小学生の男の子
画像はイメージです

 

小学生の男の子に体を見せ付けました

 

私が大学1年の時の話です。

 

私は高校の頃から、人に見られたいという願望があることに気づいたんですが、大学受験もあったので、それまでは頑張って勉強に打ち込んでいました。

 

そして無事に大学に入学することができたので、見られたい欲求を叶えるべく、冒険してみることにしました。

 

ノーパンのまま、黒タイツにミニスカートを穿いて散歩に出かけました。

 

可愛い男の子を物色しながら歩いていると、向こうから小学5、6年生ぐらいの男の子が歩いてきました。

 

私は

 

(この男の子だったらいけそう)

 

と思って、声を掛けました。

 

「どこ行くの?」

 

と問いかけると、

 

「塾の帰り」

 

と答えました。

 

私は

 

「お姉ちゃんと遊ばない?」

 

と言うと、

 

「うん、いいよ」

 

と言いました。

 

女性に興味を持ち始める年頃なのか、意外とうまくいったんです。

 

そして男の子を連れて、私の家に向かいました。

 

(この男の子に私の体を見せつけちゃおっと)

 

と思ってワクワクしながら歩きました。

 

家に着いて、玄関で私が靴を脱ごうとする際に、わざとしゃがんでお尻を突き出すような体勢になりました。

 

男の子には、黒のパンスト越しにオマンコが見えたはずです。

 

中に入ると、

 

「お姉ちゃん、すぐ着替えてくるから」

 

と言って、もっと露出の激しい服に着替えました。

 

上はノーブラにちびTシャツ、下はベージュのストッキングに、白のパンティだけで、男の子の前に行きました。

 

すると男の子が私に、

 

「パンツ見えてるよ」

 

と恥ずかしそうに言いました。

 

目を逸らしながら言う男の子の姿にキュンときて、オマンコが濡れてきてしまいました。

 

「女の子のパンツ見るの初めて?」

 

と聞くと、

 

「お母さんのは見たことあるけど」

 

とまた恥ずかしそうに、下を向いて答えました。

 

私は、

 

「もっとじっくり見ていいんだよ」

 

と言って近くに寄ると、やっぱり興味はあるのか、チラチラとパンティを見ています。

 

もう私はそれだけでオマンコがビショビショです。

 

そして男の子の前で一回転したり、腰を振ったり、いろんなポーズをしました。

 

男の子はそのうちじっくり見るようになり、おちんちんはちょっと勃起しているみたいでした。

 

そこで思い切って、

 

「一緒にお風呂に入らない?」

 

と聞くと

 

「いいけど・・・」

 

と困惑したように小さな声で言いました。

 

「恥ずかしいの?」

 

と聞くと、

 

「うん」

 

と小声で頷きました。

この体験談の続きを読む