タグ:ビッチの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:ビッチ

【ビッチな女子高生】パシリの男にマンコ舐めさせたらチンコ入れられた

ビッチな女子高生
画像はイメージです

 

マンコ舐めさせてやるよ

 

私が高校2年生の時の話です。

 

私は田舎育ちですが、当時はギャルといった感じで、毎日やりたい放題の生活をしていました。

 

学校帰りにほぼ毎日、仲の良い友達たちとファミレスで騒いでいました。

 

多い時には十数人とかで騒いでいましたから、お店側はかなり迷惑していたはずです。

 

そのころは自分から、

 

「私は明るいビッチ」

 

とか自分で言ってて、結構セックスとかやりまくってました。

 

もう性欲が強かったんですよね、毎日ムラムラしてセックスかオナニーしてましたから。

 

私達のグループの中に、1人だけ男がいました。

 

男と言ってもパシリ扱いで、いじめみたいなこともしてました。

 

背は小さいし体も細くてナヨナヨしてて、声も小さくてはっきりしない。

 

面白がってグループ仲間で、その男子の全裸写真を撮ったり、オナニーさせて動画を撮ったりして、

 

「バラまかれたくなかったら、一生パシリ」

 

とか言って脅して、いつも一緒にいさせていました。

 

カツアゲしたりとかはないのですが、まぁおもちゃというかペットみたいなもんですよね。

 

扱いは結構酷かったと思います。

 

その男子を「チビ」って呼んでました。

 

ある時、高校生なのに仲間内でお酒を飲んで、公園でギャーギャー騒いでいました。

 

酔って滑り台に登って騒いでいたら、バランスを崩して私は落下してしまいました。

 

しかも両手を下にしたまま落下してしまい、両腕を骨折するという最悪の事態です。

 

当然ながら両手にギブスを嵌められてしまい、まともに生活が出来ない状態なので、入院する事になりました。

 

最悪でしたけど、友達は誰かが毎日来てくれるし、学校は行かなくていいし、

 

「まぁ、いっか」

 

と思っていましたが、誰もいないと退屈で仕方ありません。

 

特に最初の数日は何ともなかった性欲も、毎日オナニーしてたぐらいですから、次第にムラムラが高まってきて、オナニーしたくて仕方がなくなってきました。

 

でも両手ともギブスが嵌められているので、オナニー出来ません。

 

枕を使ったり、ベッドの角にマンコ当ててとか、考えつくだけ挑戦してみましたが、なかなかイクまでは出来ません。

 

それに着替えも一人じゃできないので、ムラムラして濡れたパンツのままでいるのも不快です。

 

そんなある日、もう朝からずーっとムラムラ状態でした。

 

発狂してしまいたいくらいです。

 

何もないのに、マンコが濡れていたと思います。

 

すると、いつもの事ですが、チビがやって来ました。

 

チビには入院後は、

 

「必ず毎日顔を出せ」

 

と言ってありました。

 

いつもは他の友達と一緒に来るのですが、その日はチビ1人だけです。

 

何でも、他の友達たちは、先生に捕まって説教されてるとかで今日は来れないと。

 

毎日来いと言ったとはいえ、チビと2人だけだと喋る事がないんですよね。

 

しかも、私はオナニーしたくてたまらないわけです。

 

もう、ムラムラも限界にきてて、私もちょっといつもよりおかしくなってたんでしょうね。

 

「おい、チビ、お前毎日来てくれるから、ご褒美あげるよ」

 

チビは相変わらず無表情で、黙ってこっちを見ています。

 

「私のマンコ舐めさせてやるよ」

 

チビは驚いた表情で、何を言ってるか分からない声を出していました。

この体験談の続きを読む

【ビッチなJK】バツイチ女性の娘に変態あつかいされて逆レイプ

ビッチなJKの手コキ
画像はイメージです

 

ママと結婚してあげて!

 

私は42歳の時に、17歳の女子高生の娘がいるバツイチ女性(40歳)と結婚しました。

 

彼女との出会いは昨年の春のことですが、私の会社にパートとして彼女が来た時でした。

 

私たちは何度か話すうちに、お互い気が合って二人きりで飲みに行ったり、独身の私を気遣って晩御飯に招待してくれたりと、少しずつ深い仲になり、セックスをする関係までになりました。

 

JKの娘を紹介してくれたのもその頃でした。

 

おそらく彼女は、その時点で私との結婚を意識していたと思います。

 

しかし、私は迷っていました。

 

初婚でいきなりJKの娘の親というのは、やはり抵抗があります。

 

(この子の親になれるだろうか?)

 

と思い、とても自信がありませんでした。

 

そんな時、突然その娘が、私の自宅を訪ねて来たのです。

 

仮に名前をサキとします。

 

サキは、

 

「ママの事で話があるの」

 

と言って家に上がりました。

 

するといきなり、

 

「ねえ、ママとセックスしたでしょ」

 

「え?」

 

「あたしも女だから分かるの。ママはあなたのこと好きなんだよ。ママと結婚してあげて。本当のパパと別れてから、ママはあたしを育てるために必死に生きて来たの。あんな楽しそうなママ見るのは初めて。だから結婚して!」

 

そう言いながら、JKの娘は私に詰め寄って来ました。

この体験談の続きを読む

【ヤンキー女子中学生】チンポ大好きビッチとカーセックスで生中出し

ビッチとカーセックス
画像はイメージです

 

13歳のヤンキー女子がとんでもなくエロい

 

俺が20代前半の頃の話です。

 

18歳のサヤって名前の女の子と出会い系サイトで知り合い、実際に会う約束をして、ラブホテルに行く事になりました。

 

夜コンビニで待ち合わせしたんですけど、現れたサヤは金髪でヤンキーな女の子でした。

 

金髪ヤンキーなのに、デニムのミニだったからなんか違和感があったんですが、顔はどう見ても18歳には見えないし、もっと幼い感じがします。

 

疑いつつも、とりあえず車に乗せて、まずは車を走らせます。

 

「お前、18じゃないだろ?本当は何歳?」

 

「ホントは・・・13・・・」

 

「マジか!?13て事は中学生か!?」

 

「そう・・・中1・・・別に良いじゃん、女だし、何か問題あんのかよ!」

 

やっぱりヤンキーだから、かなり口が悪いです。

 

「問題あるに決まってるだろ!バレたらヤバいじゃねぇか、それにセックスしたことあんのかよ?」

 

「小学生んときからヤリまくってるよ!バレるわけねぇし・・・いいから早くラブホ行けよ!ヤリたいから来たんだろ?アタシも早くチンポ欲しいし・・・」

 

そう言いながらサヤは、助手席でデニムのミニを捲って、パンツの上からマンコを触り始めました。

 

そんなビッチなサヤを運転しながらチラ見していたら、俺もムラムラして来て、オナニーしてるサヤのマンコを触ってみました。

 

サヤのマンコは、パンツの上からでもすでにビショビショに濡れています。

 

もう、お漏らししてるみたいに濡れまくっていた。

 

「あー、ちょー気持ちいい!早くチンポ欲しい~!あ~たまんない!」

 

(中1でどんだけエロいんだよ)

 

と思いながら、サヤのパンツの隙間から指を入れてクリトリスを刺激したり、マンコに指を出し入れしたら、サヤは大きな声を出してイッてしまったみたいです。

 

「あ~気持ち良かったぁ~!でもまだチンポ入ってないし、ラブホまだかよ?」

 

「あと15分はかかるかな」

 

「あ~もう我慢の限界、チンポ入れたい!どっか人いない所に車停めろよ!」

 

サヤは我慢できないらしいので、近くの広い駐車場の隅っこに車を止めて、カーセックスする事にしました。

 

車を止めた途端、サヤは俺のジーンズとパンツをあっという間に脱がせ、チンポにむしゃぶりついてきました。

 

チンポが大好きなようで、ヨダレを垂らしながら卑猥な音を立て、ジュルジュル舐めまわします。

 

ビンビンに勃起したら俺が我慢できなくなり、助手席のシートを倒してサヤに覆い被さっていきました。

 

覆い被さったのは良いんですが、サヤはまだパンツを穿いたままでした。

 

ミニ捲ってパンツの隙間からチンポを挿入しようとしたら、サヤは自分でパンツをヒザまで下ろし、俺のチンポを掴むと、ビショビショに濡れまくっているマンコに生で導いてくれました。

 

ヌルンッ!

 

入った!

 

(き、気持ちいい~!)

この体験談の続きを読む

再婚した妻の連れ子がビッチなヤリマンで俺の巨根を締め付けてくる

ビッチ ヤリマン 女子高生
画像はイメージです

 

中学生の妻の連れ子にセックスを覗かれていた

 

俺は離婚経験のあるバツイチ野郎。

 

40歳の時に今の妻と出会い、再婚してちょうど1年経った。

 

妻も俺と同じバツイチの再婚で43歳。

 

俺は、前妻とは妻の浮気が原因で別れたんだ。

 

新しい妻は主人を交通事故で亡くして未亡人になり、そのショックから中々立ち直れない彼女に、色々と相談に乗ってあげているうちに、いつの間にか深い関係になっていた。

 

弱っている女は口説きやすいというが、ここまでには2年ほどかかっている。

 

俺は16歳の高校生の息子を引き取っていて、新妻には14歳の中学生の娘がいる。

 

以前住んでいたアパートから引っ越して、今は賃貸マンションに住んでいる。

 

3LDKで、夫婦用の寝室、息子、娘と子供には別々の部屋を与えている。

 

奥さんは小柄で156cm、Aカップの貧乳。

 

それなのに義理の娘は165cmで、中学生にもかかわらずDカップもある。

 

夫婦間のセックスにも励んでいて、この一年は週一ペースで楽しんでいる。

 

奥さんはイク時、必ず大声を上げて俺にしがみ付いてくる。

 

一年経ってもその姿が可愛く思え、まだまだセックスレスにはならないだろう。

 

俺はサービス業で土日が休みではなく、火曜と金曜が休日で、妻は土日祝日が休み。

 

子供が夏休みに入った最初の火曜日。

 

暑くて汗をかいたので昼からゆっくりとお風呂に入っていた。

 

そこに突如、14歳の妻の連れ子の娘が入ってきた。

 

もちろん全裸で。

 

今は娘になったとはいえ、血が繋がっていない義理の娘。

 

めちゃくちゃ驚いたが、張りのある突き出た巨乳に目が行ってしまった。

 

なんとか冷静になって、

 

「今お父さんが入ってるから駄目だよ。俺達はもう親子なんだから」

 

「だってママと毎週一回はエッチしてるじゃん。凄い声がするから知ってるんだよ。この間覗いた時なんか、ママがお父さんの上に乗って腰振ってヨガってるんだもの。もう堪らなくなっちゃって。私、部屋に戻ってオナニーしたんだよ。ずるいよ、私にもしてよ」

 

そう言って娘は抱きついて付いてきた。

 

年頃の連れ子に嫌われていないのは嬉しいが、いきなり裸で抱きつかれてはドギマギしてしまう。

 

娘の巨乳がムニュと俺の胸に押し付けられ、思わずチンポがムクムクと角度を上げていき、お腹に付きそうになっていた。

 

自慢だが俺のチンポは巨根でカリが発達しており、昔から女泣かせなのだ。

この体験談の続きを読む