タグ:トイレの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:トイレ

女体を開発された私は彼の命令で誰とでもセックスして中出しされています

女体を開発
画像はイメージです

 

誰でもいいからエッチしてこい

 

私は45歳の主婦です。

 

2年前までは、主人しか男性を知りませんでした。

 

2年前に、55歳の心がときめくほどの彼と知り合い、人生観が変わってしまいました。

 

その彼は仕事もできるし、女性に対しても積極的で、何でもない私のような主婦にとっては驚きの連続でした。

 

彼と出会うことで、生きてきた過去の45年が一変させられてしまいました。

 

何より、自分がMであった事に気付かされてしまいました。

 

彼とは最初は普通のセックスから始まったのですが、ハプニングバーや乱交も経験し、さらにアナルファックやフィストファックなど、ありとあらゆるものを開発されました。

 

最初は抵抗がありましたが、今ではとても彼に感謝しています。

 

女に生まれて良かったと思っています。

 

最近、彼とは遠距離で、あまり会えないような状況になってしまいました。

 

すると彼は、

 

「誰でもいいから街で男を掴まえてエッチしてこい」

 

と言うのです。

 

そうは言っても、そう簡単に45歳のポッチャリおばさんが男性を掴まえる事など出来るわけがありません。

 

熟女好きな男性は多いと聞きますが、自分から声をかけるなんて恥ずかしすぎます。

 

でも彼に催促されるし、彼の思い通りの女になりたいので、とにかく考えました。

 

そのうち待ちくたびれた彼から、

 

「売春婦のようにショッピングモールに言って声かけたら?」

 

って言われ、意を決して挑戦してみたんです。

この体験談の続きを読む

フニャチンに中出しされて欲求不満の私は若いイケメンを逆ナンしましたが・・・

イケメン 逆ナンパ 中出し
画像はイメージです

 

おじさんに中出しされてた?

 

私は同棲している彼と中出しセックスしています。

 

それとは別に、私が過去に体験した衝撃的なことについてお話します。

 

これでも私は食品関係の商社で営業をしています。

 

入社してすぐ営業に配属され、念願だった事もあり仕事第一の生活でした。

 

この不況の時代、成績を達成させるのは簡単な事ではありません。

 

そこで、女であることを武器に契約を取る事も何度かありました。

 

私にとっては別に嫌な事では無く、むしろセックスが大好きなので、接待にかこつけて取引先の責任者と関係を持ったりしていたんです。

 

この話は、そんな関係を持った男性の中でも特に不快だったので、今でも思い出してしまうんです。

 

相手は2部上場企業のスーパーマーケットで、チェーン本部の食肉仕入の責任者でした。

 

加工肉の売込みで営業していたんですが、ライバル企業と価格面でバッティングしたんです。

 

どうしても一括納入させたくて、禁じ手のスペシャル接待攻撃を仕掛けたんです。

 

後輩の若い男性の営業社員と一緒に食べて飲んでまでは普通の接待で、最後に私がタクシーで送るところからスペシャルコースの始まりです。

 

酔ったフリでなにげに誘う私の演技は我ながら見事で、まんまと敵は罠に掛かり、ホテルへと行き先変更です。

 

問題はこここからです。

 

このおじさん、ここまで来てもおちんちんが勃起せず、私もせっかくの酔いが醒めてしまう感じでした。

 

ゴムもなかなかうまく装着できないほどのフニャチンぶりです。

 

お口でフェラして元気にしてあげても、挿入してしばらくすると中折れ状態に。

 

シラケムードも隠しつつ、何とかイカせることが出来、私の方もイッたフリで締めくくったんですが、相手のおじさん、そそくさと帰り支度をしています。

 

まるで我に返ったと言わんばかりの素振りで、私を置いて帰ってしまいました。

 

それもそのはず、おじさんは中出しをしてたんです。

この体験談の続きを読む

可愛い男子学生を誘惑してトイレに連れ込み腰を動かしまくってエッチしました

トイレ 誘惑 セックス
画像はイメージです

 

お姉さんといいコトしよ

 

私は22歳のOLです。

 

最近友達に借りたレディコミがきっかけで、かなりハマるようになりました。

 

この前、たまたま仕事が早く終わったので、お家に帰って久し振りにゆっくり時間を掛けて

 

(オナニーでもしようかな)

 

と思って本屋に寄り道しました。

 

レディコミ立ち読みながら物色してたら、レジにいた学生っぽい男の子の店員が私をジロジロ見てるのに気づきました。

 

(あ、なんか可愛いな)

 

と思って、わざとエッチなページをレジ側に向けて、足をモジモジさせて挑発したんです。

 

そしたら彼まで足をモジモジし始めました。

 

(たぶん、勃起しちゃってるんだろうな)

 

そう思うと私も我慢出来なくなっちゃって、クリトリスがピクンピクンに勃っちゃってるのを我慢して、すぐに彼のいるレジへ向かいました。

 

「すみません、トイレはどこですか?」

 

と聞くと、

 

「階段上がって左になります」

 

と顔を真っ赤にして言いました。

 

(恥かしいのかな?)

 

その顔が何とも愛おしくて、抱き締めてあげたくなっちゃいました。

 

「今日コンタクトして来ていないから周りが良く見えなくって。良かったら一緒に来て頂けません?」

 

そう言いながら、胸元が大きく開いたサマーニットを前屈みになって覗かせたら、

 

「あ、えっと・・・今レジの交代がいないんで、ちょっとそれは出来ないんです」

 

ですって。

 

(冗談じゃないわよ。女が誘ってあげてるのに超生意気)

 

ちょっと頭に来ちゃったんです。

 

(あのね、こう見えてもあたしは元モデルなの)

 

と思っていたら、ふとレジカウンター越しに彼の股間が目に入りました。

 

(あらら、やっぱり興奮してるんじゃない)

 

ズボンが膨らんでいるのを確認したと同時に、こう言ってやりました。

 

「あたし、足を捻挫しちゃったばかりだから階段上手に昇れないんです、どうにかお願い出来ませんか?」

 

そして周りで本を整理している店員やお客に聞こえない様に、耳元に吐息を吹き掛けながらそっと

 

「お姉さんといいコトしよ・・・ね?」

 

と誘ってみました。

 

そしたら、

 

「え、マジっすか?俺すか?」

 

て興奮気味に言いました。

この体験談の続きを読む

満員電車で奥さんと密着して勃起すると駅のトイレに連れて行かれた

満員電車で勃起
画像はイメージです

 

向かいの奥さんと満員電車で一緒になった

 

半年ほど前に、小学生のお子さん一人を持つ30代半ばの夫婦が、向かいの家に引っ越してきました。

 

スポーツマンタイプのご主人とは趣味が合い、一緒にバーベキューをすることもあります。

 

奥さんは美人で、家庭的で明るく爽やかな女性です。

 

同年代の友人が出来て、私と妻はとても喜んでいます。

 

先日の話ですが、私はいつもより一時間遅く家を出ました。

 

妻の具合が悪く、私が家事をしていたからです。

 

時間がちょっと遅いだけでこんなに混雑するのかと思いながら駅を歩いていますと、向かいに住む奥さんの姿が目に留まりました。

 

「木下さん?」

 

「あらっ、荒木さん、おはようございます」

 

「仕事ですか?」

 

「ええ。パートなので3時には終わるんですけどね。荒木さんは、もしかしていつもこの電車に乗ってらしたんですか?」

 

「いえ、今日はいつもより遅いんです。妻の具合が悪くて看病してたもので」

 

「まぁ、風邪ですか?大変。でも優しいご主人で羨ましいですわ」

 

「いやいや」

 

そんな会話をしながら電車に乗り込みました。

 

当然満員で、一緒に乗った木下さんの奥さんの額が、私の顎とほんの数センチ程の距離で向かい合います。

 

奥さんは上目遣いで、

 

(満員電車は困りますよね)

 

って感じの視線を送ってきます。

 

私は眉を動かしそれに答えます。

 

「でも、今日は荒木さんと一緒で良かった」

 

意味深な言葉にドキッとします。

 

平常心を保とうと頑張る程、息遣いがおかしくなります。

 

髪のいい香りが漂ってきます。

 

真下には胸の膨らみが触れるか触れないかのところで揺れています。

 

目を反らしても残像がよぎります。

 

他人ならまだしも、隣人で仲の良い綺麗な奥さんがこんな間近に・・・。

 

(ヤバいなぁ、我慢できるかなぁ)

 

とその時、なんとか保っていた奥さんとの距離がゼロになりました。

 

軽い遠心力だったはずですが、

 

(まさか、わざと?)

 

変な妄想が頭をよぎり、それにプラスされて体温とボリュームある胸の膨らみの感触が、私の股間を一気に刺激してしきました。

 

「奥さん!」

 

微かな声で囁きました。

 

(離れなくては・・・)

 

でも時既に遅しです。

 

勃起してしまっては、しばらく収まりません。

 

奥さんにも気付かれました。

 

目を大きく開いて、

 

(あらまぁ)

 

って感じで微笑んでいます。

この体験談の続きを読む

【金玉潰すぞ】イカレ女にチンコ噛まれたりしたけど今でも思い出して…

イカレ女
画像はイメージです

 

イカレた女に股間を触られた

 

僕が高校1年の時の話です。

 

いつも通学している電車内に、いつも無表情の女性がいました。

 

服装は地味なんですが、いつも黒いストッキングばかり穿いているので、ちょっと精神がイカレてる女性なのかなと思っていました。

 

密かに仲間内で「イカレ女」と呼んでいて、気持ち悪がっていました。

 

ある時からどういうわけなのか、僕と行き帰りの電車がいつも一緒になりだしたので、正直電車を遅らせようかと思いました。

 

でもいつも忘れてしまい、結局またイカレ女と同じ電車になってしまうのでした。

 

そしてあれは確か、学園祭の練習で帰宅が遅れた秋のことです。

 

先頭を行く電車が、先の駅で車両故障を起こしてしまい、バスでの代行輸送になるため、電車を降りて駅のホームに立った時でした。

 

目の前にイカレ女がやはり無表情で立っており、こちらを見ていました。

 

(怖えぇ・・・)

 

そう思った瞬間、イカレ女が口元を少し緩め、ニヤッとしながらかすれた声で、

 

「ぼく、可愛いねぇ」

 

と言い寄ってきたのでした。

 

いざ逃げようにも足がすくんでしまい、とうとうイカレ女に手を繋がれてしまいました。

 

かなりの力で手を握られ、

 

「一緒に行こう」

 

と連れられてしまいました。

 

何度か手を振り解こうかとも思いましたが、信じられない力で握られているため、とても振りほどけそうもありませんでした。

 

(助けて!!)

 

と声をあげる事もできず、満員の代行バスに一緒に乗る羽目になってしまいました。

 

イカレ女は身長が170cm以上はありそうで、当時の僕よりは10cm以上も高かったと思います。

 

イカレ女の胸元に、僕の顔が押しつぶされるような形で、バスはゆるゆると走り出しました。

 

微かに香水のいい香りがしてきて、僕は逃げたいのに逃げ出せない獲物のようになっていました。

 

するとイカレ女の手が、僕の股間を触ってきたんです。

 

びっくりしたのと同時に恐怖も感じ、泣き出しそうになってしまいました。

 

ただ体は正直で、イカレ女に触られて入るうちに徐々に勃起してしまい、

 

「フフッ」

 

と鼻で笑われてしまいました。

この体験談の続きを読む