ボクシング セックス
画像はイメージです

 

私に勝ったら、何でも言うこと聞いてあげます

 

僕は高校のボクシング部に所属しているのですが、高校では珍しく、女子の部員も数名います。

 

今年の4月にも1人だけですが、1年生の女子が新入部員として入部してきました。

 

彼女は今まで見てきた女子部員とは違い、アイドルのように可愛い女の子でした。

 

しかし彼女の驚くべきところは、その美貌やルックスだけではありません。

 

詳しい人が見れば分かると思いますが、彼女のボクシングの動きは、とても素人のものではありません。

 

おまけにサンドバッグを叩いているときの迫力ときたら、男子の巨漢部員と同じ音を出していました。

 

僕は初めて彼女のその光景を見た時、彼女には絶対に適わないと確信しました。

 

ある日のことです。

 

僕はその日なんだか気合いが入っていて、夢中でサンドバッグを叩いていました。

 

気が付いたら夕方になっていました。

 

周りを見渡すと、残っていたのは僕とその後輩の彼女だけになっていました。

 

僕はまだ練習を続けようとして再びサンドバックに向かうと、突然彼女が、

 

「先輩、スパーリングしませんか?」

 

と声を掛けてきました。

 

僕は彼女の強さは十分に分かっていたので断りました。

 

すると彼女が、

 

「私に勝ったら、何でも言うこと聞いてあげます」

 

なんてことを言ってきたんです。

 

ついOKしてしまいました。

 

しかし、リングに上がるとすぐに、スケベ心を出した自分がバカだったことに気付かされました。

この体験談の続きを読む