タグ:オナ禁の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:オナ禁

童貞の僕は欲求不満の主婦にオナ禁命令されて筆下ろしで何発も射精しました

筆下ろし オナ禁
画像はイメージです

 

解雇するつもりの主婦が僕のチンポを…

 

僕は大学卒業後、飲食業界に就職しました。

 

うちの会社は入社してから、約1年半の研修期間を終えると、各店舗にマネージャー兼店長として配属されることになっています。

 

僕も入社2年目の秋から、とある店舗にマネージャーとして配属されました。

 

配属されてから数ヶ月経ったころ、本社から売り上げが芳しくないとのことで、アルバイトを1人解雇するようにと通達がきました。

 

解雇するなんて初めての事で、とても言い出しにくいですが、これも仕事なので仕方ありません。

 

そこで誰にするか散々考えた末に、西野さんという40歳のパートの主婦に辞めてもらう事にして、マネージャー室に呼び出しました。

 

西野さんに解雇通告すると、当然ですが慌てていました。

 

「困ります、家のローンとか色々あるんです。何とかなりませんか?」

 

そうは言われると思っていましたが、当時は僕も入社2年目の新米サラリーマンです。

 

会社の指示に従わざるをえません。

 

「お願いします、マネージャー、私、何でもしますから」

 

熟女の西野さんはそう言って、僕に懇願するように寄り添ってきました。

 

(何でもする?)

 

僕は思わずその言葉に少し興奮してしまい、西野さんの体にいやらしい視線を向けました。

 

西野さんは、美人というわけではありませんが、ボディーラインはムチムチしており、グラマーなエロい熟女って雰囲気があります。

 

すると西野さんは僕の視線に気付いたのか、一瞬警戒するような仕草を見せましたが、すぐに、

 

「マネージャーさんってひょっとして童貞じゃないですか?彼女とかいないんですよね?パートの女性みんなで噂してますよ?」

 

もろに図星で、僕は思わず返答に困ってしまいました。

 

僕は24歳にもなって童貞で、風俗経験もありませんでした。

 

僕はおそらく顔が真っ赤になったと思いますが、恥ずかしさのあまり、もうどうしていいのか分からなくなりました。

 

もう首切りの話どころでありません。

 

すると西野さんは、

 

「童貞だと、こんなおばさんの体でも気になりますか?」

 

そう言うと僕の前に跪き、ファスナーを下ろして私のチンポを引っ張り出しました。

 

僕は頭の中では

 

(まずい)

 

と思いましたが、期待と興奮が勝って何もできませんでした。

この体験談の続きを読む

痴女プレイに興味を持った彼女にオナ禁を命令され濃い精子をごっくん

濃い精子ごっくん
画像はイメージです

 

彼女が痴女に興味を持ったみたい

 

俺は関西在住の27歳で、イケメンでもなんでもない普通の男です。

 

彼女は関東在住で同い年ですが、かなり綺麗で俺にはもったいないぐらいです。

 

遠距離恋愛で、2ヶ月に1回会えればいいぐらいの感じです。

 

俺たちは、会う前からどんなセックスをするのか、色々電話で話すのがルールみたいになってきています。

 

彼女の胸はCかDカップ。

 

揉みやすいサイズで、いつものセックスは俺がSっ気全開で責め、彼女が従順に甘えるという感じです。

 

しかし、今回は違いました。

 

会う予定日の1週間前に電話したやり取りはこんな感じでした。

 

「もうすぐ会えるね。今回は1泊だけやけど、どんなセックスがしたい?」

 

「うーん。いつもいじめられてるから、今回は私が責めたい」

 

「え?どうしたの急に?」

 

・・・

 

「ネットで、彼女にいじめられている彼氏の体験談を見てね、なんかいいなーって思ったの」

 

「ふーん」

 

「彼氏が彼女に言葉責めにされたり、寸止めされてなかなか出させてもらえなかったり、拘束されたりして、泣きそうになってるのを読んで、興奮して痴女プレイやってみたいって思ったの」

 

俺は責めるのも好きですが、責められるのも好きなので、これはこれで大歓迎です。

 

大歓迎なんですが、そんな様子を彼女に悟られないように、冷静を保ちながら、

 

「そうなんだ、俺にどんなことしようって考えてるか、ちょっとだけ教えてくれない?」

 

「ダメだよ。教えたら責められる楽しみが薄れちゃうでしょ?1週間我慢してね。」

 

教えてくれませんでした。

 

「あ、もちろん私と会うまで自分でしちゃだめだよ。1週間オナ禁してね。」

 

「え?・・・もう既に1週間我慢してんだけど・・・抜きたくてたまらん」

 

「そうなの?じゃぁねぇ(ちょっと痴女っぽい口調で)2週間ためて、濃くなったマサル君の精液、飲み干してあげる。空っぽになるまで出させてあげるから」

 

痴女っぽい言い方に、チンポはフルボッキしました。

 

「そんなこと言われたら、俺我慢する自信ない」

 

「少し電話でいじめてあげようか?でも出しちゃだめだよ」

 

彼女はすでにスイッチが入ってたみたいです。

 

フルボッキ状態でそんなことをされては、絶対に我慢できなくなるので、断ってその日の電話は終了しました。

 

それでその日から1週間ですが、これが地獄でした。

この体験談の続きを読む

熟女の締め付けに耐え切れず中出ししたらオナ禁で何度も会う関係に

お店でセックス
画像はイメージです

 

お得意先の奥さんが誘惑してきた

 

仕事の関係で週に1、2回訪問しているお得意さんがあります。そこは家族で小売店を営んでいます。

 

オーナーである御主人は行事や会合なんかが多く、さほどお会いすることはありません。しょっちゅう奥さんが応対してくれます。

 

いつもはお茶を出してくださり、30分程度お喋りをします。仕事の用事は最初のみです。その他は俺のしょうもないジョークに笑って対応してくださいます。

 

年は40歳前後だと思います。

 

少学生の女の子がいるようですが、訪れるのは昼間の時間帯だから女の子には会ったことがありません。

 

奥さんは一言で言えば、ものすごく清楚でチャーミングです。スレンダーな体型でありながら、おっぱいも大きめです。腰はくびれていて、お尻は大きく、しかも丸くていい形です。

 

雑談しながらも、視線はいつも奥さんの胸やお尻を気付かれないように見ています。そしたら先日、とても楽しい事がありました。

 

奥さんはいつもはキチンとした身なりにもかかわらず、この日は、ゆるめのトップスとタイトスカートという装いだったんです。

 

わずかな時間、お店を閉めて外出するところだったみたいです。そんな時に訪問しても、普段の笑顔でお茶を入れてくれました。

 

発注書に商品名を書いてくれている時に、なにげなくトップスの胸元に目を向けてしまいました。

 

奥さんが前屈みになった瞬間に、胸元が開いてしまったのです。一瞬凍りついたように固まってしまいました。

 

ゆるめのトップスなので胸元が開き、奥さんの大きなおっぱいが、生々しいぷるんとしたおっぱいが、目に飛び込んできたのです。

 

「こらっ、何処見てるの?」

 

という奥さんの声にドキッとしました。

 

「えっ、その・・・」

 

言葉になりませんでした。

 

「高橋君は私みたいなおばさんで嬉しいの?」

 

「いやっ、えっと・・・」

 

なんて返答していいのかあたふたしていました。そしたら発注書を書き終わった奥さんがお店のシャッターを閉めたんです。

 

その様子に多少冷静さを取り戻すことが出来ました。

 

「あっ、僕はこれで失礼しますね」

 

「あれっ?忙しいの?」

 

「いえ、だって、奥さんはこれからお出かけなんでしょ?」

 

「出かけようと思ったけど急用じゃないし、また今度にするわ」

 

「えっと、じゃあ、どういう理由でシャッターを?」

 

「ねぇ、高橋君、ちょっとだけここの所に手を入れてみて!」

 

そう言いつつ奥さんは俺の手を取り、自分の胸元へ導いていったのです。

この体験談の続きを読む

年上の部下が射精したザーメンの臭いに興奮した私は自分から性処理係に

年上の部下が射精
画像はイメージです

 

オナ禁が災いして射精してしまったようです

 

32歳の独身女です。

 

外食チェーン店の社員で1店舗を任されています。社員とアルバイトを含めて12人ほどおり、ほぼ年下なのですが、その中に一人41歳の男性がいます(名前をAさんとします)。

 

一定期間Aさんのミスが目立っていたため、ある時、別室に呼び出して彼に注意をしたのです。

 

元々気が弱い性格のAさんは、最初は真剣に私の話を聞いていました。だけど途中から雰囲気がおかしくなっていったのです。

 

話もうわの空で、姿勢も猫背になっていって、明らかに変。叱られてしょんぼりしただけかとも思ったものの、どうも違う様子です。

 

そんなわけで具合が悪いのかと思って、

 

「Aさん、大丈夫ですか?」

 

と近づいてた時、特有なあの匂いを感じたのです。瞬間に、何が起きたのかがやっと分かりました。彼は射精してパンツの中にザーメンを出していたんです。

 

わけを聞くと、2ヶ月のオナ禁中で、かなり溜まっていたようなんです。そして何と言っても、その時の私のファッションがいけなかったのです。

 

私は元々Gカップと胸が大きいうえに、その時は部屋の暖房が効いて暑かったので、自然とジャケットを脱いでシャツ1枚だけになっていたんです。

 

大きく盛り上がっていた私の巨乳に興奮して、彼はおちんちんを大きくしてしまい、何とか気を逸らそうとしたものの、おちんちんとパンツが擦れて刺激されてしまい、つい射精しちゃったみたいなんです。

 

ひとまずトイレに行っていただこうと思ったのですが、そうするためには一度お客さんがいる場所を通らなければいけないのです。

 

それはさすがに問題なので、仕方無しに誰も入り込んで来ないようドアに施錠をし、所持していたハンカチを彼に渡しました。

 

私「トイレに行く前に、まずはこのハンカチで拭いてください。私後ろ向いていますので」

 

A「はい、すみません」

 

重苦しい空気の中、

 

A「あの、この事は誰にも言わないでほしいんですけど」

 

私「当たり前ですよ!言うわけないでしょ。私のせいでもありますし」

 

ザーメンを拭き終わったAさんが、

 

A「ありがとうございます。あの、これ(ハンカチ)は洗濯して必ずお返しします」

 

私「そんないいですよ。このまま返してもらえれば」

 

A「え、でも汚いですし」

 

私「別に汚くないですよ。それより、この状況じゃ今日の仕事は出来ないでしょうから、早退を認めますので帰宅されて下さい。体調不良ということで伝えときますから。」

 

そういうわけで、当日は彼を早退させました。よっぽどヘコんだでしょうね。

この体験談の続きを読む