タグ:クンニの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:クンニ

【近親相姦】エッチな妹と無修正動画見てたら段々エスカレートしていった

近親相姦
画像はイメージです

 

女子高生の妹が俺のチンポを扱いてくれた

 

俺は社会人の24歳で、妹の京子は高校3年生。

 

妹とは6歳離れているけど仲が良くて、下ネタなんかも平気で言い合える仲。

 

妹が中1の時まで風呂にも一緒に入ってたし、俺が高3の時に彼女と初体験した時も、妹にそのことを気にせず話したし、妹は好奇心旺盛といった感じで詳しく聞いてきた。

 

妹も高1の時に初体験を済ませている。

 

彼氏の家に遊びに行くことになった時、多分セックスを迫られるだろうからどうすればいいかと相談された。

 

そしてその日の夜、妹は俺に嬉しそうに初体験の報告をしてきた。

 

ちょっと痛かったけど、気持ちよくなれたし、なんとか無事に出来てよかったと喜んでいた。

 

それからというもの、妹が隣の部屋にいても、俺は彼女を部屋に連れ込んでセックスしていた。

 

セックスの後で妹から、

 

「お兄ちゃんたちのエッチの声が聞こえて興奮したじゃない」

 

とか言ってきた。

 

そんな妹も、俺が家にいる時でも彼氏を連れ込んで部屋でセックスするようになった。

 

ちょっとだけ聞こえる妹の喘ぎ声に、俺も興奮していた。

 

妹が一人で部屋にいる時でも、たまに喘ぎ声が聞こえる時があった。

 

おそらくオナニーしていると思って、後で聞いてみると、恥ずかしそうに笑いながら認めた。

 

俺はその後も彼女が変わるたびに連れ込んでセックスしたし、セフレがいた時もあった。

 

妹も同様で、お互いコソコソしているわけではなかった。

 

しかも、お互いのセックスの仕方や、感じる所とかも平気で言い合えた。

 

ちなみに妹は美人ではないが、まあまあ可愛いし、胸はCカップある。

 

こんな俺と妹だったが、二人ともお互いを性的な対象として見ることはなかった。

 

しかし、その日を境に変わった。

 

前から俺と妹は、一緒にパソコンでエッチな画像や動画を見たりすることがあった。

 

無修正画像とか見て二人で

 

「うわ~、エロ~い」

 

とか言って喜んだりしていた。

 

その日の夜も、妹と俺の部屋で一緒に無修正動画を見ていた。

 

女子高生物で、セーラー服姿の女性がセックスしていた。

 

出ていたAV女優はかなり可愛い娘で、今まで見た中でもかなり興奮した。

 

マンコもチンポもモロ見えで、俺も妹もじっくり見ていた。

 

俺のチンポが勃起しているのを見て妹は、

 

「お兄ちゃん、モッコリしてるよ~」

 

と笑いながらからかってきた。

 

俺は今までも勃起しても隠したりはしなかった。

 

むしろふざけて見せつけるぐらいだった。

 

その時もそうで、別に恥ずかしくもなかった。

 

「前から思ってたけどさ~、お兄ちゃんのおちんちんってけっこう大きくない?」

 

「今までの男と比較して何番目くらい?」

 

「そんなの見ないと分かんないよ」

 

「俺のチンポ見たい?」

 

「見せてくれるの?」

 

「いいよ」

 

俺はズボンとパンツを下ろして本当に勃起したチンポを見せてやった。

 

「すご~い、おっきい~、あたしが見た中で一番かも!」

 

「なんなら触っていいぞ」

 

「本当に?じゃあ、ちょっと触るね」

 

指先でつんつんと触ってきた。

 

「どうせならちゃんと触ってくれよ」

 

と笑いながら言うと、妹は右手でチンポをそっと握って、

 

「おっきい~、ちょっと動すよ」

 

と言って、上下に扱く仕草をした。

 

「おい、出ちゃったらどうすんだよ」

 

「早漏なの?」

 

と妹は俺をからかった。

 

動画では、女子高生がフェラチオしていた。

 

巨根男優のチンポを、可愛い顔で口に含み、モゴモゴしていた。

 

「京子もフェラチオしてんのかあ」

 

「ふふ、けっこう上手いかもよ」

 

と妹は悪戯っぽく言うと俺のチンポから手を離した。

 

「あれ、もうやめんの?ずっと扱いてくれよ」

 

「もう、ふざけすぎでしょ」

 

また俺のチンポを握って扱き出した。

 

「それ以上速く動かしちゃダメだぞ」

 

「急に出さないでよね」

 

と妹は笑って扱き続けた。

この体験談の続きを読む

【女子高生】寸止めで悶える中学生の美少年がオナニーのおかず

手コキ
画像はイメージです

 

美少年のズボン越しにおちんちんを擦ると

 

私が17歳の時、当時の私は今と比べてかなりの痴女でした。

 

私はその当時高校2年生で、学校が終わるとアルバイト先の塾に行っていました。

 

そのアルバイトは、中学生が行った試験の答案の丸バツをつける内容が多くて、割と簡単なものばかりでした。

 

バイト代は少しだったのですが、その塾には私好みの美少年の塾生が多く、その男の子たち(中2くらい)で目の補給をすることを目的にバイトをしていたようなものです。

 

私は来る日も来る日もその美少年たちを必ずやイタズラをしてやりたいと思っていて、常にモヤモヤしていました。

 

いつも彼らを苛めて私の虜にする妄想でオナニーしていました。

 

(まだ女性を知らなさそうな美少年達をハァハァ言わせてみたい)

 

そういったことばかり想像していましたが、ついに実践してしまう日が来てしまったのです。

 

それは、私が特に好意を持っていた美少年とラッキーなことに2人っきりになれた時です。

 

いつも土曜日は学校がお休みということもあり、塾に来る生徒はこの美少年の男の子と私とあと2人の美少年ぐらいでした。

 

しかしある土曜日に2人の美少年が塾を休み、塾にはお気に入りの彼と私だけになったのです。

 

その男の子は既に授業が終了していたのですが、勉強熱心なのか個室で自習をしていました。

 

先生たちもその男の子の授業が終わると、別の塾で会議があるらしく、一時的にみんないなくなってしまったのです。

 

もうこんな絶好のチャンスは滅多なことでは来ないと思い、私は速攻で彼が勉強している個室に侵入しました。

 

その当時彼は中2で、私より3つ年下でした。

 

まだ幼い表情が残っていて、私が話しかけても顔を赤らめて逃げちゃうほどの純情な少年です。

 

そんな愛くるしい少年に対し私は隣に座り、彼の耳もとでわざと息を吹きかけるような囁き声で

 

「お勉強楽しいの?」

 

と問い掛けてみました。すると、

 

ガタン!と椅子が倒れるほど彼は急に耳を押さえながら立ち上がり、顔を真っ赤にして

 

「なっ、何するんですかっ!」

 

と狼狽しながら言いました。考えた通りのリアクションが返ってきて、心地よくて堪らないです。

 

そして彼のリアクションに

 

「勉強は楽しいの?って聞いただけじゃない」

 

とニコッとしながら答えました。それに対して彼は、

 

「そ、そうじゃなくて、えっと、別に、楽しいとかじゃないですけど・・・」

 

と真面目に答えてくれたチャーミングな少年です。

 

(食べちゃいたい)

 

と心底思いました。もう私の欲望は止まりません。

 

「勉強より楽しいこと教えてあげる、ほら、ひとまず座って?」

 

と言いつつ私は彼の腕を引っ張って、強引に私の膝の上に座らせました。

 

さらに驚いて、恥ずかしさもありオロオロする彼に、遠慮なく後ろから制服のズボンごしに彼のおちんちんを軽く掴みました。

 

そして私の太腿を使って彼の足をじわじわこじ開けながら、おちんちんを擦り始めました。

 

始めのうちは

 

「や、やめてください!」

 

と抵抗する彼でしたが、本気で逃げようと思えば中学生といえど男の子ですから、女の私ぐらい振り払うことは出来たはずです。

 

しかし、徐々に彼の方から足を開き出して、

 

「ああっ!はぁ…あふぅ…あっあぁ…」

 

と感じている声を漏らすようになりました。

この体験談の続きを読む

奥手だった元カノがパイパンでドエロな痴女に豹変!

潮吹き
画像はイメージです

 

久々の再会で色気が出ていた元カノ

 

俺が大学生の時に付き合ってた元カノの名前は由美です。当時合コンで知り合い、3年の時に交際スタートし、卒業して別れました。

 

この前、その元カノの由美と何年かぶりに偶然表通りで会い、そのままの流れで飲みに行ってセックスしました。

 

付き合ってた当時の由美は、男性経験がほとんどありませんでした。

 

俺もそれほどセックス経験は無かったので、今思えば子供っぽい交際だったと思います。

 

セックスも普通にしてたけど、簡単にお互い舐め合って正常位で挿入して、腰振って終了みたいな感じです。

 

本当はもっといろんな体位とか器具とか試したかったんですけど、大人のオモチャ持って行ったら泣き出した事がありました。

 

「私はそんな下品な事したくない」

 

(どうして下品?)

 

って思いましたが、それ以降本当にノーマルなセックスでした。

 

由美はふわっとした印象で、強いて言うなら清潔感があるような女性でした。

 

身長も155cmぐらいの割と小柄で、でもDカップのなかなかの美乳の持ち主です。外見が少し幼いところがあって、あまり色気は感じませんでした。

 

休日出勤した祝日の日、夕方ごろ仕事が済んで街を歩いていました。

 

ブラブラしてるとこに、後ろから肩を叩かれ、驚いて振り向くと由美だったんです。

 

「やっぱり!久し振りだね!元気?」

 

開口一番元気に声をかけてきた由美だったんですが、その由美を見て俺は愕然としました。

 

以前の面影はあるものの、女の色気で満ちていました。

 

「ええ?お前由美か?ずいぶん変わったなあ!」

 

「そお?変わったぁ?年取っただけじゃない?」

 

22歳で別れてからかれこれ5年ぐらい会っていません。

 

よく俺だと気が付いたなと聞いたら、歩いてる後ろ姿に間違いないと思ったと笑っていました。

 

くたびれているように歩く後ろ姿は昔のままだと言うんです。しかもヘアースタイルも大学当時とあまり変わっていませんしね。

 

「最近はどうしてる?」

 

と聞かれて、歩きながら近況を話していました。彼女はいるけどまだ結婚していないで、仕事もそこそこ忙しいといった話ですね。

 

驚いたのは由美はもう既に結婚していた事です。

 

結婚して1年ちょいだと言っていたのですが、相手はなんと10歳年上だそうです。今27歳だから亭主は37歳?ビックリです。

 

「この後なんか予定ある?」

 

と由美に聞かれ

 

「何も無いよ」

 

と答えると、

 

「じゃ、ご飯奢ってよ!」

 

と強引に腕を絡めて歩かされました。

 

由美が行きたがっていたというイタリアンのお店に入り、少しだけアルコールも飲みながら昔話をしていました。

 

由美の胸元は、寄せて上げるタイプのブラジャーなのか、胸の谷間がキッチリと見えます。

 

「お前って昔そんな胸元の空いた服なんか着なかっただろ?」

 

「そうねえ、まだあの頃って子供だったしね」

 

「今は以前と違って色気ムンムンだぞ」

 

「そりゃ結婚もしたからね!色気ぐらい出さないと」

 

話す内容も外見も相当変わっていました。

 

昔のような恥じらいもなく、色気をかなりアピールしている感じに見えます。

 

スタイルは元々良かったので、ちょっぴりムラムラしてきたのは確かです。

この体験談の続きを読む

旅先でオジサマを誘惑する二重人格の私は本当は痴女?

旅行 セックス
画像はイメージです

 

酔ったふりしてオジサマを誘惑

 

私って、二重人格みたいなんです。

 

連日の仕事のリフレッシュのため、温泉地や行楽地に一人で旅行するのが趣味です。

 

ただ、TELで予約しようとすると、どういうわけか、女一人では宿泊拒否されることがあります。ひどいですよね。

 

(まあ、いいけどね)

 

夜は、必ずというほど宿泊施設にある、バーやラウンジでおいしいアルコール(カクテルが多い)を頂くんです。しかも、旅館であれば、浴衣にノーブラが定番です。

 

シティーホテルであれば、胸の谷間をアピールできる格好です。そうすると大抵、男性が声を掛けてきてくれます。

 

「お一人ですか?」

 

「よろしければ、一緒に飲みませんか?」

 

とか会社では絶対見せないようなスマイルを見せながら一緒に飲みます。

 

ここからが、私の奥に眠る、もう一人の人格が登場します。

 

浴衣であったら、わざと足をチラ見させたり、前屈みになって、乳首が見えるくらいまで見せてノーブラだということを気づかせたりします。

 

いつも会社の飲み会では酔って記憶をなくすことはないほどお酒には強いんですけど、ここでは敢えて酔ったふりをするんです。

 

過去のとある連休の時も、見込み通り私より15歳ぐらい年上のオジサマが声をかけてきました。

 

「お姉さんお一人ですか?よければ、一緒に飲みません?」

 

私は、ニッコリ笑って軽く頷くと、オジサマは、私の隣に座ってきました。

 

このオジサマ、家族旅行で奥さんと小学3年生の息子さんとの3人で来ていて、奥さんと息子さんはもう部屋で寝たらしく、一人でバーに飲みにきたそうなんです。

 

カクテルを3杯程飲んだ頃、まだ酔ってはいないんですが、ちょっぴり眠くなってきたたので、酔ったフリをしてみました。

 

「もう遅いし、そろそろ部屋に戻りましょうか?」

 

とオジサマが言います。私は、眠そうな表情を作って頷くと、

 

「部屋は何処ですか?」

 

カードキーを見せると、オジサマは抱きかかえるような形で私の部屋まで付き添ってくれました。

 

無論のこと、飲み代は全てオジサマが奢ってくれました。

 

途中、エレベーターの中でオジサマは抱えるふりをしながら、私の胸に自然な感じで触れていました。

 

私は、オジサマに寄りかかったままです。

 

部屋に連れてきてもらうと、ゆっくり優しくベッドに寝かせてくれました。

 

「カードキーは机の上に置いとくね」

 

と言って、そのまま帰ろうとしたんです。本当に紳士です。しかし私は、

 

「オジサマ行かないで、私を抱いて!」

 

「えっ?!」

 

「オジサマ、私のタイプなんです。だから抱いて」

 

オジサマは無言のまま振り返り、私の上に覆いかぶさってきました。

この体験談の続きを読む

中2女子がキモ男の先生を誘惑して処女喪失

女子中学生セックス
画像はイメージです

 

謹慎中の私の様子見に来たキモい担任を誘惑

 

私は中学2年の女子です。

 

自分で言うのもなんだけど、体はもう大人の女性だと思っています。おっぱいも大きくて、体操服なんか着たら盛り上がって目立ちます。

 

普通の女子は恥ずかしいんだろうけど、私は男子に見られてると思うと興奮します。よく男子からは、

 

「エロい体で興奮する」

 

って言われることもあって、そう言われたら

 

「なによ!エッチ!」

 

ってはぐらかしています。でも、本当はエッチなことして欲しいんです。

 

裸を見せたいし、いろんなとこ触って欲しいんです。しょっちゅう痴漢に襲われることを想像してオナニーしています。

 

私って変態かしら。

 

この前、私が学校で悪さをしてしまって自宅謹慎中の時、担任の男の先生が自宅に様子を見に来たんです。

 

本当は、たくさんある罰としての宿題をしなくてはいけなかったのに、ほとんどやっていませんでした。

 

正直言って、その男の先生はちょこっと気持ち悪いタイプのオジサンって感じです。

 

でも何故か、痴漢願望のある私にとっては物凄く興奮する人種なんです。

 

なので先生が来るって分かると、事前にミニスカートと、ノーブラで乳首のポッチが分かるようなTシャツを着て待っていました。

 

そして少し、胸のボタンを開けて、屈むとおっぱいが見えるような格好にしておきました。

 

キモ男の担任が私の家に来て、

 

「おい、ほとんど宿題やってないじゃないか!こんなことじゃ自宅謹慎解除してやれないぞ!」

 

って言われました。

 

私はちょこっとおっぱいが見えるように先生の前で屈み、パンツがギリギリ見えるくらい足を広げました。

 

「おいおい、そんな体勢とると興奮するじゃないか」

 

と、先生は、当初は冗談っぽく笑っていたのですが、私が思い切って

 

「先生とエッチなことしたい」

 

って言うと、ちょっと驚いてました。しかし、、私が服を脱いで胸を出すと、もうオスのエロい顔になっていました。

 

「ほ、本当にいいんだな」

 

と言いながらおっぱいを触り、乳首をくりくりと弄ってくれました。

 

「いい体してるなあ。興奮するよ。本当にいいんだな?はぁはぁ、チュパチュパ、クリクリ」

 

すでに先生は私の乳首を舐めたり、はぁはぁ言ったり、そんなことだけで、私のオマンコはビッショリと濡れまくっていました。

この体験談の続きを読む