筆下ろし オナ禁
画像はイメージです

 

解雇するつもりの主婦が僕のチンポを…

 

僕は大学卒業後、飲食業界に就職しました。

 

うちの会社は入社してから、約1年半の研修期間を終えると、各店舗にマネージャー兼店長として配属されることになっています。

 

僕も入社2年目の秋から、とある店舗にマネージャーとして配属されました。

 

配属されてから数ヶ月経ったころ、本社から売り上げが芳しくないとのことで、アルバイトを1人解雇するようにと通達がきました。

 

解雇するなんて初めての事で、とても言い出しにくいですが、これも仕事なので仕方ありません。

 

そこで誰にするか散々考えた末に、西野さんという40歳のパートの主婦に辞めてもらう事にして、マネージャー室に呼び出しました。

 

西野さんに解雇通告すると、当然ですが慌てていました。

 

「困ります、家のローンとか色々あるんです。何とかなりませんか?」

 

そうは言われると思っていましたが、当時は僕も入社2年目の新米サラリーマンです。

 

会社の指示に従わざるをえません。

 

「お願いします、マネージャー、私、何でもしますから」

 

熟女の西野さんはそう言って、僕に懇願するように寄り添ってきました。

 

(何でもする?)

 

僕は思わずその言葉に少し興奮してしまい、西野さんの体にいやらしい視線を向けました。

 

西野さんは、美人というわけではありませんが、ボディーラインはムチムチしており、グラマーなエロい熟女って雰囲気があります。

 

すると西野さんは僕の視線に気付いたのか、一瞬警戒するような仕草を見せましたが、すぐに、

 

「マネージャーさんってひょっとして童貞じゃないですか?彼女とかいないんですよね?パートの女性みんなで噂してますよ?」

 

もろに図星で、僕は思わず返答に困ってしまいました。

 

僕は24歳にもなって童貞で、風俗経験もありませんでした。

 

僕はおそらく顔が真っ赤になったと思いますが、恥ずかしさのあまり、もうどうしていいのか分からなくなりました。

 

もう首切りの話どころでありません。

 

すると西野さんは、

 

「童貞だと、こんなおばさんの体でも気になりますか?」

 

そう言うと僕の前に跪き、ファスナーを下ろして私のチンポを引っ張り出しました。

 

僕は頭の中では

 

(まずい)

 

と思いましたが、期待と興奮が勝って何もできませんでした。

この体験談の続きを読む