タグ:ガマン汁の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:ガマン汁

両手骨折で入院中の俺のチンポを小悪魔ナースが寸止めした結果・・・

寸止め 手コキ
画像はイメージです

 

ナースが両手骨折で禁欲中の俺を挑発

 

俺は22歳の時、バイクで事故って入院しました。

 

両手骨折という大怪我で、当然両手ともにギプスをさせられました。

 

両手が使えないということはめちゃくちゃ不自由ですが、つらいのが禁欲生活です。

 

2日目までは骨折の痛みで気にならなかったんですが、3日目になると、両手の痛みもほとんど治まってきました。

 

そしたら朝立ちでチンポがビンビンになってました。

 

もう痛いくらいの勃起です。

 

俺が入院した病院には結構可愛い21歳のナースがいて、その子がわざとなのか、挑発するような行動を取るんです。

 

ちなみにナース服は淡いピンク色で、その子はちょっとだけスカートを短くしています。

身長は155cmくらいで胸はCカップかな。

 

名前はYさんって事にしときます。

 

俺の名前は鈴木です。

 

Yさんはいつも俺の点滴を取り換えに来る役目なんですけど、カゴの中にある点滴袋を取る時に、いつも前かがみになります。

 

しかも俺の方にお尻を向けてです。

 

「えっと、鈴木さんのは・・・あったあった」

 

ちょっと短いスカートからは、パンツが見えそうで見えないギリギリってとこです。

 

でもストッキング履いてないので、パンティーラインは見えてるんですが、小さいような気がします。

 

(無性に覗きたいけど、こっちを振り返られたら・・・)

 

と思うと下手に覗くことはできません。

 

もう俺のパンツの中でチンポはギンギン状態で、ガマン汁出まくってます。

 

布団にチンポ擦り付けて射精したいくらいです。

 

「はい、交換終わりました」

 

と、のん気に言われました。

 

結局どうにもできないまま、その日はなんとか眠ることができました。

 

夢精するんじゃないかと心配しましたが、しませんでした。

 

というか、俺は今まで夢精したことがありません。

 

そして禁欲4日目になりました。

 

今日はYさんは休みかと思ったら、夜勤だったみたいで、夜に来ました。

 

同じようにまた点滴です。

 

「鈴木さん?点滴ですよ」

 

「えっと、鈴木さんのは・・・」

 

またYさんは前かがみになります。

 

「私、体が硬いんですよね」

 

とか言いながら点滴を取ろうとしています。

 

「へー、そうなの」

 

って言いながらYさんを見ると、右足を立ててしゃがんでるYさんのパンティーがバッチリ見えてしまいました。

 

可愛い顔に似合わず、黒の大人っぽいパンティーでした。

 

あまりに刺激的で、見た瞬間俺は、射精してしまうんじゃないかと思いました。

 

動揺してたらYさんがその体制のまま、

 

「ん?どーかしました?」

 

とかまた、のん気に聞いてくるんです。

 

もチンポはギンギンで、とんでもない事になってるけど、そんなことは言えません。

 

「いや、あの、なんでもないよ」

 

てあたふたしてしまいました。

 

(やっぱりこの子、わざとやってないか?)

 

「ふーん、じゃ、点滴付けますね」

 

その時は、それで終わりました。

この体験談の続きを読む

初めての射精の瞬間を目撃!おしっこと勘違いしていた男子

女子高生 手コキ
画像はイメージです

 

お互いの性器に興味津々

 

私が中学2年生の時に体験したことです。

 

同級生の男子で、大輔くんを初めての射精に導いたのです。

 

大輔くんとは、小学校も同じでした。

 

当時私と大輔くんは、ともに放送部に入っていて、放課後の放送室内で、お昼の給食の時間に校内放送する内容などの準備をしていました。

 

中学2年生といえば、性に興味を持つ思春期の真っ只中です。

 

性についての知識があれこれと入ってくる頃で、今から考えれば大したことない内容でも興味津々で、女友達同士エッチな話で盛り上がることも度々ありました。

 

大輔くんともエッチな話をすることもありました。

 

中学生の異性同士なので過激な内容ではありませんが、新しいエッチな単語を覚えると、

 

「○○って知ってる?」

 

て軽い感じで言ってみたり、その程度です。

 

そんなある時、やっぱり一番興味あるのはお互いの性器だと思うんです。

 

男子は女子のオマンコが見たいと思うでしょうし、私も男子のおちんちんを見たくて、いつしかお互いに見せ合うことになったのです。

 

放送室の隣には小さな部屋があり、鍵をかけてカーテンを引けば、暗くて完全な密室になります。

 

いざ2人で小部屋に入り鍵をかけると凄い緊張でドキドキしてきます。

 

大輔くんも顔を真っ赤にしてモジモジと落ち着かない感じでした。

 

私の方から意を決して机の上に横たわり、ジャージとブルマ、そして恥ずかしい気持ちを抑えて下着も下ろしました。

 

当時私たちの中学では、登下校の時以外はジャージで学校生活を送っていました。

 

大輔くんの目の前に私のオマンコが晒され、ジーッと見ている大輔くんの息づかいが荒くなっていました。

 

(私のオマンコ見て興奮してる)

 

恥ずかしい気持ちが段々と薄れ、見られてるだけで私も興奮してきました。

 

「触ってもいいよ」

 

私がそう言うと大輔くんは指を伸ばし、こわごわオマンコを触ってきました。

 

気持ちいいというよりも、たどたどしく触られるので、くすぐったい感じの方が強かったんですが、じわじわとオマンコが濡れてきたことは覚えています。

 

大輔くんはゆっくり優しく小陰唇など外側を触った後、オマンコの中に指を入れようとしてきました。

 

「いやっ、中はダメっ!」

 

その当時既に私はオナニーをしていましたが、指入れはまだ怖かったんです。

 

自分でも怖くて、オマンコに指や物を入れたことはなかったのです。

 

一通り私のオマンコに触り、満足げな様子を見せつつも、まだ緊張した表情をしている大輔くんです。

 

「今度は私の番だね」

 

私の横に立ってもらい、大輔くんのジャージと短パン、そしてパンツも下ろしました。

 

パンツの前の箇所が濡れ、短パンにもうっすらシミができていました。

 

当時はカウパーなんて言葉は知らなかったですが。

 

決して大きいとは言えないおちんちんだったと思いますが、硬く勃起し、ピンと上を向いている様子がすごく不思議に思えました。

 

亀頭の大体が皮に包まれていて、美しいピンク色の先端部分が見えていました。

 

陰毛も薄っすら生えている程度で、私の方が濃かったと思います。

 

今思い返せば、この時見た大輔くんのおちんちんは、まだまだ成長過程だったのでしょう。

 

「触ってもいいよね?」

 

おちんちんの先からは透明な少し粘り気のある液(カウパー氏腺液)が出ていて、結構濡れていました。

この体験談の続きを読む

エッチで豹変する私は油断した彼氏のチンコを弄くりまわして悶えさました

男の潮吹き
画像はイメージです

 

マッサージ中に無防備な彼氏のチンコ触ったら

 

女子大生です。あたしには社会人で年上の彼氏がいるんですが、生理でエッチできない日はここぞとばかりに彼を責めこみます。

 

ちょっと前の話です。テレビ鑑賞しながら、パンツ一丁でうつ伏せになってる彼氏をマッサージしてたの。彼もジーッとテレビを見てます。

 

今日は私が生理なんで、エッチしないと思って油断してるんですね。甘い!

 

そんな無防備な彼を見ているとエッチな事したくなってきたので、ふいをついて手を彼の股間の下に潜り込ませたんです。

 

ビックリする彼を無視して、パンツ越しにおちんちんを上下にグイグイマッサージします。

 

「ちょっ!なに!うわっ!」

 

「マッサージしてるんじゃない」

 

おちんちんナデナデしていると、あっという間に硬くなりました。

 

「あれ?手に硬いのが当たってる」

 

とかしらじらしく言いながらおちんちん撫で回します。

 

そのまま強引に仰向けにして、今度は前からのマッサージです。パンツの上から裏スジを指でなぞったり、強めに竿を掴んで撫で上げたり、タマタマをモミモミします。

 

「ん、ふぅ」

 

なんて、可愛く息を漏らす彼、パンツにうっすらとカウパーのシミが出来始めます。

 

「ねぇ、なんでマッサージしてるのにパンツが濡れてるの?」

 

「なんでってお前が、うあっ!それヤバイ!」

 

目をつむって眉間に皺を寄せている彼の耳に息を吹きかけ、手はおちんちん擦りながら耳元で可愛く囁きます。

 

「マッサージ嫌なの?やめちゃう?」

 

「え?」

 

照れくさいのか、返事に詰まる彼です。

 

「もうマッサージ終わりにする?」

 

彼のおちんちんを優しく撫で回し、首筋、耳、ホッペなんかにキスをしながら、わざと悪戯っぽく聞きます。それでも、

 

「や、ヤバイって!」

 

とは言うものの「やめないで」とは言わない彼です。

 

「じゃ、やめらんないよーにしてあげるわよ」

 

「へ?」

 

って言う彼の言葉を聞く前に、いきなり唇を塞ぎディープキス、それに加えて、パンツの中に手を入れて直接おちんちんに触れます。ガマン汁を塗りのばして、激しく扱き出します。

 

「うほっ!んっ、んん、んあっ!」

 

って漏れ聞こえる声が可愛らしくて、時々顔を見ながらおちんちんシコシコさせ、わざとらしく聞きます。

 

「なに?どうしたの?」

 

「マジでヤバイって、そんなんしたら、イッちゃうじゃねえか」

 

「まだだめだよ、早い早い」

 

って言ってさらに扱きながらベロチューします。そのまま下がっていって、パンツからほんのちょびっとだけ亀頭を出してジュルジュル舐めます。

 

「うっ!」

 

って、体を仰け反らす彼です。

この体験談の続きを読む

ビッチなJK時代に好きな後輩男子を集団で逆レイプしました

女子高生逆レイプ
画像はイメージです

 

可愛い後輩の男の子を部室に呼びました

 

これは私が女子高生の時の話です。

 

私が高校3年生の時の2つ下の1年生に、ある後輩の男子がいました。その男子は同じテニス部の後輩で学校でも人気を集めている、カッコ良い男の子でした。

 

身長はそれほど大きくなく、女の子の様なクリッとした目に長いマツゲ、細い体でもちゃんとした筋肉があり、同級生や先輩たちにもモテていました。

 

可愛いと言われるとカッとなり、カッコイイと言うと喜び、心から実直で愛くるしい後輩でした。

 

しかしながらある日、その後輩、仮に友樹君とします。

 

友樹君を女子の先輩たちで逆レイプしようという話になったのです。

 

もう昔の話ですが、私は援助交際や同級生とも簡単に寝るようなビッチで、周りの女子たちもビッチでした。

 

そして犯す当日がきました。

 

今日の部活は中止という連絡を回し、午前の授業で終了でしたので放課後に友樹君だけを部室に呼びました。

 

友樹君は疑いもなく部活動をする気でありましたが、待機していたのは私達3年生の女子4人。

 

私と仮に知恵と良美と里香とします。

 

「あれ?先輩、今日は部活あるんですよね?」

 

友樹君が不安そうにと荷物をロッカーにしまいながら私たちを見ました。その様子も可愛いくて仕方ありません。

 

「今日はないよ。変わりに秘密の特訓でもしよっか」

 

「本当ですか?是非お願いします!」

 

友樹君はやる気に満ちた目で私達のすぐ側まで来ました。すると知恵が友樹君を突然抱きしめました。

 

「あーんもうー!友樹君可愛いー!」

 

「えっ!ちょっと、何するんですか!恥ずかしいです」

 

友樹君は当然ビックリしていますが、突き放すことも出来ずに困った様子で手足を動かしていました。

 

「ねえ、友樹君って童貞でしょ?私達が教えてあげよっか」

 

「えっ?」

 

友樹君の返事を聞く前に知恵はセーラー服を脱ぎ下着姿になりました。友樹君は目を顔を赤くしてオドオドしていました。

 

「ぼ、僕外に出ましょうか?着替えるんですよね?」

 

そう言って慌ただしく部室を出ようとする友樹君ですが、良美と里香が止めました。

 

「だめよ!今日はお姉さん達が女の身体を友樹君に教えてあげるのよ」

 

2人が友樹君の腕におっぱいを押し付けながら知恵の前まで引っ張っていきました。

 

私は・・・友樹君の事が本当に好きだったので、何もできないでその様子を長椅子に座ってただ見ていました。

 

「友樹君、おっぱい触る?」

 

知恵が大きな胸を下着からポロンと出しました。女子高生でEカップある胸が丸出しになり、友樹君は驚きながらも

 

「はあっ!」

 

と興奮したような声を出し、動きが止まっておっぱいを凝視していました。

 

「ふふっ、触ってもいいんだよ?友樹君だけ特別!」

 

可愛らしい声で知恵がそう言うと、友樹君はゴクリと生唾を飲み込んでおっぱいに手を伸ばしました。

この体験談の続きを読む

巨乳先輩のエロ話に興奮した俺のガマン汁で濡れたチンコを扱いてくれた

手コキ
画像はイメージです

 

エッチ話をする女性先輩に童貞を告白

 

俺の大学の先輩であるKさんという女性がいます。

 

なんとまあ大学を卒業してすぐに30歳ぐらいのサラリーマンと結婚しました。結婚式には行けなかったんですけど旦那の顔は知っています。

 

今でも好意的にさせてもらっていまして、時々飲み会にも行っていました。ふくよかでおっぱいはとても大きくて本人が言うにはGカップらしいんです。

 

結婚してからはさすがにやっていないらしいけど、若い時代はかなりと遊んでいたらしいです。といってもK先輩もまだ若いので遊んでいるとこういった話になることもあります。

 

皆と一緒の時はのんびりした性格なのに、俺が沈着冷静に見えるみたいで、そういう対話をしてもいいんじゃないかと思っているらしいのです。

 

しかしK先輩も知らないんですが俺は童貞で、Gカップキャミソール等の薄着を好きなKさんに、生生しいエッチ体験とか、何処が気持ちよくてとか口にされるのは刺激が強すぎます。

 

毎回話の度に勃起してしまったり、ガマン汁が滲んできてしまいます。こういった日は家に帰ってKさんに筆下ろししていただく妄想をしながらせんずりをすることもあります。

 

先日、Kさんに車で送ってもらっている道中、オナニーの話となって、アルコールも相当入っていたし、おまけにKさんの話を聞いて、興奮してせんずりのネタにしてしまったというのを打ち明けてしまいました。

 

冗談だと思ったのか、Kさんがみんなも話してるような普通のエッチのことなのに何故?と聞かれたのでストレートに童貞であることと、そういったときもオナニーの話のせいでチンコがまずいことになってることを申告すると

 

「パンツの上からでいいから、本当に?」

 

と聞かれた。Kさんはこの時に、マジで俺のチンコが勃起してガマン汁で亀頭がヌレヌレなんて思いもしなかったでしょう。そして間違っても俺がそうツッコまれてすんなりと見せると思わなかったんでしょう。

この体験談の続きを読む