タグ:ナースの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:ナース

入院中に体を拭かれて勃起したらナースの妹が怒ったけどフェラチオしてくれた

ナース 妹 フェラチオ
画像はイメージです

 

勃起したら妹に怒られた

 

俺28歳、妹26歳でともに独身、彼氏彼女もなし。

 

俺が先々月入院したときの話だ。

 

バイク通勤しているんだが、通勤途中に事故って、ナースの妹が勤務する病院にかつぎこまれてしまった。

 

しかも両手骨折。

 

整形外科病棟に入院することになってしまった。

 

労災なので、医療費は全部会社持ちになったのは救いだった。

 

「お兄ちゃん、なにやってんのよぉ!恥ずかしいなあ!」

 

「ええ!お前の病院かよお、ここ」

 

手術が終わって、麻酔が切れて目が覚めたときのことだ。

 

主治医や婦長さんと主任さんもいた。

 

こっちが恥ずかしい。

 

そして3週間の入院となった。

 

入院して5日目のこと。

 

体を拭いてくれるってことでナース(24歳)の子が来てくれた。

 

両手が使えないから、パジャマ、パンツを脱がせてくれてせっせと拭いてくれた。

 

風呂に入れないのもあったから、嬉しかった。

 

さっぱりした。

 

個室だったから、周りの目を気にすることなく拭いて綺麗にしてもらった。

 

しかし、困ったのは股にあるタマ2個とイチモツだ。

 

ナースの子が綺麗に拭いてくれてるのはありがたいが、フル勃起してしまった。

 

「お兄さん、元気ですね」

 

って言われた。

 

めちゃくちゃ恥ずかしいったらない。

 

終わってパジャマも着替えて、ベッドに横になった。

 

その夜のことだった。

 

寝ていると、パカン!と頭を引っぱたかれた。

 

「いってえ!」

 

目を開けたら妹の香織が目の前にいた。

 

夜中の見回りだった。

 

妹はその日夜勤だった。

 

「何すんだよ香織!お前なあ、俺は重症患者だぞ!」

 

「お兄ちゃん何考えているのよ!ここは病院よ!もう信じらんない。美幸から聞いたわよ。昼間美幸の前で勃起させたんだって?!」

 

「え!・・・ああ、あの子美幸ちゃんていうのか。」

 

「お兄さん元気になってしまって困っちゃったって相談されたわ。おまけに師長さんからは、香織ちゃんのお兄さん彼女いないの?彼女いるなら呼んであげて。って言われるし」

 

「だってよぉ、拭くだけじゃなくシゴくんだもんなあ。それに溜まってるから当然だろ」

 

「ったくぅ!もう!しょうがないわねぇ!」

 

と言って、いきなり俺のパジャマのズボンとトランクスを引きずり下ろした。

この体験談の続きを読む

彼女がいる男子のチンポを射精に導かせる女子高生の方法と結末(下)

顔射
画像はイメージです

 

(前回の続き)

 

↓ ↓ ↓

 

 

私が初めての人になってあげる

 

<月曜日>

 

再び志穂が来た。

 

気まずい雰囲気で会話をしていると、志穂は恵理香がくれたスポーツタオルに気づいて恨めしそうな目で見ていた。

 

そして再び俺のチンポを触ってくる。

 

「もうやめようよ」

 

志穂は、

 

「この前のこと、恵理香に話しちゃおっかな?」

 

と脅してくる。

 

「浩次君の右腕、すぐ邪魔しにくるからじっとしててもらわないとね^^」

 

俺の右手首をスカーフのようなものでグルグル巻きつけると、ベッドの格子に縛り付ける。

 

そしてズボンとパンツを下ろされ、チンポを扱きだす。

 

すぐさま反応して勃起状態へ。

 

「私の手で感じてくれてる浩次君って可愛い^^」

 

シュコシュコシュコシュコ・・・。

 

俺はすぐにイキそうになった。

 

「で、出ちゃう・・・お願い、もうやめて」

 

俺がそう言うと志穂は手を離して、信じられない行動へ出た。

 

スカートの中に手を入れて、パンツを脱ぎ出したのだ。

 

「な・・・何するの・・・?お願いだからやめようよ」

 

「浩次君って童貞でしょ。私が初めての人になってあげる^^」

 

俺に跨ってチンポを掴んでマンコに宛てがい、ゆっくりと腰を沈めてくる。

 

「だ、だめだってば・・・」

 

ニュル・・・。

 

「ほらっ、入ったよ^^」

 

志穂は処女じゃなかったが、そんなことはどうでもいい。

 

それよりもこの快感がすごい。

 

2~3回腰を上下されると、たちまち射精感が。

 

「で、出ちゃうよ・・・お願いだから抜いて」

 

志穂「いいよ、出して。私、浩次君の子供なら産んでもいいよ^^」

 

腰の動きが速くなった。

この体験談の続きを読む

彼女がいる男子のチンポを射精に導かせる女子高生の方法と結末(上)

ナース 手コキ
画像はイメージです

 

俺のチンポを掴んできた

 

俺が高校2年の時の話です。

 

まず簡単に人物の紹介をしておきます。

 

浩次:俺。部活で左腕を骨折して入院してしまいます。

 

恵理香:小学校からずっと一緒で、同じ高校に通う俺の彼女。

 

志穂:小学校からずっと一緒で、恵理香の仲良し。俺に異常に思いを寄せている。

 

吉川:病院の担当ナース(27歳)。事務的で性格が悪く、俺の嫌いなタイプの女。

 

俺は志穂に何度も告白されていたが、俺は恵理香のことが好きだったので断り続け、そして高2の夏についに告白して恵理香と付き合い始めた。

 

エッチはしたかったが、嫌われるのが嫌でなかなか機会を作れずにいた。

 

夏休みが終わって・・・。

 

<金曜日>

 

俺は部活で左腕を骨折してしばらく入院することになった。

 

吉川という強気なナースが担当で、いつも見下されてる感じがしてすぐに嫌いになった。

 

しかもデブでウザい。

 

男にモテないからといって、八つ当たりされてる感じがした。

 

ちなみに病室は4人部屋で、俺の隣のベッドは空いていて、対面の2人は70歳くらいのおじいちゃん。

 

いつもヘッドホンで、ラジオを聞いたりテレビを見ている。

 

<水曜日>

 

昼間っから志穂が見舞いに来た。

 

学校をサボったらしい。

 

俺のベッドに来ると、カーテンを閉めて椅子に座って、他愛もない会話をした。

 

俺としては志穂の告白を断り続けて恵理香と付き合ってるので、2人っきりは非常に気まずいが、見舞いに来てくれたので仕方なく話していた。

 

途中から会話が大胆になってきて、

 

「浩次君って恵理香とエッチしたの?」

 

とか、やたら恵理香との関係を聞いてくる。

 

「じゃあ、こういう事もまだなんだー?」

 

突然布団に手を入れてきた。

 

そしていきなり俺のチンポを掴んできた。

 

「ちょっ、やめろって」

 

「大きな声出すとバレちゃうよー」

 

そう言いながらチンポを揉んできた。

この体験談の続きを読む

【ナース達の性奴隷】中学時代に骨折して入院した俺は悪戯が過ぎて…

ナース
画像はイメージです

 

お仕置きが必要みたいね

 

僕は中学時代、かなりの不良でした。

 

ケンカ、酒、タバコ、万引き、教師への暴行、いろんな悪事に手を染めていました。

 

そんな中学3年の時の夏休み、先輩にバイクをもらって街中で乗り回していたら、パトカーに追われてしまいました。

 

その当時は、パトカーなんてまったく恐れてなくて、調子にのって乗り回していたらカーブで転倒し、全身強打で左腕と左足を骨折したうえに、右足は靭帯損傷の重傷です。

 

しばらく病院へ入院することが決まりました。

 

入院中、不良仲間が来て騒いだり、彼女が来てフェラチオさせたりしていたら、同室の人から苦情があり、説教されて個室に移されました。

 

仲間たちも病院側から厳重注意され、見舞いに来る人も少なくなりました。

 

個室な上に、人も来ないので部屋で悶々としていましたが、ちょうど新人のナースがいたので、からかったり、尻を触ったりして悪戯していました。

 

見兼ねた先輩ナースが説教をしに来ましたが、

 

「身体も動かねえし、友達も呼べないんだから、暇なんだよ。歳の近いナースと遊んでるだけじゃねえか、ババアは黙ってろ」

 

なんて悪態をついたら、先輩ナースは、

 

「このガキには、お仕置きが必要みたいね」

 

と言われ、新人ナースと他のナースたちも呼び出して、みんなで俺のパジャマを脱がしにかかりました。

 

「なにすんだ、やめろ!」

 

とギャーギャー騒いで抵抗しましたが、素っ裸にされ、口の中に脱がされた自分のパンツを突っ込まれてしまいました。

この体験談の続きを読む

1週間オナニーを我慢した中学生チンコは診察に堪えられず何度も射精

女性看護師 手コキ
画像はイメージです

 

女性に初めてチンコを見られた

 

僕は中学2年生の時、オナニーを覚えて毎日のようにチンコをシコシコしていました。

 

ある日、いつもと同じくオナニーをしていると、亀頭のカリ首の部分に小さなプツプツが出来ていることに気がつきました。

 

ほとんど知識がありませんでしたが、自分が性病になったんだと思い込んで怖くなり、病院へ行く決心をしました。

 

しかし、思春期なので親に症状を話すのも恥ずかしいし、場所が場所なだけに人に相談することもできないので、どこの病院に行けば良いのかさえ分かりませんでした。

 

インターネットもなかった時代なので本で調べたところ、性器の事は泌尿器科に行けばいいと分かりました。

 

学校を休んで行くことにしたんですが、学校をサボった事が親にバレると当然叱られるので、風邪をひいたふりをして自分で病院に行くことにしました。

 

近所の泌尿器科だと誰かにバレてはまずいので、電車で3駅離れた病院へ行くことにしました。

 

いざ泌尿器科の病院の前まで来ると、しばらく恥ずかしくて入るのを躊躇していましたが、患者さんが何人か入って行くところを見て、

 

(泌尿器科って結構患者がいるんだな)

 

と多少安心できたので、思い切って病院の中へ入っていきました。

 

しかし中に入ると、待合室にいる患者は、僕以外全員女性だったのには驚きました。

 

後で知った事ですが、そこの泌尿器科医院は女性医師が経営しているので、男性患者はほとんど来なくて、女性患者ばかり来るらしかったのです。

 

そんな事は知らずに入りましたが、別に男性患者が駄目なわけではなく、受付の女性は普通に対応してくれたので、恥ずかしいけど症状を伝えて手続を済ませ、待合所で待ちました。

 

そして名前を呼ばれて中に入ると、40代くらいの女性医師と20代半ばくらいの女性看護師が一人いました。

 

つまり、その時になって初めて女医だと知ったんです。

 

(えっ?・・・女性?)

 

僕の頭の中には、医者は男性、看護師は女性という勝手な固定概念がありましたので、正直びっくりしたと同時に、恥ずかしさが込み上げてきました。

 

僕は緊張してドキドキしながら椅子に座り、思い切って症状を話すと、当然ですが恐れていた事を言われました。

 

「ズボンとパンツを脱いでベッドに横になってください」

 

おそらく、恥ずかしくて顔は真っ赤になっていたと思います。

 

女性どころか男性にすら見られたことのない僕のチンコが、女性二人に見られてしまいます。

 

彼女らは仕事と割り切っているでしょうが、僕には関係ありません。

 

最初にチンコを見られるのは、彼女であってほしかったとさえ思いました。

 

仕方なくズボンとパンツを脱ぎ、ベッドに横になりました。

 

それでもやっぱり恥ずかしかったので、最後の悪あがきというか、手で性チンコを隠しました。

 

そして、

 

(いよいよ診察が始まるのかな?)

 

と思いましたが、女医は僕に背を向けたまま、デスクに向かって何か紙に書いています。

 

すると、女性看護師がガーゼを片手に近づいてきました。

 

僕の横に来ると手馴れたように、

 

「じゃあ、消毒しますね~」

 

と言って僕の手はどけられ、ついに初めて女性にチンコを見られてしまいました。

 

冷静になろうとしましたが、心臓はバクバクしていました。

 

そして看護師さんは、優しく僕のチンコを触りました。

 

「あっ・・」

 

思わず声が出てしまい、体がピクンって反応してしまいました。

この体験談の続きを読む