タグ:クンニの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:クンニ

小学生同士のラブラブセックス「マンコ見ていい?」「チンコ見せてよ」

小学生同士のラブラブセックス
画像はイメージです

 

パンツの中身なら興味あるけどな

 

小学校6年生で11才だった時のこと。

 

幼稚園からの幼馴染の結衣とは、一緒にお風呂に入ったりもしていた。

 

立派な女になりつつもまだ子供っぽく、スカートめくりなんかしてた。

 

結衣もマセた娘で、活発でエッチだった。

 

良く俺がおっぱい触ったり、スカートめくったりすると、ズボンの上から金玉やチンコを痛いくらい握られたこともあった。

 

ある日、結衣にちょっかい出してたら、突然キレて、

 

「そんなに見たいの?」

 

って言って、自分でバッとスカート捲り上げて、

 

「ホラ、見なよ~」

 

って挑発して来た。

 

可愛いイチゴのパンツだった。

 

でも俺も負けじと、

 

「そんなガキのパンツなんか見たかねぇよ~」

 

って照れ隠しで言った。

 

そしたら結衣が、

 

「じゃぁ、なんでめくんのよ~」

 

って難癖つけて来たんで、

 

「挨拶代わりだよ、パンツなんか興味ねぇもん、パンツの中身なら興味あるけどな」

 

って言ってやった。

 

結衣のやつ

 

「じゃぁ中身見せてやるよ」

 

って言い出した。

 

(えっ?ウソ、まじ?)

 

と思い、ちょっと凍ってしまってたら、

 

「チンコ見せてくれたらね」

 

だと。

 

でも、ここは学校だった。

 

だから、

 

「どこで?」

 

って聞いたら、

 

「放課後、家においで」

 

だって。

 

(ラッキー)

 

と思いながらも、

 

(マジ?)

 

みたいな感じでその日の放課後になった。

 

シャレだろうと思っていたら、結衣が来て、

 

「一緒に帰ろ」

 

って言って来た。

 

(本気だ)

 

その日の帰り道は、なんか無言でお互い照れてた。

 

エッチな気持ちと、勢いで言っちゃったみたいな約束を考えるとね。

 

結衣の家に行って、いつもの部屋に行った。

 

いつも遊びに来てる部屋なのに、初めて来たように緊張が・・・。

 

すると結衣が、

 

「見たいんでしょ?」

 

っていきなりスカートをたくし上げた。

この体験談の続きを読む

射精される時は意識が朦朧としてるからいつも中出しされちゃう

対面座位
画像はイメージです

 

女は私しか知らない彼

 

この間の夜、すごーく気持ちいいセックスしちゃったから、誰かに聞いて欲しくて書いてみます。

 

こんな気持ちになったのは初めてってぐらい最高だった。

 

私の彼は、私とがセックス初体験だったから、私がリードしてあげて仕込んでいきました。

 

その甲斐もあって、私の思い通りのセックスをしてくれるんです。

 

付き合って数年経つけど、今でも愛のあるセックスしてます。

 

彼に体を触られると、どこでも感じちゃって、すぐトローンてなっちゃう、きゃっ。

 

キスしながら背中を撫でられ、胸を揉まれ、耳にキスされ、首にキスされ、乳首を吸われ、優しく噛まれて…。

 

特別なことじゃないんだけど、それだけでもう立ってられないんです。

 

この間は久しぶりにシックスナインで舐めあいしたのに、あまりにも気持ちいいから、わがまま言って私がマグロ状態になって、彼にいっぱいクンニしてもらったんです。

 

おちんちん欲しくてたまらなくなったので、

 

「入れて…」

 

ってお願いしたけど彼は、

 

「何を?」

 

って意地悪く聞くから、

 

「指」

 

って言ったんです。

 

そしたら彼は、

 

「なんだ指か」

 

って言って、本当に指入れて一番感じるオマンコの奥を突いてきたんです。

 

おちんちんじゃないけど、指でもめっちゃ気持ちよくって、腰をクネクネさせてたと思う。

 

しばらく指で責められたけど、彼も入れたくなったみたいで、いきなりおちんちんを私のオマンコにズンッて挿入してきたんです。

 

その瞬間がすごーく気持ちよくて、

 

「あーっ!はーっ!」

 

って声しか出ない。

 

彼のおちんちんが何度も奥までズブズブ入ってくるから、すっごく気持ちよくて、大きな声で喘いじゃったみたいです。

この体験談の続きを読む

妹の中学生の彼氏を巨乳で誘惑したらむしゃぶりついて中出しまで

巨乳揉み
画像はイメージです

 

妹の彼氏にノーブラのおっぱいを見られました

 

私は20歳の女子大生です。

 

私には中学生の妹がいます。

 

私の通う大学は家から遠いので一人暮しをしているんですが、長期の休みの時期は実家に帰って過ごしています。

 

これは、この前の夏休みの時の話です。

 

7月に前期試験が終わり、実家に帰省した私はのんびり過ごしていました。

 

中学生の妹にはいつの間にか彼氏が出来ていて、夏休み期間中ということもあって、妹はよく彼氏を自分の部屋に呼んでいるみたいでした。

 

そんなある日、妹は遊園地でデートだといって彼氏と出かけ、両親も出かけていたので、家には私ひとりになりました。

 

私が居間でテレビを見ていると、まだお昼だというのに、妹が彼氏を連れて家に帰ってきました。

 

しばらくは帰ってこないだろうと思っていた私は、短パンにキャミソールというラフな格好でいました。

 

妹と目が合ったので、彼氏を紹介されて軽く挨拶をしたら妹が、

 

「やだ!お姉ちゃんノーブラじゃん、乳首出てるよ」

 

と言ってきました。

 

(しまった、忘れてた!)

 

と思ったときにはもう手遅れです。

 

妹の彼氏、ユウト君も私のおっぱいを見たのを確認しました。

 

自分で言うのもなんですが、私はスレンダーで巨乳なので、

 

(中学生の男の子には多少刺激が強すぎたかなぁ)

 

と思い、ユウト君の方を見ると、慌てて目を逸らしていました。

 

その日はそれで終わったのですが、数日後のことです。

 

ユウト君が妹を尋ねて家にやってきました。

 

どうやらデートの約束をしていたようなのですが、妹は完全に忘れて買い物に出かけてしまっていました。

 

慌てて妹に電話をすると、

 

「ごめん!あと1時間くらいして帰るから、ユウトに待っててもらって」

 

と言いました。

 

でも、妹のいる場所から家までは、どんなに急いでも2時間くらいはかかります。

 

仕方ないので、ユウト君をとりあえずリビングに案内しました。

 

ユウト君に、

 

「妹はあと3時間くらい帰ってこない」

 

と言うと、少し怒ったような顔をしましたが、待ってると言いました。

 

ユウト君に飲み物を出し、妹が帰ってくるまで、のんびりと居間で二人でテレビを見ていました。

 

まだ先日紹介されたばかりなので、そんなに会話もなく、重い空気が漂っていたので、私はユウト君に妹との交際について、どんな感じなのかを聞いてみることにしました。

 

照れてなかなか話そうとしないユウト君ですが、私はからかうように、

 

「妹とはどこまでいったの?」

 

と聞いてみると、恥ずかしそうに

 

「キスはしました」

 

と答えました。

 

「エッチはしてないんだ?」

 

と聞くと、

 

「まだそこまでは・・・させてもらえません」

 

と言いました。

 

我が妹よ、なかなか固いわねぇ。

 

私はウブなユウト君に意地悪な質問をしてみました。

 

「ユウト君この前、私の胸見たでしょ?」

 

するとユウト君は、

 

「ご、ごめんなさい・・・」

 

と言い、顔を真っ赤にして下を向いてしまいました。

 

すごく可愛く思えました。

 

私はさらに、

 

「謝らなくてもいいよ、私が見せたようなもんだし・・・で、どうだった?」

 

と聞くと、

 

「え?・・・いや・・どうって聞かれても・・・」

 

「なぁに?」

 

「大きいなぁと・・・思いました」

 

ユウト君はモジモジして、恥ずかしそうに答えました。

 

「本当?」

 

「は、はい」

 

「大きい胸は好き?」

 

と聞くと、ユウト君はコクンと頷きました。

 

「ユカリ(妹)は小さいもんね?」

 

と言うと、ユウト君は首を振って、

 

「胸は関係ないです!僕、ユカリのこと好きですから」

 

とキッパリと言いました。

 

もう、ユウト君がすっごく可愛くて、キュンキュンしちゃいました。

この体験談の続きを読む

【近親相姦】エッチな妹と無修正動画見てたら段々エスカレートしていった

近親相姦
画像はイメージです

 

女子高生の妹が俺のチンポを扱いてくれた

 

俺は社会人の24歳で、妹の京子は高校3年生。

 

妹とは6歳離れているけど仲が良くて、下ネタなんかも平気で言い合える仲。

 

妹が中1の時まで風呂にも一緒に入ってたし、俺が高3の時に彼女と初体験した時も、妹にそのことを気にせず話したし、妹は好奇心旺盛といった感じで詳しく聞いてきた。

 

妹も高1の時に初体験を済ませている。

 

彼氏の家に遊びに行くことになった時、多分セックスを迫られるだろうからどうすればいいかと相談された。

 

そしてその日の夜、妹は俺に嬉しそうに初体験の報告をしてきた。

 

ちょっと痛かったけど、気持ちよくなれたし、なんとか無事に出来てよかったと喜んでいた。

 

それからというもの、妹が隣の部屋にいても、俺は彼女を部屋に連れ込んでセックスしていた。

 

セックスの後で妹から、

 

「お兄ちゃんたちのエッチの声が聞こえて興奮したじゃない」

 

とか言ってきた。

 

そんな妹も、俺が家にいる時でも彼氏を連れ込んで部屋でセックスするようになった。

 

ちょっとだけ聞こえる妹の喘ぎ声に、俺も興奮していた。

 

妹が一人で部屋にいる時でも、たまに喘ぎ声が聞こえる時があった。

 

おそらくオナニーしていると思って、後で聞いてみると、恥ずかしそうに笑いながら認めた。

 

俺はその後も彼女が変わるたびに連れ込んでセックスしたし、セフレがいた時もあった。

 

妹も同様で、お互いコソコソしているわけではなかった。

 

しかも、お互いのセックスの仕方や、感じる所とかも平気で言い合えた。

 

ちなみに妹は美人ではないが、まあまあ可愛いし、胸はCカップある。

 

こんな俺と妹だったが、二人ともお互いを性的な対象として見ることはなかった。

 

しかし、その日を境に変わった。

 

前から俺と妹は、一緒にパソコンでエッチな画像や動画を見たりすることがあった。

 

無修正画像とか見て二人で

 

「うわ~、エロ~い」

 

とか言って喜んだりしていた。

 

その日の夜も、妹と俺の部屋で一緒に無修正動画を見ていた。

 

女子高生物で、セーラー服姿の女性がセックスしていた。

 

出ていたAV女優はかなり可愛い娘で、今まで見た中でもかなり興奮した。

 

マンコもチンポもモロ見えで、俺も妹もじっくり見ていた。

 

俺のチンポが勃起しているのを見て妹は、

 

「お兄ちゃん、モッコリしてるよ~」

 

と笑いながらからかってきた。

 

俺は今までも勃起しても隠したりはしなかった。

 

むしろふざけて見せつけるぐらいだった。

 

その時もそうで、別に恥ずかしくもなかった。

 

「前から思ってたけどさ~、お兄ちゃんのおちんちんってけっこう大きくない?」

 

「今までの男と比較して何番目くらい?」

 

「そんなの見ないと分かんないよ」

 

「俺のチンポ見たい?」

 

「見せてくれるの?」

 

「いいよ」

 

俺はズボンとパンツを下ろして本当に勃起したチンポを見せてやった。

 

「すご~い、おっきい~、あたしが見た中で一番かも!」

 

「なんなら触っていいぞ」

 

「本当に?じゃあ、ちょっと触るね」

 

指先でつんつんと触ってきた。

 

「どうせならちゃんと触ってくれよ」

 

と笑いながら言うと、妹は右手でチンポをそっと握って、

 

「おっきい~、ちょっと動すよ」

 

と言って、上下に扱く仕草をした。

 

「おい、出ちゃったらどうすんだよ」

 

「早漏なの?」

 

と妹は俺をからかった。

 

動画では、女子高生がフェラチオしていた。

 

巨根男優のチンポを、可愛い顔で口に含み、モゴモゴしていた。

 

「京子もフェラチオしてんのかあ」

 

「ふふ、けっこう上手いかもよ」

 

と妹は悪戯っぽく言うと俺のチンポから手を離した。

 

「あれ、もうやめんの?ずっと扱いてくれよ」

 

「もう、ふざけすぎでしょ」

 

また俺のチンポを握って扱き出した。

 

「それ以上速く動かしちゃダメだぞ」

 

「急に出さないでよね」

 

と妹は笑って扱き続けた。

この体験談の続きを読む

【女子高生】寸止めで悶える中学生の美少年がオナニーのおかず

手コキ
画像はイメージです

 

美少年のズボン越しにおちんちんを擦ると

 

私が17歳の時、当時の私は今と比べてかなりの痴女でした。

 

私はその当時高校2年生で、学校が終わるとアルバイト先の塾に行っていました。

 

そのアルバイトは、中学生が行った試験の答案の丸バツをつける内容が多くて、割と簡単なものばかりでした。

 

バイト代は少しだったのですが、その塾には私好みの美少年の塾生が多く、その男の子たち(中2くらい)で目の補給をすることを目的にバイトをしていたようなものです。

 

私は来る日も来る日もその美少年たちを必ずやイタズラをしてやりたいと思っていて、常にモヤモヤしていました。

 

いつも彼らを苛めて私の虜にする妄想でオナニーしていました。

 

(まだ女性を知らなさそうな美少年達をハァハァ言わせてみたい)

 

そういったことばかり想像していましたが、ついに実践してしまう日が来てしまったのです。

 

それは、私が特に好意を持っていた美少年とラッキーなことに2人っきりになれた時です。

 

いつも土曜日は学校がお休みということもあり、塾に来る生徒はこの美少年の男の子と私とあと2人の美少年ぐらいでした。

 

しかしある土曜日に2人の美少年が塾を休み、塾にはお気に入りの彼と私だけになったのです。

 

その男の子は既に授業が終了していたのですが、勉強熱心なのか個室で自習をしていました。

 

先生たちもその男の子の授業が終わると、別の塾で会議があるらしく、一時的にみんないなくなってしまったのです。

 

もうこんな絶好のチャンスは滅多なことでは来ないと思い、私は速攻で彼が勉強している個室に侵入しました。

 

その当時彼は中2で、私より3つ年下でした。

 

まだ幼い表情が残っていて、私が話しかけても顔を赤らめて逃げちゃうほどの純情な少年です。

 

そんな愛くるしい少年に対し私は隣に座り、彼の耳もとでわざと息を吹きかけるような囁き声で

 

「お勉強楽しいの?」

 

と問い掛けてみました。すると、

 

ガタン!と椅子が倒れるほど彼は急に耳を押さえながら立ち上がり、顔を真っ赤にして

 

「なっ、何するんですかっ!」

 

と狼狽しながら言いました。考えた通りのリアクションが返ってきて、心地よくて堪らないです。

 

そして彼のリアクションに

 

「勉強は楽しいの?って聞いただけじゃない」

 

とニコッとしながら答えました。それに対して彼は、

 

「そ、そうじゃなくて、えっと、別に、楽しいとかじゃないですけど・・・」

 

と真面目に答えてくれたチャーミングな少年です。

 

(食べちゃいたい)

 

と心底思いました。もう私の欲望は止まりません。

 

「勉強より楽しいこと教えてあげる、ほら、ひとまず座って?」

 

と言いつつ私は彼の腕を引っ張って、強引に私の膝の上に座らせました。

 

さらに驚いて、恥ずかしさもありオロオロする彼に、遠慮なく後ろから制服のズボンごしに彼のおちんちんを軽く掴みました。

 

そして私の太腿を使って彼の足をじわじわこじ開けながら、おちんちんを擦り始めました。

 

始めのうちは

 

「や、やめてください!」

 

と抵抗する彼でしたが、本気で逃げようと思えば中学生といえど男の子ですから、女の私ぐらい振り払うことは出来たはずです。

 

しかし、徐々に彼の方から足を開き出して、

 

「ああっ!はぁ…あふぅ…あっあぁ…」

 

と感じている声を漏らすようになりました。

この体験談の続きを読む