高校生 逆痴漢
画像はイメージです

 

痴漢されたので逆痴漢しました

 

23歳のOLです。

 

この春に大学を卒業した入社1年目の新入社員です。

 

この前、私は会社が終わり、忙しかったのでヘトヘトの状態で満員電車に乗り込みました。

 

しばらくスマホを触っていると、触るか触らないかぐらいのサワサワした感じでお尻を触ってくる人がいました。

 

びっくりしましたが、はっきり触っているか確信もないし、恥ずかしくて何も言えず、その日はそのまま帰りました。

 

翌朝、いつも乗る電車に乗るとまた痴漢にあって、その触り方が昨夜の人と一緒だなと分かりました。

 

意を決してゆっくり振り返ると、毎朝のように見かける男子高校生だったので、びっくりしました。

 

この時、その高校生は俯いていたので、私が振り返ったことに気づかずそのまま触り続けていました。

 

言おうかどうかちょっと迷ったのですが、いかにも大人しそうで童貞って感じだったので、私にもイタズラ心が出てきて、

 

(この男の子に逆痴漢したらどういう反応をするかしら?)

 

と面白半分で、その子のおちんちんををズボンの上から触りました。

 

男の子はびっくりして、私の顔を見ました。

 

その後は私も知らないふりをしておちんちんを触り続けました。

 

ズボン越しでも勃起しているのが分かり、擦ったりギュッギュッと揉んだりしていると、

 

「うっ」

 

と漏れる声が聞こえ、おちんちんがビクビクしたので、射精したことが分かりました。

 

(やっぱり童貞だな)

 

とその時確信しました。

 

高校生も触られたことが嬉しかったのか、その後も数日に渡って痴漢され、私も逆痴漢を楽しむようになりました。

 

エスカエートして直接ズボンの中に手を入れておちんちんシゴいたり、おっぱいを押し付けたり、私のパンツの中に手を入れさせてオマンコを触らせたりもしました。

 

そのうち、それが日課のようになり、会社に行く前にその男の子を射精させるようになりました。

 

学校に着いてからパンツの中のベトベトの精液をどういう風に掃除してたかは知りませんが、大変だったと思います。

 

休日も平日も電車に乗るようになり、その子と逆痴漢を楽しみました。

この体験談の続きを読む