不良女子高生
画像はイメージです

 

お前童貞か?

 

俺は中3のときに転校した。

 

転校先でイジメめられたくなくて、茶髪にしていかにも不良だぞって雰囲気を出し、ガムを噛みながらクラスに入った。

 

まぁ、不良ぶってるのに縦カバンだし、眉毛もイジってなかったから、今思えばよくバレなかったと不思議だけどね。

 

普通の生徒はビビってたんだけど、やっぱり不良には目を付けられたわけで、初めての休み時間に奴らに囲まれ、屋上に連れていかれた。

 

漫画みたいに意地張っても逆にボコられるだけだし、俺はある程度強気だったけど、

 

「いや、この学校の番を狙ってるわけじゃないからさ、仲間に入れてくんね?」

 

こう言ったところで、

 

「はい、分かりました」

 

ってなるはずもなく、一発もやられないわけないし、多少はヤられたけど、結局は仲間に入れてもらった。

 

その仲間の何人かが、この辺仕切ってる暴走族に顔を出してて、

 

「お前も来いよ」

 

ということで、2日後の集会に顔を出した。

 

「チィーッス!!」

 

会う奴全員に挨拶をするのは、下ッ派の面倒なところだが、そこには結構女もいた。

 

周りの隊長格の人に挨拶をした後、最後に総長に挨拶をしに行った。

 

そこで、

 

「オス!お初にお目にかかります!自分は今日、初めて参加させて頂きました立石昭夫と言います!!」

 

と、めちゃくちゃ大きな声で叫び、総長にアピールした。

 

「ガキじゃねぇか…おい昭夫とか言ったな?お前うちの看板背負う覚悟できてんのか!?」

 

いきなりそう言われてビビったけど、なんとか、

 

「は、はい!!」

 

と返事すると、総長の隣にいた何かしらの隊長が、

 

「声がちいせぇんだよ!!」

 

「はい!!!」

 

「よし、いいだろ。お前は今日からメンバーだ」

 

こうして俺は暴走族に入った。

 

そして何回か顔を出すうちに、かなりのイケメン先輩と仲良くなった。

 

「昭夫、お前童貞か?」

 

「えっ!?いきなりなんすか?」

 

俺はまさか、会って一言目にそんなことを言われるとは思わなかった。

この体験談の続きを読む