タグ:中出しの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:中出し

好きになった大学生の甥っ子と避妊せずにセックスしまくって妊娠しました

甥っ子
画像はイメージです

 

大学生の甥が我が家で下宿することに

 

私は35才のバツイチです。

 

2年前の夏のことです。

 

離婚したばかりの時で気は楽でしたが、幸せそうな夫婦を見てはやはり寂しい思いもありました。

 

そんな時に田舎で父の法事が行われ、かれこれ10年以上会ってなかった甥っ子と顔を合わせました。

 

甥っ子は私の姉の子で、この時ちょうど18才で大学生になったばかりでした。

 

最後に会ったのは私の結婚式の時でしたが、子供の頃とは全然違い、すっかり大人の男性っぽくなっていました。

 

父の法事ではありますが、会いたくもない親戚が集まって、法事とは名ばかりの酒の席です。

 

私の顔を見れば、

 

「小さい子供がいるのにどうして離婚なんか」

 

という話ばかりされます。

 

それが嫌で、小学校に上がったばかりの息子と、二人で離れたところに座って静かにしていました。

 

まだ幼い息子も、知らない大人が大勢集まって飲んで騒いでいる酒の席にいても楽しいはずがありません。

 

ところがそんな私たちの状況を見かねた甥っ子が、息子を外に連れ出して遊んでくれたんです。

 

法事も終わって東京に帰る私たちに、

 

「お兄ちゃんも東京だから一緒に帰ろうか」

 

と甥っ子が声を掛けてくれました。

 

帰りの列車の中で話を聞くと、甥は東京の大学に通っており、私たちの住んでいる家の最寄り駅から3駅のところで下宿生活をしているというので驚きました。

 

甥は小学校の先生になりたくて大学で勉強しているそうで、子供と遊んだり勉強を教えたりするのが大好きなんだそうです。

 

そのことがきっかけで、時々我が家に来ては息子の相手をしてくれるようになり、息子も甥を慕って遊んでもらったり勉強を教えてもらったりと、とても嬉しそうにしています。

 

しばらく経つうちに、甥の訪問回数が増え、息子にせがまれることもあって、週末はほぼ我が家に泊まっていくようになりました。

 

「お兄ちゃん、ずっと一緒に住めば良いのに」

 

息子は甥が日曜日に帰っていくのが嫌で、べそをかきながらいつもこう言いました。

 

私も息子の表情や態度を見ていてとても不憫に思い、甥に大学を出るまでの間は私の家で下宿しないかと思い切ってお願いしました。

 

甥は少し考えて、

 

「ここに住まわしてもらうのは構わないけど、叔母さんから僕の親に話しをしてくれないか」

 

とのことでした。

 

私はすぐに姉に電話をし、私の息子のことや甥の家賃のことも含めて話をしました。

 

姉も妹の私が小さな子供との二人暮しよりかは甥がいた方が何かと役に立つだろうし、防犯にもなるだろうということで賛成してくれました。

 

もちろんタダといういう訳には行かないからと、甥の月々の食費を送ってくれるとのことでした。

 

話が決まれば早いほうがいいので、早速甥はその月末にアパートを引き払い、私の家に下宿することになりました。

この体験談の続きを読む

【淫乱】旅館の若い女将さんと精液が空っぽになるまでセックスしまくりました

淫乱女将
画像はイメージです

 

女将の娘さんとの出会い

 

僕は33才のサラリーマンです。

 

彼女と別れて1年なんですが、最近は毎週末のように家から車で1時間ぐらいの所にある小さな温泉旅館に宿泊するようになりました。

 

この旅館は駅から少し離れていて、食事無しの素泊まり3000円なんです。

 

古い日本家屋で、平日は年配の人がちょくちょく来るみたいですが、土日はあまりお客さんが来ないので静かです。

 

落ち着けてリラックス出来るので、個人的には穴場の宿として気に入っています。

 

ここの女将であるおばちゃんが一人で切り盛りしていて、半年も毎週泊まっているうちに仲良くなってしまい、いつも同じ部屋を開けておいてくれます。

 

湯船に浸かり、温泉から出てビールを飲み、テレビを見て昼寝すると気持ちいいし、体の疲れが取れてきます。

 

平日は残業で忙しいので、週末にこうやってゴロゴロするのが一番の楽しみですね。

 

夜は外に食べに出て、帰りにコンビニでビールを買って戻って来ます。

 

そんなことを毎週楽しみにしていましたが、ある日突然予約の電話が繋がらなくなりました。

 

その週末様子を見に行くと、しばらく閉館しますという張り紙がありました。

 

(どうしたのかな?)

 

心配でしたが、1ヶ月ほどして再び電話すると、若い女性が出ました。

 

ずっと休みだったみたいですが話を聞くと、あの女将が亡くなったということでした。

 

確かに体調はあまりよくないみたいでしたが、僕にはかなりショックでした。

 

旅館は再開したそうなので、予約をして電話を切りました。

 

できるだけ早く行きたかったので、金曜日の夜に会社から直接旅館に向かいました。

 

中にると、

 

「いらっしゃいませ」

 

と若い女性が出てきました。

 

「毎週泊まっていたんですが、このたびは女将さんが・・・」

 

と話をすると、

 

「ご丁寧にありがとうございます」

 

と言ってくれました。

 

その女性は亡くなった女将の娘さんで、OLをしていたんですが、今回のことを機会に旅館の後を引き継ぐことにしたそうです。

この体験談の続きを読む

アスリート熟女の締め付けるパイパンマンコに何度も中出ししました

アスリート熟女
画像はイメージです

 

憧れの熟女がセックスさせてくれる?

 

僕のいる会社にはアスリート系で筋肉質のパートのおばさんがいます。

 

名前は和歌子さんで、50歳になる年配の熟女さんです。

 

男の僕よりも体格が良くて背も高く、筋肉質でマッチョなんです。

 

そんなアスリート熟女の和歌子さんとセックスしました。

和歌子さんは明るくてどんな話でも乗ってくるので気軽に話しやすく、下ネタでも全然平気でした。

 

ある日、僕と和歌子さんと2人で会社の倉庫で話しながら仕事していた時の事です。

 

「和歌子さんは旦那さんとセックスしてんの?」

 

「旦那とは最近はご無沙汰だね~、結婚当初は毎日してたよ」

 

「えっ!?旦那とはって、旦那以外の人とはセックスしてるって事?和歌子さん浮気してんの?」

 

「しまった!アッハッハ(笑)まあ、そういう事だね。でもみんなしてるよ、ほら私と同じパートのY美さんとK子さんも不倫してるよ」

 

「マジで~?初めて知った」

 

「あの2人は不倫だけど私はセックスだけの付き合いだから。アッハッハッハ(笑)」

 

「いいな~、俺もセックスしたいな~」

 

「でも、その男とはこの前サヨナラしちゃった、だってしつこいからアハハ(笑)」

 

「でも俺にとってはそいつが羨ましいよ、和歌子さんとセックスしたんだから・・・いいな~」

 

「なに?私とセックスしたいの?それは誰でもいいからただセックスしたいの?それとも私だからセックスしたいの?」

 

「和歌子さんとセックスしたい!ずっと憧れてて、毎日和歌子さんを妄想してオナニーしてるぐらいだよ」

 

「本当?ありがとう(笑)そんなに私とセックスしたいなら今夜家においで。今日は旦那が出張でいないから」

 

「えっ!いいの?やった~!」

 

そんな訳でアスリート熟女の和歌子さんの家を教えてもらい、20時に和歌子さん宅へ行きました。

この体験談の続きを読む

高校生の時に友達の母親のオナニーを覗いてバレたけど女体のすべてを教わりました

友達の母親
画像はイメージです

 

友達の母親がオナニーしてる?

 

僕が高校1年の時、近所の幼馴染みの高橋君の母親からセックスを教えられました。

 

そのおばさんとエッチな体験ですが、ある日曜日の昼頃に、少し離れた町の全寮制の高校に通っていた高橋君が久々に帰って来るということだったので、彼の家まで会いに行きました。

 

幼なじみということもあって勝手を知っていたので、いつものようにカギが開いている高橋君の部屋のサッシから勝手に上がり込みました。

 

カギが開いていたので、高橋君がいるのだろうと思っていました。

 

しばらくマンガを読みながら待っていると、隣の部屋から何やら声が聞こえたので、様子を見に行きました。

 

そこには、大きなベッドが置いてある高橋君のお母さんの寝室でした。

 

おばさんは離婚していて、一人息子の高橋君も寮に入っていたため、普段は一人暮らしでした。

 

少し開いたドアの向こうでは、おばさんがベッドの上で仰向けになって寝転んでいるようでした。

 

しかし、何か様子がおかしいのはすぐに分かりました。

 

おばさんは仰向けになり、左手で自分の胸を揉みながら、そして右手はスカートの中に入れて何かゴソゴソと動かしていたのです。

 

おばさんは目を瞑ったまま気持ちよさそうに、

 

「うう~ん」

 

と声を搾り出すように呻いていました。

 

僕はしばらく呆然として、ドアの隙間からおばさんの様子を見ていました。

 

おばさんは段々と足を大きく広げて腰を動かし始めました。

 

スカートは太股の付け根辺りまで捲れ上がり、白いパンティーが見えました。

 

おばさんはオマンコに二本の指を当てて、何度擦っていすようでした。

 

やがて、

 

「あぁ~ん」

 

と声を出して体を仰け反らせると、そのまま静かになりました。

 

「はぁはぁ」

 

おばさんの荒い息遣いだけが聞こえてきます。

 

僕は金縛りにあったようにおばさんを見ていました。

 

何か見てはいけないものを見たような気がして、そこから立ち去ろうと思ったのですが、何故か体が動きませんでした。

 

そしておばさんが薄っすらと目を開けたとき、僕と目が合ってしまいました。

 

おばさんは起き上がるといきなり駆け寄って来て、ドアを開けて僕の腕を掴み、

 

「見てたの?」

 

と聞きました。

 

僕は頷くのが精一杯で声が出ませんでした。

 

「こっちへ来て」

 

おばさんは僕の手を掴んで部屋に連れ込みました。

この体験談の続きを読む

小学生の男の子との変態セックス!妊娠や警察沙汰になっても止められません

男子小学生とセックス
画像はイメージです

 

小学生の男の子とセックス

 

私は地方出身の女子大生です。

 

私には地方から東京に出てきた理由があります。

 

それは人には言えない性癖があるからです。

 

高校1年の時に女子高だったせいもあり、友達も含めて性に対してすごく興味があり、エッチな本を回し読みしたりもしていました。

 

処女でしたし、オナニーもしてました。

 

でも、私が興味のある対象の男性は、何故か小学生の男の子なんです。

 

しかもみんなから気持ち悪がられるような、大人しくて不潔な男の子に悪戯されてるところを想像してしてオナニーしていました。

 

ある日、妄想だけでは我慢出来ずに、公園で遊んでいる10歳位の男の子を誘い、公園にあった障害者用のトイレに連れ込みました。

 

そして、男の子に乳首を舐めてもらったり吸われたりといやらしい事をしてもらいました。

 

初めてだった私は、すごく興奮して家に帰ってからもオナニーをしました。

 

本当は、家でもっと恥ずかしい事をしてもらいたかったんです。

 

そして、東京の大学に入学して念願の一人暮らしを始めました。

 

一人暮らしを始めたのは、男の子にいやらしい事をしてもらうためといっても過言ではありません。

 

でもそう簡単に男の子は見つからず、セックスの経験がしたくて、出会い系で中年の男性に処女をあげてしまいました。

 

それからも何人かの男性とセックスしました。

 

そして去年の夏のことです。

 

おばあちゃんがやっている小さな本屋さんで、ジャージを穿いておちんちんを手で触ってモゾモゾしている小学6年生くらいの男の子を見つけました。

 

後ろを通るふりをしてチラッと覗き見ると、SMの本を立ち読みしながらおちんちんを触っていました。

 

しかも私の好みの男の子で、他の人は嫌がると思われるタイプの男の子でした。

 

私は男の子の手を握り、

 

「私の部屋へ行って気持ちよくなろう」

 

と声を掛け、一人暮らしの部屋に連れて帰りました。

 

そこでディープキスをし、男の子に体を触らせたり舐めさせたりしました。

 

私の方がかなり年上のため、私が主導権を取り、男の子の大きくなったおちんちんを私は夢中でしゃぶりました。

 

そして口の中で射精され、その日はゴムをつけてオマンコに挿入してもらい、2回セックスしました。

 

でもやっぱり挿入の時間が短くて絶頂を迎える事は出来ませでしたが、好みの男の子とセックス出来たことに満足しました。

 

また3日後に会う約束をして別れました.

この体験談の続きを読む