タグ:ヤンキーの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:ヤンキー

不良女子高生に逆レイプされる友達を助けた僕も彼女たちに・・・

ヤンキー女子高生 逆レイプ
画像はイメージです

 

友達が不良女子に捕まってブルマーを穿かされていた

 

もう昔のことですが、高校生の頃、僕の学校はかなり荒れていました。

 

不良たちがガラスを割ったり、女子は化粧してきたりパーマをあてたりもしてました。

 

女子でも不良に盾突いたりすると、仲間の上級生が呼び出して、イジメや辱めを受けることもあるみたいでした。

 

正直言って僕もたいしてマジメではなかったので、よく旧体育館の裏や用具室で、授業や掃除をサボったりしてました。

 

3年時のの体育大会の日だったんですが、

 

(だるいな~)

 

とか思いながら僕は用具室にやってきたのですが、すでにそこは不良女子たちに占領されていました。

 

(クソッ)

 

と思いながらバレないように運動場へ戻ろうとした時、僕に女子2人が気づいて、

 

「ちょっと待ちなよ先輩、何か用?」

 

と聞いてきたので、正直にサボって寝ようと思ったことを話すと、

 

「私たちがここに居るのチクられちゃ困るんだよね」

 

とか言って近づいてきました。

 

不良女子らしく、ブルマーがすっぽり隠れるほどのダラーンとした体操服でした。

 

昔は、体育の時は女子はブルマーが当たり前だったんです。

 

(ヤバイ!)

 

と思ってすかさず逃げましたが、男子がいたような気がして気になり、準備室の入り口から用具室の中が覗けるので行ってみました。

 

ガラス越しに、中では先ほどの不良女子を含めて10人ほど居ました。

 

しかし、なんとマットの上では同じクラスの友達Yが仰向けに寝かされ、体操ズボンとパンツを脱がされてチンポを触られていました。

 

先ほどの2人の女子は入り口の監視役をしていることも判明しました。

 

助けに行くのも難しいし少々怖かったため、とりあえず様子を見ていました。

 

Yは抵抗して泣きながら、

 

「ゴメンナサイ。わざとじゃありません」

 

て情けない姿で謝っていましたが、女子たちは

 

「今さら遅せーんだよ。お前、ミサト先輩のジャージをみんなの前で下ろしたろ。わざとに決まってるだろーが!」

 

と言うと、囲んでいた女子たちが代わる代わるYのチンポをシゴき始め、ムクムクと勃起するとキャッキャッと楽しそうにしている子もいて、次第にエスカレートしていきました。

 

僕はその様子に興奮して見入っていましたが、そのうちジャージを下ろされたというミサト先輩(別のクラスの女子)が、

 

「私もブルマー見られたんだから、お前にも恥ずかしい思いさせてやるよ」

 

と言うと、なにやら袋を取り出して、中から紺色の布切れみたいなものを取り出しました。

 

それは3年生女子の学年カラーのラインが入ったブルマーであることが、僕の目から見てもハッキリと分かりました。

 

Yはさらに抵抗していましたが、女子といえど大人数に押さえつけられているのでどうにもならず、足をバタバタさせながらも徐々に両足にブルマを通されていき、完全に3年生女子と同じ姿にされてしまいました。

この体験談の続きを読む

男子が裸にされイジメられる姿に興奮した私はおちんちんが大好きに

男子中学生 性的イジメ
画像はイメージです

 

同級生の男子が裸にされるのを見て興奮しました

 

私がいた中学校では、6人の女子不良集団による1年生男子への性的イジメがありました。

 

不良集団のボスは「T先輩」といい、私のお姉ちゃんとクラスメイトで仲良しだったこともあり、入学してきた時から私のことを可愛がってくれたんです。

 

入学してから数週間たった頃、放課後で部活動をしていた私はT先輩から

 

「いいもの見せてやる」

 

と言われて誘われました。

 

T先輩は体育館の舞台の下にある狭い物置部屋へ私を引き連れて行きました。

 

中に入ると、1年の同級生の中で結構目立っていた男子が1人、女子不良集団に囲まれて正座させられていました。

 

T先輩が

 

「始め!」

 

と言うと、取り囲んでいた不良集団たちが一斉に男子の服を脱がせ始めたんです。

 

男子は真っ赤な顔になって必死に抵抗していましたが、あっという間にジャージの上下とTシャツを脱がされ、ブリーフ1枚だけの格好にされてしまいました。

 

そして長テープルの上に仰向けに寝かされて押さえつけられると、男子は涙を浮かべてヒクヒク泣き始めてしまいました。

 

可哀想に思いましたが、私はブリーフからちょこんと盛り上がっている部分にどうしても目が行ってしまい、ドキドキして興奮し始めていました。

 

T先輩は男子の顔をニヤニヤしながら覗き込むと、

 

「テメー生意気みてえだな、みんなでチンコ見てやるよ。」

 

と言いました。

 

私は申し訳ない気持ちを感じながらも

 

(おちんちんが見れる)

 

という好奇心でいっそう興奮が高まっていました。

 

男子は

 

「ゴメンナサイ!ゴメンナサイ!」

 

と泣いて謝っていましたが、T先輩は男子のブリーフをゆっくり脱がし始めていました。

 

T先輩は

 

「ほらチン毛が見えてきたよ~」
「チンコも見えてきたよ~」

 

と言いながら、男子をからかうようにブリーフを脱がしていきました。

 

男子は

 

「やめて下さい!」

 

と泣きわめきながら必死に体ををくねらせて抵抗していました。

 

可哀想だと思いながらも、私はT先輩の意地悪な言い方や、男子の嫌がる姿に異常なくらい興奮して、オマンコが濡れてしまいました。

この体験談の続きを読む

ケバいヤンキー上がりの高卒事務員にチンポ奴隷にさせられました

ペニバンアナル責め
画像はイメージです

 

ケバい事務員に精子発射したらキレられた

 

私は富山の支店に支店長として転勤しました。

 

社員は営業マンが4名と派遣の女の子の総勢5名です。

 

唯一の女性である事務員は、まだ高校を卒業したばかりだといいますが、とてもケバイ感じがしています。

 

仕事の格好も制服がないとはいえ、茶髪でミニスカート、タンクトップのTシャツ、しかもタイトなので胸が強調され、オッパイの谷間も見えています。

 

私の赴任早々に歓迎会を開いてくれましたが、宴会は想像以上に下品です。

 

営業の男性社員はみんな地元で年齢もバラバラですが、全員酒好きです。その社員たちが派遣の女の子を取り囲んで、下ネタで盛り上がります。

 

「ねぇ、○○ちゃん、セックス好き~?今まで何人の男とヤッタの?」

 

「ねぇ、どんなチンポが好き?」

 

て、完全にセクハラだろってぐらいのエロイ質問攻めをしています。

 

しかし派遣の事務員も、

 

「いや~、ウチもセックス大好きなんですよね」

 

「この前、元カレのデカチンで5回もイカされたわよ~」

 

などと平気で応じています。

 

彼女も酒に強く、ミニスカートの太ももから黒いパンティーがチラチラ見えているんですが、全然気にしない様子です。

 

この子は“ヤリマン”だと確信しましたね。

 

ところで、支店長の私の仕事は、当然ながら営業マンが如何にしてノルマを達成させるかに掛かっています。

 

朝9時に朝礼で指示を出すと、営業マンは午前中から外廻りに出掛けます。

 

営業マンがその日のノルマを達成しないと、会社に戻ってきにくい空気を作ります。

 

営業マンが外出すると急にヒマになります。派遣の事務女の子ものんびりです。

 

私は彼女がヤリマンか確かめてみたくなり、肩を揉んであげる振りをしながら、スッと胸の谷間に手を入れてみました。

 

最初は嫌がっていましたが、そんなに抵抗する様子でもありません。

 

続いては彼女の背中に勃起した硬いチンポを押し付けました。

 

すると彼女は興奮したみたいで、

 

「支店長、チンポ硬くなってるねぇ、シゴイてあげよっか?」

 

と言って来ました。興奮した私は、

 

「○○ちゃん、チンポ好きそうだね。ちょっと舐めてくれないかな?」

 

と言ってみました。

 

彼女は私のチンポをズボンから取り出し、ペロペロシャブッていましたが、慣れたもので竿も金玉も上手に責めてきます。

 

私はたまらずに、

 

「ああっ!出るう~!」

 

と言って、我慢できずに射精してしまいました。

 

勢いよく射精したので、精液を彼女の茶髪にまで飛ばしてしまっていました。

 

すると彼女は一変して人が変わったようにキレました。

この体験談の続きを読む

【女子高生】同じクラスのヤンキー女子から痴漢強要、中出しさせられ

女子高生の逆レイプ
画像はイメージです

 

痴漢を仕掛けられて写真に撮られ、脅迫

 

高一の時、同じクラスに4人組のヤンキー娘がいた。顔は綺麗な感じが2人、キュートな感じ1人、そこそこの1人。しかし4人とも明らかにサディスティックのオーラたっぷり。

 

この間の放課後、僕は友達と学食で他愛もない話し合いをしていた。その頃の僕は女子と話す事が不得意で、あいさつを交わす程度。顔もハンサムじゃないし、女子とは無縁だと思っていた。

 

丁度話が一段落した時、4人組が学食に来た。僕は可能なら関与したくないと思っていたので、友人にもう帰ろうといって席を立とうとした。

 

そんな時、4人組がここに近寄って来て、

 

「◯◯(僕の名前)。少しあたいらに付き合えよ」

 

と言ってきた。

 

友人は小走りでその場を離婚し、僕は4人に包囲される形となった。たえず教員達に目をつけられている4人なんで、ろくでもない事になると考えた。でも突っぱねたら、何をされるか分からないとも思った。あんまり良い気はしないでいたが、やむを得ず4人に従うことに。

 

引き連れて来られたところは看板のついていない駐輪所の後ろ。抜け出せないように、KとSが両腕をお互いに抑えつけた。その際は気が動転して脳裏がおかしくなっていたが、現在よく考えれば通学服越しに女の子のおっぱいを感じたと思っている。

 

とりわけKはずい分巨乳で、通学服越しでも納得するほどだった。そういった意味で、なぜここのところに引き連れて来られたのか原因が思い浮かばなかった。

両腕を抑制しているSとKはニヤニヤをして、前方を歩行していたMとUが耳打ちしてた。
そしてUが、

 

「どんなわけであたしらに呼び出されたか、原因わかる?」

 

と言ってきた。

僕は身に覚えが無いから、

 

「すまん、見当が付かないよ」

 

と言った。
さほど4人としゃべった事が無くて、ドキドキで声が変だったように感じる。
そんな時、腕が突如重くなり、両腕を抑制していたKとSが、

 

「こんなんでもなにも無いって言うのかな」
「そんなこと言い切れるの?」

 

とお互い口に出してきた。

 

こうしてみると、2人が抑制していた僕の手をスカートの中とブラウスの内側にすべり込ませていた。しかもパニック状況での時、Uがニヤニヤしながら写メで僕をカメラに写した。

 

U「あー、◯◯がスケベなことやってる」

 

M「うわぁ、2人を襲ってる」

 

そういう事を発言しながら笑っていた。SとKも、

 

「◯◯に触られた」
「痴漢してきた」

 

と言いながら笑っていた。僕が、

 

「これっぽっちもやっていないよ。こんな言いがかりやめにしてくれないか」

 

と言えば、例の写メを見せつつUが、

 

「これ見た人は、そういう言い逃れに耳を傾けると思うの?」

 

と脅してきた。

 

U「これをバラ撒いてみたいな」
S「◯◯がこういう事するヤツだったなんてねえ」
K「みんなあんたの理屈なんか聞く耳持たないよ」

 

そういう事を言う有様。

 

M「この写メをバラされたくなければ、これからあたいらの話すことをよく聞けよ。退学になりたくないだろ?」

 

退学という単語を耳にして僕は青ざめた。こんなやり方で退学ともなれば馬鹿にされるどころの話ではない。僕は我慢しながら

 

「わかったよ」

 

というと、4人はますます人気のない女子更衣室に僕を引きずり込んだ。その場所はちっとも使用されることがなさそうな所で、放課後は誰も立ち寄らない場所だった。

 

この体験談の続きを読む