カーセックス
画像はイメージです

 

いきなり僕にキスしてきました

 

僕の会社の後輩に、夏帆という女の子がいます。

 

夏帆は高卒の新入社員で、背は155cmと小柄で、茶髪のショートヘアーです。

 

顔はロリ系で、やや肉付きがよく巨乳のいい感じです。

 

男性経験は豊富な印象です。

 

普通に「可愛い」と言えるレベルの女の子です。

 

僕は26歳で、19歳の夏帆とは結構離れてますし、部署も違って仕事上も直接関わることはありません。

 

ですが昨日、退社する時に偶然、会社の出口ではち合わせた時に夏帆が、

 

「○○さんお疲れ様です」

 

と僕の名前を口にしました。

 

「あれ?俺の名前知ってるの?」

 

と聞くと、ニコニコ笑いながら、

 

「好みの人は覚えちゃうんです」

 

と言ってきました。

 

嘘でも嬉しくなり、冗談のつもりで、

 

「じゃあこれから二人でどっか消えよーか?」

 

と言うと、

 

「はい」

 

と上目づかいで言ってくるので、僕は完全にその気になりました。

 

夏帆は車通勤で、僕はバイク通勤なので、

 

一旦僕がバイクを家に置きに帰り、夏帆の車に同乗しました。

 

さすがに今日いきなりなので、何かが起こるはずはないだろうと思っていました。

 

しかし、突然夏帆が人気の無い場所に行き、車を停めるとシートベルトを外して、助手席の僕に覆いかぶさってきました。

 

僕がびっくりして固まっているところに、夏帆は僕にキスをしてきました。

 

夏帆の髪から漂う良い匂いと、柔らかい唇の感触に思わず勃起してしまい、夏帆の口に舌をねじ込みました。

 

夏帆も舌を絡めてきます。

 

お互い身体を密着させ、汗をかきながら夢中で舌を絡め合います。

 

お互いの涎でベトベトになりながら、

 

「チュパッ、チュプチュプ、ヌチャッ」

 

と、卑猥な音が車内に響きます。

この体験談の続きを読む