タグ:フェラチオの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:フェラチオ

競泳水着のもっこりチンポを見た女友達が触りたがってフェラチオもしてくれました

もっこりチンポ
画像はイメージです

 

もっこりがくっきり

 

もう20年以上も前の、僕が高校1年の夏休みの出来事です。

 

夏休み中は友達と近所の市営プールによく遊びに行ってたんですが、たまたまその日は都合が合わず、僕1人でプールに行く事にしました。

 

多少過激な水着を穿いてみたくて、その年に買ったビキニタイプのものを穿きました。

 

スポーツ用品店で購入した遊泳用のビキニは、見た目はちょっと地味な色ですが、ビキニ自体は浅くて小さく、横幅も2センチくらいのやつでした。

 

僕のチンポは他の友達と比べてもちょっと大きくて太めで、いわゆる巨根でした。

 

ビキニを穿く時はチンポを斜め45度くらいにして中に収めていました。

 

巨根なので股間のもっこりは大きく膨らんでいました。

 

しかも中学1年から皮が剥けて亀頭が露出するようになっていましたので、ビキニのもっこりにはカリの段差も浮き出ていました。

 

プールで泳いでいると、遠くから僕を呼ぶ声が聞こえました。

 

「Tく~ん」

 

流れるプールの後方を見ると、中学の時の同級生のK子とM美がいました。

 

K子とM美は同じ女子高に通っていて、2人が着ていた水着も同じで青の競泳水着でした。

 

「あれ?1人なの?」

 

「うん、みんなバイトとか部活で都合つかなかったから・・・」

 

しばらく彼女たちとプールの中で一緒に遊んだ後、プールから上がるとK子とM美が、

 

「えー!ビキニじゃん」

 

「T君てそういうの穿くの?」

 

「今年の夏からだよ。もう何回か穿いてるよ」

 

って言うと、

 

「凄いちっちゃいビキニじゃん」

 

「でもT君てビキニ似合うね」

 

って言ってくれたんですけど、女の子にジロジロ見られるとやっぱり恥ずかしい気もしました。

 

しかもプールから上がった直後なので、チンポのもっこりが凄いクッキリ浮き出ていたので、当然チンポの形も見られたはずです。

 

K子とM美の水着も肌にピタッと張り付いた感じだったので、2人の乳首のポッチも確認できました。

 

後で聞いたんですが、K子の胸はDカップと大きめで、M美は若干小さめでした。

 

K子は中学の時から胸は大きかったんですが、競泳水着を着ていると、身体のラインがくっきりと分かるので、K子の巨乳にちょっとチンポが反応してしまいました。

この体験談の続きを読む

小学6年のデカチンを友達のお母さんがフェラチオで初射精させて中出しまで

小学生 デカチン
画像はイメージです

 

友達のお母さんが僕の股間に手を・・・

 

僕(尚幸)は小学6年生の時の夏休みに、当時スイミングスクールに通っていた同級生の孝志とそのお母さんの明子さんとの3人で、とある海沿いの旅館に泊りがけの旅行に行きました。

 

旅館に到着して荷物を置くと、すぐに競泳パンツを穿いて海岸に出て泳ぎ始めました。

 

僕も孝志もスイミングスクールでは上級クラスで、海でもお互いにライバル意識しながら、沖にある岩場まで競争したりしていました。

 

すると岩場で孝志が怪我をしてしまい、一旦旅館に戻って病院で診察してもらうことになりました。

 

たいした怪我でなくてホッとしましたが、さすがに泳ぐのは無理なので、2人で海の家で遊ぶことにしました。

 

怪我をした時に助けてくれたガードの人達が、僕達の遊び相手もしてくれました。

 

僕も一緒にカードゲームをしたりしていたけど、やっぱり海で泳ぎたい気持ちが強く、つまんなそうにしていたんだと思います。

 

そんな僕の様子に気付いたのか、孝志のお母さんの明子さんが、

 

「尚ちゃん、せっかく海に来たんだから泳ぎたいでしょ??私とあの岩場まで泳いで競争しない?」

 

と言ってくれました。

 

「孝志はここでお兄さん達に遊んでもらっててね、お兄さん達お願いしますね」

 

と言って、明子さんが僕の手を引いて海岸まで連れていってくれました。

 

「実は私も高校まで水泳やってたんだよ。まだまだ尚ちゃんには負けないと思うよ」

 

と言って明子さんは張り切って泳ぎ出しました。

 

僕もすぐに後を追い、明子さんを追い越して先に岩場に着いて待っていました。

 

「うわぁ~、やっぱり尚ちゃんは早いわね~」

 

と言って、明子さんも岩場に上ってきました。

 

しばらく二人並んで座って会話してたんですけど、突然明子さんが僕に抱きついてきました。

 

しかも、僕の穿いている競泳パンツの股間の膨らみに手を当ててきたんです。

この体験談の続きを読む

娘の担任教師の巨根を得意なフェラチオでしゃぶってオマンコに中出しさせました

誘惑 フェラチオ 中出し
画像はイメージです

 

娘の担任の先生を誘惑しちゃいました

 

小学生の娘の担任教師である男性が素敵なんです。

 

先生は28歳で、私より4歳年下です。

 

初めて会ったのは懇談会の時でした。

 

どちらかというと、童顔で可愛いと思える先生でした。

 

年下の男性を可愛いと思うようになるなんて、今までほとんどありませんでした。

 

私も年を取ったんだなと実感します。

 

最初の印象はそんなものでしたが、先生に対する想いは、いつしか欲望へと変わっていったのです。

 

そして家庭訪問の日が来ました。

 

私はずっと先生の訪問を待ちわびていました。

 

家に来られると上がってもらい、娘の普段の生活ぶりなどを一通り話しました。

 

家庭訪問が終わると予想通り、娘は友だちの家へ遊びに行ってしまいました。

 

リビングで先生と2人きりという絶好の状況になったのです。

 

私は、

 

(チャンス!)

 

とばかりに、ソファでお茶を飲んで、そろそろ帰ろうかとしている先生にモーションをかけました。

 

先生の横に座り、太ももに手を置いて、

 

「ねえ、先生・・・。年上の女はお嫌い?」

 

「い、いえ、そんな・・・どうしたんですか?・・・困ります・・・そんなこと・・・いけません」

 

たちまち先生の顔が真っ赤になっていくのが分かります。

 

先生の返事なんかどうでもいいんです。

 

私の手は、すでに先生の股間付近を撫で始めています。

 

「いいじゃないの・・・私、前から先生のことが好きだったの・・・いいでしょ?先生!」

 

「ああ・・・お、お母さん・・・そんな・・・ダメですよ・・・」

 

もう私は決めていたことです。

 

有無を言わさず、先生の唇に唇を重ねました。

この体験談の続きを読む

親戚の小学生の男の子を挑発して勃起したショタおちんちんをオマンコに入れちゃいました

ショタ
画像はイメージです

 

おちんちんが大きくなっちゃいました

 

私が高校1年生の時なので5年前のことです。

 

親戚が遊びに来て海に行きました。

 

私と、小学校4年生のヨシくんと、1年生のタカシくんとで海で遊んでいました。

 

家が海の近くなので、水着のまま家に帰ったんですが、

 

「マミ、ヨシくんとタカシくん洗ってあげて!」

 

と母がいうので、2人とも一緒にお風呂に連れて行きました。

 

2人とも砂だらけです。

 

タカシくんは海パン履いてなくて、おちんちんまで砂まみれでした。

 

私も裸になって、ヨシくんの海パンを脱がせて裸にしました。

 

先にタカシくんを洗ってあげました。

 

小指の先くらいのおちんちんで可愛かったです。

 

タカシくんは、ずっと私のおっぱいを触っていました。

 

もう一人いるので、急いでタカシくんの体を拭いて、

 

「タカシくん上がったよ」

 

とおばさんに渡して、今度はヨシくんの番です。

 

私の前に立たせて洗ってると、タカシくんの真似をしておっぱいを触り始めました。

 

エッチな男の子です。

 

タカシくんと違っておちんちんがちょっと大きいので、スポンジだと洗いにくくて手で洗っていました。

 

すると、

 

「えっ!」

 

とびっくりするほど、おちんちんがムクムクと大きくなってきました。

この体験談の続きを読む

チンコを縛っていたゴムが切れるとオマンコの中で勢いよく精子が溢れ出しました

チンポ縛り 射精
画像はイメージです

 

居酒屋で股間を撫でてきた

 

私は30歳のサラリーマンです。

 

先日、仕事で会社の倉庫に在庫調査に行った時、別の業者の女性と出会いました。

 

話をしていると妙に気が合い、意気投合し、

 

「近々お酒でも飲みましょう」

 

と約束までして携帯電話の番号を交換し、その日は分かれました。

 

すると次の日の朝、早速彼女から電話がありました。

 

「あなたは気が弱そうだから、私から連絡しないと駄目かと思った」

 

と言うのです。

 

見透かされていてその通りで、私は気が弱くて自分から女性に声を掛けたことなんてありません。

 

だから今回も電話しようかどうか悩んでいたので、本当に嬉しかったです。

 

夜、待ち合わせの場所に行くと、かっこよくスーツを着こなした彼女が既に待っていました。

 

タイトなミニスカートから伸びる脚は黒いストッキングに包まれていて、締まったウエストから上には大きなおっぱいが確認できます。

 

近くのホテルのレストランで軽く食事を済ませた後、どうしようか悩んでいたら、

 

「もう一軒行こうよ」

 

と彼女に誘われて、彼女の知っているお洒落な感じの居酒屋に入りました。

 

カップル席みたいなボックス席に案内されて、ビールを飲んだり、カクテル飲んだりしていました。

 

そのうちに、なんとなく彼女の手が私の太ももに置かれていて、指先がサワサワと股間の辺りを撫でてきました。

この体験談の続きを読む