タグ:フェラチオの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:フェラチオ

【女子高生3人】飲酒してラブホテルで男友達を襲っちゃいました

女子高生 ラブホテル
画像はイメージです

 

チンポが以外に大きかった

 

当時私高校2年の17歳。高校の女友達と3人で飲み屋で飲んでて、帰りのアシが無いから男友達のE男(20歳)に来てもらって車で送って貰うだけのはずでした。

 

女3人は皆ベロベロに酔っ払ってしまっていて・・・。

 

「飲み足りないね~!どっか行こうか!」

 

もう朝方でどこの居酒屋も閉店していたので、お酒買ってラブホテルに4人で入りました。

 

E男とは時々一緒に飲みに行ったりする仲で、ある程度遊んでるような男だったけど、どちらかというと静かで弄られキャラでした。

 

下らない話でヒートアップしてビール飲んで、とうにお酒も進まなくなった頃、

 

「ラブホのAV観てみようよ!」

 

と女の誰かがTVを付けました。男優のしらじらしいセリフを聞いてみんなで大笑いして盛り上がりってたら、A子が

 

「E男、チンポ勃起してたりして~?ねえ見せて~w」

 

と言いいだして。E男は

 

「やめろよっ!」

 

と手でチンポの辺りを隠したけど、女3人で押さえつけて

 

「いいから見せてよ!」

 

とスウェットとパンツを否応なしに引きずり下ろした。

 

かなり反抗されて、シーツはぐちゃぐちゃ。その段階ではまだE男も笑ってたし、冗談のノリでした。

 

E男のチンポは半立ちで、半立ち状態なのにとても大きくて、当時男性経験人数3人しかなかった私はショックを受けて頭がクラクラしました。

 

コレで終わりと思っていたんだけど、A子がいきなり人差し指にツバを付けてE男のチンポの裏スジの辺りを擦り始めたんです。スゴイ速さで。

 

私はポカンとして指の動きを見てたんだけど、E男はちょいちょい

 

「ダメ、マジダメだって」

 

と何度も言っていました。

 

ずい分抵抗されたのでヤバイかな?と思ったけど、火の付いた酔っ払いのパワーは誰にも止められませんね。Y美と私でE男の車の鍵とサイフを拾い上げて、

 

「黙ってろ!」

 

と一喝。A子は

 

「E男、なんか変な汁出てきたよ~」

 

とか

 

「おチンポデッカイね~」

 

とか言ってからかいました。E男は

 

「お願いだから止めてくれよ」

 

と言ったけど、そこからはあまり抵抗しなかった。ついさっきまで笑ってたE男は目を半開きにしてぼんやりとしてました。

 

私とA子で足を持ちあげてチンぐり返しみたいにして、ケツの穴を見て

 

「やだ、お尻に毛が生えてるよ」

 

てからかったり、ラブホテルに用意されていた小分けパックのローションを尻と金玉に塗って2人がかりでぐちゃぐちゃにモミモミしたり触れたりしながら笑ってた。

 

E男は両手で顔を覆ったまま固まった。

この体験談の続きを読む

露天風呂で中学の同級生女子に手コキとフェラチオされた

露天風呂
画像はイメージです

 

混浴の露天風呂に女子のクラスメイトが

 

僕が中学3年の時、近くですが家族みんなで温泉旅行に出掛けました。その旅館はバラエティーに富んだお湯があって、しかも混浴だったのです。

 

夜中の2時ぐらいまで、兄と卓球をして遊んでいたのですが、さすがにフラフラになってしまったので、兄は部屋に戻って寝ましたが、僕は

 

(露天風呂に入ってから寝よう)

 

と思ったので、もう深夜でしたが露天風呂に一人で足を運びました。

 

露天風呂には誰一人として居なかったので、汗を流し、体を洗って素早く湯に浸かりました。そのタイミングで、脱衣場の方から女子の声が耳に入りました。

 

そこは、家からもわりと近い旅館だったので、近くの人が来ても珍しくはないですし、連休を活用してクラスメイトの女子が、

 

「連休の日に○○旅館に行こうよ」

 

という風に話していたので、まさかと思っていたらそのまさかで、同じクラスの真美と千佳がタオルで体を隠しながら露天風呂に入ってきました。

 

(あちゃー、まじかよ)

 

と思っていると真美が、

 

「あれ~、圭介がいるじゃん!何で?」

 

と言いました。僕は内心ドキドキしましたが、気持ちを落ち着かせて

 

「家族で温泉旅行に来たんだよ」

 

と言いました。真美は

 

「へ~、そーなんだ」

 

と言ってましたが千佳は、

 

「こんな近くで家族旅行なの?」

 

と半ば驚いた様子で笑っていたんです。クラスの中でもかなり可愛い方の真美と、千佳の裸(タオルで隠してはいるけど)を見た僕のチンコは興奮でかなりビンビンでした。

この体験談の続きを読む

中学生の僕は水商売のおばさんに筆下ろししてもらいました

アパートセックス
画像はイメージです

 

水商売のおばさんの家に行きました

 

私が中学3年生の時の話です。

 

5月のある日、学校から家に帰るとアパート2階の自宅は誰もいなくて留守でした。鍵もなく、母は近所に買い出しではないかと思い、階段に座って待つことにしたのです。

 

数分すると階段の下から足音が聞こえてきました。母が帰って来たかと思いましたが、3階に住む女性でした。今考えると30代後半ぐらいで、子供の時はよく遊んでもらっていたんです。

 

母は嫌悪感を抱いていましたが、彼女は夫を亡くして、水商売で自立していました。そんな彼女が男を時々家に入れるのは、仕方のないことだったのでしょう。

 

「まーくんお家に入れないの?だったら、お母さん帰宅するまでアタシの家においでっ!」

 

と言って、スグサマ上に行きました。断るタイミングを失くした私は後を追いかけ、

 

「いや、でも、あの」

 

と言おうとしたんですが黙ってしまいました。なぜかというと、スカートの中が見えて、白い太腿と赤のパンティーが見えたからなのです。

 

おばさんは家のドアを開けて、私を招き入れました。部屋の中から、

 

「鍵はかけてね」

 

と言ってました。ドキドキしながら部屋に入り、鍵をかけた私に

 

「ヤキソバでも作ってあげるね」

 

と、リビングのソファーに座らせました。ここで食べさせてもらうのは、小学校3年以来だと思います。幼い頃に可愛がってもらっていた記憶を思い返していると、ヤキソバを作って運んできたおばさんが

 

「私シャワー浴びてくるから遠慮せず食べててね」

 

と微笑みました。

 

アパートの階段でチラッと見てしまった赤い下着が頭の中から離れず、味もまるでわからないままヤキソバを完食すると、シャワーから出てきたたおばさんは、ネグリジェ姿で私の前に現れました。しかも純白のパンティーがうっすらと透けていました。

 

「あれ、まーくん、制服が少し汗臭いよ。シャワー浴びなさい」

 

「え、いや、そんな、いいよ」

 

「いいから早く入ってきなさい」

 

もはや完璧におばさんのペースでした。

この体験談の続きを読む

俺のデカチンに興奮したバイト先の熟女たちとエッチしまくりました

カラオケBOX
画像はイメージです

 

熟女に囲まれたカラオケBOXでアルバイト

 

俺は21歳の大学3年生で宏樹と申します。

 

1年、2年の時に真面目に単位を取得したので3年からは楽になり、アルバイトをしようかなと思っている時にサークルの仲間が、

 

「僕のアルバイト先のカラオケBOX入らない?」

 

と誘われたのです。友人がやっているバイトは24時間営業のカラオケBOXで、9時~17時、17時~深夜1時、深夜1時~9時のシフト制で昼、夜、深夜の3交代制になっています。

 

友人は夜の時間帯に入っていました。昼の時間に1人探しているとのこと。昼はパートのおばちゃんばかりで、できれば男が1人入れば安心らしくて、それもあって求人しているとのことでした。

 

店長は19時~深夜3時が基本的な出勤時間帯で何も無い限り昼間出てくることが無いらしい。

 

すべては入れませんが、3日でもいてもらえると役立つと言われ、昨年の夏休みからカラオケBOXでアルバイトを始めました。

 

週3でバイトしました。昼間のバイトは、俺を除いて5人の婦人です。37歳の正美さん、38歳の理絵さん、40歳の洋子さん、43歳の佳恵さんと繁子さんの5人のご婦人達です。

 

そもそも高校正の頃は熟女とセックスしまくっていたこともあり、この年代の女性は全然やるのもアリでした。ただ、ここ2年は勉強に真面目に取り組んでいたので少し心配もありました。

 

5人ともスタート日からバイト中に質問攻撃でした。俺が来るまで奥さんたちだけだったので21歳の男子大学生に興味を抱いていたようで、5日後後にはバイト中にエロトークばかりしていました。

 

「俺は熟女が好きですけどここ1、2年はHしてないですよ、恋人もいないし」

 

とか、5人は

 

「旦那とは夜の営みがまったくなくて欲求不満よ」

 

とか慣れっこになって話す様になってました。しかも理絵さん、洋子さんと一緒に入った時は逆セクハラがもの凄かったんですよ。

この体験談の続きを読む

私のパンティーを見てシコシコしていた妹の彼氏を襲いました

妹の彼氏
画像はイメージです

 

妹の彼氏がコソコソとシコシコ

 

妹が恋人を引き連れて家に飲みにやって来ました。

 

私と妹とその彼氏の3人でお酒を飲む事は何度も有りましたので、お馴染のメンバーです!いつもどおりに他愛もない話をしながら飲み始めましたが、妹と彼氏はめっちゃ交際期間が長くて、4年以上です。

 

彼氏はメンタルが弱くて、妹の方が強いので、すっかり妹に従順の関係です。私も2人の漫才のような会話が愉快で、たびたび一緒になって飲んでいます。その日もウイスキーを飲みまくって、興奮気味に騒いでいたんです。

 

しかしながら妹の彼氏はまったく飲まずに、姉妹2人に気おされているのが普段のスタイルですが、その日もそれと一緒でした。

 

深夜2時辺りになると妹は寝てしまい、私もウトウトして横になってしまいました。

 

それから気づけば寝しまって、一時間ぐらいで目を覚ましました。たぶんまだ、深夜3時位だったと思われますが、歯を磨いて寝ようとしてお風呂場の脱衣所に行ってみると、妹の彼氏の背中が現れたので、近付こうと思ったら、驚いた事に、スボンからおちんちん出して、自分でシコシコとシゴいている所でした。

 

私は声も音も出せずにその場で動くことができないで眺めていると、どうも私の穿いていたパンティーを敷いてそれを目にしながらせんずりしていました。私のパンティーのシミを見て勃起したんでしょうか?

この体験談の続きを読む