タグ:ノーパンの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:ノーパン

小学生の男の子に体を見せつけて勃起したおちんちんを入れてもらいました

小学生の男の子
画像はイメージです

 

小学生の男の子に体を見せ付けました

 

私が大学1年の時の話です。

 

私は高校の頃から、人に見られたいという願望があることに気づいたんですが、大学受験もあったので、それまでは頑張って勉強に打ち込んでいました。

 

そして無事に大学に入学することができたので、見られたい欲求を叶えるべく、冒険してみることにしました。

 

ノーパンのまま、黒タイツにミニスカートを穿いて散歩に出かけました。

 

可愛い男の子を物色しながら歩いていると、向こうから小学5、6年生ぐらいの男の子が歩いてきました。

 

私は

 

(この男の子だったらいけそう)

 

と思って、声を掛けました。

 

「どこ行くの?」

 

と問いかけると、

 

「塾の帰り」

 

と答えました。

 

私は

 

「お姉ちゃんと遊ばない?」

 

と言うと、

 

「うん、いいよ」

 

と言いました。

 

女性に興味を持ち始める年頃なのか、意外とうまくいったんです。

 

そして男の子を連れて、私の家に向かいました。

 

(この男の子に私の体を見せつけちゃおっと)

 

と思ってワクワクしながら歩きました。

 

家に着いて、玄関で私が靴を脱ごうとする際に、わざとしゃがんでお尻を突き出すような体勢になりました。

 

男の子には、黒のパンスト越しにオマンコが見えたはずです。

 

中に入ると、

 

「お姉ちゃん、すぐ着替えてくるから」

 

と言って、もっと露出の激しい服に着替えました。

 

上はノーブラにちびTシャツ、下はベージュのストッキングに、白のパンティだけで、男の子の前に行きました。

 

すると男の子が私に、

 

「パンツ見えてるよ」

 

と恥ずかしそうに言いました。

 

目を逸らしながら言う男の子の姿にキュンときて、オマンコが濡れてきてしまいました。

 

「女の子のパンツ見るの初めて?」

 

と聞くと、

 

「お母さんのは見たことあるけど」

 

とまた恥ずかしそうに、下を向いて答えました。

 

私は、

 

「もっとじっくり見ていいんだよ」

 

と言って近くに寄ると、やっぱり興味はあるのか、チラチラとパンティを見ています。

 

もう私はそれだけでオマンコがビショビショです。

 

そして男の子の前で一回転したり、腰を振ったり、いろんなポーズをしました。

 

男の子はそのうちじっくり見るようになり、おちんちんはちょっと勃起しているみたいでした。

 

そこで思い切って、

 

「一緒にお風呂に入らない?」

 

と聞くと

 

「いいけど・・・」

 

と困惑したように小さな声で言いました。

 

「恥ずかしいの?」

 

と聞くと、

 

「うん」

 

と小声で頷きました。

この体験談の続きを読む

女装した僕を責める2人の熟女、ノーパン黒タイツを破ってチンポ挿入

女装黒タイツ
画像はイメージです

 

タイツフェチの僕は姉がいると嘘をつきました

 

学生の頃に変わったアルバイトをしました。ある通販会社がモニターを募集していたのです。その会社は女性向けのランジェリーやストッキング類が豊富で、タイツ好きな僕は何度かその会社の通販でタイツを買った事がありました。

 

今回の募集は新発売のタイツのモニターで、穿き心地をレポートすれば報酬が貰えるという内容でした。そんな美味しいバイトを重度のタイツフェチだった僕が見逃すハズがありません。

 

すぐさま応募しようとしましたが、女性向け商品なので男性名前では断られると思い、架空の姉の名前で応募したところ、商品を渡すので取りにきて欲しいと言われました。どうしようかと迷いましたが、姉の代理で受け取りに来たと言う事にしようと思いました。

 

通販会社の営業所に着きました。営業所と言ってもマンションの一室です。ドキドキしながらチャイムを押すと、30代後半の女の人が招き入れてくれました。部屋の中にはもう一人、40代前半の女性がいました。

 

二人とも濃い化粧でしたが、顔立ちは整っており、スタイルも年齢の割には良さそうです。そして僕の目を引いたのは二人とも、僕の大好物の濃い黒タイツを穿いている事でした。

 

二人の説明によると、用意されたタイツを毎日穿いて、着用感をレポートして欲しいという事でした。

 

簡単な内容でホッとしましたが、報酬支払いの条件として、タイツを穿いたモニターの写真を撮らせて欲しいと言われました。

 

姉にそう伝えると言うと、商品引き渡しの際に写真が必要で、今撮らせて欲しいと言います。架空の姉がモニターすると言う嘘を付いたので、撮影は無理と言うと、二人は困った顔になりました。

 

実はモニターの集まりが悪く、今日中にタイツモニターの写真を撮って、本社に送らないと叱られると言うのです。それは困りましたね、でも姉は今いないので、と白々しい嘘を付くと、二人は隣の部屋に下がり、何事かを相談し始めました。

 

この体験談の続きを読む