タグ:フェラチオの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:フェラチオ

【小学4年生の姪に顔射】一緒に風呂に入ってオマンコを洗いフェラしてもらうと…

 

小学4年生の姪に顔射
画像はイメージです

 

姪と風呂に入りました

 

僕は27歳独身で、実家で両親と一緒に住んでいます。

 

34歳の姉が離婚して、小学4年生の娘を連れて実家に帰ってきて半年が経ちました。

 

姪は実家にやってきたころは、すぐに姉の後ろに隠れていました。

 

しかし、両親や姉が旅行や仕事でいなかった夜に、僕と一緒に風呂に入ったことで打ち解けてくれるようになり、甘えてもくれるようになりました。

 

でもその日以来、僕と姪の二人しかいない時間があると、

 

「一緒にお風呂入ろ~」

 

と姪がおねだりするようになったのです。

 

原因は分かっています。

 

最初に風呂に一緒に入った夜に、姪の体を丁寧に洗ってあげたんです。

 

ボディシャンプーを手につけて、小学4年生のオマンコを揉むようにして指の腹を何度も往復させました。

 

最初のうちは笑ってくすぐったがっていた姪も、しばらくすると腰を引いたり足を震わせたりしていました。

 

気持ちよかったんでしょう。

 

イクまではやりませんでしたが、それで目覚めてしまったみたいなんです。

 

姪をはじめてイカせたのは、3ヶ月ほど前のことです。

 

一緒に風呂に入るのは、10日ぶりぐらいでした。

 

体を洗ってやろうとすると、普段は座っている僕の前に立つのに、その日は僕の膝の上に座って、背中を僕にもたれかけます。

 

「どうしたの?」

 

と聞くと、

 

「カラダをくっつけて動かしたら、いっぺんに二人ともキレイにならないかな?」

 

と言い出しました。

 

僕は手にボディシャンプーを取り、後ろから抱きすくめた格好で、姪のまだほとんど膨らんでいない胸や、お腹を撫でまわします。

 

姪は背中にシャンプーをつけ、円を描くように背中を動かしました。

 

姪の息が荒いのは、体を動かしているためなのか、それとも気持ちいいのか・・・

 

僕は調子に乗り、膝に姪の足をかけさせ、大股開きにさせました。

 

嫌がるかと思いましたが、姪は背中を動かし続けています。

 

小さな姪の肩越しに姪のオマンコをみると、普段は隠れているクリトリスが、V字型に開いたオマンコの真ん中にちょこんと突き出しています。

 

手をお湯でゆすいで、3本の指で開いたオマンコを包むようにしました。

 

なんと濡れていました。

この体験談の続きを読む

可愛い中学生の男の子にフェラチオとパイズリして中出しもさせました

パイズリ
画像はイメージです

 

中学生の男の子を家に連れて行きました

 

私が高校2年生の時の話です。

 

高校まではバスで通っていました。

 

いつも帰りは19時くらいで、結構遅かったですね。

 

バスから降りると、ここ1ヶ月くらい、いつも中学生の男の子がいました。

 

最初はあまり気になりませんでしたが、さすがに1ヶ月もいたので、ちょっと話し掛けてみました。

 

「こんにちは!最近いつもいるね、何してるの?」

 

「あっ・・・えーっと、その・・・」

 

男の子はモジモジして、黙りこんでしまいました。

 

そしてしばらくしてから、

 

「あの・・・これ」

 

と言って、ハンカチを差し出してきました。

 

「あっ!これ、私が前に失くしたやつ!まさかこれを渡すためにいつもいてくれたの?ありがとう!」

 

「うん、これ、お姉さんがバスから降りる時に落としたんです。だから今度会った時に渡そうと思ったんだけど、緊張して渡せなくて・・・」

 

ウブな男の子みたいで、可愛く思いました。

 

「そうだったのね、家はどこなの?」

 

聞くと、このバス停の近くだそうです。

 

それで、その子の家まで一緒におしゃべりしながら行きました。

 

その子は中学2年生で、名前はサトシ君だそうです。

 

親は共働きで、18時ぐらいにしか帰ってこないそうです。

 

次の日もまた会いました。

 

「こんにちは!」

 

と話し掛けると、

 

「こんにちは!」

 

と返してくれました。

 

昨日しゃべったことで緊張が解けたのか、笑顔でした。

 

その日は16時ぐらいでした。

 

まだ両親も帰ってないことですし、私の家に連れて行きました。

 

最初はゲームをしたり漫画読んでたりで過ごしいてましたが、サトシ君は眠くなって寝てしまいました。

 

私は、

 

(チャンス!)

 

と思いました。

 

まず、サトシ君のズボンを脱がしました。

この体験談の続きを読む

【小6で初フェラチオ】露出癖のある僕に気づいた女性がオマンコを見せて…

露出 初フェラチオ
画像はイメージです

 

大人の女性に僕の露出癖を見られた

 

女性に逆レイプされたわけではありませんが、小学生の時に大人の女性とエッチな体験をしたことがあります。

 

僕は小学校5年生の時、まだオナニーは覚えていなかったんですが、おちんちんをいじると気持ちいいことはなんとなく分かっていました。

 

その当時はおちんちんに紐をグルグル巻きにして遊んだり、拾った小瓶におちんちんを入れてオシッコをしたりして遊んでいました。

 

駐車場の隅だったり、倉庫の裏だったりと、外でそういうことをしていました。

 

今にして思えば、僕の露出癖はこの頃からその傾向があったんだと思います。

 

そして小学6年生になってオナニーを覚え、射精の快感を知ってからは、しょっちゅうオナニーしました。

 

でも先ほどの遊びもまだ続けていました。

 

ある日学校で友達と遊んだ帰りに、高速道路の高架下にある駐車場の隅でズボンを脱ぎ、拾った空き瓶におちんちんを入れて遊んでいました。

 

時間は夕暮れ時で、夕日が駐車場に差し込んでいましたが、私がいた隅は影になっていました。

 

暗がりの中、誰も来ない安心感から、僕はズボンとパンツを脱いで下半身スッポンポン状態で、おちんちんを空き瓶に入れたまま、しゃがんでおしっこをしました。

 

すると、コツコツという足音がして、僕が隠れていた車の持ち主らしき女性が、いきなり僕の目の前に現れました。

 

僕は下半身スッポンポンでおちんちんを空き瓶に突っ込み、まさにオシッコをしている最中です。

 

当然隠せるはずもなく、あわてて立ち上がろうとしましたが、しりもちをついて後ろへ転んでしまいました。

 

オシッコはかろうじて止まりましたが、瓶に入ったオシッコが僕の足にかかってしまいました。

 

僕はズボンとパンツを片手で手繰り寄せて、顔を下に向けたまま逃げようとしました。

 

すると女性が、

 

「ここで何してたの?」

 

と僕は腕をつかまれてしまいました。

 

僕は不安と恐怖でガタガタ震えながら、ずっと下を向いていました。

 

「安心して、誰にも言わないから、顔を上げて」

 

僕は恐る恐る顔を上げると、その女性は優しい顔で、

 

「何していたのか教えて?」

 

と言いました。

 

随分大人な女性に見えましたが、今にして思えば多分20代前半くらいだったと思います。

 

何も答えられない僕を見て、その女性は僕の視線に合わせるようにしゃがみ、僕のおちんちんに軽く手を添えると、

 

「エッチなことしてたのかな?」

 

と笑いながら、オシッコで汚れたおちんちんを指でチョンとつつきました。

この体験談の続きを読む

旦那が寝ている横で浮気して中出しさせたのに「ザマミロ」と思う私

旦那が寝ている横で浮気
画像はイメージです

 

3人ともこたつで寝てしまったら・・・

 

家は2LDKで、30歳の旦那と2人で暮らしてる26歳の専業主婦です。

 

子供はいません。

 

現在の状況として、旦那は仕事は真面目にやるけどオンラインゲームが好きで、ここ3ヶ月で15万円くらい課金してる事が発覚しました。

 

旦那への愛も急激に冷めて、別れるかどうかの瀬戸際って感じです。

 

そんな状況で先週、旦那の勤務先で新年会があって、なぜか私も参加することになりました。

 

奥さんを連れて来てる人は他にもいましたけど、私はあまり楽しめなかったので、1人でまったりしていました。

 

みんな凄く盛り上がっていて、旦那はかなり酔って出来上がってる感じでした。

 

3次会まで付き合わされた後、酔い潰れてる旦那を

 

(どうしようかな?)

 

なんて悩んでいたら、同僚の久保さんが家まて運んでくれたんです。

 

久保さんの自宅は我が家からかなり遠く、終電はもう終わってるし、泊まってもらう事にしました。

 

でもリビングの他は一部屋が寝室で、もう一部屋はこたつ部屋なんです。

 

仕方ないのでこたつを隅に寄せて、なんとか布団を敷くことが出来ました。

 

その後、私がシャワーを浴びて上がってみると、2人は冷蔵庫からビールを出して騒いでました。

 

(参ったなー)

 

とか思いながら、誘われて私も付き合うことになったんです。

 

私がテレビを観ながら2人の様子を見ていると、久保さんはさすがに眠くなったらしく、こたつにくっ付いて敷いてある布団に寝転びながら旦那と話していました。

 

その時の体勢は久保さんの布団とこたつがぴったりくっついてて、久保さんの頭側に私が座ってる感じです。

 

そのうち旦那が寝ちゃって、隣の寝室で寝るように言ったんだけど、全く起きないんです。

 

久保さんも寝ちゃったみたいです。

 

何だか私も眠くなっちゃって、そのままこたつに潜り込んで寝ちゃったんです。

 

それからどのくらい経ったんでしょうか・・・

 

人の寝息が顔にかかる感じで目が覚めると、久保さんと私の顔の距離は10センチほどでした。

 

私の顔に久保さんの寝息がかかっていたんです。

この体験談の続きを読む

【美魔女に中出し】酔った勢いでホテルへ行くと淫乱で感じやすい人妻でした

美魔女に中出し
画像はイメージです

 

美魔女とホテルへ

 

僕は32歳で結婚しており、妻は30歳で2人の子供がいます。

 

町内会の自治会にも入っています。

 

自治会で活動してるバレーにも入らされ、週に2回、小学校の体育館で男女一緒に練習しています。

 

高校バレーの経験者で、自治会のキャプテンの好子さんという人妻がいます。

 

年齢は47歳で、僕と同じで子供が2人います。

 

好子さんは年齢の割にはかなり美人で、今で言う美魔女といっても過言ではないと思います。

 

ジャージ姿でも分かるように、ムチムチした太ももにふくらはぎをしています。

 

バランスのとれた脚で、元アスリートらしくお尻も引き締まって大きいです。

 

胸もDカップくらいあります。

 

最近ショートヘアーしてますます若く見え、可愛くもあり、バレーで会うのが楽しみでした。

 

この自治会バレーの仲間達はお酒好きが集まっていて、飲み会が月に最低2回はあります。

 

普段ジャージ姿しか見ない好子さんの私服姿もたまりません。

 

飲むとほっぺたを赤くし、よく話すようになります。

 

この前、会社の飲み会に参加した私は、飲み屋街に行きました。

 

23時時くらいにタクシーが並ぶ路地を歩いていたら、突然後ろから肩を叩かれ、振り向いたらなんと好子さんでした。

 

好子さんは女性3人と一緒で、みんなタクシーで帰るところだったんです。

 

二人を先にタクシーで見送ると、

 

「ちょうど良いところに会ったわ~、私まだ飲みたかったの・・・」

 

好子さんと2人きりになれるなんて願ってもないことなので、もちろんOKしました。

 

好子さんは店に入るまで、笑顔で僕の腕を組んで歩きました。

 

(見られたらマズいと思わないんだろうか?)

 

とは思いましたが、私は嬉しかったです。

 

しかも初めて見るスカート姿の好子さんでした。

 

スカートと言っても、やや膝上くらいのキュロットにレギンスでした。

 

胸元もやや谷間が見えています。

 

興奮でドキドキです。

 

そして入ったお店は、焼酎バーでした。

 

一時間くらいはお店にいたでしょうか。

 

「そろそろ帰らないとマズいんじゃないですか?」

 

「え~、ま~だぁ~帰りたくな~い」

 

「もう遅いですよ~」

 

「私と居るの嫌なの?まだ一緒にいようよ~」

 

「いや、むしろ俺は嬉しいっすよ。でも、もう遅いし、だいぶ呑んでるみたいですし・・・」

 

「トシくん(僕)は酔ったおばさんは嫌い?ウザいから?でも襲いやすいでしょ?」

 

「襲いやすいでしょって・・・まあ男ですから・・・独身だったらお持ち帰りしてたかな~」

 

と笑って誤魔化しました。

 

「あらそう~、昔はお持ち帰りしてたんだ~、まっいいや~、出ましょっ」

 

好子さんはまた僕に腕を組んできました。

 

でも歩く先は、タクシーの並ぶ路地とは反対方向でした。

 

「ちょっと・・・どこ行くんですか~?」

 

「トシくんにお持ち帰りしてもらうのっ」

 

「ええ~マジっすか?そりゃマズいですって!」

 

そんなやりとりしながら、とうとうホテルへ着きました。

この体験談の続きを読む