タグ:トイレの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:トイレ

満員電車で奥さんと密着して勃起すると駅のトイレに連れて行かれた

満員電車で勃起
画像はイメージです

 

向かいの奥さんと満員電車で一緒になった

 

半年ほど前に、小学生のお子さん一人を持つ30代半ばの夫婦が、向かいの家に引っ越してきました。

 

スポーツマンタイプのご主人とは趣味が合い、一緒にバーベキューをすることもあります。

 

奥さんは美人で、家庭的で明るく爽やかな女性です。

 

同年代の友人が出来て、私と妻はとても喜んでいます。

 

先日の話ですが、私はいつもより一時間遅く家を出ました。

 

妻の具合が悪く、私が家事をしていたからです。

 

時間がちょっと遅いだけでこんなに混雑するのかと思いながら駅を歩いていますと、向かいに住む奥さんの姿が目に留まりました。

 

「木下さん?」

 

「あらっ、荒木さん、おはようございます」

 

「仕事ですか?」

 

「ええ。パートなので3時には終わるんですけどね。荒木さんは、もしかしていつもこの電車に乗ってらしたんですか?」

 

「いえ、今日はいつもより遅いんです。妻の具合が悪くて看病してたもので」

 

「まぁ、風邪ですか?大変。でも優しいご主人で羨ましいですわ」

 

「いやいや」

 

そんな会話をしながら電車に乗り込みました。

 

当然満員で、一緒に乗った木下さんの奥さんの額が、私の顎とほんの数センチ程の距離で向かい合います。

 

奥さんは上目遣いで、

 

(満員電車は困りますよね)

 

って感じの視線を送ってきます。

 

私は眉を動かしそれに答えます。

 

「でも、今日は荒木さんと一緒で良かった」

 

意味深な言葉にドキッとします。

 

平常心を保とうと頑張る程、息遣いがおかしくなります。

 

髪のいい香りが漂ってきます。

 

真下には胸の膨らみが触れるか触れないかのところで揺れています。

 

目を反らしても残像がよぎります。

 

他人ならまだしも、隣人で仲の良い綺麗な奥さんがこんな間近に・・・。

 

(ヤバいなぁ、我慢できるかなぁ)

 

とその時、なんとか保っていた奥さんとの距離がゼロになりました。

 

軽い遠心力だったはずですが、

 

(まさか、わざと?)

 

変な妄想が頭をよぎり、それにプラスされて体温とボリュームある胸の膨らみの感触が、私の股間を一気に刺激してしきました。

 

「奥さん!」

 

微かな声で囁きました。

 

(離れなくては・・・)

 

でも時既に遅しです。

 

勃起してしまっては、しばらく収まりません。

 

奥さんにも気付かれました。

 

目を大きく開いて、

 

(あらまぁ)

 

って感じで微笑んでいます。

この体験談の続きを読む

【金玉潰すぞ】イカレ女にチンコ噛まれたりしたけど今でも思い出して…

イカレ女
画像はイメージです

 

イカレた女に股間を触られた

 

僕が高校1年の時の話です。

 

いつも通学している電車内に、いつも無表情の女性がいました。

 

服装は地味なんですが、いつも黒いストッキングばかり穿いているので、ちょっと精神がイカレてる女性なのかなと思っていました。

 

密かに仲間内で「イカレ女」と呼んでいて、気持ち悪がっていました。

 

ある時からどういうわけなのか、僕と行き帰りの電車がいつも一緒になりだしたので、正直電車を遅らせようかと思いました。

 

でもいつも忘れてしまい、結局またイカレ女と同じ電車になってしまうのでした。

 

そしてあれは確か、学園祭の練習で帰宅が遅れた秋のことです。

 

先頭を行く電車が、先の駅で車両故障を起こしてしまい、バスでの代行輸送になるため、電車を降りて駅のホームに立った時でした。

 

目の前にイカレ女がやはり無表情で立っており、こちらを見ていました。

 

(怖えぇ・・・)

 

そう思った瞬間、イカレ女が口元を少し緩め、ニヤッとしながらかすれた声で、

 

「ぼく、可愛いねぇ」

 

と言い寄ってきたのでした。

 

いざ逃げようにも足がすくんでしまい、とうとうイカレ女に手を繋がれてしまいました。

 

かなりの力で手を握られ、

 

「一緒に行こう」

 

と連れられてしまいました。

 

何度か手を振り解こうかとも思いましたが、信じられない力で握られているため、とても振りほどけそうもありませんでした。

 

(助けて!!)

 

と声をあげる事もできず、満員の代行バスに一緒に乗る羽目になってしまいました。

 

イカレ女は身長が170cm以上はありそうで、当時の僕よりは10cm以上も高かったと思います。

 

イカレ女の胸元に、僕の顔が押しつぶされるような形で、バスはゆるゆると走り出しました。

 

微かに香水のいい香りがしてきて、僕は逃げたいのに逃げ出せない獲物のようになっていました。

 

するとイカレ女の手が、僕の股間を触ってきたんです。

 

びっくりしたのと同時に恐怖も感じ、泣き出しそうになってしまいました。

 

ただ体は正直で、イカレ女に触られて入るうちに徐々に勃起してしまい、

 

「フフッ」

 

と鼻で笑われてしまいました。

この体験談の続きを読む

イケメン高校生の巨根に興奮してフェラチオで大量に射精させました

イケメン高校生 フェラチオ
画像はイメージです

 

試着室でモッコリさせるイケメン高校生

 

私は紳士服フロアで接客担当をしています。

 

ちなみに25歳の女で、彼氏はいません。

 

子の前、男子高校生にいたずらしちゃいました。

 

スラリとした長身で長い手足、小さめで引き締まったお尻に、ジーパンが良く似合っていました。

 

小顔で目鼻立ちはクッキリしていて、かなりのイケメンでした。

 

スラックスはウエスト、それに股下を測ります。

 

普通は服の上からですよ。

 

その男の子は試着したけど、サイズが合わないみたいで私は試着室に呼ばれました。

 

「じゃあサイズ測りましょうか?」

 

って言ったらジーパンを脱いじゃって・・・

 

彼の前で片膝ついて、ウエスト測りました。

 

「75ですね」

 

って彼の顔を見上げたら、彼の視線は私の胸と太ももに注がれていたんです。

 

彼の位置からだと、ブラウスの中やスカートの中のパンツまで見えていたと思います。

 

股下を測る時、わざと彼のブリーフの前に手を当てて測りました。

 

メジャーの端を持って、手の平がちょうど彼のおちんちんに当たるようにしました。

 

そしたらすぐに勃起しちゃって・・・

 

いつもは測らないけど、ヒップも測りました。

 

私が膝立ちしてるから、彼のおちんちんは、ちょうど私の顔の前にあります。

 

メジャーを彼のヒップ側へまわす時、ビキニっぽいブリーフからはみ出しそうな亀頭部分へわざと頬をつけました。

 

すると激しい息遣いが聞こえてきて、ふと少年の股間に目をやった私はびっくりしました。

 

少年のブリーフの股間は大きくモッコリと盛り上がっていました。

 

「あら、エッチねえ。ところであなた名前は?」

 

「あっ、◯◯です」

 

「下の名前は?」

 

「祐二です」

 

「年は?」

 

「17です」

 

私は興奮で頭がクラクラしてきました。

 

見ると、祐二のブリーフの前はパンパンに膨れ上がっていました。

 

「祐二く~ん、どうするの~?こんなにモッコリさせちゃって」

 

祐二は、一瞬腰を引きました。

 

恥ずかしそうに勃起を隠そうとします。

この体験談の続きを読む

女子高生2人にトイレに連れ込まれ、ダブルフェラされて射精しました

女子高生 ダブルフェラ
画像はイメージです

 

女子高生にトイレに連れ込まれた

 

僕が中学生だった1990年ごろの体験です。

 

下校時間、二人の女子高生が、僕の母校の小学校の敷地内の公園にたむろっている事があり、下校する生徒に愛想よく手を振ったり挨拶をしていました。

 

僕も何回もされました。

 

その日は見たいアニメがある日で、友達のY君と下校し、例の公園の近くに来た時でした。

 

その日も例の女子高生がいて、Y君と

 

「今日もいるよ」

 

的な会話をしながら、通り過ぎる予定でした。

 

その日はなぜか、一人の女子高生が僕たちの自転車の前を遮り、話しかけてきました。

 

僕は怖い人が来ると思い、来たら近くの家に駆け込もうと考えました。

 

その女子校生たちは、町内の高校の生徒のようで、そのまま公園に誘われました。

 

僕たちが、家に帰ったら何をするのか、何年生かを聞かれ、アニメの話になり、何だかんだで会話が弾んだのを覚えています。

 

一人の女子高生が、今日、

 

「身体検査があった」

 

と話し出し、胸のサイズがどうのと言って、僕たちは公園内の古いトイレ小屋に引っ張っていかれました。

 

女子トイレに入らされ、二つある個室にY君と別々に入れられ、女子高生が一人ずつ個室に入ってきました。

 

覚えているのは、僕の個室に入ってきた女子高生は、髪がそんなに長くなく、手首に汗ふき用のリストバンドをしている女子高生でした。

 

胸のサイズの事を淡々と話してきて、

 

「酷いよねー!」

 

などを連呼して、女子高生が自分の胸を揉む仕草に僕はすごく興奮して、チンコが勃起してしまいました。

 

僕は隠そうと足を交差させたり、少し斜め気味になって誤魔化そうとしていましたが、女子高生にはバレバレだったようです。

 

ジャージのズボンの上から勃起したチンコを鷲掴みされ、小刻みに揺すられたあと、女子高生がセーラー服を下からめくり、ブラを見せてくれました。

 

色は思い出せません。

 

多分白だったと思います。

 

その後、女子高生が僕の顔におっぱいを押し付けたかったらしく、背伸びして頑張っていましたが無理と判断し、

 

「中腰になって」

 

と言われ、顔におっぱいを押し当てられ、ムギュムギュされました。

この体験談の続きを読む

【女性恐怖症】女っぽい僕は女子達に囲まれて逆レイプされボロボロに

女性恐怖症
画像はイメージです

 

女装コンテストで優勝後・・・

 

僕は女性恐怖症なのですが、その原因になった出来事についてお話ししたいと思います。

 

高校2年生の時のことです。

 

自分で申し上げるのも何ですが、高校の時は女子から意外と人気がありました。

 

でも恋愛の対象というわけではなく、いじられてるみたいな感じでした。

 

おそらく僕が背が低くて華奢な体で、女っぽいというか中性的な顔をしていたからだと思います。

 

僕の学校は毎年文化祭の時に、恒例行事の1つに、女姿コンテストというものがあったんです。

 

各学年で代表を3人決定し、本気で女姿をして投票で優勝を決めるという、毎年非常に盛り上がっている企画なんです。

 

それで女っぽい僕は、文化祭前には女子から、

 

「栄治は絶対に女姿コンテストに出すからね」

 

と言われてました。

 

僕は内気だし、正直言うと嫌だったんですが、断る勇気もないので出場することに決まってしまいました。

 

そして文化祭当日になると、女子達は気合いを入れて、セーラー服やメイク道具を持ってきて、キャッキャとはしゃいでいました。

 

僕は女子達にされるがまま、女姿させられました。

 

小一時間ほど時間をかけて女姿が終わると、

 

女子「やばい!!栄治めっちゃ可愛い」

 

「絶対優勝じゃない?だって誰よりも可愛いもん」

 

「女の子に生まれてたら、モテモテだったかもねー?」

 

僕「そんなわけないよ」

 

そうは言ったものの、化粧後の顔を鏡で見ると、女の子にしか見えなくてビックリしてしまいました。

 

そして実際に文化祭の女装コンテストでは、女子の言う通り圧勝で優勝することができました。

 

無事にコンテストが終わってほっとしましたが、まだメイクを落とす作業が残っています。

 

女子から、

 

「メイクを落とすんだけど、ちょっと体育館裏のトイレに来て」

 

と言われて行ったんですが、後から考えると、この時点でおかしいと思わなければいけませんでした。

 

体育館裏にあるトイレというのは、男女兼用なんですが、校舎からも離れた位置ということもあって、ほとんど使う人はいませんでした。

 

しかし僕は、

 

(メイクを落とすのが、他のみんなの邪魔になるからかな?)

 

とあまり深く考えずに、女子に言われた通り、体育館裏のトイレに行きました。

 

そこには同級生の千佳と里美と由紀、そして3年生の直子先輩と玲子先輩と由美先輩がいました。

 

この3年生女子3人は、学校でも結構有名でした。

 

ヤンキーと言うほどでもないのですが、多少の怖さはあり、しかし3人とも美人ということで、生徒からは一目置かれている存在の人達でした。

この体験談の続きを読む