タグ:デカチンの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:デカチン

絶倫小学生のデカチンをフェラチオと中出しで射精させてセフレにしました

絶倫デカチン小学生
画像はイメージです

 

小学生の男の子がデカチン

 

私、S子と、ママ友のM美、Y香とその娘の4人でショッピングセンターに買い物に行った時のことです。

 

Y香の娘がゲームセンターでアイドルゲームをやったのですが、まるでうまくいきませんでした。

 

Y香の娘はワーワー泣き出し、私達に助けを求めてきましたが、アイドルゲームなどしたことが無いし分からないのでどうしようもありません。

 

するとY香の娘は、隣りで同じアイドルゲームをしていた男の子に泣きつきました。

 

その男の子K君が、そのアイドルゲームで高得点を出していたからです。

 

泣きつくY香の娘にはびっくりしましたが、K君は事情を察し、Y香の娘にゲームのやり方を優しく教えてあげていました。

 

ほとんどK君の動きに合わせていただけのY香の娘ですが、それで高得点を獲得したのですっかり上機嫌になり、K君に懐いてしまいました。

 

それからお昼になり、お礼を兼ねてK君も一緒に誘って、公園でご飯を食べました。

 

そこでK君と話をしているうちに、最近の小学生の恋愛事情も聞けました。

 

K君は彼女はいなくてセックスの経験も無いようでしたが、自分のおちんちんはクラスで一番大きいと言うのです。

 

食事を終えた後、私は冗談半分にK君に、

 

「おちんちんを見せてくれたら、私のパンツ見せてあげる」

 

と言うと、

 

「本当?いいよ」

 

と言いました。

 

私はK君を公園の共用トイレに連れて行きました。

 

その時私の夫は海外出張中でセックスはご無沙汰でしたので、小学生とはいえ、興味本位でデカチンを見てみようと思ったのです。

 

M美もそれに追従し、3人で共用トイレに入りました。

 

K君はやっぱり恥ずかしいのかモジモジしましたが、私が

 

「じゃあパンツはお預けね」

 

と言うと、すぐにズボンとパンツを脱いで、おちんちんを出しました。

 

「えー、うそー」

 

と私とM美は驚きました。

 

本当に大きいのです。

 

まさにデカチンです。

この体験談の続きを読む

勃起が収まらない新入生のデカチンに興奮してオマンコがビチョビチョに濡れました

デカチン
画像はイメージです

 

新入生の男の子はデカチン

 

私は大学の4年生ですが、ゴールデンウィークが過ぎて無事に就職活動が終わったので、久しぶりにサークルの飲み会に顔を出しました。

 

入学したばかりの初めて会う1年生の子もたくさんいて、ちょっと新鮮です。

 

やっぱり男の子も女の子も、みんな可愛いく感じます。

 

そんな新入生の男の子の中で1人、明らかに私を気に入ってくれた子がいました。

 

べろべろに酔っ払って、

 

「サヤカさん好きです」

 

とか言いながら私に甘えてくるので、可愛くなちゃって。

 

なんとそのI君、ズボンがもっこりしてたんです。

 

もう半分くらい寝てたし、私も軽く酔ってたから、冗談半分でズボンの上からポンポンって勃起してるおちんちん触りました。

 

そしたら、

 

「今日、俺のうちに来てください」

 

って寝言みたいに言ってきたんです。

 

ちょっとビックリしたけど、顔は結構タイプだし、やることなすこと可愛いので、

 

(1回くらいなら、いっかなぁ)

 

て思っちゃいました。

 

それに就職活動から開放されて、自由を満喫したかったのもあります。

 

「いいよ」

 

って言っちゃいました。

 

1人暮らしのI君の家は私と方向が同じだったので、誰にも怪しまれることなく行けました。

 

とりあえず私はシャワーを浴びさせてもらってたら、I君も一緒に入ってきたんです。

 

もうおちんちんはビンビンです。

 

しかもデカい!

 

あんまり男性経験のない私だけど、それでも今まで見たなかでダントツのデカチンです。

この体験談の続きを読む

冴えないけどデカチンの僕は美女と性癖が合って結婚することが出来ました

デカチン
画像はイメージです

 

20歳で童貞喪失

 

僕は奥手で女性と話したこともほとんどなく、高校も男子校だったんですが、大学入学してもまだ童貞でした。

 

でも大学2年の時の夏休みに、バイト先で知り合った25歳の綺麗な留美子さんという女性に、20歳の童貞を捧げまることが出来ました。

 

留美子さんは僕が童貞だと知ると、僕の手を引いてラブホテルに入りました。

 

僕は恥ずかしくてモジモジしてバスタオルを巻いてましたが、留美子さんはすぐに素っ裸になりました。

 

僕は初めて目の前で女性の裸を見たので、興奮してすぐにチンポが勃起しました。

 

留美子さんは僕のバスタオルを外すと、

 

「わお!おっきいねー○○君」

 

と言って僕のチンポを観察しながら触っていました。

 

そして、口に咥えて、

 

「おっきくてお口に入らなーい」

 

と嬉しそうにはしゃいでいました。

 

亀頭を中心にチュパチュパされて、僕はあまりの気持ちよさに、

 

「留美子さん、もう出ます!」

 

と言うと、

 

「いいよ、出して!」

 

「うっ」

 

申し訳ないと思ったのですが、留美子さんがチンポを咥えたままなので、そのまま口の中に射精しました。

 

留美子さんは、ごっくんと僕の精液を飲んじゃいました。

 

その後、コンドームをかぶせられて、リードしてもらいながら、正常位で童貞を喪失しました。

 

留美子さんのオマンコの中はとても気持ちよくて、留美子さんは、

 

「おっきー!埋まるー!」

 

と言って腰を動かすので、僕はすぐに我慢出来なくなり、またあっという間に射精してしまいました。

この体験談の続きを読む

女性マッサージ師が勃起したデカチンに欲情して次の仕事を断ってまで…

女性マッサージ
画像はイメージです

 

マッサージ中に勃起した

 

よく聞く話しですが、つい先週体験したマッサージの話です。

 

その日は出張最終日で、かなり神経を使って仕事してたので、精神的にも肉体的にもかなり疲れてしまい、ホテルでマッサージを頼む事にしました。

 

何の下心もなく、電話でマッサージを頼み部屋で待っていると、コンコンとドアをノックする音が聞こえたのでドアを開けると、

 

(えっ!)

 

女性だったので、びっくりしました。

 

てっきり男性が来るものだと思っていました。

 

後で聞いたのですが、名前は律子さんで、49歳バツイチで子供はなく、今は一人暮しだそうで、見た目はぽっちゃりですが、顔立ちだけ見ると40代前半ぐらいに見えました。

 

私がベッドに座ると問診され、どこが凝っているか聞かれたので、

 

「肩から背中、腰と太股です。ってほとんど全身ですね」

 

と言うと、

 

「解りました。今日はお客さんでラストなんで時間かけてほぐしますね」

 

とニッコリと微笑んでくれ、何となく癒されました。

 

「それじゃあ浴衣を脱いで、うつ伏せで寝ていただけますか?」

 

と言われ、浴衣はゴワゴワするのと帯が邪魔なんだろうと、言われるままブリーフ一枚になると、

 

「わぁ、鍛えてらっしゃるんですね」

 

と言われました。

 

趣味が筋トレだったので、まぁ、それなりには。

 

うつ伏せになりマッサージが始まると、余りの気持ち良さにいつの間にかウトウト寝てました。

 

何分ぐらい経ったか、太股を揉まれてる時に目が覚め、

 

「いや~、気持ち良すぎて寝ちゃいました」

 

「お客さん、凄く凝ってましたよ。次は脚もするので、もう少しだけ広げてもらえますか?」

 

と言われたので、脚を広げました。

 

そこからは太ももや内もも、ふくらはぎを揉まれました。

 

その時は気のせいだと思っていましたが、マッサージの手がよく内ももを触るようになって、段々と悶々としてきました。

 

しかも、たまに金玉をチョンと触ったり、スーッと触ったりされるので、うつ伏せになりながら勃起してしまいました。

この体験談の続きを読む

ヤンキー女に「セックスしろ」と無理やり脱がされたらデカチンが出てきて…

ヤンキー女子高生
画像はイメージです

 

お前らキスしろ

 

あれは中二の頃だからもう20年ぐらいも昔の話。

 

俺は都内の公立の中学校に通ってたのね。

 

ウチの学校は、周辺の学校に比べるとヤンキーが多くて(と言っても、今から考えれば可愛いもんだが)イジメとかもまぁ割とあった。

 

ていうか、イジメというか、暴れ者が何人かいて、気に入らない気分のときにその辺の奴を殴ったり、そんな感じで俺も何度か殴られた事ある。

 

俺は成績はそこそこ良くって、中学受験を失敗して公立に入ったクチで、成績はクラスのトップか2番、学年でも上位一桁に入るくらいだった。

 

ただ、俺は、小学校高学年の頃から、女子に

 

「キモイ」

 

「変な顔」

 

とか言われて、すげぇ傷ついていて、自分でも自分自身に自信が無かった。

 

(ブサメンだし、どーせ女子はイケメン男の所に行くんだろ!)

 

って感じで、女とかは縁が無かったのね。

 

で、ある日の放課後、ヤンキー女が俺の所に来て、

 

「ちょっと来い!」

 

って言われて腕をつかまれて引っ張っていかれた。

 

何かやられるんじゃないかと思って緊張した。

 

廊下の方に連れて行かれると、ヤンキー女のグループが、俺の小学校時代からの同級生のY子も連れてきていた。

 

俺はヤンキー女に腕を押さえられ、Y子もヤンキー女たちに腕をつかまれてる。その状態で相対している状態。

 

(何をされるんだろう?)

 

と思ったら、

 

「ほら、お前らキスしろ!」

 

って、俺とY子は突き飛ばされてぶつけられる。

 

Y子とぶつかった俺は、

 

「ちょっと待ってよ…何するんだよ」

 

と言うと、

 

「Y子はお前の事が好きなんだろ?だったらキスしちゃえよ」

 

とか言われて、Y子は顔を真っ赤にしている。

 

このY子っていうのは、凄く大人しくてほとんど口を利かないような子。

 

特段可愛い訳でもないが、ブサでもない。

 

どういった事情でそこに連れてこられてるか知らないけど、そんな事があった。

 

俺はそのとき、今から思えばチューしちゃえばよかったんだろうけど、まだオコチャマだったんで、どさくさに紛れて逃げ出した。

この体験談の続きを読む