タグ:セフレの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:セフレ

アメリカ人のセフレが巨根でずっとオマンコに入れてて欲しいので中出し

 

外国人 巨根
画像はイメージです

 

アメリカ人のセックスフレンドとホテルへ

 

アメリカ人のマークとセフレ関係になってから、初めてのクリスマスを迎えました。

 

当時私は彼がいなかったので特に予定もなく、マークからクリスマスに会わないかと誘われたのでOKしました。

 

恋人のためのクリスマスという概念は外国にはないのですが、長年日本に住んでいるからかその感覚がなんとなく分かっているようでした。

 

いつも仕事中のマークにしか会っていなかったので、私服を見たのは初めてでした。

 

まずはお昼を買っていこうとお店に立ち寄り、簡単に食べられるものを購入しました。

 

ついでにアイスクリームやチョコスプレッドも購入しました。

 

ホテルまでの道中、いつも通り、おっぱいの谷間に腕を挟みながら歩き、クリスマスという特別な日という事もあって、彼の耳元に

 

「もうすごく濡れてるの」

 

と囁いたら、

 

「すぐに全部なめてあげるから」

 

と返されました。

 

※会話はすべて英語です

 

「今日は泊まりだよ」

 

「うれしいけど、そんな準備してきてないよ」

 

「どうせずっと裸でエッチしまくっているから関係ないよ」

 

そんな会話でチェックインし、エレベータに乗り込むと、彼はすかさずスカートをめくってTバックをずらして指を入れてきました。

 

「こんなに濡らしてしょうがないコだね」

 

と言って掻き回していました。

 

部屋に入るとドアに私の背中を押し付け、しゃがみ込んで舐め始めました。

 

「いつもシャワー浴びてからなのに今日は特別なの?」

 

と聞くと、

 

「あんな濡れている状態がわかったら我慢なんかできない」

 

と言いました。

 

私は早く衣服から解放されたかったので、上半身はブラ以外自分で全部脱ぎました。

 

すると、彼は

 

「まずは裸にならないとね」

 

といってスカートを脱がし、靴を脱がし、ブラとTバックだけの姿にしました。

 

そして彼自身も自分で脱ぎ、彼はパンツすら全部脱いで真っ裸な姿になりました。

 

「奈々、今日のブラとTバックはいつも以上にエロいね。どこで買ったの?」

 

と聞かれました。

 

そう、実はちょっと特別な日に、というためにイタリアで買った下着をその日につけていたのでした。

 

「イタリアでね」

 

と言ったら、

 

「余計エロく感じる」

 

と言われました。

 

彼の国籍はイタリアではないですが、イタリア製の下着というとワイルドにセクシーなイメージが強いみたいです。

この体験談の続きを読む

性欲の強い人妻に愛はいらない 夫以外の男と激しいセックスがしたいだけ

激しいセックス
画像はイメージです

 

主人は大好きだけど欲求不満

 

私は30歳で三枝子といいます。

 

すでに人妻で、子どもは2人います。

 

実は私、異常に強いんです。

 

何がって?

 

性欲に決まってるでしょう!

 

主人のことは大好きで尊敬してるし、とっても愛しています。

 

でも、セックスだけは満たされないんです。

 

今では月2回ほどの営みしかなく、しかも単調なセックスなので欲求不満です。

 

本当は主人といっぱい乱れまくって、めっちゃエロいことしたいのに・・・。

 

でもセックスした時は嬉しくて、翌日は豪勢な朝食を作ります。

 

子供も勘づいてるのか、

 

「ママ、弟が欲しいな!」

 

などと言ってきます(笑)。

 

私から主人に

 

「もっとエッチなことしたい」

 

と言いたいんですが、やっぱりはしたないようで言えないんです。

 

パートから帰った後とか特にオマンコ疼いちゃって、オナニーもするんですが満足できません。

 

ネットで大人のオモチャを探してたら、いつの間にか出会い系サイトに誘導されていて、ついつい入会してしまいました。

 

そこで日ごろの欲求不満ぶりを、思いを込めて書込みました。

 

その時に知り合った男性2人とは、実際にあってセックスし、その後セフレ関係になりました。

 

主人とのセックスは愛情がありますが、セフレとのセックスに愛情はありません。

 

ただ、溢れんばかりの性欲をぶつけ合い、快楽を貪りあうセックスをするだけです。

 

行為が終わった後は、とても爽快感があります。

 

セフレとのセックスの後で家に帰ると、優しい気持ちと愛情で主人と子どもに接することができるのです。

 

私が浮気をすることで、家族円満にやっていけてるのです。

 

でも本当は、主人が私と同じで、セックスに貪欲であればといつも思います。

 

この事は、誰にも気付かれていません。

 

どんな親しい人にも話していません。

 

墓場まで持っていくつもりです。

この体験談の続きを読む

小5女子の生理前でパイパン・ツルツルな子供マンコは中出しOK

パイパン・ツルツルな子供マンコ
画像はイメージです

 

(前回の続き・・・)

 

↓ ↓ ↓

 

 

小学5年の妹がノーパンで出てきた

 

終わってからサヤを家に送ったんですけど、何か物足りない感じだったんですよね。

 

2回セックスしたけど、1回目は早漏ぎみでしたんで・・・

 

時計を見ると夜の11時でした。

 

サヤを車から降ろした後、帰りにコンビニでも寄って帰ろうかと思い、サヤが家の中に入るのを確認してからライトを付けたら、目の前に人がいました。

 

(ヤバい!サヤの親か!)

 

と一瞬思いましたが、どうやら人影が違うみたいです。

 

よく見ると、大きなTシャツだけを着た小学生の女の子みたいです。

 

近寄ってきたので、運転席の窓を開けました。

 

「お姉ちゃんと、どこ行ってたの!?」

 

と大きな声を出しました。

 

俺は慌てて車から降り、女の子を助手席に乗せて車を走らせました。

 

話を聞くと、サヤの妹でハルカという、小学5年生でした。

 

「どこに連れて行くの!?これって誘拐じゃないの?犯罪じゃん!」

 

そう言いながらも、ちっとも慌てる様子もなく、妙に落ち着いいる感じです。

 

(ひょっとしてこの子は、知らない男の車に何回も乗ってる?)

 

そう思ってたら、ハルカはやたらと馴れ馴れしくしてきます。

 

「あ~!お姉ちゃんとエッチな事してたんでしょ!ほら!」

 

ハルカがそう言いながら見せたのは、コトが終わってサヤがマンコを拭いた時のティッシュでした。

 

捨てるのを忘れていました。

 

「イヤらしい!スケベ!変態!」

 

この子はすでに、セックスのことを知ってるみたいです。

 

さすがサヤの妹。

 

「別に良いだろ!俺もお姉ちゃんもエッチなことしたかったんだから!」

 

「ふ~ん、じゃあお兄さんもハルカとエッチな事したい?」

 

そう言いながらハルカは、着ていたブカブカなTシャツを自分で捲りました。

 

ヒザまであったブカブカTシャツを捲り上げると、なんとその下はノーパンだったんです。

 

俺はびっくりして、ブレーキをかけて車を止めました。

 

ハルカは、

 

「キャハハ」

 

と笑っています。

 

サヤとヤッた時はマンコを拝めませんでしたが、今は妹のハルカが俺の前でマンコをさらけ出しています。

 

小学5年生の、まだ陰毛が生えてないパイパンでツルツル、そして1本縦に筋が入った子供マンコ。

 

俺はロリコンではないと思っていましたが、目の前でそんなマンコを見ると、瞬く間にチンポがビンビンに勃起してしまいました。

この体験談の続きを読む

別れた彼女のお母さんが浴衣にノーパンでお尻を突き出してきました

浴衣 バック
画像はイメージです

 

元カノのお母さんと再会

 

僕は高校を卒業後、地元のスーパーで社員として働くことになりました。

 

青果部に配属されたので、早朝の市場へ出掛けることもしょっちゅうです。。

 

仕事も朝早いのもなんとか慣れてきたころ、スーパー内で40代と思われる女性が僕を見て手を振っていました。

 

(誰?)

 

よく見てみると別れた彼女のお母さんでした。

 

「久しぶりね」

 

「は、はい、そうですね」

 

びっくりして、うまく返事できませんでした。

 

付き合ってる時は、何度か彼女の自宅にお邪魔したことがありますが、半年くらいで別れたんです。

 

お母さんの話にから、彼女は専門学校へ行ったことを知りました。

 

「あれから次の彼女出来た?」

 

「いいえ、今はそんな余裕ないです。やっとここに採用してもらったばかりだし」

 

「そう、君ならすぐに彼女できるわよ。あの時よりカッコよくなってるよ」

 

それからは頻繁に元カノのお母さんがスーパーに来るようになりました。

 

僕もお母さんが来るのが楽しみだったんです。

 

そこまで綺麗というわけでもない普通の熟女なんですが、いつも笑顔で可愛らしく感じるんです。

 

それでいて、大人の雰囲気も持っています。

 

そして夏がやってくると、お母さんの服装が変化してきました。

 

最初のころは地味で、いかにも普通のお母さんと言う印象でしたが、夏頃には胸元が見えたり、短いスカートを穿いた格好で来ることが増えました。

 

意識してるのかどうか、お母さんはだんだん若作りしているように見えます。

 

でも無理にではなく、40歳は過ぎてるはずですが、30代にも見えます。

 

棚の下にある品物を見ているお母さんの胸元から、白いぷるんとした双丘が見える時があり、バレないように覗き込んだこともあります。

 

僕はいつの間にか、お母さんを女性として意識するようになっていたようです。

 

数日来ないときなんか、どうしたんだろうともどかしい思いをしてしまいます。

 

そしたら、その数日後です。

 

いつもよりも短いスカートでお母さんが店にやって来ました。

 

ムチムチした太ももがそそるくらい露出していて、綺麗な足でした。

 

僕は冗談気味に、

 

「綺麗ですね、お母さんじゃなかったら誘いたいぐらいですよ」

 

「あら嬉しい、じゃあ誘ってくれる?」

 

「ええ~!本当ですか?」

 

「一度ゆっくりお話したいって思ってたの」

 

僕は嬉しくなって、休みの日と連絡先を書いたメモを渡しました。

この体験談の続きを読む

セフレ交換(スワッピング)でデカチンに顔射された友達がザーメンマニアに

顔射
画像はイメージです

 

デカチンのセフレが友達に顔射

 

私は都内の大学3年生で由梨っていいます。

 

この前初めて、友達とお互いのセフレを交換しあいました。

 

スワッピングっていうんですかね。

 

親友の純子に、

 

「私のセフレはおちんちんが大きくて気持ちいいよ」

 

って話したら純子が

 

「味見したい」

 

って言うんです。

 

(余計なこと言うんじゃなかった)

 

ってちょっと後悔したけど、私も純子のセフレが気になったし、セックス大好きだからOKしました。

 

最初は渋々だったけど、実際にホテルに行って4人でスワッピング始めると、ものすごく燃えちゃいました。

 

自分がセックスしてるの見られたり、親友がセックスしてるの見たりするのって、めっちゃ興奮します。

 

私は純子のセフレの隆志君とセックスしました。

 

おちんちんの大きさはまあまあでしたが、私がイク前に自分だけイっちゃって、私のお腹にザーメンを発射しちゃいました。

 

隆志くんは、

 

「由梨ちゃんのオマンコ、めっちゃ締まりがよくて我慢できなかった」

 

って誉めてくれたのはいいけど、私はまだイケてなかったので欲求不満でした。

 

隣では純子が、私のセフレの裕太君のデカチンで激しく感じていました。

 

喘ぎ声はすごいし、純子のオマンコに裕太君のデカチンがズボズボ出たり入ったりしてるのが丸見えでした。

 

めっちゃいやらしい光景だったので、思わず自分でオマンコ触ってたら、また濡れてきちゃいました。

 

隆志君もじっと見ていて、射精したばかりのおちんちんが、またムクムクと勃起していました。

 

お互いに目が合ったので、隆志君に

 

「もう一回入れて」

 

って勃起したおちんちん握って言ったら、すぐに私のオマンコの中に突入してきました。

一回射精してるので、今度は隆志君も余裕があったみたいで、いっぱい腰を動かしてくれたのでちょー気持ちよかったです。

 

隣では相変わらず裕太君が、自慢のデカチンを純子のオマンコにズボズボ突き刺していました。

純子は、

 

「こんなすごいの初めて~、気持ちよすぎて壊れちゃう~」

 

とか叫んで、髪を振り乱して泣きじゃくるように喘いでいました。

 

(やっぱ裕太君のおちんちんて大きくていいのかな)

 

でも隆志くんのおちんちんも、裕太君ほどは大きくないけど、硬くて気持ちよかったです。

 

私もいっぱい声を出して感じちゃいました。

 

部屋中に、純子と私のいやらしい喘ぎ声が響いていました。

 

そのうち裕太君に限界がきたみたいで、純子のオマンコからデカチンを引き抜いて、純子の顔にザーメンを発射しちゃいました。

この体験談の続きを読む