タグ:フェラチオの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:フェラチオ

【妊娠OK?】小学生の時からオマンコにお兄ちゃんの精液を中出ししてもらってます

女子中学生 近親相姦 中出し
画像はイメージです

 

お風呂で中出し

 

私は中学1年の女子です。

 

私には8歳年上のお兄ちゃんがいます。

 

まさに今、私はお兄ちゃんの膝の上に座って、キーボードを叩いています。

 

つまりオマンコの中には、お兄ちゃんのおちんちんが根元までズッポリとハマって密着しています。

 

昨日の夕方ぐらいから今まで、お兄ちゃんとずっとセックスしていました。

 

両親は親戚の法事があって出かけていて、日曜の夜まで帰ってきません。

 

お兄ちゃんとは、私が小学5年生の時からセックスをしています。

 

でも両親がいない時しかできないので、たまにしかできません。

 

だから、

 

「お父さんとお母さんが出かけたら、日曜日までいっぱいエッチしようね」

 

とお兄ちゃんと約束していました。

 

夕方両親が出掛けると、すぐにお兄ちゃんと一緒にお風呂に入り、ボディーソープでヌルヌル体を洗いっこした後、お互いの性器を舐め合いました。

 

お兄ちゃんは私のオマンコを指で広げながら、クリトリスやオマンコに舌まで入れて丁寧に舐めてくれました。

 

私も大好きなお兄ちゃんのために、一生懸命おちんちんをフェラしました。

 

お兄ちゃんが私の口の中に射精したので、私は精液を全部飲み込みました。

 

射精した後もお兄ちゃんのおちんちんは大きく勃起したままだったので、そのまますぐにオマンコに入れてもらいました。

 

お風呂場で四つん這いになった私の背後から、お兄ちゃんがおちんちんを入れてきて、激しく出し入れを繰り返しました。

 

「ああっ!お兄ちゃん、気持ちいいっ!」

 

私は大声を上げて、お兄ちゃんの腰の動きに合わせるように、自分から腰を振っていました。

 

お兄ちゃんは、しばらくパンパンと音をさせながら、激しくオマンコに腰を打ち付けてきました。

 

私は何度もイッてしまい、お兄ちゃんがオマンコに中出しした時には、全身の力が抜けてグッタリとしてしまいました。

この体験談の続きを読む

爆乳・巨尻の友達のお母さんに勃起がバレたけど筆下ろしに中出しまでさせてもらいました

ムチムチ 爆乳 巨尻
画像はイメージです

 

友達のお母さんのムチムチボディーがたまりません

 

僕は祥太郎で、高校2年生です。

 

隣に住んでる友達のお母さんは、ちょいポチャで爆乳の巨尻なんです。

 

年は40代前半で、ピタッと身体にフィットしたジャージ姿でいることが多いです。

 

このお母さんとは僕も仲良くしてもらっていますが、僕はこの明子さんの体に欲情して仕方ありません。

 

僕が中学の時に、明子さん家族が隣に引っ越して来て、明子さんの身体に一目惚れしました。

 

それ以来、毎日のように明子さんを想いながらオナニーしていました。

僕の部屋からは、明子さん夫婦の寝室が見えるんですが、夜はいつもカーテンが閉まってて、一度も明子さん夫婦のセックスを見た事はありません。

 

何度も覗こうとチャレンジしてみましたが、ダメでした。

 

童貞だった僕は、明子さんに筆下ろししてもらいたいと本気で思っていました。

 

そしてある日、昼前から突然雨が振り出し、僕は学校から濡れながら自転車で帰りました。

 

その日は学校は昼までだったんですが、なんとか家に帰り着き、家の鍵を探したら鍵が無い事に気付きました。

 

いつも家の鍵は持ってたんですが、どうやら鍵を自分の部屋に忘れたまま学校に行ったみたいで、一人っ子だった僕は家に入れず、玄関で雨宿り状態になっていました。

 

しばらくしすると、隣の明子さんが出て来て、僕に気付きました。

 

明子さんは専業主婦で、雨の様子を確認するために外に出て来たとこに、家に入れないでいる僕に気付いたようでした。

 

明子さんは僕を家に上げてくれました。

 

ビショ濡れの僕は、タオルを貸してもらって頭を拭いてると、

 

「ほら、しょうちゃん全部脱いで、風邪引くよ」

 

と僕を脱がそうとしました。

 

僕は祥太郎なので、明子さんは僕の事をしょうちゃんと呼んでます。

 

恥ずかしかったんですが、明子さんは強引に雨で濡れた学生服を脱がし、さらに僕のパンツまで脱がそうとしてきました。

 

恥ずかしかったんでパンツは拒否すると、

 

「何恥ずかしがってるの、早く脱いで」

 

と怒られてしまいました。

 

仕方なくパンツを脱ぐと、明子さんは僕のチンコをチラ見しました。

 

そして僕の学生服やパンツを持って、脱衣場の洗濯機の方へ行きました。

 

僕はチンコを見られたことに少し興奮し、さらに明子さんの後ろ姿を見て、勃起してしまいました。

 

明子さんは相変わらずジャージ姿でしたが、大きなお尻がプリプリしてたまりませんでした。

この体験談の続きを読む

童貞の中学生を誘惑していたおばさんから彼を奪って筆下ろししました

男子中学生 童貞 筆下ろし
画像はイメージです

 

おばさんが男子中学生を誘惑

 

私は29歳ですが、スポーツクラブでインストラクターをしています。

 

最近は

 

「色気があるね」

 

ってお客さんから言われる事やナンパされる事も多くなりました。

 

私の勤めているスポーツジムでは、毎週水曜日は地域振興の一環で、午後2時から6時までの比較的暇な時間帯を、中高生に無料で開放していました。

 

6時も過ぎて、会員様が来る時間の前に、一通り点検をしていました。

 

中高生が使った後は、物が散らかっていたり、忘れ物などが多いのです。

 

女子更衣室を見回りに来ると、一番奥の個室の扉が閉まったままでした。

 

まだ生徒が残っているのかなと思い、声を掛けようと近づいてみると、2人くらいが入っている気配を感じました。

 

はっきりと聞き取れませんでしたが、女性が小声で何か話している声と、うん、うん、と返事をする少年っぽい声が聞こえてきました。

 

私は音を立てずに扉に近づき、聞き耳を立てました。

 

相変わらず、話はハッきりと聞き取れませんでしたが、男の子の照れ笑いのような声や、女性のボソボソという声は聞こえます。

 

私は、直感的に何をしているのかが分かりました。

 

スポーツクラブでは、こういう事はたまにあるんです。

 

ただ、女性と少年というケースは初めてでした。

 

私は周りに誰もいないのを確認し、そっと扉の下の隙間から覗いてみました。

 

まず見えたのは、女性がひざまずいている足というか下半身です。

 

さらに奥を見ると、少年の足が見えました。

 

私は胸の心拍数が高まりました。

 

後ずさりするように更衣室の入り口に戻り、一度深呼吸をしてから、中に向かって声をかけました。

 

「もう終了の時間ですよ。早く支度してくださいね」

 

と、言う感じです。

 

すると中から女性の声で、

 

「はーい、分かりましたー」

 

という返事がしました。

 

私はちょっと笑ってしまいました。

 

私は更衣室の出入り口が見えるちょっと離れたところで、どんな女性や少年が出てくるんだろうと隠れて見ていました。

 

しばらく待っていると、女性が出てきました。

 

初めて見る、一見、40代半ばくらいのおばさんでした。

 

でもなかなか綺麗な美熟女で、何事もなかったような表情で、玄関から出て行きました。

 

そして少しして、今度は男の子が出てきました。

 

(あ、あの子だったんだ)

 

彼は中学3年生で、毎週熱心にここへ通って来る男の子でした。

この体験談の続きを読む

童貞で緊張して勃起しない時は何も言わずフェラチオしてあげるといいですよ

童貞 大学生
画像はイメージです

 

真面目な男の子を狙います

 

私はスーパーに勤務する35歳のバツイチ女です。

 

27歳の時に結婚しましたが、わずか2年で離婚し、それ以来はずっと一人で生活をしています。

 

フルタイムですが時給は安いので、けっして楽な生活というわけではありませんが、もう結婚はこりごりなので、それなりに自由に暮らしています。

 

いざとなれば、実家に戻ればいいという気持ちもあります。

 

私は二人姉妹の長女なので、いつか実家に帰って両親の面倒を見なければならない日も来るかもしれません。

 

でもそれはまだ当分先のことだと思います。

 

ちなみに私は実年齢より結構若く見られろことが多く、28歳ぐらいでも十分通用します。

 

今は独身のせいか、同年代の生活に疲れた主婦より若く見えるのかもしれません。

 

あと、しょっちゅうセックスしているので、女性ホルモンの分泌もいいのか、肌もツヤツヤしていると思います。

 

そんな私の楽しみが、私の勤務するスーパーにアルバイトで来る大学生の男の子とのセックスです。

 

ここで働き始めて5年になりますが、その間、5人のアルバイト大学生とセックスしました。

 

ここでバイトする男の子は、だいたい半年から1年、長い子でも2年ぐらいで入れ替わるのですが、複数の男の子と同時進行ではセックスしません。

 

私が狙うのは、調子のいいタイプや、チャラそうなタイプではなく、どちらか言えば大人しくて真面目なタイプの男の子です。

 

その方が、職場で言いふらされることもなく、安全だからです。

 

二十歳前後の男の子って、性欲旺盛でセックスがしたくてたまらない年代ですから、女性から誘えば簡単に乗ってきます。

 

男の子に言わせれば、私には性的なオーラが漂っているらしいのですが、確かにそうかもしれません。

 

私もいつもセックスがしたくてたまらない女だからです。

 

今は、いつでもセックスできるようになったおかげで、オナニーはほとんどしなくなりました。

 

それにしても最近の男の子は、女の子に消極的な子が多く、大人しいタイプが多いですね。

 

そこが私の狙い目でもあります。

 

職場でも、狙う子にはアイコンタクトをしたりして、徐々に印象付けていきます。

この体験談の続きを読む

淫乱看護婦が新婚の僕のチンポにむしゃぶりついて騎乗位で中出しさせられました

淫乱看護婦
画像はイメージです

 

看護婦がチンポを咥えてきた

 

新婚して間もない頃、腎臓結石になってしまって救急車で運ばれ、入院する事になりました。

 

めちゃくちゃ痛いんです。

 

死ぬというか、痛すぎて

 

「今すぐ俺を殺してくれっ」

 

て思うレベルの痛さでした。

 

最初の数日はチンポに管を入れられて身動きする事も出来ず、妻が居る時には妻が、妻が自宅に帰っているときは看護婦さんが大の方の世話をしてくれていました。

 

初めは病気の苦しみで、看護婦さんにチンポを弄られるのにあまり恥ずかしさは感じていませんでした。

 

数日経ってチンポからパイプは抜かれましたが、お医者さんからは

 

「四時間おきに看護婦さんが見にくるから」

 

と言われました。

 

看護婦さんは四時間おきに僕のベッドに来て、本を読んでいようと寝ていようとお構いなしにパンツをずらし、チンポを摘んで見回して帰っていきました。

 

当然でしょうが、その態度は事務的なものでした

 

しかしその中で、30代ぐらいで若妻風の看護婦さんだけは、チンポを持つ手つきが他のナースさんとは違い、妙にいやらしいんです。

 

そしてそれから二日目の晩のことです。

 

寝ている僕のパンツをずらそうとする手に気づき、目が覚めました。

 

看護婦さんが来る時間ではないと思っていたのでびっくりすると、その三十路で若妻風の看護婦さんは、

 

「一応心配だからね」

 

と笑って言いました。

 

その看護婦さんはチンポを持ったまま、なかなか離してくれませんでした。

 

そして僕の耳元で、

 

「あなた新婚さんだから、股間が落ちつかないんじゃないんじゃない?」

 

と囁きました。

 

僕は、

 

「痛みで辛かったし、パイプ入れられたりで元気なんか無いですよ」

 

と答えました。

 

確かに僕のチンポは看護婦さんに触ってもらっても萎えたままでした。

 

すると看護婦さんは急に、

 

「これでも?」

 

と言って僕のチンポを咥えてきました。

この体験談の続きを読む