タグ:セックスフレンドの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:セックスフレンド

絶倫小学生のデカチンをフェラチオと中出しで射精させてセフレにしました

絶倫デカチン小学生
画像はイメージです

 

小学生の男の子がデカチン

 

私、S子と、ママ友のM美、Y香とその娘の4人でショッピングセンターに買い物に行った時のことです。

 

Y香の娘がゲームセンターでアイドルゲームをやったのですが、まるでうまくいきませんでした。

 

Y香の娘はワーワー泣き出し、私達に助けを求めてきましたが、アイドルゲームなどしたことが無いし分からないのでどうしようもありません。

 

するとY香の娘は、隣りで同じアイドルゲームをしていた男の子に泣きつきました。

 

その男の子K君が、そのアイドルゲームで高得点を出していたからです。

 

泣きつくY香の娘にはびっくりしましたが、K君は事情を察し、Y香の娘にゲームのやり方を優しく教えてあげていました。

 

ほとんどK君の動きに合わせていただけのY香の娘ですが、それで高得点を獲得したのですっかり上機嫌になり、K君に懐いてしまいました。

 

それからお昼になり、お礼を兼ねてK君も一緒に誘って、公園でご飯を食べました。

 

そこでK君と話をしているうちに、最近の小学生の恋愛事情も聞けました。

 

K君は彼女はいなくてセックスの経験も無いようでしたが、自分のおちんちんはクラスで一番大きいと言うのです。

 

食事を終えた後、私は冗談半分にK君に、

 

「おちんちんを見せてくれたら、私のパンツ見せてあげる」

 

と言うと、

 

「本当?いいよ」

 

と言いました。

 

私はK君を公園の共用トイレに連れて行きました。

 

その時私の夫は海外出張中でセックスはご無沙汰でしたので、小学生とはいえ、興味本位でデカチンを見てみようと思ったのです。

 

M美もそれに追従し、3人で共用トイレに入りました。

 

K君はやっぱり恥ずかしいのかモジモジしましたが、私が

 

「じゃあパンツはお預けね」

 

と言うと、すぐにズボンとパンツを脱いで、おちんちんを出しました。

 

「えー、うそー」

 

と私とM美は驚きました。

 

本当に大きいのです。

 

まさにデカチンです。

この体験談の続きを読む

おばさんだって若い子に負けないわよ!中出しさせた男の子とセフレに

おばさん 4P
画像はイメージです

 

若い男の子にドキドキ

 

私は38歳独身です。

 

今はアパレル関係のお店で働いているのですが、実質店長として経営しているようなものです。

 

でも、なかなか大変です。

 

高いと売れないし、値段下げると儲けは減るし・・・。

 

そんなことを毎日考えてストレスがたまりそうです。

 

そこでストレスを解消するにはセックスが一番なんです。

 

気持ちよくなってる時は、すべてを忘れられますからね。

 

若い時は男性からアプローチされたけど、おばさんになると私から寄っていかないと振り向いてくれません。

 

そこで、取引先に若い男の子がいると、声かけて誘ったりしています。

 

結構うまくいきますよ。

 

やっぱり若い男の子もセックスしたいんですよ。

 

彼女がいる男の子もいたけど、結構わがままな女の子で付き合うのが大変みたいです。

 

お互い性欲の処理と割り切り、ムラムラした時に会ってセックスしています。

 

まれに彼の友達を紹介してくれることもあります。

 

テクニシャンな子がいたり、童貞で手取り足取り教えてあげた子もいました。

 

おばさんにはどちらにしても、若い男の子とセックスできるので楽しいものです。

 

ところが最近になって、私のセックスライフに変化がありました。

 

今アルバイトで来ている女子大生の女の子で、T美という子がいます。

 

一見おとなしそうな顔をしているのですが、とってエッチな子なんです。

 

私の若いころそっくり。

 

後から知ったんですけど、私がちょっかい出した男の子ともセックスしたらしいんです。

 

いつも超ミニスカートを穿いていて、夏はキャミソールでバイトに来ます。

 

その格好で電車に乗ると、

 

「また、痴漢にあっちゃいました」

 

と言うので、

 

「当たり前でしょ」

 

って言い返しています。

 

でも私も、若いころは似たようなものでしたけどね。

 

やっぱり痴漢は嫌だけど、最近痴漢されることもない私は嫉妬してるのかな?

 

私も、

 

(もっと露出の多い服装にするかなあ)

 

と思ったりもしますが、やっぱり年相応にしたほうがいいですよね。

 

その女の子とは仕事帰りに時々飲みに行くんですけど、話は下ネタが多いです。

 

その子は同棲しているんですが(セックスフレンド?)、彼との変態セックスの話ばかり聞かされます。

 

でもうんざりではなく、男がいない私はかなり羨ましく聞いていますし、もうオマンコがウズウズしてきます。

 

先日T美が、

 

「今度、私の家(彼と同棲しているアパート)で飲み会しませんか?彼の友達も呼ぶんで4人でどうですか?」

 

って言うので、

 

「私みたいなおばさんでもいいの?」

 

て聞くと、

 

「みんなエッチで素敵な店長に興味津々なんですよ」

 

ですって。

 

素敵な店長はいいですけど、エッチでって、

 

(あんたに言われたくないわ)

 

と思いながらも、

 

(エッチなことが伝わってるなら話は早い)

 

と思ってOKしました。

 

そしてその当日、仕事が終わって21時頃にT美の家に行くと、既にT美の彼(E君)とその友達(M君)も来ていて、2人は先に軽く飲んでいました。

 

私たちが到着してあらためて乾杯をし、最初はごく普通の会話をしていました。

 

でも私は、若い男性が二人もいるという状況にドキドキしていました。

 

しばらくするとT美が、

 

「着替えてくる」

 

と言って隣の部屋に行ってしまい、リビングは3人だけになりました。

この体験談の続きを読む