タグ:フェラチオの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:フェラチオ

内気な男の子を焦らしてイカせるのが好きなSっ気のある女子高生

 

フェラチオ 寸止め
画像はイメージです

 

童貞君が可愛くて萌えました

 

都内の女子高生です。

 

結構遊んでます。

 

自分にはSっ気があるのか、大人しい男の子をイジメたいって思っちゃうんです。

 

この前、童貞クンをご馳走になりました。

 

私にとっては二人目の童貞クンでした。

 

なのでちょっと余裕。

 

童貞クンはガチガチに緊張してるみたいで、始めはエッチな話とか全然しないでじっとしてるだけ。

 

私の方からくっついていくと、女の人とくっつくのも初めてみたいで、普通の話をしながら、私は彼の肩や髪の毛を触ったりしていました。

 

そのたびにビクッ反応する彼が超可愛い。

 

「こういうふうに女の子とくっつくとドキドキするの?」

 

って聞いたら、

 

「うん」

 

って。

 

そりゃそうだろうね。

 

私は男の子の髪の毛触るの大好きなので、撫で回しちゃいました。

 

撫でながら童貞クンの匂いもいっぱい嗅いじゃった。(←変態)

 

15分くらいそんな感じでくっついてたかな。

 

いきなりだと怖がるといけないので、

 

「撫でていい?」

 

とか

 

「脱がしていい?」

 

ってちゃんと彼に確認取りましたよ。

 

それで脱がしたら乳首もピンク色で体毛がほとんど無いんです。

 

体も細くて色白だし、顔も中性的でめちゃ萌えました。

 

電気は消さずに明るくしたままで、彼が目閉じて感じてる顔をじっくり堪能しながら舐め回しました。

 

「どうして欲しい?」

 

って聞いても

 

「分かんない」

 

って言われるので、

 

「これは嫌じゃない?」

 

って聞きながら性感帯を探索します。

 

私としては「初体験は怖いお姉さんに犯された」って思われたくないので、なるべく楽しい思い出にしてあげようと気使ってるんですよ。

 

途中で一緒にお風呂に入って、おちんちんとか全部洗ってあげて、また最初から責めていきます。

 

彼は喘ぎ声は出さなかったけど、タマタマとか触ってあげたらビクビク感じてました。

 

(アナルもいけるかも)

 

と思ったけど、最初からそんなことしたら引いちゃうかもしれないので、やめておきました。

 

おちんちんは若干包茎気味だったけど、ピンク色ですっごいキレイでした。

 

あんな綺麗なおちんちん見たの久しぶりです。

 

しばらくガン見しちゃいました。

 

途中から彼もびくびくしながら手を出してきて、おっぱいとか触ってきます。

 

これがまた本当におっかなびっくりって感じですっごく可愛いの。

 

「ブラ外して」

 

って言うと

 

「ええっ?!」

 

って驚いてる。

 

そんなに驚かなくても。

 

それで胸舐められてたらめちゃくちゃ興奮してきちゃいました。

 

(この子初めて女の子の胸舐めてるんだ)

 

と思ったらもう、キュンキュンしちゃいました。

 

舐めさせてる、っていう自分にも酔って大興奮です。

 

でもあんまりいやらしい女だと彼に引かれる気がして、なんとか理性で押さえてました。

 

だけどやっぱり、イキたくなっちゃって。

 

彼のおちんちんシコシコしながら、自分でクリちゃん触ってイっちゃったの。

 

あはは。

 

彼は何が起きたか理解できてなかったみたい。

 

セックスの時は私が上になって騎乗位でおちんちんをオマンコに挿入して、最後は正常位でイキました。

 

初めてだから腰の使い方がぎこちなくて、けどそれも萌えました。

 

結局丸一日使ってエッチやりまくっちゃった。

 

それぐらい時間かけてやりたくなるだけの可愛い男の子だった。

 

いっそ私好みに育てたいけど、それも可哀想かなって。

この体験談の続きを読む

近所の奥さんがボディラインくっきりの服で僕を誘惑してきた

熟女 バック
画像はイメージです

 

奥さんがピチピチの服装で誘惑してきた

 

僕のセックス初体験は近所の奥さんでした。

 

年齢は40歳前くらいだと思います。

 

小柄で少しぽっちゃりしてて、気さくないい奥さんでした。

 

旦那と娘の3人暮らしでしたね。

 

元々はうちの毋と仲が良くて、うちの家にも来たりしていました。

 

旦那さんは商社に勤めていて、海外出張も多かったみたいです。

 

自分は一人っ子だったので、奥さんの娘さんを妹のような感じで接していて、勉強とかも教えたりしていました。

 

初体験は夏でした。

 

娘さんにに勉強を教えに行ったら、その日はいなくて奥さんに、

 

「せっかくきたんだから、冷たいものでも飲んで行きなさいよ」

 

って言われて、

 

「ありがとうございます」

 

って家に上がったんです。

 

その時の事は今でもはっきり覚えています。

 

奥さんがピチピチのワンピース姿だったんです。

 

もうボディラインがくっきり出てて、おっぱいやお尻が強調されていました。

 

大人の色気というか、色っぽかったです。

 

何を話したか覚えてないくらい、胸ばっかり見てたような気がします。

 

そしたら、

 

「何処みてるのぉ?」

 

って言われて、

 

(ヤバい!)

 

と思ったけど、

 

「でも、女性に興味ある年ごろだよね」

 

って言うと、奥さんが玄関の方に歩いていったんです。

 

そして「カチャッ」と玄関にカギをかけたんです。

 

あの時は

 

(もしかして・・・)

 

と奥さんとエッチな展開になることを期待して、もうドキドキしてました。

 

玄関から戻ってきた奥さんは、不適な笑みを浮かべていたように思います。

 

それから奥さんが私の隣にスッと座り、体をくっつけてきました。

 

もうドキドキを通り越して心臓は破裂寸前の状態です。

 

そして何も言わず僕の手を取ると、奥さんは大きなおっぱいの上に持っていきました。

 

「どぉ?柔らかいでしょ?」

 

と耳元でそんな事を言っていた気がします。

 

もう僕は頭が真っ白で、顔は真っ赤になっていたと思います。

 

僕がオドオドしながらぎこちない手つきで胸を触っていると、今度は片ヒザを立ててきたんです。

 

むっちりとした白い太ももが目に飛び込んできました。

この体験談の続きを読む

【痴女の特訓】童貞の高校生にセックスの手ほどきの約束をした処女

口内射精
画像はイメージです

 

お姉さんが教えてあげると強がる処女

 

これは俺が大学4年生の時の話。

 

俺が住んでいるアパートの隣の部屋にビックリするくらい可愛らしい女子大生が引っ越してきた。

 

パッと見は井上真央に似ていて胸も大きめ(Dカップだった)、愛想も良いし素直な良い子(名前はマオとしておきます)。

 

マオは偶然にも俺と同じ大学の新入生でしかも同じサークルに入部し、サークルの男ども全員のハートを鷲づかみしたみたいで、大半の男に告白されたと言ってた。

 

当の俺は、イケメンでもなんでもなく、相談しやすい先輩の位置づけで、完全に良いお兄さん的存在。

 

そんな俺もマオに対して恋愛感情というものではなく、一緒にご飯を食べたり、勉強を教えたり(同じ学部)、相談に乗ってあげたりして仲の良い兄妹のような関係になっていた。

 

一緒にいることが多いからか、マオも周りから、

 

「隆志さんと付き合っているの?」

 

と聞かれることが時々あるらしく、そういう時は、

 

「頼りになるお兄ちゃん」

 

というような答え方をしているようだった。

 

しばらくして冬が近づく頃に、マオが

 

「隆志さんに相談があるんですけど・・・」

 

と言ってきた。

 

どうやらマオに彼氏ができたようで、相手は同じバイト先の高校一年生。

 

俺はジェラシーとかは全く無く、それでどうしたどうしたと聞いていく。

 

相手は坂口健太郎な感じ(以下健太郎君)のイケメンで、バイト先でもお客さん相手でも大人気だそう。

 

そんな健太郎君に告白され、最近交際をスタートさせたばかりだそうだ。

 

俺は、マオは彼氏が高校生ということに悩んでいるのだと思い、詳しく話を聞くと、

 

「実は、健太郎君はまだ童貞で、私調子に乗っちゃって、『お姉さんが教えてあげる』みたいに言っちゃったんです」

 

と言って顔を真っ赤にしながらうつむくマオ。

 

「おぉ、処女なのに大きく出ちゃったね」

 

とニヤニヤする俺。

 

「えっ、何で分かるんですか?」

 

と驚くマオ。

 

「いや、しょっちゅう会ってるから、なんとなくそうじゃないかと」

 

とさらにニヤニヤしてしまう俺。

 

「キスも高校の時に女友達とふざけて一回しただけですし・・・」

 

とファーストキスの告白をするマオ。

 

「なにっ!その話をもっと詳しく」

 

とニヤニヤ最高潮の俺。

 

ファーストキスの話は聞けなかったが、話を聞いていくとマオは今までエロ本もエロDVDも見たことがないので、そういうのを見て勉強したいということだった。

この体験談の続きを読む

【近親相姦】私のセックスを覗いてオナニーする変態な兄を筆下ろし

近親相姦 兄妹
画像はイメージです

 

セックスを覗く兄の筆下ろしをすることにしました

 

私が高校2年の17歳で、兄が高校3年の18歳の時の話です。

 

私は中学3年の時に処女を喪失したのですが、兄はまだ童貞でした。

 

私達の部屋は別々でそれぞれ6畳でしたが、フスマでさえぎってあるだけなので、音や声なんかはほとんど筒抜け状態でした。

 

やむを得ずタンスや本棚で塞ぎ、出入りが出来ないようにはしていましたが、私がセックスしてる時やお風呂上りの時に、フスマがほんの僅かだけ開いていて兄がしょっちゅう覗いていました。

 

これまでにも文句を言ったことがあるのですが、後日また覗いているんです。

 

その日も私がセックスしてる時にちらっと確認してみると、フスマが2cmほど開いていました。

 

いつも最初は気になって腹が立つのですが、セックスが盛り上がってくると、いちいち気にならなくなってきます。

 

昼間セックスしている時なんかは一部始終、しかも明るいので、角度によっては結合部分までも見られていたと思います。

 

そんな兄の覗き行為にいいかげん腹が立つので、再度その日の夜に文句を言うため兄の部屋に行きました。

 

「ちょっと、お兄ちゃん!今日も覗いてたでしょ!いい加減にしてよ、気持ち悪い!」

 

兄は視線をTVに向けたまま黙っていました。

 

「どうせ覗きながらオナニーしてたんでしょ?・・・変態!」

 

「お前がやりまくってるからだろ!」

 

「人のエッチ覗くなんて変態だよ!・・・なんで覗くの?童貞だから?エッチしたいの?」

 

「うるさい!」

 

「じゃあ私がエッチしてあげよっか?」

 

私達は別に仲が悪い兄妹ってわけじゃなかったし、童貞で覗きながらオナニーしている兄が少し可愛そうに思えたのも事実です。

 

兄は驚いて、

 

「えっ?はぁ?」

 

って言ってましたが、

 

「エッチした事ないんでしょ、私が筆下ろししてあげるよ」

 

「ほ、本当か?」

 

「うん、童貞だから覗きとか変態行為に走るんだよ」

 

恥ずかしさはあるものの、私はパジャマを脱いで下着姿になりました。

 

兄もパジャマを脱いでトランクス一枚になりました。

 

私がトランクスを下ろしてあげると兄のオチンチンは半立ち状態で、完全な包茎ではなく、亀頭の先端だけ出ていました。

 

兄のオチンチンを見るのは小学校以来でした。

 

もちろんその時よりも大きく成長しています。

 

私は兄の手を取り、胸へ誘導しました。

 

兄は私の胸に触れると、オチンチンはムクムクと大きくなり、皮もめくれて亀頭が露出し、ピクピクとそり返るほど勃起しました。

 

私はオチンチンを握り、軽くシゴきます。

 

「気持ちいい?」

 

と聞くと、

 

「うん・・・気持ちいい」

 

と、嬉しそうでした。

 

「口でしてあげよっか?」

 

「本当?してほしい・・・」

 

まるで私が姉で、兄が弟のような感じになっていました。

この体験談の続きを読む

射精管理している男性を焦らしまくって最後はオナニーさせました

射精管理
画像はイメージです

 

射精管理中の男性から会ってほしいと言われました

 

私は33歳の主婦です。

 

ある時ネットを通じて、

 

「射精管理して下さい」

 

という書き込みをしていた若い男性と知り合いになりました。

 

話を聞くと、毎日寸止めオナニーをしているらしく、一人では孤独を感じるからやる気にさせて欲しいとのことでした。

 

私も暇をもてあましていたので応じる事にし、最初はなんとなく、

 

「まだイッちゃダメ!」

 

とか

 

 

「今日もおちんちんシゴいて寸止めオナニーしなさい」

 

とかメールしていたんですが、彼と携帯の番号をやり取りするまで、さほど時間はかかりませんでした。

 

初めての電話の時は私のほうが緊張してドキドキしていたかもしれません。

 

最初は何でもない会話をしていたのですが、やがて話題はエッチな方向に行きました。

 

私は、

 

「今、オナニー出来る?」

 

と聞いてみました。

 

彼は息を漏らしながら、

 

「出来ます」

 

と言いました。

 

私は増々興奮してしまいました。

 

(私の命令で、彼はオナニーをしているんだ)

 

電話の向こうではぁはぁ言っているのが聞こえます。

 

息遣いが荒くなってきました。

 

しばらくして私は、

 

「もう、やめなさい!」

 

と言いました。

 

その日を境に、彼のおちんちんを私が支配することになったのです。

 

メールも直接携帯に送るようになりました。

 

「若い女性店員のいるコンビニでエロ本を買いなさい」

 

「今すぐ、近くのトイレに入って寸止めオナニーしなさい」

 

「返事が遅いわよ!私が許すまで、おちんちんには一切触れちゃダメ!」

 

それから約1ヶ月もの間、彼に射精を禁止しました。

 

すると一変して彼のほうから、

 

「会って下さい」

 

と言われたんです。

 

その時には、私にとりましても彼の存在は大きなものになっていたのです。

 

(会ってしまったら、この関係が終わってしまうのでは?)

 

という心配もありましたが、会わないでいると後悔が大きくなりそうな気がしたので、私は会う決断をしました。

この体験談の続きを読む