タグ:ショタの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:ショタ

親戚の小学生の男の子を挑発して勃起したショタおちんちんをオマンコに入れちゃいました

ショタ
画像はイメージです

 

おちんちんが大きくなっちゃいました

 

私が高校1年生の時なので5年前のことです。

 

親戚が遊びに来て海に行きました。

 

私と、小学校4年生のヨシくんと、1年生のタカシくんとで海で遊んでいました。

 

家が海の近くなので、水着のまま家に帰ったんですが、

 

「マミ、ヨシくんとタカシくん洗ってあげて!」

 

と母がいうので、2人とも一緒にお風呂に連れて行きました。

 

2人とも砂だらけです。

 

タカシくんは海パン履いてなくて、おちんちんまで砂まみれでした。

 

私も裸になって、ヨシくんの海パンを脱がせて裸にしました。

 

先にタカシくんを洗ってあげました。

 

小指の先くらいのおちんちんで可愛かったです。

 

タカシくんは、ずっと私のおっぱいを触っていました。

 

もう一人いるので、急いでタカシくんの体を拭いて、

 

「タカシくん上がったよ」

 

とおばさんに渡して、今度はヨシくんの番です。

 

私の前に立たせて洗ってると、タカシくんの真似をしておっぱいを触り始めました。

 

エッチな男の子です。

 

タカシくんと違っておちんちんがちょっと大きいので、スポンジだと洗いにくくて手で洗っていました。

 

すると、

 

「えっ!」

 

とびっくりするほど、おちんちんがムクムクと大きくなってきました。

この体験談の続きを読む

露出願望のある私は混浴温泉で中学生の少年をフェラチオして中出しセックスもしました

混浴 フェラ 中出し
画像はイメージです

 

混浴温泉に行くと少年が2人いました

 

私は大学生のころ露出に興味があり、初めての体験の場として混浴温泉がある旅館に行きました。

 

しかし、やっぱり女一人で混浴というのは勇気がいるもので、なかなか決心ができず、実行したのは誰も温泉に入っていない深夜でした。

 

残念と安心が混ざったような気分で混浴温泉に向かうと、深夜にも関わらず少学生か中学生の少年2人の男の子が、混浴温泉に入っていくのが見えました。

 

(これはチャンス!)

 

と思い、私も急いで混浴温泉に向かうと、ここで一つの予想外の事がありました。

 

脱衣所が男女共同だったことです。

 

私が扉をあけると、全裸の男の子が2人こちらを見て硬直していました。

 

そんな2人に驚きつつも、気にしないふりをしながら、私は浴衣を脱ぎ出します。

 

当然、男の子二人の視線が私に突き刺さります。

 

子供相手に裸になっていく自分の行為に興奮が隠しきれず、男の子の反応をチラっと見てみると、薄っすらと毛が生えているおちんちんが勃起していました。

 

下着姿のまま焦らしながら脱ぎつつ2人の様子を見ると、彼らと目が合ってしまい、それに気付いた2人は急いで温泉に入っていきました。

 

(失敗したかな~)

 

と思いつつ私も後を追うと、小声で2人の会話が聞こえました。

 

「マジで女の人がいた!裸見れるかな?」

 

「お姉さんのおっぱいとパンツ見ちゃった!温泉だから絶対見れるよ!」

 

と、どうやら女性の裸を見たくて混浴に来たみたいでした。

 

裸を見たい少年2人と、見られたい私、という利害が一致していることに嬉しくなり、私は思い切って、

 

「こんばんは~、夜遅くに温泉?ご両親は?」

 

と話しかけました。

この体験談の続きを読む

中学3年で射精管理させられた俺のチンポはお姉さんのオナニー道具

射精管理
画像はイメージです

 

勃起しなくなるまで搾り取られました

 

あれは俺が中学3年生の時の夏休みでした。

 

当時通っていた塾の夏期講習で、国語を担当していた大学4年生の女子大生・由美さんと街で偶然会ったんです。

 

まだ夏期講習が終わって数日しか経っていなかったのでお互いすぐに分かり、時間もあったので話をし、いつのまにか俺は由美さんのアパートにお持ち帰りされたんです。

 

「徹君、さすがに女の子には興味あるでしょ?性に関心を持つ思春期だもんね。もう女の子とはエッチした?」

 

「いや、ないですよ」

 

「じゃあ、オナニーする時、何を想像するの?」

 

中3の男子からしたら、大学4年のお姉さんの色っぽさにドギマギしていました。

 

由美さんは1学年上の先輩と交際していたんですが、3月の卒業で別れていました。

 

その寂しさを中3の少年で埋めようとしていたのか、元々ショタコンだったのかは分かりません。

 

由美さんに迫られ、ズボンを脱いで、パンツを脱ぎ、チンポを出すと、

 

「ふーん、ちゃんとここは剥かないと駄目よ、お風呂で綺麗に洗わなきゃ」

 

ゆっくりと亀頭を剥かれ、付着していた黄色い恥垢を拭いてくれました。

 

女子大生にチンポを握られて、思春期の俺は当然勃起します。

 

「あら、元気いいわね。うふふ、溜まってるの?じゃあ出してあげよっか」

 

三擦り半とはこのことで、数回シコシコされただけであっという間にドビュッと発射してしまいました。

 

「ちょっと、やけに早いわね。もうちょっと我慢しないと女の子とセックスできないよ」

 

由美さんは俺を仰向けに倒すと、バッグから髪を束ねる黒いゴムを取り出し、金玉を縛りだしました。

 

「うーん、片方ずつ縛れないかしら」

 

そう言って、金玉を片方ずつ縛りだしたんですが、少し痛かったです。

 

「うわータマタマパンパン!あとはおちんちんの根本を締めちゃえば・・・うわあ、もうビンビンだね。」

 

再び勃起させられ、チンポの亀頭部分をナデナデするように優しく撫でられます。

 

中学生の俺はそれだけでもまた射精感が沸いてきましたが、出そうで出ない快感地獄に追いつめられました。

 

「ふふっ、ねえ、ドピュッて出したい?」

 

「は、はい!出したいです!」

 

「いいわよ、出してみなさい」

 

「出したいけど、で、出ません!」

 

俺は快感に我慢できず、亀頭だけ握っている由美さんの手でオナニーしているような形で腰を動かしました。

 

その様子を含み笑いしながら見ていた由美さんは、急に強くチンポを握って扱き始め、たまらずあっという間に2回目の射精をさせられました。

 

射精の勢いで金玉がせり上がり、縛っていたゴムが飛びました。

 

それからも由美さんはチンポを弄り続け、3回目の射精をさせられ、4回目は空砲、もう勃起しないくらいにまで搾り取られました。

この体験談の続きを読む