タグ:バックの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:バック

人妻に気に入られた僕は寸止めで焦らしてオマンコに思いっきり中出ししました

人妻 バック 中出し
画像はイメージです

 

奥さんのフェラチオでイカされました

 

僕は28歳の営業マンですが、40歳の奥さんがいる家に営業に行った時の話です。

 

奥さんは年の割には綺麗な女性で、どうやら僕のことが気に入ってくれたみたいです。

 

「せっかくだから、ゆっくりお茶でも飲んでいって。それとも、お茶よりビールの方がいいかしら?」

 

色気たっぷりで、完全に誘惑するような言い方です。

 

何が「せっかく」なのかは分かりませんが、ビールまで勧めてくれました。

 

僕もせっかくだから、旦那さんが突然に帰宅してこない事を確認し、誘惑してくる奥さんに勧められるまま、色々とご馳走になっちゃいました。

 

本当に夢のような体験です。

 

奥さんの鮮やかなピンク色に塗られた唇が、僕のアゴから首筋、そして敏感な乳首を責めてきました。

 

上目遣いに、いたずらっぼい瞳で微笑み、

 

(あなたの敏感なところ、すぐに分かっちゃうのよ)

 

とでも言わんばかりの表情でゾクゾクします。

 

そして、すぐに舌先でチロチロと舐めたり、軽くチューと吸ったり、軽く歯を立てたりしてきたのです。

 

確かに僕は乳首が弱点なんですが、奥さんのあまりにも巧妙かつ丁寧な舌先攻撃に、思わず

 

「うっ、ううっ~」

 

って声にならならない喘ぎ声を漏らしてしまいました。

 

同時に腰をモジモジさせていました。

 

その瞬間を待っていたかのように、奥さんはそれまで乳首を弄ったり転がしたりしていた手を、すでにギンギンに勃起したチンポに這わせてきたんです。

 

そして嬉しそうに、

 

「あらあら、元気のいい僕ちゃんね。もうこんなに張り切っちゃってるわ」

 

そして顔を股間に移動させ、亀頭へと舌を絡みつかせてきたのです。

 

その間も奥さんの手で触られていたチンポは、もうこれ以上ないほどに硬度と赤黒さを増していたのです。

 

亀頭の鈴口部分をチロチロと舐められたり、パクッと咥えられてチュパチュパしごかれたり、時には裏スジをツツーとナメナメされたり、カリの部分を甘噛みさたりしました。

 

僕はもう爆発寸前になりました。

 

なのに奥さんは、たっぷりフェラチオを楽しみながら、チンポを攻撃するだけでなく、両手指までも駆使して、金玉から蟻の門渡り、肛門まで愛撫したのです。

 

そんな奥さんのテクニック抜群の攻撃に、チンポは文字通りギンギンにいきり立ち、金玉袋は痛いほどにキュッと縮みあがってきたのでした。

 

そう感じた時には、時すでに遅しでした。

 

僕は恥ずかしいことに、奥さんの口の中に一発目の精液をドピュドピュと元気よく発射してしまったのでした。

 

なのに奥さんは、僕の元気のいい精液を嫌やな顔ひとつせずにゴクンッと飲み干したんです。

 

「あー、やっぱり若い男性のエキスって美味しいわ。でも二度目は、ちゃんと下のお口に頂戴ね。この若さと元気さだったら、すぐにOKよね?」

 

なんて言って。

この体験談の続きを読む

【中学生を筆下ろし】女教師の肉感ボディーに欲情した生徒が巨根だった

女教師
画像はイメージです

 

先生が見ててあげるからオナニーしてごらん

 

筆下ろしをしちゃった体験談ですが聞いてください。

 

私は、中学で音楽の教師をしています。

 

夏休みのある日、学校内でピアノの練習をしていました。

 

ピアノを弾くのに集中してしばらく気づかなかったんですが、後ろに人気を感じて、振り向くとE君がいました。

 

E君はじっと私を見つめています。

 

そして、E君がいきなり言ってきたんです。

 

「僕、先生の胸とか、お尻が気になって、まったく勉強が手につかないんです。どうしたらいいのか、分かんなくて」

 

確かに私は、バスト92cmのFカップで、お尻も93cmなので、肉感的な体だとは思っています。

 

決して美人ではないのですが、この体のおかげか男性に言い寄られたことは何度かあります。

 

E君にそう言われて一瞬困惑しましたが、エッチなこと言ってからかってきたんだと思い、乗ってみることにしたんです。

 

「先生のこと想像して、毎日オナニーしてから勉強すればいいんじゃないの?」

 

するとE君は、

 

「毎日・・・してるんです、でもそれでも、モヤモヤが残って・・・我慢できなくて」

 

って言うんです。

 

しかもE君の股間は、すでにズボンの中で勃起しているみたいで、盛り上がっているのが分かりました。

 

その時に私は、

 

(この子は本気だ)

 

と思いましたが、いきなりのことでどうしていいかわからず、

 

「じゃ、ここでオナニーしてごらん、先生が見ててあげるから」

 

と、つい変なことを言ってしまったのです。

 

そしたらE君は本当にズボンとパンツを下ろして、勃起したおちんちんをシコシコし始めちゃったんです。

この体験談の続きを読む

彼女が寝ている横で巨乳・巨尻の友達とスリル満点中出しセックス

彼女が寝ている横でセックス
画像はイメージです

 

彼女が寝ているのにチンポにしゃぶりついてきた

 

俺の彼女は陽子で、保育園の保母さんをしている。

 

その同僚に真美ちゃんという子がいて、陽子とは仲がいい。

 

身長は150cmくらいで小柄だが、胸はEカップはありそうで、お尻も巨尻で丸みを帯びている。

 

顔は女優の波瑠に似ていて、なかなかの美人なんである。

 

ある日、彼女である陽子の部屋で、真美ちゃんと俺と3人で飲む機会があった。

 

結構3人とも飲んでしまい、陽子は途中で気分が悪くなったみたいで、先にローファーベッドで寝てしまった。

 

しばらくして、そろそろ寝ようということになり、俺は陽子が寝ているローファーベッドで、真美ちゃんは来客用の布団で寝ることになった。

 

まだ俺はそんなに眠くなく、どうやら真美ちゃんも同じみたいで、最近の生活について愚痴を言ってきた。

 

「最近保母さんの仕事が忙しくて、疲れてるはずなのにあんまり寝れないの、ストレスも溜まってるし、彼氏も出来ないし、あ~あ、さびしいよ~」

 

「ふ~ん、保母さんの仕事って、やっぱり大変なんだねー、給料も安いって言われてるしね」

 

「健くん(健太郎だから健くんと呼ばれている)さぁ、わたしのストレス解消してくれないかなぁー」

 

「えっ、どうやって?」

 

「ふふっ」

 

と不敵に笑うと真美ちゃんは、陽子と僕が寝ているベッドの布団に手を入れてきて、チンポを触り始めた。

 

「ちょっ、だめだよ、陽子いるんだし」

 

「しーっ!陽子ちゃん向こう向いてるから大丈夫、こっちに来て」

 

俺はそーっと布団を抜け出して、真美ちゃんの横に行った。

 

すると真美ちゃんは、俺のジーンズを脱がしにかかり、チンポを取り出しててフェラチオしてきた。

 

「健くんのおちんちん、おっきいんだね、期待しちゃう」

 

「ダメだよ・・・真美ちゃん、ああっ」

 

ジュポッ、ジュポッと激しくフェラチオされて、

 

「激しいよ真美ちゃん、陽子が起きちゃうじゃん」

 

「このほうが興奮するでしょ」

 

陽子にもしてもらったことのないような激しいフェラチオ。

 

金玉もモミモミされながらフェラされたので、早くもイキそうになってしまっていた。

この体験談の続きを読む

課長のせいで淫乱になった私はそれ以上の男性を求めてセックスしまくっています

バック
画像はイメージです

 

酔った勢いで課長の家に・・・

 

私は22歳のOLです。

 

実は入社するまで処女だったのですが、同じ会社内の男性と交際することになり、ようやく初セックスもできて、女になることが出来ました。

 

初エッチから半年くらいたって、会社の飲み会がありました。

 

飲み会は二次会、三次会と続きましたが、同僚でもある彼氏は先に帰ってしまっていました。

 

三次会あたりでエッチな話になり、彼氏の名前は出さなかったですけど、いつも部屋でエッチしてるとか、旅行先の旅館でエッチしたとか、そんなことを話したと思います。

 

気がつくと終電も無くなっていて、かなり酔って足元もふらついていた私は、他部署の課長の家に泊めてもらうことになりました。

 

課長には奥さんもお子さんもいらっしゃいます。

 

一緒に飲んでいた同期の女の子も課長の家に泊まるって言ってるので、なんの疑いもなく課長のマンションに付いて行きました。

 

部屋に入ると、先にシャワーを浴びてくるように言われました。

 

すっきりして浴室を出てみると、いつの間にか同期の子が帰ってしまっていました。

 

リビングにいるのは課長のみです。

 

「じゃ、俺も風呂入ってくる」

 

と課長もシャワーを浴びに浴室に行きました。

 

残された私は、

 

(帰ろうか・・・どうしよう)

 

と悩みましたけど、酔ってるしタクシー代も馬鹿にならないので、

 

(まぁ、いっか)

 

とソファに横になっていました。

 

いつしか私は寝てしまっていて、なんだかこそこそと体を触られている感覚があって、目が覚めました。

 

リビングの電気は消えおり、キッチンの蛍光灯が届いてるので真っ暗ということではありませんが、誰が何をしているのかはすぐに分かりました。

 

課長が私のシャツを捲り上げ、乳首を吸っていたんです。

 

ちょっとだけ気持ちよかったし、眠たいのもあって、抵抗せずに触られ続けました。

 

課長は、

 

「はぁはぁ」

 

と興奮しているのか、チュパチュパといやらしい音を立てて、私の乳首を舐めたり吸ったりしています。

 

おっぱいを揉みながら指で乳首をコリコリしたり、腰やお尻あたりを撫でたりしています。

 

腰を撫でられるとくすぐったくて、つい腰を浮かしてしまいました。

 

その時に、

 

「うん・・・ん」

 

とかすかに声も出てしまったのですが、課長は気にする様子もなく、手でまさぐり続けています。

 

何度か腰を撫でられて私が腰を浮かすと、その隙にパジャマのズボンが一気に下ろされました。

 

課長はおっぱいから口を離し、今度は私の脚の方へ移動します。

 

太ももの内側を撫でられ、下の方へ行きつつスリスリと触られました。

 

その感じがゾクゾクして、私は自然と足を開いてしまいました。

 

課長の顔がオマンコに近づき、フッと温かい息がかかりました。

 

そしてパンティーに手が掛けられ、私はまた腰を浮かせます。

 

もう、なすがままです。

 

課長は私の両足を開き、太ももを持ち上げてマングリ返しの体勢にしました。

 

脚の先はキッチンに向いており、明りにオマンコが照らされているのが分かります。

 

(課長が、私のオマンコをじっと見てる・・・)

 

それがすごいエッチに感じられ、とても興奮しました。

この体験談の続きを読む

パンティーラインくっきりの女性社員の巨尻にチンポがハマッちゃった

巨尻
画像はイメージです

 

巨尻の割れ目にチンポがハマッてしまった

 

俺の会社には、とても魅力的な尻の女性社員がいる。

 

彼女の年は32歳だが、さらりとした髪の毛にショートカットで、顔もちょっぴり童顔なので、年齢よりも若く見える。

 

その上スタイルもいいので、たまらない。

 

上半身はスレンダーなのに、お尻がとってもムチムチしていて大きいのだ。

 

みんな同じ作業着で仕事をしているのだが、作業着というのは動きやすいように少し余裕を持って作られているものだ。

 

その子と同じような体型の女性社員は他にもいるが、お尻のラインが出るようなことはまずない。

 

よほど太っているとか、おばちゃんやデブの女性ならまだしも、彼女はスレンダーでスタイルがいいのだから、いかに巨尻かが分かるというものだ。

 

自分の仕事場から彼女との距離はだいたい4メートルくらい。

 

彼女が直立していても、近くにいる女性社員と比べても、明らかに巨尻であることが分かる。

 

俺は用もないのに、チラチラ巨尻を盗み見ている。

 

サラサラとした髪の毛にスタイルも抜群。

 

そして下半身を見ると、作業着のズボンからヒップラインが出るほどのくっきりした巨尻。

 

ついつい見入ってしまうと、仕事中なのに勃起してしまうくらいだ。

 

さらに強烈なのは、彼女が前屈みになっただけで、なんと巨尻の割れ目にズボンが食い込んで、半端なくエロい光景になることがある。

 

普通は作業着でそこまでなることはない。

 

しかもスタイル抜群の若い女の子なのに、なおさらだ。

 

おそらく他の女子社員たちも気づいているだろうと思う。

 

明らかに自分たちよりお尻が大きいし、仕事中に彼女のお尻の割れ目にズボンが食い込んでいることが。

 

本人も恐らく気づいているのではないだろうか。

 

ある時なんかは、彼女が床に置いてあるものを取ろうとした時、かなり前かがみの体勢になったことがあった。

 

巨大なお尻が思いっきり突き出され、近くにいた俺は、今すぐにでもバックでチンポを挿入したいと思ったぐらいだ。

 

しかもパンティーラインが、くっきりと浮き出ているではないか。

 

(あ~たまんねぇ)

 

これを見るなという方が無理な話である。

 

そしてそんなある日、ちょっとラッキーな出来事があった。

 

棚卸しをしていて、彼女と同じ持ち場になったのだ。

 

そこは階段の下のスペースを倉庫代わりに使っている場所で、少し狭い。

 

ただ小さな部品が置いてあって数は多いので、俺ら二人で作業することになった。

 

彼女が脚立に上がって棚の上の方を確認している時に、バランスを崩して俺の方に倒れてきたのだ。

 

「キャーッ!」

 

という悲鳴とともに背中から倒れてきて、俺は

 

「危ない!」

 

と言ってなんとか背中は押さえたが、とても支えきれるものではなく、二人とも床に叩き

つけられてしまった。

 

俺が下敷きになる格好で、彼女への衝撃は減ったはずだが、こっちは結構痛い。

 

しかしラッキーな事に、彼女の巨尻の割れ目が、俺のチンポにスッポリとハマっているではないか。

 

痛みなんて、なんのそのである。

 

もちろん、すぐに勃起してしまった。

 

ずっとこのままの体勢でいたいと思うくらい、巨尻の感触が気持ちよかった。

 

しかも、彼女の体の柔らかさや、香水の甘い香りも漂ってきていい気分だった。

 

すると彼女が、

 

「あれ?なんか硬いものが当たってるんだけど」

 

と言ってきた。

この体験談の続きを読む