タグ:不倫の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:不倫

【不倫セックス】本当はスケベで淫乱だった私を開花させた同級生の彼

背後からおっぱい揉み
画像はイメージです

 

抱いて欲しいって素直に言えるの

 

私は結婚3年目の29歳主婦です。

 

夫以外の男性と肉体関係を持ってから、もうすぐ2年です。

 

夫とはセックスレスでもないし気持ちいいんですけど、同級生の浩之は、これまで眠っていたスケベで淫乱な私を開花させてくれた人です。

 

夫の事を心から愛しているんですが、どうしても身体は浩之を求めてしまうのです。

 

会えない日が続くと、浩之との濃厚なセックスを思い出しながら、昼間一人でオナニーすることもあります。

 

ついこの間もムラムラが抑えきれなくて、休日の昼間、突然一人暮らしの彼のマンションに行っちゃいました。

 

夫には欲求不満だなんて思われたくないから、私からセックスしたいなんて言えないけど、彼には素直に、

 

「抱いて欲しくて来ちゃった・・・」

 

って素直に言えるんです。

 

そんな私を、

 

「可愛いな」

 

って玄関先でギュッて抱きしめてくれるんです。

 

もうそれだけでオマンコが濡れちゃいます。

 

浩之はそのまま玄関先で私を立たせたまま、荒々しくTシャツを捲くってブラジャーをたくし上げ、ポロンと出てきたおっぱいをむんずと掴んで大きく揉みしだきます。

 

そして乳首にむしゃぶりついて、舌でレロレロしたりチューチュー吸ったりしてくれます。。

 

私がクリと乳首が弱いのを知ってるんです。

 

でも浩之もおっぱいが大好きです。

 

チュパッ、チュパッ・・・ってわざと大きい音を立てたりしていっぱい舐めてくれます。

 

指と舌でたくさん乳首を愛撫されると、もう立っていられなくなります。

 

「あっ・・・あんっ・・・」

 

って声を上げてよがる私に、

 

「気持ちよかった?もうこれで満足?」

 

って意地悪なこと言うんです。

 

「いやっ・・・もっと気持ちよくしてぇ・・・」

 

って甘え声でおねだりすると、部屋に上がってベッドへ直行です。

 

上半身を裸にされて、浩之は後ろから抱きつき、おっぱいを激しく揉み揉みしてきます。

 

後ろからされるのって、襲われてる感じがして凄い興奮するんです。

 

浩之はおっぱいを片手で揉みながら、もう片方の手は下半身へ伸ばしてスカートをまくり、パンティーの上から指先でオマンコの割れ目を何度もなぞってきます。

 

私のオマンコは、もうすでにビショビショに濡れていました。

 

「あん・・・いやん・・・」

 

感じていた私は、たまらずに腰をクネクネさせました。

 

「もう、すげぇ濡れてるよ・・・いやらしい女だな」

 

また意地悪なこと言って、ニヤニヤしながら私の顔を覗き込んでくるんです。

この体験談の続きを読む

【遠距離不倫】精液が飲みたい私を何度もイカせてくれる素敵な男性

口内射精
画像はイメージです

 

エッチなこと大好きな私の過去のセックス遍歴

 

私は社会人2年目の24歳で、とある百貨店に勤務しています。

 

昨年社会人になってから、仕事でも不可欠だと思ってノートPCを買ったのです。

 

正直仕事なんかに使用することもなく、ネットサーフィンでアダルトサイトばかり見ていました。

 

中でもエッチな体験談が好きで読むようになり、私は読んでいるうちに興奮してきちゃって、自然とパンティーの上からオマンコを触ってしまうエッチな女になっていました。

 

パンティーの上からでも濡れてきてるのが分かり、たまらずに下着を脱いで直接オマンコ触ってオナニーするようになりました。

 

それまではクリオナだけだったんですが、オマンコに指を2本も入れてクチュクチュと激しく指を動かすほどのオナニーになっていました。

 

表向きは真面目に見られることが多くて大人しい女と思われているみたいですが、本当のところ頭の中はエッチなことばかり考えてるんです。

 

私は高校生の時に処女を喪失しました。

 

相手は小学生の頃から幼馴染の男子です。

 

好きとかではなかったんですけど、気軽に何でも話し合える仲だったので、思春期になるとエッチなことも話すようになり、興味本位でセックスしちゃいました。

 

お互いの家に行き来して、親の居ない時を見計らってセックスしてました。

 

好奇心旺盛な高校生だったので、いろんなセックスプレイを試してみました。

 

お互いの性器をじっくり観察したり、オナニーしているところを見せ合ったり、おしっこが出るところを見せ合ったり。

 

フェラチオもその時に覚えて、タマタマも舐めたりしていました。

 

でもなかなかセックスではイケませんでした。

 

好きだったのはシックスナインで、おちんちんをフェラチオしながら、彼の口でオマンコをベロベロ舐められてイカされるのが一番好きでした。

 

「射精するとこ見たい」

 

と言って見せてもらったり、

 

「精液の味ってどんなだろう?」

 

って思って精液を舐めてみたり、もっと味わいたくて口内発射もしてもらって精子飲んだりもしてました。

 

精液を顔に掛けられたり、おっぱいに掛けられたりもしました。

 

今思うと、高校生なのに恥ずかしくていやらしいことしていたなと思います。

 

お互いが好きってわけじゃなかったので、何でも話せるし恥ずかしげもなくできたんだと思います。

 

私たちは周りの人にも秘密でセックスしていました。

 

私に限っては、エッチなことには興味がないように見せていたせいで、性に疎い女(カマトト)だと周囲には思われていたと思います。

 

高校を卒業するまで、幼馴染の彼とのセックスは続きました。

 

おそらく彼とは、100回以上セックスしたと思います。

 

そして私は大学のために上京し、初めて好きな彼氏ができました。

 

彼氏とのセックスは好きな気持ちがあったので、幼馴染とは違って普通のセックスでも感じたし、たまにイケるようになっていました。

 

しかし付き合っていくうちに、彼は自分勝手で、自分だけ射精して終わりということが多くなりました。

 

だんだんとお互いの気持ちも冷めてきたので別れました。

 

その後は一度だけ大学のサークルの先輩と勢いでセックスしましたが、彼もまた自分だけ満足して終わる人で、指と口ではイカせてくれましたが、セックスでは挿入してから1分も持たずに射精する早漏でした。

 

しかも自分がイッた後で、

 

「チンコ舐めて綺麗にしてよ」

 

だって・・・。

 

(AVの見すぎ、バカじゃないの?)

 

て思って拒否しました。

 

そんな状態だったのでセックスが嫌になり、エッチなことと距離を置くようになってそのまま社会人になりました。

この体験談の続きを読む

【不倫】出会い系で知り合った始めての男性の精液で妊娠したい

不倫 セックス
画像はイメージです

 

初めての出会い系サイトで出会った男性とホテルへ

 

明美です。

 

私は26歳で、すでに結婚している主婦です。

 

子供はまだいません。

 

旦那は仕事柄出張も多く、家にあまりいません。

 

私は昼間はパートで働いています。

 

子供は欲しいと思っているのですが、結婚してから徐々にセックスの頻度が減り、今では旦那とあまり会話することもありません。

 

なのに、以前にも増して私は、性欲が強くなってきている気がします。

 

オナニーの回数も増えました。

 

バイブなどのオモチャを使ったりもしますが、快楽は得られても心は満たされない、そんな欲求不満は残ります。

 

(男性に強く、激しく抱かれたい・・・)

 

そんな欲求が、日に日に強くなっていきました。

 

そして、初めて出会い系サイトを使ってみることにしました。

 

出会い系サイトは相当な数があり、悪質なサイトもあるらしいので、優良なサイトを調べながら色々検索していたら、良さそうなサイトが見つかったので登録しました。

 

最初は使い方がよく分からなくて、試行錯誤を重ねていました。

 

マイページに詳細を書いて掲示板に投稿すると、男性の反応が良いと解り、旦那が出張で留守の日を見計らい、掲示板に投稿してみました。

 

すると数分で返信があり、

 

(近場の駅で会いませんか)

 

と言われ、OKして会う事になりました。

 

私の家から徒歩10分の駅で、19時に待ち合わせました。

 

駅のロータリー付近の待ち合わせで、車のナンバーや車種を聞いていたので直ぐ分かりました。

 

私がおそるおそる後ろから近付くと車のドアが開き、中からスーツ姿の男性が登場しました。

 

「明美さんですか?」

 

と聞いてきたので私は、

 

「はい、吉田さん?」

 

と聞いたら頷いたので、ほっと安心しました。

 

そして吉田さんの車に乗り、走り出しました。

 

最初はドキドキしましたが、車内で自己紹介したり、雑談していたらとても気さくな方で接しやすく、好感が持てました。

 

35歳で奥さんも子供もいるそうです。

 

つまり、お互い不倫関係です。

 

20分ぐらいでホテルに到着しました。

 

これから、

 

(出会ったばかりの男性とセックスするんだ)

 

と思ったら不安もありましたが、すでに興奮と性欲が高ぶっていました。

 

車から降りてホテルに入り、部屋を選びました。

 

部屋に入るとすぐに、一緒にお風呂に入る事になりました。

この体験談の続きを読む

【不倫】隣の奥さんが豊満なおっぱいを押し付けて誘惑してきた

熟女セックス
画像はイメージです

 

お隣の奥さんがおっぱいを押し付けてきた

 

私は結婚3年目で29才です。

 

住んでいるマンションの隣のご夫婦に親切にしていただき、夕食をご馳走になる事もあります。

 

その家のご主人は44才で3交代制の仕事をされており、奥さんは41才で専業主婦です。

 

私の妻がめでたく妊娠して、出産のために実家に帰省している時の事です。

 

自炊が出来ない私は、食費を出して隣の奥さんに夕食を面倒見て貰っていました。

 

その日も夕食の準備ができたからと奥さんから電話を貰い、お隣の家にお邪魔しました。

 

旦那さんは夜勤の日で奥さん一人です。

 

食事をご馳走になり、リビングでくつろぎながら話をしていると、

 

「奥さんがいないので寂しいでしょ?」

 

「えぇ、まぁ・・・」

 

「特に夜になると寂しいわよねぇ・・・」

 

「そうですねぇ・・・」

 

「その、ずっと・・・してないんでしょ?」

 

「え、ええ、まぁ・・・」

 

「私なんか、もう何年も相手されてないわよ」

 

「そうなんですか・・・」

 

「もう女として魅力ないのかな・・・40も過ぎたおばさんじゃ、そんな気にならないわよね?」

 

「えっ?いえいえ・・・そんな事ありませんよ」

 

お世辞ではなく実際に奥さんは小柄で童顔だし、可愛らしくて41歳には見えませんでした。

 

そう言うと嬉しそうに、奥さんは私の隣にすり寄ってきました。

 

「ほんと?私でもその気になる?」

 

「本当ですよ、奥さんすごく可愛らしいし・・・そんなに近付かれると、ドキドキするじゃないですか」

 

「嬉しい・・・」

 

奥さんは私に体を密着させてきて、シャツの上から心臓に手を当ててきました。

 

顔をすぐ近くに寄せてきて見つめられると、ほんとにドキドキして鼓動が速くなってきました。

 

「ホントだ、ドキドキしてるわ・・・」

 

奥さんは更に体を密着させてきて、私の腕に豊満な胸を押し付けてきました。

 

「ねぇ、嫌じゃない?正直に言って・・・」

 

奥さんは私のシャツの中に手を入れてきて、直接乳首を指で撫でてきました。

 

「全然嫌じゃないですよ・・・奥さん、そんな事されたら・・・私も男ですから・・・その・・・」

 

奥さんにおっぱいまで押し付けられて、平常心でいられる訳がありません。

 

すでに私のチンポはピクピク反応していました。

 

「お互い溜まってるんだし・・・エッチなことしちゃおっか・・・」

 

奥さんの顔が目の前まで迫ってくると、そのまま唇を重ねながら奥さんを抱きしめました。

 

奥さんは目を閉じたまま舌を出して、自分から私の唇をいやらしく舐めてきます。

この体験談の続きを読む

【近親相姦】主人の義理の弟に中出しさせることに成功しました

近親相姦
画像はイメージです

 

すでに辛抱できませんでした

 

3年前に結婚のご挨拶に主人の実家を訪問して、出会ってドキッとしてから昨日まで、こういう関係になることを期待していたんです。

 

昨日の昼過ぎから主人は4歳の息子をと一緒に実家に帰省しましたが、私は同窓会がありましたのでついて行けなかったのです。

 

途中に旦那から実家に寝泊まりするとTELがあり、2次会にも加入して終了したのが午後10時を過ぎていました。

かなり酔ってしまっていて歩くとクルマの中から

 

「お姉さん」

 

と言う声が聞こえました。義理の弟の直人君でした。15分程の自宅へ送り届けてくれる事になったのです。

 

自宅に到着してクルマから降りる時にフラフラしてしまって、直人君が手を貸してくれたので家に入ることが出来ました。

 

入口で横たわって飲み水を持ってきて貰うようにお願いし、頭を支えられて飲ませて貰ってリラックスしたそんなときです。

 

マッチョな厚みのある腕に支えられている事により、以前から何回も期待していた事が脳裏をよぎったのです。

 

私は彼の頭を引き寄せ唇を重ねました。いきなり舌を絡めて過激にです。そしたら彼は私に覆いかぶさり、さらに激しくキスをしてくれたのです。長くて猛烈で否応なしで若さいっぱいのキスでした。

 

彼の体重の重みが快適に感じて、これ程感じるキスは生まれて初めてだったのです。彼が私のボディをいじりだした頃、私は自宅ではよくないと思い、主人にTelを入れて友人の家に宿泊することを伝え、彼にラブホテルに出掛けようと言いました。

この体験談の続きを読む