タグ:不倫の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:不倫

「オマンコにチンポ入れて」下品な淫語で興奮する私は妄想が止まりません

下品 淫語
画像はイメージです

 

年下の男性に誘われました

 

私は32歳の専業主婦で、これまでの男性経験は6人です。

 

今は結婚2年目で、まだ子供はいません。

 

私の初体験の相手は、大学1年の時に付き合っていた先輩です。

 

その後大学3年の時に、次にお付き合いをした社会人の男性と二人目のセックスをしました。

 

会社に勤めだして、合コンで知り合った男性が3人目です。

 

この人は2ヶ月しか交際しておらず、1回しかセックスしていません。

 

次がまた合コンで知り合った男性でしたが、その人は結婚していて不倫関係にありました。

 

もうひとりの男性は行きずりで、酔った勢いでワンナイトラブです。

 

そして、私の最後の男性になるはずだったのが今の旦那です。

 

過去には短いお付き合いの人や不倫関係とかありましたが、どれも素敵なセックスだったと思います

 

じつは私、すごくエッチで下品な妄想をするんです。

 

男性経験のない頃から、少ない性知識の中で色んなエッチな妄想をしていて、本当はとてもエロくてムッツリスケベな女なんです。

 

でも好きな人とエッチな関係になっても、そんな卑猥な妄想を実現できません。

 

恥ずかしいですし、やはり好きな人にそんな淫らでヤリマンな女だと思われたくありません。

 

だから今までの関係を持った男性(旦那を含めて)とは、本当に同じようなセックスしかしていません。

 

でもムッツリスケベな私は、卑猥な妄想が止まらないんです。

 

前置きが長くなりましたが、先週末にパート先の飲み会に参加しました。

 

そんなに頻繁に参加してる訳ではない私が行ったので、他の人が気を遣ってくれて、三十路熟女な私なのに、年甲斐もなくお嬢様扱いされていました。

 

確かにオジサマ方が多くて、一番若い男性が29歳のT君で、その他の男性はみんな30代後半か40代以上でした。

 

女性も私が一番下で、他に3人いましたが、みんな40歳前後の年配女性でした。

 

ただ、少し飲み過ぎてしまいました。

 

早い時間から飲み始めたので、まだ夜の7時だというのに、かなり酔っていました。

 

これでは醜態を晒してしまうかもと思い、

 

「帰ります」

 

と告げると、みなさんも私が酔ってるのを理解してたみたいで、T君に私を送るように言いました。

 

「大丈夫ですから」

 

と遠慮する私でしたが、ちょっとカッコイイし可愛いと以前から思っていた年下のT君だったので、送ってもらいたい気分もありました。

 

ただその時は、エッチな気持ちなんて全くありませんでした。

 

T君とお店を出て駅までお話をしていたら、T君も酔っていたみたいで、異常なくらい私を褒めるんです。

 

「○○さん(私の名字)は若いですね」

 

「優しいし、理想の女性って感じです」

 

「それにスタイルもいいし、ご主人が羨ましい、俺も○○さんみたいな人と結婚したい」

 

「独身って言ってもいけますよ」

 

「いや、高校生は無理でも大学生なら大丈夫かも」

 

笑わせてくれるくらい、褒められていました。

 

「どうしたの?私にそんなに言っても何もでないよ」

 

「酔ってるから言いますが、職場内で一番好きなんです。一番女性として意識してしまうんです」

 

手を握られてしまいました。

 

「俺の部屋すぐ近くなんです。ちょっと飲み直しませんか?」

 

「ダメだよ。もうかなりお互い飲んでるし」

 

「ちょっとだけでいいんです。もう少し○○さんと話がしたいだけなんです」

 

「・・・」

 

T君が何も言い出せないでいる私の手を強引に引っ張って、2人で歩いていました。

 

(アブナイな!)

 

とは思っていましたが、その時はなぜかいつも心の奥にあるエッチな私が現われていたと思います。

この体験談の続きを読む

隣の奥さんの痴態を知ってしまい誘惑されたが俺好みのマンコだった

隣の奥さん
画像はイメージです

 

隣の奥さんがテレフォンセックスしている?

 

俺が住んでるアパートの隣の部屋の奥さんが、どうやらテレフォンセックスをしていたらしい。

 

ベランダ越しに喘ぎ声が聞こえてきてたので、間違いないだろう。

 

完全にぷっつん来ちゃってるような淫猥な会話。

 

聞いてたら、不倫している親父に窓を開けて強制露出プレイ。

 

オナにーさせられてたみたい。

 

「ちゃんと窓は開けてやってるわ、近所に声が聞こえたらどうしよう~」

 

とか変態露出のバカ丸出しの会話。

 

思わず

 

「プっ」

 

と吹き出しちまった俺。

 

隣の奥さんは気付いたみたい。

 

まさか平日の昼間に、隣のベランダでオナ声を聞かれてるとは思ってもなかったみたいで、

 

「後で掛けなおす」

 

という声がした。

 

すぐにベランダを確認しに奥さんが出てきて、壁際からコチラを覗き込んで確認してやがった。

 

お互い一瞬

 

「えっ?」

 

って顔になったが、奥さんは真っ赤な顔をして、

 

「こんにちは」

 

って言うと慌てて部屋に戻って、ベランダの窓を思い切り閉めた。

 

ついさっきの話なんだが、ここから何か展開を期待してしまう俺ってアオイよな。

 

普段は挨拶する程度しか知らないけど、妙に興奮してしまってる俺がいる・・・

 

次の日の朝、ゴミ捨てに出た時に隣りの奥さんと遭遇。

 

一瞬固まったようになりながらも、

 

「おはようございます」

 

って挨拶はしてきた。

 

見る見るうちに真っ赤な顔になってたけど、こっちも気まずかったよ。

 

こっちはゴミを出しに行く時で、向こうはゴミを出した後だったから、奥さんは逃げるように早足で戻って行ったけどね。

 

AVやエロ小説みたいな展開にはなりそうな雰囲気ではない。

 

何かリアクションがあったらと思うとワクワクするんだが、流石に現実にそんな状況は起こらないんだろうね。

 

その数日後の日曜日、玄関の掃除をしてたら、向こうから挨拶してきた。

 

こっちも挨拶すると、何故か突然世間話をしてきた。

 

最近の暑さはこたえるとか、雨が少ないから暑さが厳しいとか、ホント他愛もない話をしてきてたんだよね。

 

「はぁ、そうですね」

 

といった感じで適当に相槌を打つ俺。

 

すると突然、

 

「あのぉ、先日のことなんですけど・・・」

 

って、さすがにこっちもちょっとドキっとしたけど、

 

「あぁ、まぁなんですね」

 

とか訳の判らん受け答えをしてしまった。

 

「聞こえてましたよね?」

 

って訊ねられたから、

 

「はぁ。まぁ、聞こえてました」

 

って答えると、

 

「いや~ん、やっぱり~恥ずかしいわぁ」

 

って突然声のトーンが大きくなり、見る見るうちに真っ赤な顔になっていく奥さん。

この体験談の続きを読む

【近親相姦】小学生の妹が父や兄とセックス…ママは誰の子を妊娠?

小学生の妹
画像はイメージです

 

小学生の妹とパパがセックスしてる?

 

私は高校1年生の16歳で、兄妹には大学生で19歳のお兄ちゃんと、小学6年生で12歳の妹がいます。

 

私と妹の部屋はつながっていて、8畳間を可動式のクローゼットとパーティションでし切った部屋になっていて、上の方は15センチくらいの隙間が開いています。

 

去年の夏休みも終わりかけたころに、夕食後に妹が、

 

「宿題が終わってないの、パパ手伝って」

 

て言ってパパに甘えると、ママに

 

「もう、遊んでばかりだからでしょ」

 

って叱られながらも、優しいパパと部屋で一緒に宿題をやってました。

 

私は1時間ほど好きなTV番組を見て、20時頃に部屋に戻り、本を読んでました。

 

すると、妹の部屋から、泣いているようにも聞こえる小さな声が聞こえて来ました。

 

(夏休みの宿題を残しすぎて、パパに叱られたのかな?)

 

そう思って聞き耳を立てると、キシキシと椅子が軋むような音も聞こえてきました。

 

(何だろ?)

 

って興味が湧いて、自分の机の上に乗って、隙間から妹の部屋をそっと覗きました。

 

パパが妹を膝の上に乗っけているのが見えました。

 

机の上にはプリントやノートが広げられていましたが、なんだか変でした。

 

妹は机の角を握り締めるようにしながらうつむいてて、パパは妹を抱きかかえるようにして、なんだかお尻を動かしてるように見えました。

 

しかも、妹のスカートに隠れてるけど、パパはジャージのズボンをずらしてて、わずかにお尻が見え隠れしています。

 

妹も、スカートから少しお尻が見えていました。

 

(なんだかおかしい・・・)

 

そう思ってると、なんとパパが妹の顔を上げさせ、横に向けてキスしたんです。

 

「パパ、パパ・・・」

 

小さい声で妹がパパと呼ぶと、妹を抱えるようにした格好のまま、パパが椅子から立ち上がりました。

 

私は思わず息を飲みました。

 

妹のスカートがずれてお尻が丸見えになり、そこにパパのおちんちんが突き刺さっていました。

 

パパは妹を抱きかかえたままベッドに連れて行き、妹を四つん這いにさせると、後ろからお尻を前後に動かし始めたんです。

 

「パパ~」

 

妹の声が先ほどよりも大きくなり、パパは小声で、

 

「琴美、気持ちいいか?パパも気持ちいいよ」

 

そう言いながら、大きな声を出さないようになのか、妹の口にハンドタオルを咥えさせ、パパはさっきよりも激しくお尻を動かし出しました。

 

(これは・・・セックス?)

 

初めて見ました。

この体験談の続きを読む

焦らしフェラの切ない顔がたまらない 遠距離不倫の年下彼氏に萌えまくり

焦らしフェラ
画像はイメージです

 

焦らして切ない顔の彼を見たい

 

私は結婚していますが、遠距離不倫中の彼氏がいます。

 

その彼氏が、1ヶ月ぶりに出張でやってきました。

 

しかし些細なことですが、彼のせいで喧嘩になってしまい、私は怒って、

 

(エッチなんかしない)

 

と思っていました。

 

だけど彼のしょんぼりした顔を見ると、可愛くてつい許しちゃったんですね。

 

彼は私をベッドに押し倒し、

 

「ああ、ずっと会いたかった」

 

と抱きついてきました。

 

「待って、スーツが皺になるから…」

 

と私がうろたえると、

 

「どうせすぐ脱がせてあげるから、このスーツ姿がたまんない」

 

と言って「はぁはぁ」興奮しています。

 

もう可愛すぎ。

 

彼はスーツ下のキャミソールを捲くって、おっぱいを揉んできました。

 

傍には大きな鏡があって、なんか恥ずかしい。

 

乱れた衣服で、おっぱいを揉まれている自分を見て興奮しちゃいました。

 

「あぁ…おっぱい大きい…柔らかい」

 

と執拗に私のEカップの胸を揉んできました。

 

「あん、ダメ」

 

とか言いながら、私も興奮しています。

 

彼はサラサラヘアーに細いフレームのメガネをかけています。

 

童顔なのに体はガッチリしていて、手が長くて綺麗なんです。

 

白いワイシャツが似合ってて、細い一重の瞳がとっても素敵に見えるんです。

 

ストイックなタイプという印象なのに、ホテルで二人きりになるとめちゃくちゃエッチなとことか、たまらないの。

 

彼が私のブラをグイッと下げて、おっぱいを丸出しにしました。

 

「エミさんのおっぱい綺麗…乳首も大好き」

 

と言って私の乳首をコリコリと摘んできました。

 

「あんっ!」

 

乳首摘まれると感じちゃう。

 

「舐めて良い?ねぇ、もう舐めちゃう…」

 

いいよと言う前に、彼は私の乳首をレロレロ舐め始めました。

 

「ああん、ダメ…ねぇ、後で…またゆっくり、後で…」

 

「待てないよ…俺、待てません」

 

そういって手が私の下半身に伸びてきました。

 

「だーめ、ここはまだダメよ」

 

めいっぱい彼を焦らして、切ない顔をさせようと思いました。

この体験談の続きを読む

親友の奥さんが浮気の腹いせで俺とセックス!別れられない関係に発展

親友の奥さんと不倫
画像はイメージです

 

親友が浮気?奥さんが俺に相談してきた

 

俺の名前は伸一。

 

大学時代からの親友である太一とは、お互いの結婚後も家族付き合いをし、子供達同士も仲良く、日帰り旅行やキャンプ等でよく一緒に遊びに出かけた。

 

そんなある日、太一の奥さん、涼子から俺の携帯に突然メールが来た。

 

内容はというと、

 

(相談したい事があるので時間を作ってくれ

 

との事。

 

こんなことは今までなかったので、よっぽどのことか思いながら、数日後会社帰りに涼子と会った。

 

ファミレスで会った瞬間から涼子は涙目だった。

 

「どうした?何があったの」

 

「主人が浮気してるみたいなの…」

 

実はそうじゃないかと思っていた。

 

なんとなく親友の太一から、そんな話を聞いていたんだが、まったく知らないふりをして

 

「まさか~、あいつがそんなことするとは思えないけどな~」

 

「最近帰りが遅いし、怪しいと思って携帯をチェックしたの、お風呂に入っている間に携帯を見たら、知らない女から『今日は有難う、また会いたい』ってメールを発見したの、直ぐに主人を問い詰めようと思ったけど、本当だったら辛いし…」

 

「マジか?」

 

「ほんとだよ、まだ私にバレてないと思って今でも会ってるみたいなの。伸一さん、主人から何か聞いてない?」

 

「なんにも聞いてないし、本当だとしても言わないと思うよ」

 

「頭にきたから私も腹いせに浮気しちゃおっかな~。思い切って言っちゃうけど、最近主人はエッチの回数が極端に減ったの。だから絶対浮気女とエッチしてるんだよ。男ってそんなに浮気したいの?伸一さんはどう?」

 

「う~ん…返答に困るな~」

 

「ねぇ、飲みに行かない?今日は酔いたいの」

 

この時点で俺は、親友の妻と不倫関係になるのではないかと思ったが、いくらなんでも親友の妻とセックスするなんてとんでもない。

 

でも涼子から求められれば、俺も男だし、きっぱり断れる自信はない。

 

涼子は綺麗だし、太一と結婚した時は羨ましく思ってたから。

 

結局飲みに行き、お互い酒が進み、気が付けば涼子は泥酔状態。

「もう遅いから送るよ」

 

「やだ~、今日は帰りたくない、伸一の好きにして」

 

「それはまずいだろ、しっかりしなよ」

 

涼子は返事をしない、嫌がる涼子を無理やりタクシーに乗せた。

 

タクシー内では涼子が俺のズボン越しに股間を撫でてきた。

 

それだけじゃなく、ズボンのチャックまで下ろそうとしてきた。

この体験談の続きを読む