいよ」

 

とチンポをしゃぶるスピードを上げてきます。

 

「あっ、出るっ」

 

ドピドピドピドピュ・・・ドピュッ、ドピッ

 

口の中に思いっきり射精しました。

 

「んんん、んー」

 

ズリュズリュズリュッと音を立てながら吸い取り、口を開けてザーメンを見せてからゴクンと飲み干してくれました。

 

お掃除フェラも丁寧にしてくれ、尿道に精液が一滴もなくなるくらいまで吸ってくれました。

この体験談の続きを読む

中学生の姪と中出しセックス!好きと告白されて一緒にお風呂に入って・・・

中学生の姪 中出し
画像はイメージです

 

中学生の姪と二人きり

 

妻の姉の娘、つまり姪の聡美ちゃんが家に遊びに来ました。

 

聡美ちゃんは中学3年生で、小さい頃から私にもよく懐いていました。

 

小学1年からクラシックバレエを習っていて、背は高いですが痩せています。

 

小学5年で少し胸が膨らんできたころまで、一緒に風呂にも入っていました。

 

当時は、

 

「聡美ちゃんも大人の女性の体になってきたから、もう俺と一緒にお風呂に入るのはまずいよ」

 

「おじちゃんは好きだからいいの」

 

なんてやり取りがありました。

 

先日、妻と義姉が実家へ行くということで、聡美ちゃんも連れて行こうとすると、

 

「受験勉強があるから」

 

という理由で、仕事で行けない私と2日間一緒に過ごすことになりました。

 

妻たちが出かけた日の夜、仕事から帰ると、聡美ちゃんがエプロン姿で夕食の準備をしていました。

 

タンクトップにショートパンツ姿です。

 

バレエで鍛えられた引き締まったスレンダーボディーに中3の姪ながらドキドキしました。

 

「おじちゃん、お仕事お疲れさまでした」

 

と聡美ちゃんがビールを注いでくれ、二人だけで焼肉を食べました。

 

「勉強ははかどった?ひとりだから寂しくなかった?」

 

「勉強は順調。おじちゃんと一緒にいれるから寂しくないよ」

 

と嬉しいことを言ってくれます。

 

「聡美も少しだけビール飲んでいい?」

 

「えぇ~子供はダメだよ、俺が叱られちゃうし」

 

「大丈夫、ちょっとだけ、ね~お願い!」

 

仕方なく、小さなグラスに半分くらい注いであげました。

 

「苦っ!でも好きかもしんない」

 

とチビチビ飲んでました。

 

頬がほんのり赤くなると、学校のことや進路のことなど話し始めました。

 

「聡美ちゃん、ボーイフレンドは?」

 

「片思いの人はいるよ」

 

「そっか、そういうお年頃だもんな、どんな人?」

 

「えぇ~?ナイショ」

 

「えぇっ?教えてよ、ビール飲んだことチクるぞ」

 

「ダメだよ、ママには真面目でいい子にしてるんだから」

 

「じゃ~教えてよ」

 

「えぇ~恥ずかしい」

 

「いいから誰?」

 

「おじちゃん」

 

「はぁ?ビールで酔ったんだな、でもありがとう、そういえば小5の時にそんなこと言ってたな。いやぁ~こんな若い女性に告白してもらっちゃった」

 

と笑いながら言うと、

 

「あの時からずっと好きだったの・・・もちろん今でも」

 

と突然泣き出したんです。

この体験談の続きを読む

【ショタコンおばさん】中学生をセフレにして若いおちんちんを堪能しています

男子中学生 セフレ
画像はイメージです

 

中学生の男の子に声をかけました

 

なんと私、中学2年生の男の子と不倫しています。

 

3ヶ月ほど前、コンビニで立ち読みをしていたその男の子に声を掛けたんです。

 

「その本、おばさんが買ってあげようか?」

 

そしたら、

 

「うん」

 

て素直に頷いたんです。

 

本を買ってあげて、

 

「うちに遊びに来ない?」

 

て聞いたら、また

 

「うん」

 

て頷いたので、私の部屋に連れて来たんです。

 

リビングのソファーに座らせてジュースを出してあげました。

 

最初は落ち着かなくて恥ずかしそうにしていたので、学校の事など雑談して、徐々にエッチな話に持っていきました。

 

オナニーの事を聞いてみたんです。

 

そしたらその男の子は、小学5年生の頃からオナニーをしているそうなんです。

 

彼の横に座って股間を見ると、ズボンがもっこりと盛り上がっていました。

 

そっともっこりを触ってみると、体を固くして顔を伏せて赤くなってるんです。

 

(ちょー可愛い!)

 

思わず抱き締めてしまいました。

 

私はショタっ気があって、以前から童貞の若い男の子に興味がありました。

 

いつかチャンスがあればと思っていたんです。

 

私は興奮が抑えきれないほど胸がドキドキしてきて、夢中でキスしてしまいました。

 

男の子も私にしがみ付いてきて、強い力で押し倒してきました。

 

彼のしたいようにさせていたら、Tシャツを脱がされ、ブラジャーも取られ、上半身裸にされてしまいました。

 

そしておっぱいにむしゃぶりついてきて、いっぱい舐め回されてしまいました。

この体験談の続きを読む

デブで臭いマンコの熟女に逆レイプされたけど名器でしかも何度も中出し

デブで臭いマンコ
画像はイメージです

 

セフレが欲しいという熟女に会ってみると・・・

 

ある日、出会い系で知り合って関係を持った人妻から、

 

「セフレを欲しがっている女性の知り合いがいるんだけど、良かったら会ってみる?40代の人なんだけど、結構な金額のお小遣いくれるってよ」

 

当時、女には困っていませんでしたが、お金には困っていたので1度会う事にしてみました。

 

アドレスを教えてもらい、会う約束を交わました。

 

俺は結構ストライクゾーンが広かったので、40代でも大丈夫だろうとその時は思っていました。

 

約束の当日になり、女性の住むマンションへ向かいました。

 

彼女の名は浩子さんで42歳。

 

5年前に旦那さんを亡くしているそうです。

 

マンションに着くと、わりと大きくて綺麗なマンションでした。

 

オートロックのため、教えられた部屋番号を押します。

 

「はい?」

 

「約束していた○○です」

 

「あっ、今開けますね」

 

扉が開きました。

 

エレベーターで上へあがり、部屋の前へ行き、インターフォンを押すと、

 

「はーい」

 

と中から声が聞こえてきました。

 

ドアが開きます。

 

すると玄関から突然犬が2匹出てきました。

 

そして中にいた女性はというと・・・とても42歳には見えません。

 

(どう見ても50代だろう)

 

と思うぐらいの、外見はマツコデラックスほどではないが、ちょっと老けさせた感じです。

 

長めのスカートに、ピチピチのTシャツを着ていました。

 

3段腹が透けています。

 

正直あり得ません。

 

街で見かけたら思わず噴き出してしまう位の醜さです。

 

直ぐに帰ろうかと思いましたが、紹介してもらった手前、せめて言い訳位して帰る事にしました。

この体験談の続きを読む