タグ:ホテルの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:ホテル

夫と不仲の在日韓国人女性が中出しを求めてチンポにむしゃぶりついてきた

中出し ホールド
画像はイメージです

 

本当に私を満足させてくれるの?

 

私は今までに、5人の外国人女性とセックス経験があります。

 

何度か韓国に出張で仕事に行った時、現地妻として相手をしてくれた22歳と26歳の独身女性。

 

二人ともかなりスタイルが良くて美人でした。

 

たぶん、整形はしていると思いますけどね。

 

日本では、ロシア系の人妻T37歳、在日朝鮮人妻K32歳と、これから紹介する忘れられない女性として思い出に残る在日韓国人妻H36歳です。

 

もう20年以上も前のことですが、Hとはテレクラで知り合いました。

 

会った時は、どうやら旦那と喧嘩してムシャクシャしていたようです。

 

憂さ晴らしのために、浮気するつもりでテレクラを利用したらしいです。

 

「会って楽しみたい」

 

とHから誘ってきましたから。

 

待ち合わせ場所であるホテルのロビーで出会いました。

 

少しグラマーですがスタイル抜群で、キリッとした美人が近づいてきました。

 

ちなみに私はごく普通のおじさんで、背も165cm、見た目も全然パッとしません。

 

彼女はそんな私を見てニコリともせずに、

 

「本当に私を満足させてくれるの?」

 

と会ったことを後悔するかのような、吐き捨てる言い方でした。

 

「ああ、後悔はさせないよ」

 

と私はまったく怯むことなく、ニヤリとしながら答えました。

 

そんな私の自信ありげな態度に、

 

「なら、いいわ。行きましょう」

 

と納得して、私が用意した13階の部屋へと向かいました。

 

私はセックスのテクニックには自信があり、これまで経験した女性で満足しなかった人はいません。

 

私とのセックスが忘れられなくて、ストーカーまがいに追いかけられたこともあります。

 

部屋に入るとすぐに、私は彼女のブラウスを捲くり上げ、ブラジャーもずり上げて、年齢の割には張りのある大き目の乳房を鷲掴みにし、薄い茶色の乳首を吸いました。

 

舌を這わせ、軽く甘噛みをすると、

 

「ああ~、ああ」

 

と彼女の口から喘ぎ声が漏れました。

この体験談の続きを読む

【主婦】イケメンマッサージ師の指使いに感じてオチンチンを催促

マッサージ セックス
画像はイメージです

 

イケメンで好青年なマッサージ師の指使いに感じてしまいました

 

千葉に住む27歳の主婦です。

 

心配で簡単には手が出なかったんですが、家事で肩や腰が凝っていたので、ようやく友達から教えてもらったマッサージさんに連絡してしまいました。

 

その人は30歳で、趣味のようなものでマッサージをされていて、本職は別にあるみたいなのです。

 

(大丈夫かなあ)

 

と心配しながらも、メールでいろいろやり取りした後、やっぱり会ってみる事にしました。

 

カフェでお話ししたところ、なかなかのイケメンで指がとっても綺麗な、しかも笑顔が素敵な男性だったので、直接あっさりとお願いすることにしました。

 

と言えども初対面で我が家は怖いので、ホテルでマッサージしてもらうことにしました。

 

ホテルに近付くと緊張しましたが、明るく気さくに話し掛けて下さったおかげで、リラックスすることができました。

 

ホテルにチェックインしてちょっとだけ会話した後、

 

「じゃあそろそろ始めましょうか、シャワー浴びてきて下さい」

 

と言われたので、

 

(ついに来た~!)

 

って感じです。

 

シャワーを浴びてバスタオルだけ巻いて出てきた時、その男性はホテルのパジャマを着てたのでちょっとびっくりしました。

 

「汗をかいたり、オイルが付くので」

 

とのことです。

 

でもほんのちょっとだけ期待しちゃいます。

 

ベッドでうつ伏せになるよう促され、バスタオルの上から腰、背中、肩をマッサージ。

 

その後オイルを塗って滑らすようにマッサージ。

 

男性の力なので多少強めでしたが、私にはそれがちょうどよくて、肩から両手にかかってきた時はかなり気持ちよくなってました。

 

そうして足の先から徐々にお尻に手が上がってきたときは、もうゾクゾクきてました。

 

「バスタオル外してもよろしいですか?」

 

と聞かれたときにはちょっと焦りましたが、

 

(まあうつ伏せだし)

 

と思い、

 

「はい」

 

と答えて、私の裸を背中とはいえ、初対面のイケメンに見せた恥ずかしさから、何だか体が火照ってしまいました。

 

太腿からお尻に手が上がってきて、優しく揉まれたり強く揉まれたりすると、思わず声が出そうになり、必死に我慢していました。

 

お尻を揉まれると、たまに私のオマンコ付近に小指が当たるので、体が自然に反応して動いてしまいました。

 

こんなゾクゾク感、旦那相手にも感じた事がありません。

 

「じゃあそのまま仰向けにしますね」

 

(えっ!?)

 

と思いましたが、あっという間に仰向けにされて、私の胸を上にされてしまいました。

 

旦那に心の中で謝っていました。

 

お腹から脇腹へとマッサージが移るとそのまま胸にいき、これまで感じたことのない快感が押し寄せました。

 

胸を優しく揉まれながら、人差し指がたまに乳首に触れ、

 

「あんっ」

 

と言ってしまいました。

 

「いいんですよ。感じるなら素直に声を出して下さい。我慢すると体に良くありませんから」

 

と言われ、両手で胸を揉まれながら乳首を親指と中指で弄ってくるんです。

 

もう我慢どころの話じゃありません。

 

旦那への謝罪なんかどうでもよくなり、感じるがままに喘いでいました。

この体験談の続きを読む