タグ:コンドームの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:コンドーム

母乳が出る巨乳奥さんに誘惑されてセックスした結果、衝撃の事実が…

母乳 セックス
画像はイメージです

 

色っぽい主婦の格好に勃起した

 

僕は高校1年の時、父の仕事の関係で、社宅に住んでいました。

 

とても綺麗な社宅とはいえず、あまり良い環境でも無かったです。

 

外に出ると、スケスケのネグリジェ1枚で涼んでいるお母さんがいたり、家の壁が薄いせいか、お隣でセックスしている声が聞こえてきたりもしました。

 

それをオナニーのおかずにしたこともありますけどね。

 

ちなみに僕は童貞ではありません。

 

中学3年の時、憧れていた友達のお母さんに、筆下ろししてもらった経験があります。

 

そのお母さんとは、一回だけの約束だったので、それ以降はセックスしてません。

 

今回は、母親の友達がこの社宅にいたんですが、その女性(明子さんとします)とのエッチな体験談を話したいと思います。

 

明子さんは主婦で、母の友達といっても、僕と母の中間ぐらいの年齢だったと思いますので、僕にとってはお姉さんのような存在でした。

 

僕の家にも頻繁に出入りしていましたし、主婦なのに色気もあって、僕に親しく接してくれました。

 

母は夕方6時から夜10時まで、近所の食堂でパートをしていました。

 

僕の家は鍵をほとんど掛けることがありません。

 

当時は社宅で鍵を掛ける家はほとんど無かったんです。

 

ある日、母がパートに出てからしばらくして、突然明子さんが家にやって来て、

 

「まーくん、ちょっと家に来て!」

 

と、かなり慌てた様子で呼び出されました。

 

明子さんの家に行くと、大きな蜘蛛が台所にいました。

 

「もう、怖くて・・・」

 

僕は新聞紙を丸めて叩き潰しました。

 

すると明子さんは、

 

「あ~良かった、ありがとう!」

 

と言って、僕に抱きついてきました。

 

大人の女性の香りを感じました。

 

明子さんが僕の家に来るようになって、何度もズリネタにしていたので嬉しかったです。

 

明子さんには子供がいて、生後5ヶ月位の女の子です。

 

女の子は新聞紙で叩く音にビックリして、泣き出してしまいました。

 

「ビックリしたね~、よしよし、お腹も空いてたかな~、おっぱいあげようね」

 

と言って明子さんは豊満なおっぱいを出して、女の子に飲ませ始めました。

 

僕は明子さんのおっぱいや乳首を見てしまい、ドキドキしてしまいました。

 

バッチリ目に焼き付けたので、

 

(帰ってオナニーしよっかな)

 

と思って帰ろうとしたら、

 

「ちょっと待って、もうすぐ飲み終えるから」

 

と言われて居間を見てみると、食事中だったようで、ビール瓶もありました。

 

僕は座って待つことにしました。

 

「まーくん、ごめんね、おばさんと一緒にご飯食べない?」

 

「はい」

 

とちゃぶ台の前に行き、座りました。

 

母が明子さんは以前、ホステスしていたと聞かされていました。

 

「まーくん、ビール飲んだこと有る?」

 

「ありますけど、苦くてあんまり好きじゃないです」

 

「じゃ、飲みやすくしてあげるわ・・・あっ、未成年にお酒勧めちゃまずいかな・・・ま、いっか」

 

と言って、明子さんは台所に行きましたが、その姿を見て、僕のチンコは勃起してしまいました。

 

明子さんはピッチリしたホットパンツに、ゆるゆるのTシャツ一枚で、しかもノーブラなんです。

 

さらに、台所のシンクの下にある物を取り出そうとして、突き出したお尻がこちらを向いていました。

 

まるで僕を誘惑しているかのようで、エロすぎてたまりませんでした。

この体験談の続きを読む

童貞の彼を2ヵ月焦らすとエッチしたくておちんちん擦り付けてきました

おちんちん擦り付け
画像はイメージです

 

童貞の彼を焦らしてセックスさせない私

 

私は28歳でOLしてます。

 

大学生の童貞君を卒業させてあげた話をしたいと思います。

 

彼は美大生で20歳です。

 

居酒屋でアルバイトをしていて、そこに会社の同僚と何度か飲みに行って親しくなり、

 

「彼女いないの?じゃあ私と付き合っちゃう?」

 

と軽く言ったことが原因で、本当に付き合うことになりました。

 

最初の2人きりのデートの時、彼は童貞であることを告白してきました。

 

「僕、付き合えて嬉しいけど、あの・・・女性と付き合うの初めてで・・・ちゃんとできるか分からないけど・・・だから、あの、僕、童貞なんです」

 

とオドオドして言葉に詰まったり、でも目はしっかりと合わせて言ってきて瞳が綺麗でした。

 

私はニコニコしながら聞いていました。

 

勇気を出して言ってくれたのが凄く嬉しかったです。

 

と同時に、

 

(こいつ、この後セックスできると思ってるな?)

 

と察知しました。

 

私はSっ気があるので、痴女っぽく焦らしてみようと思い、すぐにセックスさせない方向でいくことにしました。

 

それからも何度かデートを重ねましたが、一切セックスさせませんでした。

 

私の家にも呼んだけど、肩を揉ませたりマッサージをさせたりで、体には触れさせているけどセックスはなしです。

 

私は一切その気を見せず、淡々としていたと思います。

 

(悶々としてるだろうなぁ)

 

とは思っています。

 

(今日こそ童貞を捨てられる)

 

と思って来てるかもしれませんからね。

 

そしてついにその日が訪れました。

この体験談の続きを読む

【不倫】出会い系で知り合った始めての男性の精液で妊娠したい

不倫 セックス
画像はイメージです

 

初めての出会い系サイトで出会った男性とホテルへ

 

明美です。

 

私は26歳で、すでに結婚している主婦です。

 

子供はまだいません。

 

旦那は仕事柄出張も多く、家にあまりいません。

 

私は昼間はパートで働いています。

 

子供は欲しいと思っているのですが、結婚してから徐々にセックスの頻度が減り、今では旦那とあまり会話することもありません。

 

なのに、以前にも増して私は、性欲が強くなってきている気がします。

 

オナニーの回数も増えました。

 

バイブなどのオモチャを使ったりもしますが、快楽は得られても心は満たされない、そんな欲求不満は残ります。

 

(男性に強く、激しく抱かれたい・・・)

 

そんな欲求が、日に日に強くなっていきました。

 

そして、初めて出会い系サイトを使ってみることにしました。

 

出会い系サイトは相当な数があり、悪質なサイトもあるらしいので、優良なサイトを調べながら色々検索していたら、良さそうなサイトが見つかったので登録しました。

 

最初は使い方がよく分からなくて、試行錯誤を重ねていました。

 

マイページに詳細を書いて掲示板に投稿すると、男性の反応が良いと解り、旦那が出張で留守の日を見計らい、掲示板に投稿してみました。

 

すると数分で返信があり、

 

(近場の駅で会いませんか)

 

と言われ、OKして会う事になりました。

 

私の家から徒歩10分の駅で、19時に待ち合わせました。

 

駅のロータリー付近の待ち合わせで、車のナンバーや車種を聞いていたので直ぐ分かりました。

 

私がおそるおそる後ろから近付くと車のドアが開き、中からスーツ姿の男性が登場しました。

 

「明美さんですか?」

 

と聞いてきたので私は、

 

「はい、吉田さん?」

 

と聞いたら頷いたので、ほっと安心しました。

 

そして吉田さんの車に乗り、走り出しました。

 

最初はドキドキしましたが、車内で自己紹介したり、雑談していたらとても気さくな方で接しやすく、好感が持てました。

 

35歳で奥さんも子供もいるそうです。

 

つまり、お互い不倫関係です。

 

20分ぐらいでホテルに到着しました。

 

これから、

 

(出会ったばかりの男性とセックスするんだ)

 

と思ったら不安もありましたが、すでに興奮と性欲が高ぶっていました。

 

車から降りてホテルに入り、部屋を選びました。

 

部屋に入るとすぐに、一緒にお風呂に入る事になりました。

この体験談の続きを読む

元カノの母が俺のデカチンに跨ってきたらセックスの相性抜群だった

元カノの母
画像はイメージです

 

別れた元カノのお母さんが家に来た

 

高校の時付き合ってたF子はクラスメイトで、2年から3年まで付き合っていた。

 

髪はサラリとして長く、スレンダーで目も大きく、かなり可愛くて俺には勿体無いほどだった。

 

セックスもお互い処女と童貞同士だったが、無事に卒業した。

 

F子の家に行くと、同じくらいの背丈、同じ髪形の、これまた美人な母親のY美さんがいた。

 

当時39歳で、周りの母親とくらべても結構若いお母様。

 

自分の母も若い方だったが、Y美さんは20歳の時にF子を産んだとか。

 

見た目も若いが、言葉づかいもF子と変わらない感じで、フレンドリーに接してくる母親だった。

 

「へぇ~、彼氏結構格好いいじゃん!F子と別れたら私が付き合おっかな~」

 

なんて言う面白い人。

 

一緒にゲームもしたりして、

 

「◯◯君超うまい!」

 

とゲームを通してY美さんと仲良しになった。

 

それからも時々家にお邪魔してはゲームで一緒に遊んでた。

 

高校卒業になり、F子は遠方の大学に進学となり、結局別れた。

 

自分は地元の大学に入学した。

 

大学に行きだしてしばらくしたある日、突然Y美さんに声を掛けられた。

 

「久し振り!あれから彼女出来た~?」

 

と話すY美さんが、

 

「ねぇ、暇なら新しいゲーム買ったんだけどさ、一人でやるのつまんないから家に来ない?」

 

だって。さすがに元カノの家なんで気が引けたが、Y美さんが

 

「誰もいないし気にしないでいいよ!乗りなよ」

 

と車に乗せられ家に連れていかれた。

 

F子がいなくても気が引けるまま家に上がり、Y美さんとゲームをした。

 

着替えたY美さんは胸元がユルユルで、屈むと谷間が見えてドキッとした。

 

俺は気になってチラチラと覗いていた。

 

ゲームに夢中になって気が付くと夜7時になっていた。

 

帰り車で送ってもらう時に連絡先をを聞かれたので教えた。

 

それからは時々、ゲームの話などでメールしたり、1回だけは俺のアパートで一緒にゲームをしたりもした。

 

そんなある日、夜10時前に携帯電話が鳴った。

 

「ねぇ~、今何してんの~?」

 

と明らかに酔ってる感じの喋り方で、

 

「忘年会やってたんだけどさぁ~、つまんないからそっち行っていい?」

 

と強引な電話だった。

 

ちょうどアダルト動画を見ながら、せんずり中だったので断ると、

 

「お願い、もう部屋の前だし」

 

と言われ、慌てて停止してテレビを消した直後にY美さんがピンポンとやってきた。

 

酔ってフラフラしてるので、支えながら部屋に入れて、とりあえず座らせた。

 

「上司にお尻触られて気分悪いの」

 

と言われ、

 

「どうせ触られんなら若い男がいいし」

 

だって。苦笑いしてると、

 

「◯◯君なら触ってもいいよ!」

 

と笑いながらお尻を突き出すY美さん。

 

細い身体の割に巨尻で、触り心地良さそう。

 

ちょっとだけ触ってみたら柔らかな感触だった。

 

「どう?」

 

と言われ、

 

「柔らかいです」

 

て言ったら、

 

「◯◯君のお尻も触らせて」

 

と言われてお尻を向けたら、

 

「どれ」

 

と触ってきて、

 

「やっぱ男の子のお尻は硬いねぇ~」

 

と。

 

「こっちも硬いんじゃないの~?」

 

そう言っていきなりチンポを触ってきた。

この体験談の続きを読む

【童貞】バイト先の巨乳・巨尻お姉さんに誘われてアパートへ

 

お姉さん
画像はイメージです

 

 

お姉さんの家ですき焼きをご馳走に

 

あれは確か僕が大学2年生のころだったと思う。

 

大学が夏休みに入ったんだけど、お金を稼ごうと帰省しないで食品工場でアルバイトばっかりしてた。その会社には事務のお姉さんがいたんだ。当時、28歳ぐらいだった。

 

9月上旬にアルバイト辞めたんだけど、最後の土曜日、仕事終わったあとお姉さんのアパートへ行くことになった。以前から、ご飯一緒に食べようって誘ってくれてたんだ。

 

お姉さんの身長は160センチぐらいでそんなに高くはないんだけど、ムチムチのグラマーで、胸とお尻がかなり大きかった。Gカップぐらいあったんじゃないかな。今では爆乳とも言うね。

 

Tシャツ着てた時なんかは、何処見て話せばいいかと思ったくらい、目のやり場に困ったよ。

 

お姉さんの住むアパートは、工場のある場所から電車に乗って行った。最寄の駅で降りて夕飯の食材(すきやき)を一緒に買ってアパートへ。

 

当時は、土曜日もバイト先の工場は17時終了で、多分19時近くになってたと思う。

 

女性の一人暮らしの住まいにお邪魔するのは初めて。かなりドキドキしてたね。家の中に入ると小奇麗に片付いてた。

 

「ゆっくり休んでて」

 

って言われて休んでた。残暑厳しい日だった。休んでる間に、お姉さんは洗濯物を干し物を片付けたり、着替えをしたりしてた。

 

お姉さんはTシャツ、ジーパンに着替えたんだけど、白いTシャツの胸元がはちきれんばかりに突き出てた。薄っすらとブラジャーが透けてたね。二人きりの部屋なんで僕は興奮して鼻息が荒くなってた。ズボンの中は、すでにカチカチの勃起状態。

 

お姉さんは、すき焼きの準備に取り掛かりました。麦茶を飲み、テレビを見ながら待ってます。

 

すき焼きが出来、ビールで乾杯です。

 

「乾杯」

 

「いただきま~す」

 

お腹いっぱい食べました。

 

バイトの疲れと、ビールの酔いが回ったのかいつの間にか寝てしまい、目が覚めると、食事は綺麗に片付けられてました。

この体験談の続きを読む