タグ:キモ男の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:キモ男

中学2年でスタイルの良かった私は痴漢願望がありキモい先生を誘惑しました

キモい担任とセックス
画像はイメージです

 

キモい先生をエッチな格好で誘惑

 

私が中学2年生の時の話です。

 

自分で言うのもおこがましいですが、すでに当時は胸もあり、お尻も大きくて、体はもう大人の女性になっていました。

 

よく男子からは、

 

「スタイル良いから興奮する」

 

って言われてました。

 

この年頃は恥ずかしがる女子が多いと思いますが、私は嬉しかったです。

 

でもその時は、適当に誤魔化してあしらっていました。

 

でも、本当は襲って欲しいんです。

 

裸を見せたいし、触ってもらいたいと思ってました。

 

痴漢に襲われる事なんかを妄想してオナニーもしてました。

 

ある日、私が悪さをして、自宅謹慎になっていたことがあります。

 

その時に担任の男の先生が、家に様子を見に来ました。

 

本当はたくさんある罰の宿題をやらなくてはいけなかったんですが、ほとんど手を付けていませんでした。

 

その男の先生というのは、正直言ってちょっとキモい系のおじさんって感じです。

 

でも、痴漢願望がある私にとっては、凄く興奮するタイプなんです。

 

だから先生が来るって分かると、その時間にミニスカートを穿いて、ノーブラで乳首の形が分かるようなシャツを着ていました。

 

少しボタンを外し、前屈みになると胸の谷間が見えるようにしておきました。

 

担任が来る前からドキドキしていました。

 

そして担任が私の部屋へ来て、

 

「おい、ほとんど宿題やってないじゃないか!こんな事じゃ、まだ自宅謹慎といてあげられんぞ!」

 

と言ってきました。

 

私は少し胸が見えるように先生の前で屈み、パンチラが見えるかどうかくらい足を広げて誘惑しました。

 

先生は、

 

「おいおい、そんな格好したら興奮するじゃないか!」

 

と冗談ぽく笑っていましたが、私が、

 

「先生、エッチしたい」

 

って言うと、先生はかなり驚きましたが、私が服を脱いでおっぱいを見せると、もう男の顔になっていました。

この体験談の続きを読む

中2女子がキモ男の先生を誘惑して処女喪失

女子中学生セックス
画像はイメージです

 

謹慎中の私の様子見に来たキモい担任を誘惑

 

私は中学2年の女子です。

 

自分で言うのもなんだけど、体はもう大人の女性だと思っています。おっぱいも大きくて、体操服なんか着たら盛り上がって目立ちます。

 

普通の女子は恥ずかしいんだろうけど、私は男子に見られてると思うと興奮します。よく男子からは、

 

「エロい体で興奮する」

 

って言われることもあって、そう言われたら

 

「なによ!エッチ!」

 

ってはぐらかしています。でも、本当はエッチなことして欲しいんです。

 

裸を見せたいし、いろんなとこ触って欲しいんです。しょっちゅう痴漢に襲われることを想像してオナニーしています。

 

私って変態かしら。

 

この前、私が学校で悪さをしてしまって自宅謹慎中の時、担任の男の先生が自宅に様子を見に来たんです。

 

本当は、たくさんある罰としての宿題をしなくてはいけなかったのに、ほとんどやっていませんでした。

 

正直言って、その男の先生はちょこっと気持ち悪いタイプのオジサンって感じです。

 

でも何故か、痴漢願望のある私にとっては物凄く興奮する人種なんです。

 

なので先生が来るって分かると、事前にミニスカートと、ノーブラで乳首のポッチが分かるようなTシャツを着て待っていました。

 

そして少し、胸のボタンを開けて、屈むとおっぱいが見えるような格好にしておきました。

 

キモ男の担任が私の家に来て、

 

「おい、ほとんど宿題やってないじゃないか!こんなことじゃ自宅謹慎解除してやれないぞ!」

 

って言われました。

 

私はちょこっとおっぱいが見えるように先生の前で屈み、パンツがギリギリ見えるくらい足を広げました。

 

「おいおい、そんな体勢とると興奮するじゃないか」

 

と、先生は、当初は冗談っぽく笑っていたのですが、私が思い切って

 

「先生とエッチなことしたい」

 

って言うと、ちょっと驚いてました。しかし、、私が服を脱いで胸を出すと、もうオスのエロい顔になっていました。

 

「ほ、本当にいいんだな」

 

と言いながらおっぱいを触り、乳首をくりくりと弄ってくれました。

 

「いい体してるなあ。興奮するよ。本当にいいんだな?はぁはぁ、チュパチュパ、クリクリ」

 

すでに先生は私の乳首を舐めたり、はぁはぁ言ったり、そんなことだけで、私のオマンコはビッショリと濡れまくっていました。

この体験談の続きを読む