女子高生の逆レイプ
画像はイメージです

 

痴漢を仕掛けられて写真に撮られ、脅迫

 

高一の時、同じクラスに4人組のヤンキー娘がいた。顔は綺麗な感じが2人、キュートな感じ1人、そこそこの1人。しかし4人とも明らかにサディスティックのオーラたっぷり。

 

この間の放課後、僕は友達と学食で他愛もない話し合いをしていた。その頃の僕は女子と話す事が不得意で、あいさつを交わす程度。顔もハンサムじゃないし、女子とは無縁だと思っていた。

 

丁度話が一段落した時、4人組が学食に来た。僕は可能なら関与したくないと思っていたので、友人にもう帰ろうといって席を立とうとした。

 

そんな時、4人組がここに近寄って来て、

 

「◯◯(僕の名前)。少しあたいらに付き合えよ」

 

と言ってきた。

 

友人は小走りでその場を離婚し、僕は4人に包囲される形となった。たえず教員達に目をつけられている4人なんで、ろくでもない事になると考えた。でも突っぱねたら、何をされるか分からないとも思った。あんまり良い気はしないでいたが、やむを得ず4人に従うことに。

 

引き連れて来られたところは看板のついていない駐輪所の後ろ。抜け出せないように、KとSが両腕をお互いに抑えつけた。その際は気が動転して脳裏がおかしくなっていたが、現在よく考えれば通学服越しに女の子のおっぱいを感じたと思っている。

 

とりわけKはずい分巨乳で、通学服越しでも納得するほどだった。そういった意味で、なぜここのところに引き連れて来られたのか原因が思い浮かばなかった。

両腕を抑制しているSとKはニヤニヤをして、前方を歩行していたMとUが耳打ちしてた。
そしてUが、

 

「どんなわけであたしらに呼び出されたか、原因わかる?」

 

と言ってきた。

僕は身に覚えが無いから、

 

「すまん、見当が付かないよ」

 

と言った。
さほど4人としゃべった事が無くて、ドキドキで声が変だったように感じる。
そんな時、腕が突如重くなり、両腕を抑制していたKとSが、

 

「こんなんでもなにも無いって言うのかな」
「そんなこと言い切れるの?」

 

とお互い口に出してきた。

 

こうしてみると、2人が抑制していた僕の手をスカートの中とブラウスの内側にすべり込ませていた。しかもパニック状況での時、Uがニヤニヤしながら写メで僕をカメラに写した。

 

U「あー、◯◯がスケベなことやってる」

 

M「うわぁ、2人を襲ってる」

 

そういう事を発言しながら笑っていた。SとKも、

 

「◯◯に触られた」
「痴漢してきた」

 

と言いながら笑っていた。僕が、

 

「これっぽっちもやっていないよ。こんな言いがかりやめにしてくれないか」

 

と言えば、例の写メを見せつつUが、

 

「これ見た人は、そういう言い逃れに耳を傾けると思うの?」

 

と脅してきた。

 

U「これをバラ撒いてみたいな」
S「◯◯がこういう事するヤツだったなんてねえ」
K「みんなあんたの理屈なんか聞く耳持たないよ」

 

そういう事を言う有様。

 

M「この写メをバラされたくなければ、これからあたいらの話すことをよく聞けよ。退学になりたくないだろ?」

 

退学という単語を耳にして僕は青ざめた。こんなやり方で退学ともなれば馬鹿にされるどころの話ではない。僕は我慢しながら

 

「わかったよ」

 

というと、4人はますます人気のない女子更衣室に僕を引きずり込んだ。その場所はちっとも使用されることがなさそうな所で、放課後は誰も立ち寄らない場所だった。

 

この体験談の続きを読む