タグ:ラブホテルの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:ラブホテル

【淫乱奥さん】病院で知り合った時は清楚なイメージでしたが中出しを求められました

淫乱奥さん
画像はイメージです

 

父の入院で知り合った奥さん

 

親父が検査入院したんですが、胃に腫瘍が見つかってしまい、すぐに手術しなければならなくなりました。

 

幸いにも早期発見だったため大事には至らず、術後の様子見ということで、しばらく経過入院することになりました。

 

個室は差額ベッド代がかかるので、とりあえず大部屋に押し込めたんですが、父は文句言っていました。

 

まあ、文句を言うほど元気な証拠と思って、笑って聞き流していました。

 

隣のベッドには、40代の奥さんらしき女性が、毎日夫のお見舞いに来ていました。

 

毎日顔を合わすうちにいつしか話をするようになり、帰りに僕の車で送るほどになりました。

 

ある日、夫の身の回りの品を買いたいと言うので、帰りにスーパーに寄りました。

 

お礼にお茶でもと言うことになって、駐車場の広いファミレスに入りました。

 

軽食をしながら、他愛もない話をしていましたが、しばらくすると奥さんは、年下の僕に悩みを打ち明け始めました。

 

それは、夫婦2人の生活で子どもはいないので、夫が入院してしまって家に帰っても独りなので、寂しさがストレスになっているとのことでした。

 

だから、

 

「こうして話を聞いてもらえるだけで嬉しい」

 

と言われたので、

 

「年下のこんな僕でよければいつでも話相手になりますよ」

 

と言いました。

 

そして、

 

「それなら明日お見舞いの帰りにちょっとドライブにでも行きませんか?」

 

と誘いました。

 

奥さんは笑顔で、

 

「いいんですか?」

 

と言ってきたので、

 

「もちろんです」

 

と言って早速、明日のドライブが決まってしまいました。

この体験談の続きを読む

ストーカー女にチンポ握られた?突然訪れた童貞卒業しかも付き合うことに

痴女 逆痴漢
画像はイメージです

 

満員電車でチンポを握られた

 

僕は入社1年目のサラリーマンです。

 

金曜日の21時ごろだったと思いますが、いつものように帰宅の電車に乗りました。

 

当然ながら電車はかなり混んでいて、周りの人たちと密着していました。

 

発車してしばらくしたら揺れるポイントがあるんですが、揺れた後、僕のズボンの股間のところに手が伸びてきました。

 

疲れてて眠かったんですが、一気に眠気も吹っ飛んで、

 

(うわ、ヤベっ!)

 

と思ったけど、反射的に勃起してしまいました。

 

その時は痴漢とか痴女とかそんなことを考える前に、まず勃起を収めようと思いました。

 

すると今度は、確実にチンポを握られました。

 

今度は、

 

「うっ」

 

とか少し声が出てしまって恥ずかしい思いしたんだけど、結構強い力でぐっと握られたんです。

 

(これはヤバイ)

 

と思って身をよじろうとしたましたが、満員の電車内で逃げ場もありませんでした。

 

(あぁ、どうしよう)

 

と悩んでいたら、今度はチンポをモミモミしてきました。

 

もうやばいと思って手を見ると、細くて小さい手がチンポ握っているのが分かりました。

 

その手を辿っていくと、なんと僕の前の女の人でした。

 

髪はセミロングの黒髪で、背は160cmくらいだと思います。

 

ちなみに僕の性癖のひとつなんですが、満員電車に乗る時は、よく女の人の後ろに並びます。

 

しかもできるだけ美人な女性の後ろです。

 

そして電車内で密着した時に、その女性の匂いを嗅ぐのが好きなんです。

 

もちろん手を出したりはしません。

 

それで、僕のチンポを触ってるその女の人は、そうやって目を付けて並んだ女の人だったんです。

 

(うわっ、やべぇ)

 

とか思いながら、本当に満員で身動き取れないからじっとするしかありませんでした。

 

そしたら、僕のズボンのジッパーが下ろされました。

 

(えぇぇぇぇぇ、ちょい待てえぇぇ)

 

と思ったけど、手はスルリと中に入ってきて、チンポをモミモミしてきます。

 

もうこの時は、ギンギンに勃起していました。

この体験談の続きを読む

電車で痴女ってくる女がいたのでホテルに誘って生チンポ挿入しました

痴女
画像はイメージです

 

痴女られてる?

 

俺が大学生の時の話なんですが、大学の帰りに電車で寝てしまったことがありました。

 

前日、深夜でコンビニのバイトからそのまま大学へ行ったので、疲れて爆睡していたと思います。

 

しばらく寝てたと思うんですが、気がつくと股間の辺りがムズムズしてるので、薄目を開けると何かが股間でモゾモゾ動いています。

 

ビックリして眠気も吹っ飛び、よく見ると俺のポケットに誰かの手が突っ込まれてて、チンポをニギニギしてるじゃありませんか。

 

で、俺のポケットから続く腕の先を見ると、綺麗な感じの25,6歳くらいの女の人と目が合いました。

 

(これはまさか痴女?)

 

実は俺がまだ高校生だった頃、一度痴女に遭遇したことがありました。

 

その時はかなりウブだったんで、身動き出来ずに固まってしまい、次の駅で逃げて終わりだったんです。

 

しかし大学生ともなれば、さすがに少しは余裕があり、俺の脳内は現状を把握しようとフル稼回転を始めました。

 

その女は、後々分かるんですが、163cmでDカップのスレンダー体系です。

 

個人的にはそそられる体系で、美味しい状況ではありました。

 

(確かに女から痴女られてはいるが、もし俺がお返しに胸揉んだりして、それに女がビックリして逆に痴漢扱いされたら、間違いなく俺が悪者にならないだろうか?)

 

という、結構冷静な結論を導き出しました。

 

ただ、個人的に好みな女性だったので、

 

(なんとか食えないものか?)

 

っていう思考が勝ってしまって、

 

「電車降りて続きする?」

 

って思い切って聞いてみました。

 

すると、

 

「うん、そうらね」

 

と女はちょっぴり呂律が回らない感じです。

 

自分の事でいっぱいいっぱいだったんで、その時やっと気づいたんですが、女は結構酔ってたみたいです。

 

幸い、もうすぐ俺の最寄りの駅だったんで、そこで降りて駅近くの駐車場に停めてある俺の車まで連れてきて、女を俺の車の助手席に乗せました。

 

「ホテル行く?」

 

って聞くと、

 

「うん」

 

て恥ずかしそうに言いました。

 

さっきまでの大胆さとのギャップに、俺もちょっと戸惑いました。

この体験談の続きを読む

バツイチの彼女はおっぱいは大きくフェラも上手くて何度もセックスを求めてきます

バツイチ熟女
画像はイメージです

 

結構エロい女かも

 

俺は35歳で、バツイチになってすでに5年が経ちました。

 

いいかげんに彼女が欲しいと思っていると友人から、

 

「40歳くらいのバツイチで彼氏欲しいって女の人いるけど、紹介しよっか?40には見えんよ」

 

「まじ?40なら全然いけるから頼むわ~」

 

と友人に紹介してもらって会いました。

 

「こんにちは、Y子です」

 

出会った最初の印象は、清楚で綺麗な女性で、35歳ぐらいに見えました。

 

自己紹介も済ませ、出会いから2週間くらいメールや電話でやり取りし、話も結構合ったので、付き合うことになりました。

 

それからドライブや食事を数回重ねていったある日、二人で飲みに行った時のことです。

 

「ねぇ、F君ってさぁ~、私のこと襲ってこないけど魅力無いのかなぁ~?オバサンだから?」

 

なんて言ってきたんです。

 

「そんなこと無いよ!Y子さん魅力的だけど、なかなか襲うチャンスが無くってさ~(笑)」

 

二人はお互い仕事があって、なかなか時間が合わずっていう感じでした。

 

「じゃぁ今日は~??私平気だよ~」

 

と結構酔ってるみたいでした。

 

「俺も今日は平気だよ~、じゃあ襲っちゃおうかなぁ~、いいの?」

 

「ねぇ、この後二人きりになれるところ行こ?ね?」

 

上目遣いで見られると、チンコがピクンと反応します。

 

彼女はそれに気付いたようで、意地悪そうに、

 

「あれ~??ちょっと気が早いんじゃないの~?」

 

と俺のチンコを擦ってきます。

 

結構エロい女かもしれません。

 

「ちょっと、ココじゃマズイよ!」

 

「う~ん、それもそうね!じゃあ出よ!」

 

と俺の手を引っ張って店を出ました。

 

しばらく歩いていると彼女が、

 

「ここにしようよ~、空いてるみたいだよ~」

 

多少ふらつきながら、俺にもたれ掛かってきます。

 

「うん、ココにしよう!」

 

とラブホに入りました。

この体験談の続きを読む

童貞の高校生が痴漢してきたのでおちんちんを逆痴漢して射精させました

高校生 逆痴漢
画像はイメージです

 

痴漢されたので逆痴漢しました

 

23歳のOLです。

 

この春に大学を卒業した入社1年目の新入社員です。

 

この前、私は会社が終わり、忙しかったのでヘトヘトの状態で満員電車に乗り込みました。

 

しばらくスマホを触っていると、触るか触らないかぐらいのサワサワした感じでお尻を触ってくる人がいました。

 

びっくりしましたが、はっきり触っているか確信もないし、恥ずかしくて何も言えず、その日はそのまま帰りました。

 

翌朝、いつも乗る電車に乗るとまた痴漢にあって、その触り方が昨夜の人と一緒だなと分かりました。

 

意を決してゆっくり振り返ると、毎朝のように見かける男子高校生だったので、びっくりしました。

 

この時、その高校生は俯いていたので、私が振り返ったことに気づかずそのまま触り続けていました。

 

言おうかどうかちょっと迷ったのですが、いかにも大人しそうで童貞って感じだったので、私にもイタズラ心が出てきて、

 

(この男の子に逆痴漢したらどういう反応をするかしら?)

 

と面白半分で、その子のおちんちんををズボンの上から触りました。

 

男の子はびっくりして、私の顔を見ました。

 

その後は私も知らないふりをしておちんちんを触り続けました。

 

ズボン越しでも勃起しているのが分かり、擦ったりギュッギュッと揉んだりしていると、

 

「うっ」

 

と漏れる声が聞こえ、おちんちんがビクビクしたので、射精したことが分かりました。

 

(やっぱり童貞だな)

 

とその時確信しました。

 

高校生も触られたことが嬉しかったのか、その後も数日に渡って痴漢され、私も逆痴漢を楽しむようになりました。

 

エスカエートして直接ズボンの中に手を入れておちんちんシゴいたり、おっぱいを押し付けたり、私のパンツの中に手を入れさせてオマンコを触らせたりもしました。

 

そのうち、それが日課のようになり、会社に行く前にその男の子を射精させるようになりました。

 

学校に着いてからパンツの中のベトベトの精液をどういう風に掃除してたかは知りませんが、大変だったと思います。

 

休日も平日も電車に乗るようになり、その子と逆痴漢を楽しみました。

この体験談の続きを読む