タグ:不倫の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:不倫

巨根に夢中な人妻とナース 事故で入院して加害者の奥さんに下の世話をお願いすると…

入院 巨根 ナース フェラチオ
画像はイメージです

 

チンポを見て顔を真っ赤にする奥さん

 

飲酒運転の車に追突されて、骨折や足を縫うなど大怪我をして体を動かすことも出来ず、しばらく入院することになりました。

 

飲酒運転による事故なので、加害者の男は逮捕されました。

 

加害者の奥さんがすぐに見舞いとお詫びを言いに病院まで来てくれました。

 

私の妻は実家に帰省中で、しばらく身の回りの世話をしてくれる人がいない事を奥さんに言うと、代わりに私の身の回りの世話をしてくれる事になりました。

 

奥さんの名前は三枝子さんで、35歳の小柄でややポッチャリ体系です。

 

早速翌日から三枝子さんが来てくれるようになりました。

 

身体を拭いてもらっている時に尿意をもよおしてしまい、ナースを呼ぼうとしたら三枝子さんが、

 

「どうしたんですか?」

 

と聞いてきたので正直に話すと、

 

「私がやります」

 

と言われました。

 

さすがに恥ずかしい気持ちがありましたが、もう限界ギリギリだったのでお願いすることにしました。

 

三枝子さんはカーテンを閉めて私のズボンとパンツを下ろした時、多少驚いたような表情で私のチンポを見ていました。

 

しかし私は尿意が我慢出来なかったので、

 

「尿瓶を早く取って下さい」

 

と言うと、三枝子さんは慌てて尿瓶の口に私のチンポの先っちょをあてがいました。

 

大量に放尿して、

 

「終わりました、ありがとうございます」

 

と言うと、三枝子さんは顔を真っ赤にしながら、

 

「あっ・・・はい」

 

と恥ずかしそうにしながら私のパンツとズボンを穿かせてくれました。

その夜、私は昼間に三枝子さんがチンポを見た時の表情を思い出して、悪巧みを考えました。

この体験談の続きを読む

俺の巨根が気に入って中出しを求めてきた巨乳の人妻と絶賛不倫中

巨乳人妻 不倫
画像はイメージです

 

気になってた巨乳の人妻に誘われた

 

飲み会は、俺と取引先の男性3人と女性4人の合計8人だった。

 

居酒屋からカラオケとお決まりコースで終了した。

 

帰ろうしていると、人妻の恵理子さん(32歳、事務員)から

 

「もう一軒飲みに行きましょう」

 

と誘われた。

 

恵理子さんは見た目も綺麗でスタイル抜群、しかも巨乳。

 

(チャンスがあれば一度は抱きたい)

 

と思っていたが、取引先でしかも人妻ということもあり、ハードルはかなり高かった。

 

そんな矢先、恵理子さんからお誘いがきた。

 

2人で飲みに行くと、恵理子さんは旦那の愚痴や仕事の愚痴をこぼしていた。

 

特に旦那の愚痴が多かったが、

 

(なんでそんな事俺に言うのだろう?)

 

と不思議に思いながら聞いていた。

 

すると恵理子さんは、大胆な発言をしてきた。

 

「旦那は運転手だから、一度でいいからスーツの人に抱かれたい」

 

俺はビックリしたと同時に、

 

(これはいける!)

 

と思ったが焦らすことにした。

 

「会社にスーツの男はいっぱいいるし、恵理子さんのスタイルだと、しょっちゅう声かけられるんじゃないですか?」

 

「会社の人はないわ、どこで噂になるか分からないし」

 

「だったら旦那さんにスーツ着てもらって抱かれたらどうですか?」

 

「旦那に抱かれても気持ち良くないし、いつもワンパターンですぐイクし、それにアソコがちっちゃいのよ、結婚相手間違えちゃったかも」

 

旦那が気の毒になるほどの毒舌だった。

 

出会い系サイトとかに登録すればすぐ見つかるでしょう。恵理子さん綺麗だし巨乳だし」

 

褒めながらなおも焦らし続けた。

 

恵理子さんがだんだんイライラしてきたのが感じ取れた。

 

すると恵理子さんがついに、

 

「マサルくん(俺)は、年上の人妻はタイプじゃない?」

 

「年齢なんか関係ないですよ。相手に彼氏や旦那がいようが、抱きたいと思ったら抱きますよ」

 

「私のことはどう?」

 

「取引先の事務員さんだし、でも・・・」

 

「でも何?」

 

「魅力あるし、巨乳だし」

 

「マサルくんが良ければ私を抱いて」

 

「本当にいいんですか?」

 

「だって私、前からマサルくんのこと気になってて。今日の飲み会にマサルくん呼んでって言ったの私なのよ。シラフじゃ言えないけどお酒が入ったら言えると思ったから」

 

「でもこれからだと遅くなりますよ、旦那さんにバレるんじゃないですか?本当に抱いていいんですか?」

 

「旦那は今日帰って来ないし、マサルくんに抱いて欲しいの、私の家に来る?絶対旦那帰って来ないから」

 

「初めてはホテルで」

 

店を出てタクシーを拾い、ホテルへ向かう。

この体験談の続きを読む

旦那の浮気を相談した相手と二人きりの不倫旅行で中出ししてもらいました

不倫旅行
画像はイメージです

 

旦那の同僚と不倫旅行へ

 

私は40歳でパートで働いています。

 

旦那とは、ここのところセックスレス状態です。

 

と言うのも、どうやら旦那は浮気をしているみたいなんです。

 

そこで、たまに我が家に来る旦那の同僚に相談してみることにしました。

 

その男性はバツイチで、離婚の原因は奥様の浮気でしたから、私の気持ちを理解してくれると思ったからです。

 

彼はとても親身に相談に乗ってくれました。

 

今までは旦那の同僚としてしか見ていませんでしたが、私は相談を口実に彼と会うようになっていました。

 

私の中ではすでに彼に対する想いが膨らんできていたのかもしれません。

 

彼もまた私に対する思いを遠回しに言ってくれるようになっていました。

 

そんな時、初めて車の中で引き寄せられ、唇を奪われました。

 

初めは抵抗しましたが・・・

 

今は子供にもお金のかかる時期で離婚はできません。

 

それもあり、旦那の浮気については彼のアドバイスもあり“知らないふり”を通していました。

 

でも本当は我慢の限界でした。

 

そんな時、主人の3日間の出張が決まりました。

 

もちろん彼は同僚ですから知っていたはずです。

 

「出張に合わせて俺たちもお泊りで旅行に行かない?気晴らしにはいいかもよ」

 

彼からお誘いがありました。

 

1日考えた後、

 

「急だけど、女友達と旅行に行くことになった」

 

と旦那に告げ、子供は実家に預けることにしました。

 

主人は何の疑いもなく、

 

「いいよ」

 

と言いました。

 

私に不倫なんてできる訳ないと思っているのです。

 

19歳で旦那と知り合い、初めての男性が今の旦那なんです。

 

それは旦那も知っています。

 

結婚してからは家事に子育てと忙しく、不倫や浮気はもちろん、異性との出会いすらない狭い世界にいた私を、旦那は知っているからです。

 

この年ですから、男の人と2人だけで旅行することの意味は分かります。

 

ランジェリーを新調しようとショップに行き、悩んだ末、白を基調としたピンク柄で2組上下揃えました。

 

行き先は信州の山の温泉でした。

この体験談の続きを読む

不倫中の淫乱妻はフェラが大好き!安全日じゃなかったけど中出しを求めてきた

淫乱不倫妻
画像はイメージです

 

不倫妻がいきなりフェラチオごっくん

 

不倫している人妻が、朝10時にやってきました。

 

玄関のベルが鳴り、部屋へ通してソファーに座った途端、僕の前にしゃがみ込んで、

 

「しゃぶらせて・・・」

 

「どしたの急に?」

 

「フェラして全部飲んじゃう夢見たの」

 

そう言うと僕のトズボンとパンツを一緒に引きずり下ろしてきます。

 

「そんなエッチな夢見たの?」

 

「見ちゃったんだもん、しょうがないじゃん」

 

「見たからって、いきなりそんな、おおっ!」

 

温かい口の中に、まだ勃起してないチンポが吸い込まれました。

 

一気に根元まで吸い込まれ、咥えたままで舌を使って刺激されるとあっという間に勃起しました。

 

硬くなったチンポを一度吐き出し、金玉袋を唇と舌でほぐしてくれます。

 

竿も舐めたり吸い付いたりしながらゆっくり上に向かい、時々我慢汁をチロチロ吸ってくれて、

 

(もうイキたいんでしょ?)

 

みたいな目をして見つめてきます。

 

彼女の口だけが上下しています。

 

確かにだんだんと射精感が込み上げてきて、

 

「イキそう、このまま出るよ」

 

と言うと、

 

「うん、いいよ」

 

とチンポをしゃぶるスピードを上げてきます。

 

「あっ、出るっ」

 

ドピドピドピドピュ・・・ドピュッ、ドピッ

 

口の中に思いっきり射精しました。

 

「んんん、んー」

 

ズリュズリュズリュッと音を立てながら吸い取り、口を開けてザーメンを見せてからゴクンと飲み干してくれました。

 

お掃除フェラも丁寧にしてくれ、尿道に精液が一滴もなくなるくらいまで吸ってくれました。

この体験談の続きを読む

お隣の淫乱で豊満な奥さんに誘惑されて中出しも出来て不倫を続ける無職の私

淫乱 人妻 中出し
画像はイメージです

 

隣の奥さんが豊満な体で誘惑

 

私には妻も子供もいるんですが、とある理由で仕事を辞めてしまい、現在無職のダメ亭主です。

 

嫁が働いていますのでなんとか暮らせているんですが、いつまでも無職じゃいられないとハローワークに通って就活しています。

 

そんなある日の朝、隣に住む奥さんが回覧板を持ってきました。

 

9時少し前だったと思います。

 

隣の奥さんはというと専業主婦で、旦那さんは公務員です。

 

今までは仕事に出かけていたので、会っても挨拶程度で、話した事はほとんどありません。

 

私は元々営業の仕事をしていましたし、人と会話をするのに抵抗はありません。

 

隣の奥さんも話し好きみたいで、玄関先で話していたら、

 

「失礼していいかしら」

 

と言って上がり込んできました。

 

話しやすい奥さんで、色々楽しく話をしていましたが、そのうちに夜の生活とか、旦那の事での愚痴など下品な話までするようになりました。

 

愚痴っぽくなってくると、ちょっと面倒くさくなってきましたが、一方的に話してくるので、私は適当に相槌を入れながら聞いていました。

 

すると、リビングのソファーで向かい合っていたので、奥さんが突然横に座ってきました。

 

「奥さん、どうしたんですか?」

 

と聞いたら、

 

「最近セックスレスなの」

 

と言いました。

 

聞くと、旦那は糖尿病の合併症を患っていて、EDでインポ気味みたいだと言うことでした。

 

私は何て言っていいか分からずに困惑していると、なんと奥さんの手が私の股間に伸びてきたんです。

 

驚いた私は、

 

「妻もいるし、朝からそんな事はやめて下さい」

 

と言いました。

 

奥さんは私よりも年上ですが、年齢のわりには綺麗で豊満な体をしており、正直股間が反応しそうでした。

 

奥さんはいったん止めましたが、さりげなく大きなおっぱいをちらつかせたり、わざとパンツを見せたりしてきました。

 

この色気で誘惑されたら私もムラムラしてしまい、ついにチンコが勃起して、奥さんにもバレてしまいました。

 

すると奥さんは私のズボンに手を伸ばし、脱がせてチンコを取り出し、口に咥えてきました。

この体験談の続きを読む