タグ:アナル舐めの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:アナル舐め

【童貞卒業】憧れの人妻にチンポとアナルも舐められて中出しもしました

人妻 童貞
画像はイメージです

 

憧れの女性の家に行きました

 

俺は大学1年生の時に、34歳の人妻に童貞を捧げました。

 

ちなみに、俺は容姿は普通だと思っていて、でも服とかオシャレにはすごいこだわっていました。

 

当時それまでに4人と交際経験はあったものの、肝心な所で小心者の俺は勇気がなくて、セックスどころかキスもする事ができず、童貞のままでした。

 

その日大学が突然の休講で暇だった自分は、服でも見に原宿に行こうと家を出ました。

 

時間は午前10時を過ぎたぐらいでした。

自転車で駅までの道を走っていると、ある女性が目に入りました。

 

俺がずっと憧れていた佐枝子さんだった。

 

佐枝子さんは俺の弟の友人の母親で、うちの母親とも仲が良く、頻繁に家にも遊びに来ていました。

 

俺と弟は8つ年が離れていて、20歳ちょいで結婚と出産をしているので、とても若々しく、ほんの少しだけギャルっぽいとこもある可愛らしい人です。

 

旦那が理不尽らしく、可哀想な話も親から聞いていました。

 

初めて会ったのは俺が小学校の時で、オナニーを覚えてからは、中学、高校とずっと佐枝子さんをオカズにしていました。

 

佐枝子さんは買い物帰りで、ペットボトルのジュースや食材などを持ちながら歩いていました。

 

佐枝子さんの家までは200メートルぐらいの所です。

 

話せるチャンスはあまりないので、話し掛けることにしました。

 

「重そうですね、荷物持ちましょうか?」

 

「あっ、お兄ちゃんじゃない、本当?じゃ、お願いしようかな」

 

俺は、佐枝子さんには「お兄ちゃん」と呼ばれていました。

 

俺の自転車のカゴに荷物を乗せ、家の前まで話しながら歩きました。

 

俺はそれだけでも幸せな気分でした。

 

家の前まで到着し、荷物を下ろおうとすると佐枝子さんに、

 

「助かったわ、ありがとね、あっ、何か冷たいの飲んでいかない?」

 

と言われました。

 

もちろん断る理由もないし、こんなラッキーな事はめったにないので、お邪魔させてもらう事にしました。

 

自転車を駐車場に止め、そのまま買い物の荷物を持ってあげて家の中へ入りました。

 

リビングに通され、冷蔵庫の前に荷物を降ろしました。

 

「そこ座ってて」

 

ソファーに座って待っていると、佐枝子さんがコーラを持ってきてくれました。

 

それを飲みながら、ソファーで1時間ぐらい話してたと思います。

 

話が恋愛の事になってきました。

この体験談の続きを読む

旦那が寝ている横で浮気して中出しさせたのに「ザマミロ」と思う私

旦那が寝ている横で浮気
画像はイメージです

 

3人ともこたつで寝てしまったら・・・

 

家は2LDKで、30歳の旦那と2人で暮らしてる26歳の専業主婦です。

 

子供はいません。

 

現在の状況として、旦那は仕事は真面目にやるけどオンラインゲームが好きで、ここ3ヶ月で15万円くらい課金してる事が発覚しました。

 

旦那への愛も急激に冷めて、別れるかどうかの瀬戸際って感じです。

 

そんな状況で先週、旦那の勤務先で新年会があって、なぜか私も参加することになりました。

 

奥さんを連れて来てる人は他にもいましたけど、私はあまり楽しめなかったので、1人でまったりしていました。

 

みんな凄く盛り上がっていて、旦那はかなり酔って出来上がってる感じでした。

 

3次会まで付き合わされた後、酔い潰れてる旦那を

 

(どうしようかな?)

 

なんて悩んでいたら、同僚の久保さんが家まて運んでくれたんです。

 

久保さんの自宅は我が家からかなり遠く、終電はもう終わってるし、泊まってもらう事にしました。

 

でもリビングの他は一部屋が寝室で、もう一部屋はこたつ部屋なんです。

 

仕方ないのでこたつを隅に寄せて、なんとか布団を敷くことが出来ました。

 

その後、私がシャワーを浴びて上がってみると、2人は冷蔵庫からビールを出して騒いでました。

 

(参ったなー)

 

とか思いながら、誘われて私も付き合うことになったんです。

 

私がテレビを観ながら2人の様子を見ていると、久保さんはさすがに眠くなったらしく、こたつにくっ付いて敷いてある布団に寝転びながら旦那と話していました。

 

その時の体勢は久保さんの布団とこたつがぴったりくっついてて、久保さんの頭側に私が座ってる感じです。

 

そのうち旦那が寝ちゃって、隣の寝室で寝るように言ったんだけど、全く起きないんです。

 

久保さんも寝ちゃったみたいです。

 

何だか私も眠くなっちゃって、そのままこたつに潜り込んで寝ちゃったんです。

 

それからどのくらい経ったんでしょうか・・・

 

人の寝息が顔にかかる感じで目が覚めると、久保さんと私の顔の距離は10センチほどでした。

 

私の顔に久保さんの寝息がかかっていたんです。

この体験談の続きを読む

ザーメン飲むのが大好きな私は会社内で後輩女子とおちんちんにご奉仕

ダブルフェラ
画像はイメージです

 

課長と先輩のおちんちんをフェラチオ

 

みんな帰った会社内で、アラフォーの上司と30代前半の先輩男性、それから後輩の女の子と私だけが残っています。

 

私は30歳で後輩の女の子は20代前半です。

 

「ちょっと休憩しようか」

 

課長のこの言葉は、お決まりの合図です。

 

私は全裸になり、課長の席に近づくと、

 

「失礼します」

 

と言って、椅子に座っている課長の前にしゃがみ込みます。

 

ズボンのジッパーを下げ、まだ柔らかいおちんちんを取り出し、思いっきり臭いを嗅ぐと、酸っぱい臭いがします。

 

さらに舌先でペロンと舐めると、しょっぱい味がするんです。

 

最初の頃は、その臭いと味が嫌いだったんですが、いつのまにか慣れてしまい、臭いがきつくないと物足りなくなってしまうほどになりました。

 

特に好きなのは、タマ袋と肛門の間の”蟻の門渡り(ありのとわたり)”と呼ばれる箇所の臭いです。

 

そこに鼻を押し付けて臭いを嗅ぎながら、アナルをペロペロ舐めさせられるのが大好きなんです。

 

もちろん、タマタマもおちんちんも、いっぱい舐めます。

 

課長にフェラチオしながら隣を見ると、私と同じように後輩の女の子が、先輩男性のおちんちんを夢中でしゃぶっています。

 

他人のフェラチオ見てると凄い興奮して、

 

(負けてられない)

 

て勝手に思って、音立てながらおちんちんベロンベロン舐めちゃいます。

 

課長たちはネクタイまで締めているのに、私たちは全裸でフェラチオ奉仕させられます。

 

なんだか不思議ですけど、エッチな気分になります。

 

時には、パソコン入力の仕事している同僚の机の下に潜り込んで、フェラチオさせられることもあります。

 

課長たちは普通の顔して仕事してるのに、女性の私たちだけ全裸になってフェラチオしているのです。

 

変だけど興奮します。

 

クライアントからの電話に出ている時に、いきなりバックからおちんちん入れられたこともあります。

 

あの時はさすがに焦りました。

 

だって、思わず声が出ちゃうんですもの。

 

私はスレンダーですが貧乳なので、おっぱいを責められるとかはあまりありません。

 

唇で乳首やおちんちん、アナルを奉仕させられることの方が多いですね。

 

でも後輩はおっぱいもお尻も大きいので、先輩男性にいっぱい触られて、揉まれて、いつも

 

「あん、ふうん」

 

とか声出して感じちゃってます。

 

ちょっと羨ましいし、悔しいです。

 

でもそれは仕方ないので、私はテクニックでは負けないように、いっぱいペロペロしてあげます。

 

この前なんか、先輩が後輩の子に中出しした後、抜いたばかりのおちんちんを綺麗にお掃除フェラしたこともありました。

 

いま考えるとグロいんですけど、なぜかその時は自分から咥えちゃいました。

 

ザーメンやマン汁が混ざってヌメヌメしてるんですけど、やっぱり臭いの虜になっているのか、何のためらいもなくしゃぶり、美味しいとさえ思いました。

この体験談の続きを読む

彼女が寝ている横で巨乳・巨尻の友達とスリル満点中出しセックス

彼女が寝ている横でセックス
画像はイメージです

 

彼女が寝ているのにチンポにしゃぶりついてきた

 

俺の彼女は陽子で、保育園の保母さんをしている。

 

その同僚に真美ちゃんという子がいて、陽子とは仲がいい。

 

身長は150cmくらいで小柄だが、胸はEカップはありそうで、お尻も巨尻で丸みを帯びている。

 

顔は女優の波瑠に似ていて、なかなかの美人なんである。

 

ある日、彼女である陽子の部屋で、真美ちゃんと俺と3人で飲む機会があった。

 

結構3人とも飲んでしまい、陽子は途中で気分が悪くなったみたいで、先にローファーベッドで寝てしまった。

 

しばらくして、そろそろ寝ようということになり、俺は陽子が寝ているローファーベッドで、真美ちゃんは来客用の布団で寝ることになった。

 

まだ俺はそんなに眠くなく、どうやら真美ちゃんも同じみたいで、最近の生活について愚痴を言ってきた。

 

「最近保母さんの仕事が忙しくて、疲れてるはずなのにあんまり寝れないの、ストレスも溜まってるし、彼氏も出来ないし、あ~あ、さびしいよ~」

 

「ふ~ん、保母さんの仕事って、やっぱり大変なんだねー、給料も安いって言われてるしね」

 

「健くん(健太郎だから健くんと呼ばれている)さぁ、わたしのストレス解消してくれないかなぁー」

 

「えっ、どうやって?」

 

「ふふっ」

 

と不敵に笑うと真美ちゃんは、陽子と僕が寝ているベッドの布団に手を入れてきて、チンポを触り始めた。

 

「ちょっ、だめだよ、陽子いるんだし」

 

「しーっ!陽子ちゃん向こう向いてるから大丈夫、こっちに来て」

 

俺はそーっと布団を抜け出して、真美ちゃんの横に行った。

 

すると真美ちゃんは、俺のジーンズを脱がしにかかり、チンポを取り出しててフェラチオしてきた。

 

「健くんのおちんちん、おっきいんだね、期待しちゃう」

 

「ダメだよ・・・真美ちゃん、ああっ」

 

ジュポッ、ジュポッと激しくフェラチオされて、

 

「激しいよ真美ちゃん、陽子が起きちゃうじゃん」

 

「このほうが興奮するでしょ」

 

陽子にもしてもらったことのないような激しいフェラチオ。

 

金玉もモミモミされながらフェラされたので、早くもイキそうになってしまっていた。

この体験談の続きを読む

【チンポ好き痴女】可愛い同僚の女の子が精子ごっくんにアナル中出しまで

3点責め
画像はイメージです

 

可愛い同僚の子が俺の手を握ってきた

 

俺の会社の同僚に、典子という女の子がいる。

 

結構可愛い子で、他の男性社員にも人気がある。

 

だけど、彼氏がいることは知られているので、彼女にちょっかいを出す男はいない。

 

この間、俺と典子と、他の同僚2名の計4名で飲みに行った。

 

実は俺も典子も酒が飲めない。

 

だけど飲み会は好きだし、話も結構盛り上がった。

 

わりと早い時間だったけど、飲んでいた2人はベロベロに酔っ払い、車で来ていた俺が全員送ってあげることにした。

 

最後に典子を送ることになったんだが、典子の表情が冴えない。

 

さっきの飲み会では楽しそうに話していたのに・・・

 

話を聞いてみると、

 

「彼氏とうまくいってない」

 

そうだ。

 

まだ話を聞いて欲しそうだったので、時間も遅くないし、回り道をしてドライブすることにした。

 

車の中で適当に相槌を打ちながら、愚痴や不満を聞いてあげ、海まで行って車を止めた。

 

ボーっと海を見ていたら、なんと典子が俺の手を握ってきた。

 

俺は一瞬驚いたが、これは

 

(いけるのか?)

 

と思って典子の手を握り返し、

 

「いいの?」

 

と聞くと典子は、

 

「うん」

 

と言ってくれた。

 

そのまま俺たちはキスをした。

 

もうその後は、すぐにラブホテルに直行する。

この体験談の続きを読む