タグ:フェラチオの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:フェラチオ

デカチンから射精する瞬間をおばさんに目撃された僕はチンポ奴隷の毎日

熟女 逆レイプ
画像はイメージです

 

射精の瞬間をおばさんに見られた

 

僕は地元の高校を卒業した後、東京の大学に進学して一人暮らしをするために上京しました。

 

そして六畳一間と台所のある古いアパートの二階で生活することになりました。

 

大学の講義は面白くなくて難しいし、友達も全然できなかったので、暇なときは部屋にいることが多くなりました。

 

部屋の中ではたいしてすることもないので、毎日せんずりをしていました。

 

僕は身長177cmでウエストはなんと69cm、体重は56kgの体形です。

 

高校の頃は体操部に入っていたのですが、当時から折れそうなくらい細い体でした。

 

しかし、華奢に見られる僕は精力だけは人並み以上に強いみたいで、毎日チンポばかりいじくっていました。

 

そのおかげか、チンポは17cmの長さに成長し、亀頭もズルむけでカリ首も段差が大きいです。

 

素っ裸でチンポを勃起させると、細い腰から隆々と太いチンポが生えています。

 

ある夏の日、部屋には冷房も扇風機もなく、窓を全開にして、いつものように全裸でせんずりをしていました。

 

そしてチンポから精液が出そうになったとき、テッシュが空になっていることに気付いたんです。

 

射精感は止められないので慌てて窓までいき、全裸でチンポを突き出して窓の外に射精しようとしたんです。

 

するとその時、運悪く向かいのアパートの部屋の窓がガラガラっと開いたんです。アパート同士の距離は1.5メートルくらいしか離れていません。

 

その目の前のアパートの窓ガラスが開き、おばさんが顔を出しました。

 

(やばいっ!でも止められない!)

 

ドピュッ!ドピュッ!ドクン

 

僕は包み隠さず、窓から飛び出したチンポから濃いザーメンを発射してしまいました。

 

突然のことにおばさんは驚愕したようですが、目の前のチンポをじっと見つめています。

 

ザーメンは、おばさんが開けた窓の手すりにまで飛びました。

 

そして、サビた鉄の手すりまで飛んだ僕のザーメンは、ドロリと下に滴り落ちました。

 

射精後、僕はとてつもなく気まずくなり、窓を閉めて部屋の中に閉じこもってしまいました。

この体験談の続きを読む

【ナース】入院中の14歳の少年を何度も射精させてあげました

ナース
画像はイメージです

 

少年のおちんちんを洗うと射精しました

 

個人経営の病院に勤務する看護婦です。私の忘れることができない患者さんについてお伝えすることにします。

 

彼は14歳の中学生で、生まれながらにして右足に障害があり、さらには交通事故でその足を骨折してここの病院に運ばれてきました。

 

外来診療で時々来ていたので、全然知らないというわけではありませんでした。

 

入院してからしばらく経って、傷口の手当てのため1階の受診室へ運ぶことになりました。

 

個人病院なのでナースも3人しかいないため、私一人で彼を運ばなくてはいけません。それでおんぶして連れて行こうと思ったのです。

 

障害があるためか身長も一般的な14歳よりは小さく145cm程度しかありませんから問題ないと思ったのです。

 

診療が終わり、病室へ帰る時も当然おんぶでした。

 

病室へ戻る廊下の途中でいきなり、私の胸を触ってきました。

 

あまりに急なことで、呆然としましたが、何もなかったかのように病室へ戻りました。

 

しかしそんなことがあった日から、何気に彼のことが引っかかってしまうようになりました。

 

入院経験のある方なら知っていると思いますが、一人でお風呂に入ることが出ない患者さんは、看護婦が体を拭く様になっています。

 

ギブスがまだ取れない状態の彼もそうです。と言っても個人病院なので、そのような患者は彼だけなんですですけどね。

 

だいたい、そういう業務は一番年下の自分がやらされます。

 

彼の病室へ入ると、学校の担任の先生が持ってきたという宿題をやっていました。

 

「今から体拭きしようか?」

 

と話しかけると、

 

「はい」

 

と彼は言って、ベッドの上を片付け始めました。

 

「服は脱いでね」

 

「はい」

 

とても素直な受け答えです。

 

この前突然おっぱいを触ってきた子とは思えないほどです。服を脱ぐと当たり前ですが、見事にスッポンポンです。

 

なんか、とても愛おしく感じでました。

 

おちんちんを洗っていると、やぱり14歳の男の子です。すぐに元気になります。

 

少し触っているだけで大量の精液が出ちゃいました。

 

気恥ずかしいのか、彼は大人しくなってしまいました。私も気にしない振りをして洗い続けていました。

 

でもさすがに若いです。

 

さっき射精したのにもうギンギンに勃起して、しかもよく見ると大きいんです。

 

わざとタマタマを揉んだり、竿をしごいたりしていました。

 

そして2回目の発射です。さっき出したばかりなのに、またたくさんの精液が出ました。

 

それでもまだおちんちんは大きなままです。

この体験談の続きを読む

彼氏の友達と私がセックスしてるのを覗き見てせんずりする彼氏

覗き せんずり
画像はイメージです

 

短小で超早漏な彼氏

 

私は19歳の女子大生です。

 

私には、高校2年生の時から交際している彼氏がいます。

 

彼から高校に入学後、しばらくして告白をうけました。背は低くて顔は中性タイプ、見方によっては女子にも見える系統の男子でした。

 

もとから私は男っぽい濃いめの男性より、中性的な男子がタイプだったので、ためらうことなく付き合うことをOKしました。

 

ちょっとだけ背が自分より低いのは気になるところですが(私は167、彼は159)、本当はSっ気と母性が強めの私には、外見が中性的なタイプで、大人しそうな彼が、とても愛くるしく感じたのです。

 

ちなみに私の外見上は、自分でいうのもなんですが、それなりにモテていたと思います。

 

身長はわりと高い方ですがベビーフェイスで、友達からは足立梨花に似てるって言われたこともあります。

 

3か月弱ほどお付き合いしてみて、彼は私の予想通りの人でした。

 

弱々しく恥ずかしがり屋、セックスはしたいくせに自分からは言い出せないタイプなのです。

 

それなので、当然彼の初体験の時は私が先導しました。ちなみに彼はそれまで童貞だったみたいですが、私はセックスの経験がありました。

 

以前に交際した人は、通っていた塾の講師の大学生で、その時にいろいろとテクニックを教授されたので、一通りのことが出来る私は、彼のギンギンに勃起したおチンチンを咥え、フェラチオして上げました。

 

「うあ~~~!」

 

声に驚いて私が顔を上げた時には、もう彼のおちんちんから大量のザーメンが(笑)

 

わずか3秒ぐらいかな。いくらなんでも私は

 

「たとえ初めてだからって、そんなに早く出したら駄目でしょ?誰が出していいって言ったの?」

 

とちょっぴり叱り口調で彼の目を見つめながら言ってみました。すると彼はパッと目をそらし、

 

「ご、ごめんなさい!」

 

と誤ってきましたが、彼のおちんちんはアッという間にフル勃起状態です。こやつ完全にM男だ・・・・と確信しました。

 

ここからが今の現状なのですが、彼のおちんちんのサイズは小さめ、包茎ではありませんが、何はともあれ早漏、本気でフェラチオすると数秒で射精するし、挿入しても数回腰を動かすだけですぐにドピュッと発射、これでは私の欲求は解消されません。

この体験談の続きを読む

痴女ナースにトイレでフェラされ溜まった濃い精子を何度も中出し

ナース
画像はイメージです

 

入院中の夜中のトイレで美人ナースが

 

大学生の時の話です。

 

ラグビーで負傷して入院することになりました。

 

病院に入院した時のお目当ては看護婦さんですよね。綺麗子はいるかな~と観察したけど・・・、酷すぎます、おばちゃんだらけでした。

 

入院して3日ぐらい経過して、急にボルテージがあがりました。長澤まさみ似の魅力的なナースさん(25)がいるではないですか!

 

その看護婦さんはかなり親切で、患者個人個人に気さくに声をかけてくれます。

 

ですが、彼女も出来たことがありませんし、人見知りする自分は、目も合わせられず、話もまともに出来ませんでした。

 

入院して1週間経った日の夜中、オシッコに行きたくなり目が覚めてしまいました。松葉杖をつきながら、トイレに向かう自分。

 

(夜中の病院本気で怖いな)

 

その道中、長澤まさみ似のナースさんに遭遇し、トイレまで付き添ってくれました。オシッコしていると、そのナースさんが男子トイレに入って来たのです!

 

そして

 

「◯◯さん」

 

と、僕の名前を呼びながら接近してきます。

 

「は、はい??」

 

普段の親切なイメージと違う看護婦さんは、

 

「私の、オマンコの疼きを止めてくれない?」

 

と、いきなりスカートを捲り上げ、パンツを見せてきたのです。

 

「えっ!・・・自分、まだ童貞なんですけど」

 

「そうなの?じゃあ、いっぱいしてあげちゃう」

 

そう言うとすぐに、僕のズボンとトランクスをずり下ろしてチンコを咥えてきたのです。

 

唾をめっちゃ出してフェラしてくるので、トイレに卑猥な音が響きまくっていたと思います。

 

金玉や竿も丹念に舐めてくれて、童貞の僕が我慢できるはずがありません。

 

「もう、イ・・・イキそうです」

 

「ダ~メ!!まだ我慢だよ」

 

と、相当な痴女っぷりです!

 

「◯◯さん、童貞だっけ??女の子のオマンコ見たいでしょ??」

 

そりゃ見たいです。でも自分は声が出せずに、頷くことしか出来ませんでしたけど。

この体験談の続きを読む

奥手だった元カノがパイパンでドエロな痴女に豹変!

潮吹き
画像はイメージです

 

久々の再会で色気が出ていた元カノ

 

俺が大学生の時に付き合ってた元カノの名前は由美です。当時合コンで知り合い、3年の時に交際スタートし、卒業して別れました。

 

この前、その元カノの由美と何年かぶりに偶然表通りで会い、そのままの流れで飲みに行ってセックスしました。

 

付き合ってた当時の由美は、男性経験がほとんどありませんでした。

 

俺もそれほどセックス経験は無かったので、今思えば子供っぽい交際だったと思います。

 

セックスも普通にしてたけど、簡単にお互い舐め合って正常位で挿入して、腰振って終了みたいな感じです。

 

本当はもっといろんな体位とか器具とか試したかったんですけど、大人のオモチャ持って行ったら泣き出した事がありました。

 

「私はそんな下品な事したくない」

 

(どうして下品?)

 

って思いましたが、それ以降本当にノーマルなセックスでした。

 

由美はふわっとした印象で、強いて言うなら清潔感があるような女性でした。

 

身長も155cmぐらいの割と小柄で、でもDカップのなかなかの美乳の持ち主です。外見が少し幼いところがあって、あまり色気は感じませんでした。

 

休日出勤した祝日の日、夕方ごろ仕事が済んで街を歩いていました。

 

ブラブラしてるとこに、後ろから肩を叩かれ、驚いて振り向くと由美だったんです。

 

「やっぱり!久し振りだね!元気?」

 

開口一番元気に声をかけてきた由美だったんですが、その由美を見て俺は愕然としました。

 

以前の面影はあるものの、女の色気で満ちていました。

 

「ええ?お前由美か?ずいぶん変わったなあ!」

 

「そお?変わったぁ?年取っただけじゃない?」

 

22歳で別れてからかれこれ5年ぐらい会っていません。

 

よく俺だと気が付いたなと聞いたら、歩いてる後ろ姿に間違いないと思ったと笑っていました。

 

くたびれているように歩く後ろ姿は昔のままだと言うんです。しかもヘアースタイルも大学当時とあまり変わっていませんしね。

 

「最近はどうしてる?」

 

と聞かれて、歩きながら近況を話していました。彼女はいるけどまだ結婚していないで、仕事もそこそこ忙しいといった話ですね。

 

驚いたのは由美はもう既に結婚していた事です。

 

結婚して1年ちょいだと言っていたのですが、相手はなんと10歳年上だそうです。今27歳だから亭主は37歳?ビックリです。

 

「この後なんか予定ある?」

 

と由美に聞かれ

 

「何も無いよ」

 

と答えると、

 

「じゃ、ご飯奢ってよ!」

 

と強引に腕を絡めて歩かされました。

 

由美が行きたがっていたというイタリアンのお店に入り、少しだけアルコールも飲みながら昔話をしていました。

 

由美の胸元は、寄せて上げるタイプのブラジャーなのか、胸の谷間がキッチリと見えます。

 

「お前って昔そんな胸元の空いた服なんか着なかっただろ?」

 

「そうねえ、まだあの頃って子供だったしね」

 

「今は以前と違って色気ムンムンだぞ」

 

「そりゃ結婚もしたからね!色気ぐらい出さないと」

 

話す内容も外見も相当変わっていました。

 

昔のような恥じらいもなく、色気をかなりアピールしている感じに見えます。

 

スタイルは元々良かったので、ちょっぴりムラムラしてきたのは確かです。

この体験談の続きを読む