ドS痴女 性奴隷
画像はイメージです

 

ウブっぽい女性に下ネタを振ってみた

 

仕事の得意先に、美沙ちゃんという女性がいます。

 

顔見知りになって、少し会話もするようになりました。

 

話をしていると、

 

(まだ男を知らないのでは?)

 

と思うくらいウブっぽくて、処女ではないかと思ってしまうような女の子です。

 

小柄で、身長は155cmくらいの華奢な体型です。

 

胸もあまり無く、幼児体型のような感じです。

 

去年の12月初旬ごろに仕事の帰りに車を走らせていると、信号待ちで偶然美沙ちゃんを発見しました。

 

「美沙ちゃん!今帰り?」

 

と声をかけると、美沙ちゃんも気づいてくれてニッコリと、

 

「はい、そうです」

 

と返してくれました。

 

「どこまで帰るの?送ろうか?」

 

「いいんですか?」

 

「いいよ!乗って」

 

美沙ちゃんを車に乗せて走らせました。

 

正直この時、僕に下心は全くと言っていいほどありませんでした。

 

「家はどの辺?」

 

「少し遠いですけどいいですか?」

 

「いいよ、今日は暇で後は帰るだけだったから」

 

「ありがとうございます」

 

「今日は金曜日なのに美沙ちゃんはデートとかしないの?」

 

「彼氏いないんですよ」

 

「そうなの?長いこと彼氏なし?」

 

「う~ん・・・ここ1年くらいかな」

 

「ふ~ん、じゃぁこの1年は処女なんだ」

 

と下ネタを振ってみました。

 

恥ずかしがるのか、嫌な顔をされるのかな?と思ったのですが、美沙ちゃんからの返事は意外でした。

 

「いえ・・・あ、そうですよ」

 

と、中途で言い換える意味深な発言です。

この体験談の続きを読む