タグ:ハーレムの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:ハーレム

女子更衣室で逆レイプされて童貞喪失したけどハーレムセックスを楽しみました

熟女 逆レイプ
画像はイメージです

 

女子更衣室に連れて行かれました

 

僕は大学1年生で、水泳教室に通っています。

 

日中のプールに通っているのですが、そこのスイミングスクールは、暇を持て余したエロそうな主婦や人妻だらけです。

 

最初はちょっと場違いかと思っていましたが、熟女たちは僕の事を暖かく迎えてくれて、すぐに仲良しになりました。

 

僕は熟女たちを、年上のお姉さんのように思っていました。

 

ほとんど10歳から15歳上の熟女だらけです。

 

女性メンバーは6人で、男は僕だけでした。

 

先月のある日のこと、一人の人妻が男子更衣室をノックしました。

 

当然僕しかいません。

 

「ねえ、こっちにいらっしゃいよ」

 

そう言われても、女子更衣室ということで断ったんですが、

 

「いいから、ねっ」

 

強引にその人妻は、僕の腕を組んで引き寄せました。

 

僕は水着のまま、タオルだけ持って行きました。

 

そこにはその主婦を入れて3人いました。

 

「○○君来たの?いらっしゃい」

 

なんて感じで歓迎されました。

 

「今まで男っ気なくてつまんなかったの。君が来てからみんな楽しいねって言ってたのよ」

 

そう言われると、正直嬉しかったです。

 

するとそのなかの一人の人妻が、いきなり水着を脱ぎ始めました。

 

僕は、

 

「ちょっと何してるんですか?」

 

っていうと、

 

「着替えに決まってるじゃない、おかしな子ね」

 

って笑いました。

 

そしたらもう一人、

 

「私も着替えよ」

 

って言いました。

 

僕は困りました。

 

いくら仲良しになったといってもそれは・・・

 

「見てもいいのよ」

 

といって最初に脱いだ主婦が、僕の膝に跨ってきました。

 

裸です。

 

「ちょっとAさん」

 

と言うと、

 

「君は弟みたいなものだからト・ク・ベ・ツ」

 

って言いました。

 

「○○君が興奮してるよ」

 

横からBさんが言いました。

 

僕のチンポは勃起して、水着からはみ出そうになってました。

 

「○○君の凄いわねえ、見せて」

 

「困ります」

 

「いいじゃない」

 

そういうとジャジャーンという声と同時に、エロい主婦たちに水着を無理やり脱がされました。

この体験談の続きを読む

冴えないけどデカチンの僕は美女と性癖が合って結婚することが出来ました

デカチン
画像はイメージです

 

20歳で童貞喪失

 

僕は奥手で女性と話したこともほとんどなく、高校も男子校だったんですが、大学入学してもまだ童貞でした。

 

でも大学2年の時の夏休みに、バイト先で知り合った25歳の綺麗な留美子さんという女性に、20歳の童貞を捧げまることが出来ました。

 

留美子さんは僕が童貞だと知ると、僕の手を引いてラブホテルに入りました。

 

僕は恥ずかしくてモジモジしてバスタオルを巻いてましたが、留美子さんはすぐに素っ裸になりました。

 

僕は初めて目の前で女性の裸を見たので、興奮してすぐにチンポが勃起しました。

 

留美子さんは僕のバスタオルを外すと、

 

「わお!おっきいねー○○君」

 

と言って僕のチンポを観察しながら触っていました。

 

そして、口に咥えて、

 

「おっきくてお口に入らなーい」

 

と嬉しそうにはしゃいでいました。

 

亀頭を中心にチュパチュパされて、僕はあまりの気持ちよさに、

 

「留美子さん、もう出ます!」

 

と言うと、

 

「いいよ、出して!」

 

「うっ」

 

申し訳ないと思ったのですが、留美子さんがチンポを咥えたままなので、そのまま口の中に射精しました。

 

留美子さんは、ごっくんと僕の精液を飲んじゃいました。

 

その後、コンドームをかぶせられて、リードしてもらいながら、正常位で童貞を喪失しました。

 

留美子さんのオマンコの中はとても気持ちよくて、留美子さんは、

 

「おっきー!埋まるー!」

 

と言って腰を動かすので、僕はすぐに我慢出来なくなり、またあっという間に射精してしまいました。

この体験談の続きを読む

【おちんちん解剖】大学のサークルの飲み会で酔った男子マネージャーを…

おちんちん解剖
画像はイメージです

 

男のアソコって見たくない?

 

私は某大学の女子テニスサークルに所属しています。

 

先輩たちからは「まるこ」って呼ばれています。

 

1年生で一番背が小さいので、「ちびまる子」にちなんでそう呼ばれています。

 

夏の合宿最終日に、全部員と顧問の先生、マネージャーなど合計11名で居酒屋で打ち上げをしました。

 

打ち上げ終了後、A先輩(3年)に声を掛けられ、一人暮らしのアパートに遊びに行くことになりました。

 

お邪魔したのはA先輩を含めて5名だけでしたが、男子マネージャーのY君(2年)もいました。

 

私はお酒が飲めないので断ったのですが、先輩たちに強引に誘われたので、仕方なくついて行きました。

 

先輩の部屋は1Kの6畳でしたが、改めて飲み直すために、近くのコンビニでアルコール類やおつまみ、お茶などを買って持ち込みました。

 

みんなリラックスしてワイワイ楽しく始まりましたが、アルコールが入っていくうちに、騒がしくなっていきました。

 

私は飲めないので、ずっとお茶だけです。

 

Y君はいつもチームみんなの世話役なので、

 

「いつもありがとう」

 

と感謝されながらも、みんなから次々とお酒を飲まされていました。

 

弱くはないと思うんですが、さすがに飲みすぎたみたいで、一番早くダウンしてしまいました。

 

見ると顔は真っ赤で、そのまま床の上に横になって寝ています。

 

女子の先輩たちは、みんなお酒が強いみたいです。

 

それからも話は弾み、飲み会は続きます。

 

Y君は大の字になって寝ています。

 

ふと見ると、少し足が開いていて、短パンの隙間からおちんちんが見えていました。

 

それに気づいたA先輩がふざけて、プラスチック製の30cm定規をズボンの隙間から突っ込んで、突っついていました。

 

みんなゲラゲラ笑っていました。

 

すると突然、A先輩がこんなことを言いました。

 

「ねえ・・・男のアソコって見たくない?」

 

私は、

 

(えぇっ!)

 

と思いましたが、

 

「見たい、見たい!」

 

と他の先輩たちはノリノリです。

 

A先輩「よし、じゃあ・・・みんなでYのおちんちんを解剖しちゃおっか」

 

全員「賛成!」

 

私もその場の空気に流されました。

この体験談の続きを読む

勃起チンポに豹変したお局様の濡れマンコを散々焦らして挿入してやった

露天風呂
画像はイメージです

 

露天風呂は混浴だった

 

僕は27際のサラリーマンです。

 

以前努めていた会社が倒産してしまったため、再就職先を探していたところ、ようやく採用してもらえることができました。

 

その会社では、総務課へ配属されました。

 

周りは女性社員ばかりで、男性は課長のオッサンだけです。

 

女性だらけの部署で正直ラッキーだと思っていました。

 

初めのころは…

 

それは、再就職してから、3ヶ月ほど経ったころのことでした。

 

同じ部署内のお局様(良子、37歳、独身)が、

 

「あ~あ、最近疲れたわ!今度の休みは温泉にでも行かない?美味しいもの食べてのんびりしようよ」

 

と言い出しました。

 

「いいですね!行きたい、行きたい!」

 

と他の取り巻き連中2人(美香、31歳、既婚、由香里、29歳、独身)が同調しました。

 

それは別にいいのですが、

 

「幸雄くん、一緒に連れて行ってあげるから予約とかお願いねぇ!頼んだわよ」

 

と、まさか僕まで誘われるとは思いませんでした。

 

誘われるというよりは、面相なことを僕に押し付けてきただけですけどね。

 

僕は反論することなく適当な旅館を予約し、いよいよ旅行当日になりました。

 

「幹事さん、荷物持って!こんな美人だらけの職場に来れて幸せよねぇ!はい、荷物お願い!皆も持ってもらえば?男なんだから大丈夫よねぇ!」

 

お局の良子は遠慮なく言ってきます。

 

ほとんど命令です。

 

確かに美人ではあるのですが、普段から僕のことを小馬鹿にした態度を取っています。

 

僕は荷物を持たされながら、やっとの思いで宿に着き、チェックインしました。

 

そしたら一息つく暇もなく、呼び出されてしまいました。

 

「ねぇ、疲れたからマッサージしてちょうだい!」

 

良子は言いました。

 

(疲れたのは俺の方だ)

 

と思いながらも、僕は仕方なく良子の肩を揉みました。

 

「変なとこ触らないでよ。あなたは、私達の幹事なんだから、言われたことを守るのよ。分かった?粗チン君」

 

取り巻きの美香や由香里もキャッキャッと笑います。

 

「えぇ~?良子さんいつ見たんですか?一人だけずる~い!本当に粗チンなの~?」

 

二人は笑いが止まりません。

 

「見るわけないじゃない!想像よ、想像。パッとしない男は粗チンが多いって言うじゃない?」

 

また私を小馬鹿にして遊ぶつもりだったのです。

 

確かに僕はパッとしないし、言い返す度胸もないので、ひたすら耐え、その場をやり過ごしました。

 

やっと解放された僕は、露天風呂に入りに行きました。

 

そこはなかなか立派な露天風呂で、他には誰もおらず、一人でゆっくり入って寛いでいました。

 

(しかし、あいつらはムカつく連中だな。いつか仕返ししてやりたいな)

 

などと考えていました。

 

すると脱衣所で何やら声が聞こえてきます。

 

明らかに女性の声です。

 

「良子さん、スタイルいいですね!腰がくびれてるぅ!」

 

(やっぱり!)

 

あの三人が入ってくるのです。

 

そう、この露天風呂は混浴だったんです。

この体験談の続きを読む

大学の同級生女子2人に童貞をからかわれてフェラと騎乗位で襲われた

3P
画像はイメージです

 

童貞の俺をからかい、下着を見せつけてきた

 

俺が大学生の時の話です。

 

在学中は理系で運動部に所属していて、割と真面目な学生生活を送っていました。

 

所属している学部は人数があまり多くなかったので、学部内の同級生はみんな知っていたし、皆仲が良かったです。

 

「誰が誰を好き」

 

なんて話はすぐに広まり、俺も同じ学部内のある女の子の事を好きだった事はバレていました。

 

これでも俺は告白されたことがあるんですが、好きな子がいたので告白されても断っていました。

 

でもヘタレだったので、好きな子には告白することができませんでした。

 

そんなある日、同級生の女子2人が、突然夜遅くに俺の住むアパートを訪ねてきました。

 

酒やらおつまみやら持参しています。

 

一人は背が170cmぐらいあって空手部所属のA子、もう一人は背は低めで飲み会で知り合った文系のB子です。

 

2人とも結構可愛いです。

 

翌日は休みだし、一緒に飲むことにしました。

 

酔ってくると、やっぱり恋話になるんですよね。

 

俺の好きな子のことはバレてるし、俺の恋愛のヘタレっぷりをからかいながら、飲みのネタにされていました。

 

そういう話をしているうちに、俺も酔っていたせいか、ついつい童貞である事をしゃべってしまいました。

 

「へー、そうなんだ」

 

「○○ちゃんの前の彼氏はエッチ上手そうだよ?」

 

「もし付き合えても困るんじゃない?」

 

「仕方ないだろ、そん時はそん時でがんばるさ」

 

「付き合うつもりなの?」

 

「もしもの話だよ」

 

みたいな会話だったと思います。

 

俺は上がり症なので、おそらく2人とこんな会話してた時も、顔が真っ赤になっていたと思います。

 

「ふーん、それじゃあさ、女の子に免疫つけとかなきゃ・・・ほら、ほら」

 

と、なんとA子がシャツの前をはだけてブラジャーを見せてきました。

 

「ちょっ、何やってんだよ!変なことすんなってば!」

 

と言いましたが、しばらくじっと見てしまった俺は、まともに直視したせいで、かなり顔と頭に血が上っていたような気がします。

 

B子はしばらく笑いながら見ていたけど、なんとB子も脱ぎ始めました。

 

「わ、お前まで何やってんだよ!やめろよ!」

 

2人が下着を見せつけてきたので、俺はどうしていいか分からずにオロオロしてしていました。

 

その時の2人の楽しそうな顔はよく覚えています。

 

顔を真っ赤にして心臓がバクバクいってるし、想定していない状態に晒されるとほんとにパニクってしまうもんです。

 

俺は目をつぶって、その場を凌ぐことにしました。

 

本当は見たいんですけどね。

 

「もうバッチリ免疫ついたから、もういいだろっ!」

 

「ウソばっかりー、顔真っ赤じゃん」

 

「あははは」

 

そして、2人は目を開けない俺をくすぐり始めました。

この体験談の続きを読む