タグ:ヤリマンの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:ヤリマン

高校の修学旅行でシャイな童貞君がヤリマンの私にキスして胸を触ってきました

修学旅行 童貞
画像はイメージです

 

童貞君に胸を触らせようと・・・

 

高校の修学旅行の時の話です。

 

夜になって私はクラスの女の子たちと、クラスでも仲のいい男の子たちのいる部屋に遊びに行きました。

 

トランプをやって盛り上がった後、男子の布団に女子が一人ずつ入って、皆でエッチな会話で盛り上がっていました。

 

その中に童貞の男の子がひとりだけいました。

 

私は童貞君の布団に入っていました。

 

そのうちに話はその童貞君の所に向いてきました。

 

彼は女の子と付き合ったことはあるけど、奥手すぎで胸も触ったこともキスもしたこともないそうです。

 

皆でそれをからかって、奥手の童貞君に胸を触らせてみようってことになりました。

 

私はその当時、ヤリマンですでに20人くらい男性経験があったので、男馴れしている私に決まり、男の子達が無理やりその童貞君の腕をつかんで私の胸を触らせようとしました。

 

でも童貞君はかなり照れて抵抗していました。

 

私は別に胸ぐらいどうってことなかったので、私もふざけて胸を触らせようとしたけど、やっぱり抵抗しました。

 

見かねた他の男子が、私の胸を思いっきり揉んできました。

 

それを皮切りに、他の男子も遠慮なしに次々と私の胸を揉んできました。

 

みんな揉み終わっても、童貞君は参加して来ませんでした。

 

なんだかムカついた私は、童貞君の股間にまたがって騎乗位の体勢になり、寝巻の上からセックスのまねをして盛り上げていました。

 

すると童貞君のおちんちんが勃起してきて、私のクリトリスに当たったのが分かりました。

 

ちょっと興奮しちゃって、さすがの私もオマンコが濡れちゃいました。

この体験談の続きを読む

ヤリマン女と呼ばれるようになった私は男たちのザーメンを飲みすぎて…

ヤリマン女
画像はイメージです

 

クンニが好きすぎる男

 

私は30代前半の独身女で、女性向けのアパレル関係の仕事をしています。

 

職場も女性がほとんどで、出会いなんか滅多にありません。

 

そんな私は3年ほど前から、あるネットのサークルに入ってしまいました。

 

そのサークルとは、大人の性癖の集いサークル。

 

4年ほど前に2年間付き合っていた彼と別れ、寂しい思いもしていたので、軽い気持ちでそのサイトに入りました。

 

そのサイトには私の他に4人ほどの女性がいたし、どこの誰かわからないという安心感もあって、ついつい入り浸っていました。

 

最初はサイト内の複数の人達が集まるチャットに入り、色んな人の性癖を聞いているだけだったのですが・・・。

 

みんなの話を聞いているうちに、色々なことに興味を持ってしまいました。

 

それからは、独り妄想して自分で慰める毎日になっていました。

 

自分が経験したことのない話を聞いては驚き、興奮していました。

 

それから数ヶ月して、そのサイトで知り合った男性とリアルで会って、お茶をしたり食事したりして、3回目に会った時にその男性とセックスしました。

 

彼はクンニが好きらしく、1時間近くオマンコを舐められ、彼の舌だけで4回くらいイカされました。

 

1時間近くもクンニされてるもんですから、私も彼のを1時間近くフェラしてあげて、彼の出すザーメンで口の中が苦くなっていました。

 

途中で、

 

「入れて欲しい」

 

とお願いしてもクンニばかりされ、やっと挿入された時には1分くらいでイッてしまって、彼が射精するまでに3回ほどイカされました。

 

こんなに一日でイカされたのは初めてだったので、癖になりそうでした。

 

それから数回、彼とは会ってセックスを楽しんでいました。

 

私が今までに付き合った人は3人で、それぞれ関係を持ちましたが、普通のセックスがほとんどでした。

 

フェラチコ、シックスナイン、正常位、バック、騎乗位くらいは経験していましたが・・・。

 

彼とのセックスでは片足を持ち上げられて立って挿入されたり、立ったまま両手をベッドに付かされバックで突かれたり、彼の首に手を回して彼にお尻を抱えて持ち上げられ挿入されたり(駅弁と言うそうです)・・・。

 

フェラチオも、ただ舌で舐めたり口に含むだけしかしてこなかったのに、彼の指示でタマタマを舐めさせられたり、口に含んで転がしたり、アナルまで舐めさせられたりしました。

 

彼が射精する時は、口の中で出すというより、私に口を大きく開けさせて、そこにザーメンを流し込む感じで出されました。

 

その後も、彼のザーメンで汚れているおちんちんを綺麗に舐めて、先っぽに吸い付いて尿道に残っているザーメンを残らず吸い取って、最後はごっくんさせられました。

 

なんか不思議な感じでした。

 

彼に言われると、

 

(してあげなきゃ!)

 

という気持ちもあったり、少しレイプっぽい感じもして興奮しました。

 

彼とはまるで、スポーツを楽しむようにセックスしていました。

この体験談の続きを読む

【ニンフォマニア】ヤリマンでM女で淫乱?オチンチンとザーメン大好き

乱交パーティー
画像はイメージです

 

私はマニアックなM女で淫乱?

 

私はバツイチのOLです。

 

以前、ハプニングバーといわれる所に行った経験があります。

 

私の会社は平日が休みのサービス業です。

 

なので、平日の昼間に行きました。

 

昼間は夜に比べて当然お客さんが少ないのですが、夫婦やカップルで来ている人がいて、セックスについていろんなお話をさせていただき、性に対する私の考えも大きく変わってきました。

 

というか、幅が広がったと言った方がいいでしょうか。

 

また、これまで気づかなかった自分の性癖も分かってきました。

 

夫婦やカップルで来られている方は、皆さんすごく仲が良い人たちばかりなんです。

 

これには驚きましたね。

 

いろんなカップルを見ていると、2パターンあるようです。

 

1つめは、奥さんが他の男性とセックスするのをご主人が見て興奮するという、寝取られフェチのカップルです。

 

だいたい最初は奥さんは嫌がるそうですが、一度ハマると奥さんの方が意欲的になるみたいです。

 

2つめは、奥さんが依存症かと思うほどセックス大好きで、年齢を重ねて旦那さんが体力的に奥さんを満足させられなくなったという中年ご夫婦のパターンです。

 

ニンフォマニア(色情症)で、毎日セックスしないと気がすまないという淫乱奥さんもいました。

 

中には、セックスというよりも、オチンチンやザーメンが大好きという奥さんもいました。

 

意外にも、露出するのが好きな奥さんも多いみたいです。

 

ハプニングバーに来ている人たちは、若い人よりも30代、40代の、一見すると普通の夫婦が多いのには驚きました。

 

私も皆さんに自分のエッチな体験談や、離婚してから現在のオナニー三昧の生活など、普通では話さないようなことを告白しました。

 

私が、

 

「見られると興奮するかも」

 

と言うと、

 

「じゃあ、試してみようか」

 

と言って服を脱がされ、カウンターに全裸で横に寝かされたり、足を広げてオマンコ丸見えにされたりしたとこを写真に撮られ、インターネットの掲示板に投稿されたりしました。

 

もちろん、顔にもオマンコにもモザイク処理はしています。

 

皆さんが言うには、私にはかなりの露出癖があるということです。

 

また、

 

「マゾ願望もあるかも」

 

と言うと、手錠と目隠しをされ、3人の男性に次々と、口にもオマンコにもオチンチンを入れられて犯されました。

 

実は目隠しされただけで、

 

(何をされるんだろう?)

 

とワクワクして濡れてしまいました。

 

途中でバイブも使われましたが、とても気持ちよかったです。

 

でもバイブ責めが続くと、

 

「オチンチン欲しい」

 

と懇願してしまいました。

 

皆さんが言うには、私は結構マニアックなM女で、奴隷願望も有るということです。

 

私はMな部分もありますが、自分から奉仕するのも好きなんですけどね。

 

私が、

 

「日本人のオチンチンしかみたことがない。もちろんセックスも日本人男性しか経験してない」

 

と言うと、

 

「今度、外国人の男性を紹介する」

 

と言われました。

 

これはいまだに実現していませんけどね。

 

オチンチンが凄く大きい人もいるけど、勃起しても柔らかい人が多いそうです。

 

私は小さくてもいいから、硬いオチンチンがいいかなあ。

 

皆さんの私に対する結論としては、

 

「Mっ気がある淫乱女」

 

ですって、う~ん。

 

でも色々アドバイスもしてくれました。

 

コンドームを使っても、漏れたり破れたりすることもあるので、ピルを飲んだ方が良いということや、ピルを飲んでても性病の心配があるので、知らない人とする際にはコンドームをつけた方が良いことなど。

 

また、

 

「今は独身なんだから、もっと自分に素直になってセックスを楽しむべきよ。いい男ならいくらでも紹介するわ。あなたはスタイルもいいから、もっと男を惹き付けるエッチな格好したらどう?女は化粧、髪型、眼鏡を変えれば、知っている人に会っても絶対分からないわよ」

 

などと言われました。

この体験談の続きを読む

再婚した妻の連れ子がビッチなヤリマンで俺の巨根を締め付けてくる

ビッチ ヤリマン 女子高生
画像はイメージです

 

中学生の妻の連れ子にセックスを覗かれていた

 

俺は離婚経験のあるバツイチ野郎。

 

40歳の時に今の妻と出会い、再婚してちょうど1年経った。

 

妻も俺と同じバツイチの再婚で43歳。

 

俺は、前妻とは妻の浮気が原因で別れたんだ。

 

新しい妻は主人を交通事故で亡くして未亡人になり、そのショックから中々立ち直れない彼女に、色々と相談に乗ってあげているうちに、いつの間にか深い関係になっていた。

 

弱っている女は口説きやすいというが、ここまでには2年ほどかかっている。

 

俺は16歳の高校生の息子を引き取っていて、新妻には14歳の中学生の娘がいる。

 

以前住んでいたアパートから引っ越して、今は賃貸マンションに住んでいる。

 

3LDKで、夫婦用の寝室、息子、娘と子供には別々の部屋を与えている。

 

奥さんは小柄で156cm、Aカップの貧乳。

 

それなのに義理の娘は165cmで、中学生にもかかわらずDカップもある。

 

夫婦間のセックスにも励んでいて、この一年は週一ペースで楽しんでいる。

 

奥さんはイク時、必ず大声を上げて俺にしがみ付いてくる。

 

一年経ってもその姿が可愛く思え、まだまだセックスレスにはならないだろう。

 

俺はサービス業で土日が休みではなく、火曜と金曜が休日で、妻は土日祝日が休み。

 

子供が夏休みに入った最初の火曜日。

 

暑くて汗をかいたので昼からゆっくりとお風呂に入っていた。

 

そこに突如、14歳の妻の連れ子の娘が入ってきた。

 

もちろん全裸で。

 

今は娘になったとはいえ、血が繋がっていない義理の娘。

 

めちゃくちゃ驚いたが、張りのある突き出た巨乳に目が行ってしまった。

 

なんとか冷静になって、

 

「今お父さんが入ってるから駄目だよ。俺達はもう親子なんだから」

 

「だってママと毎週一回はエッチしてるじゃん。凄い声がするから知ってるんだよ。この間覗いた時なんか、ママがお父さんの上に乗って腰振ってヨガってるんだもの。もう堪らなくなっちゃって。私、部屋に戻ってオナニーしたんだよ。ずるいよ、私にもしてよ」

 

そう言って娘は抱きついて付いてきた。

 

年頃の連れ子に嫌われていないのは嬉しいが、いきなり裸で抱きつかれてはドギマギしてしまう。

 

娘の巨乳がムニュと俺の胸に押し付けられ、思わずチンポがムクムクと角度を上げていき、お腹に付きそうになっていた。

 

自慢だが俺のチンポは巨根でカリが発達しており、昔から女泣かせなのだ。

この体験談の続きを読む

ケバいヤンキー上がりの高卒事務員にチンポ奴隷にさせられました

ペニバンアナル責め
画像はイメージです

 

ケバい事務員に精子発射したらキレられた

 

私は富山の支店に支店長として転勤しました。

 

社員は営業マンが4名と派遣の女の子の総勢5名です。

 

唯一の女性である事務員は、まだ高校を卒業したばかりだといいますが、とてもケバイ感じがしています。

 

仕事の格好も制服がないとはいえ、茶髪でミニスカート、タンクトップのTシャツ、しかもタイトなので胸が強調され、オッパイの谷間も見えています。

 

私の赴任早々に歓迎会を開いてくれましたが、宴会は想像以上に下品です。

 

営業の男性社員はみんな地元で年齢もバラバラですが、全員酒好きです。その社員たちが派遣の女の子を取り囲んで、下ネタで盛り上がります。

 

「ねぇ、○○ちゃん、セックス好き~?今まで何人の男とヤッタの?」

 

「ねぇ、どんなチンポが好き?」

 

て、完全にセクハラだろってぐらいのエロイ質問攻めをしています。

 

しかし派遣の事務員も、

 

「いや~、ウチもセックス大好きなんですよね」

 

「この前、元カレのデカチンで5回もイカされたわよ~」

 

などと平気で応じています。

 

彼女も酒に強く、ミニスカートの太ももから黒いパンティーがチラチラ見えているんですが、全然気にしない様子です。

 

この子は“ヤリマン”だと確信しましたね。

 

ところで、支店長の私の仕事は、当然ながら営業マンが如何にしてノルマを達成させるかに掛かっています。

 

朝9時に朝礼で指示を出すと、営業マンは午前中から外廻りに出掛けます。

 

営業マンがその日のノルマを達成しないと、会社に戻ってきにくい空気を作ります。

 

営業マンが外出すると急にヒマになります。派遣の事務女の子ものんびりです。

 

私は彼女がヤリマンか確かめてみたくなり、肩を揉んであげる振りをしながら、スッと胸の谷間に手を入れてみました。

 

最初は嫌がっていましたが、そんなに抵抗する様子でもありません。

 

続いては彼女の背中に勃起した硬いチンポを押し付けました。

 

すると彼女は興奮したみたいで、

 

「支店長、チンポ硬くなってるねぇ、シゴイてあげよっか?」

 

と言って来ました。興奮した私は、

 

「○○ちゃん、チンポ好きそうだね。ちょっと舐めてくれないかな?」

 

と言ってみました。

 

彼女は私のチンポをズボンから取り出し、ペロペロシャブッていましたが、慣れたもので竿も金玉も上手に責めてきます。

 

私はたまらずに、

 

「ああっ!出るう~!」

 

と言って、我慢できずに射精してしまいました。

 

勢いよく射精したので、精液を彼女の茶髪にまで飛ばしてしまっていました。

 

すると彼女は一変して人が変わったようにキレました。

この体験談の続きを読む