タグ:せんずりの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:せんずり

【相互オナニー】デブ男にパンティーとオマンコを見せる露出癖のある私

露出癖
画像はイメージです

 

パンティー売ってくれない?

 

私は20歳で短大に通っています。

 

友達が家族と2週間もの間、旅行に行くことになりました。

 

その家では犬を飼っていて、友達と仲のいい私が犬の世話を引き受けました。

 

期末試験も終わり、ちょうど暇でバイトもしてなかったんです。

 

毎日餌をあげて、散歩に連れていきました。

 

その日も、いつものように犬の散歩で公園に出かけました。

 

公園の周りは、縁取る形に背の高い木が植えられています。

 

休日には、公園は野球やサッカーをする人たちでいっぱいになりますが、今はガランとしているグランドを斜めに横切るように、犬は私を引っ張りながら走ります。

 

その先には、子供たちが遊べるようになっている、砂場やシーソー、鉄棒などの遊具があります。

 

犬は砂場の中を、しっぽを振りながら走り回っています。

 

そこへ、いかにもオタクそうな太った男が犬を連れてやってきました。

 

その犬がこちらにじゃれついきて、2匹の犬は興奮状態で追いかけっこしていました。

 

私は仕方ないのでしゃがみ込み、犬を見ていました。

 

するとデブ男が、私をチラチラ見ています。

 

しかも、何度も覗きこんでいます。

 

(あぁ…見てる…ムズムズしてきた、もっと見せたくなってきちゃった、あぁ…どうしよう、 見せたい…)

 

実は私には露出癖があり、人に見られることに興奮を覚え、見せたくて仕方がなくなる時があります。

 

私は少し脚を拡げました。

 

デブ男の目は、明らかに私のパンティーに釘付けです。

 

デブ男は、私に近寄ってきました。

 

私がわざと脚を開いたことが分かっているのでしょう。

 

「ねぇ、薄い白いパンティーから、毛が見えてるよ」

 

普通なら気味が悪くて逃げるところでしょうが、私は興奮しています。

 

無視して、犬たちをじっと目で追っていました。

 

「割れ目が…パンティーが食い込んでるよ」

 

私は、さらに脚を広げました。

 

どんどん興奮していく自分を感じていました。

 

「見せたいんだ…ねぇ、君、見せたいんだろ、ちょっと、こっちに来なよ」

 

デブ男が私の手を掴みました。

 

ネチっとした汗を掻いているのが、手の感触に伝わります。

 

デブ男は2匹の犬を植木に繋ぎ、私を掃除道具などが入れてある納屋の隅っこに連れていきました。

 

「ここなら通路の植え込みで、周りからは一切見えないから大丈夫、ねぇ、もっと、見せてよ」

 

デブ男は鼻息を荒くしながら、私の前でしゃがみました。

 

デブ男が、ゆっくりと私のスカートを捲ります。

 

デブ男は、私のパンティがー目の前に現れると、嬉しそうにニヤニヤと笑いました。

 

私は、周りを見回して誰からも見えていないことを確認し、スカートを脱ぎ、体育座りの格好をして両脚を拡げました。

 

デブ男は、私の顔とパンティーを交互に見て、

 

「可愛いパンティーだね、ねぇ、このパンティー売ってくれない?」

 

(えっ!?)

この体験談の続きを読む

立ちバックで高速ピストン 欲求不満な女副社長とスリルのあるセックス

立ちバック
画像はイメージです

 

女副社長のパンチラ見てたら目が合った

 

僕が20歳のころの体験談です。

 

僕は高校を卒業して、社員20人ぐらいの小さな会社に就職しました。

 

僕と同期の男もいたんですけど、半年持たずに辞めていきました。

 

会社は半数以上の従業員が、40歳を越えています。

 

女性もいますが、それはパートのおばちゃんとかです。

 

でも、一人だけ綺麗な女性がいます。

 

社長の奥さんで副社長なんですが、まだ34歳です。

 

女副社長は結構若く見えて、20代後半ぐらいに見えます。

 

社長とは20歳ぐらい離れていて、副社長は26歳の時に結婚したそうです。

 

でも副社長と言うのは役職だけで、やってる仕事はパートのおばちゃん達と同じような事務をしていました。

 

でも僕からしてすると、当然上司です。

 

僕が入社して2年目の夏の時でした。

 

社長や職場の先輩達がゴルフコンペに行きました。

 

僕はゴルフをしないので行ってませんが、終わったら宴会をするとの事で、その宴会の準備を僕と女副社長とですることになりました。

 

女副社長とは昼ごろに会社で待ち合わせをし、車で買い出しに行きました。

 

女副社長の私服姿は、これまで何回か見たことありますが、夏ということもあってか、その日は今まで見た中で一番薄着でセクシーでした。

 

生足に白のミニスカートで、上半身はスケスケのブラウス姿です。

 

ブラウスの中は黒のキャミソールで、かなり色っぽいんです。

 

直視するのも恥ずかしくて、目のやり場に困りながらも、何とか買い出しが終了しました。

 

会社に戻り、職場内の机を端っこに移動させます。

 

いくらなんでも僕一人で机は運べないので、女副社長がサポートしてくれて、二人で机を移動させました。

 

エアコンは付けていましたが、動いていると汗が出てきます。

 

机を1つ運び終えた時、

 

「暑いわねぇ」

 

と女副社長はブラウスを脱ぎ、キャミソール姿になりました。

 

前屈みになると、胸元から白いブラジャーが見えています。

 

胸はCカップぐらいでしょうが、しっかりとおっぱいの谷間も見えるので、今まで以上に目のやり場に困りました。

 

でも僕は、これまで何度も副社長をオナネタとしてせんずりこいていましたので、脳裏に焼き付けようと、バレないように何度もチラ見していました。

 

ようやく机も片付け終わり、宴会用のテーブルをセットして一段落です。

 

予想以上に早く終わったので、女副社長と椅子に腰を座ってゆっくりと休憩しました。

 

僕の向かいに女副社長が座っていますが、脚が凄い気になります。

 

パンツが見えそうなんですが、なかなか見えません。

 

しかし、副社長が自然に足を組む動作をした時に、ミニスカートの中がチラッと見えました。

 

白いパンティーでした。

 

副社長と向かい合って話をしていましたが、僕はパンチラを見るのに必死で、何を話したのかほとんど覚えていません。

 

その後も足を動かす度に、何度かパンチラを拝むことができました。

 

しばらくすると、女副社長の携帯が鳴りましたが、社長からでした。

 

終わるのが予定よりも遅くなったみたいで、帰りはあと2時間ぐらいはかかるとのことです。

 

僕達は準備はほとんど終わっていたので、やる事もなく、そのまま話し込んでいました。

 

というよりも僕はパンチラ目的でしたけどね。

 

足を組み替える時に見えたパンチラも、女副社長が椅子に奥ぶかく座り直したことで、
常に見える状態になりました。

 

僕はドキッとして、おそらくこの時はかなり挙動不振な状態で、目が泳いでいたと思います。

 

時々、女副社長と目が合いますが、バレていないか凄いドキドキしました。

 

そして次に目が合った時、途中で女副社長は話を止めて、ピタッと脚を閉じました。

 

(やばい!パンツ見てたのバレた!)

 

と思い、僕は目を逸らして焦っていました。

この体験談の続きを読む

高校時代に僕は女子から逆レイプされて射精させられる毎日でした(3)

双頭バイブ
画像はイメージです

(前回の続き・・・)

 

↓ ↓ ↓

 

 

レズビアンに気をつけろ

 

僕は来る日も来る日も、部活の前には部室でせんずりさせられ、アンダースコートの中に強制射精させられていました。

 

精液で汚れたアンダースコートは、毎日家に持って帰って、洗濯しなければなりません。

 

親にバレたくないので、こっそりと自分で洗っていました。

 

部室でのせんずりの後は、女子のテニスウェアを着せられて、部活をやらされていました。

 

スカートの下は、何も穿かせてもらえず、フルチン状態です。

 

女子部員達は、スカートの下で揺れるチンポを見て、笑っていました。

 

ある時、1年生の女子部員が僕に、

 

「毎日あんなエッチなことさせられて、嫌じゃないんですか?」

 

って聞いてきました。

 

僕は、

 

「嫌だけど、部活辞めたくても辞めさせてもらえないし、仕方ないんだ」

 

と答えました。

 

「嫌なのに、どうしてアソコが大きくなるんですか?男の人って、みんなそうなんですか?」

 

と不思議そうに聞かれると、困惑してしまいました。

 

なんとも答えようがないんです。

 

恥ずかしいし、嫌なんだけど、やっぱり女子に見られたり、触られたりしたら感じるし。

 

「男はみんなそうなんですか?」

 

て聞かれると、絶対とは言わないけれど、おそらく、ほとんどの男はそうなんじゃないかと思う。

 

でも1年生の女子相手に、そう答えることは出来ませんでした。

 

変態だと思われても困りまししね(もう思われてるかもしれないけど)。

 

だから屁理屈をこねて、適当に誤魔化しておきました。

 

そんな話をしている中で、僕はつい言ってしまったことがあります。

 

「卒業した先輩女子の中には、レズビアンの子もいたんだ。今の部員の中にもレズの子がいるよ。そういう趣味がないなら、気をつけた方がいいよ」

 

馬鹿なことを言ったなと、後になって後悔しましたが、まさに後の祭りでした。

 

ある土曜日のことです。

 

部活が終わったのは午後4時頃だったんですが、その日は部室でのせんずりは強要されなかったし、
女子のテニスウェアを着てフルチンで部活をやらせられることもありませんでした。

 

何だか不気味でした。

 

日課のようになっていて、僕も毎日覚悟していたことですから・・・。

 

そしたら部活が終わった後、先輩女子2人に、

 

「ちょっと今から付き合いなさいよ」

 

と誘われました。

この体験談の続きを読む

元カノの母が俺のデカチンに跨ってきたらセックスの相性抜群だった

元カノの母
画像はイメージです

 

別れた元カノのお母さんが家に来た

 

高校の時付き合ってたF子はクラスメイトで、2年から3年まで付き合っていた。

 

髪はサラリとして長く、スレンダーで目も大きく、かなり可愛くて俺には勿体無いほどだった。

 

セックスもお互い処女と童貞同士だったが、無事に卒業した。

 

F子の家に行くと、同じくらいの背丈、同じ髪形の、これまた美人な母親のY美さんがいた。

 

当時39歳で、周りの母親とくらべても結構若いお母様。

 

自分の母も若い方だったが、Y美さんは20歳の時にF子を産んだとか。

 

見た目も若いが、言葉づかいもF子と変わらない感じで、フレンドリーに接してくる母親だった。

 

「へぇ~、彼氏結構格好いいじゃん!F子と別れたら私が付き合おっかな~」

 

なんて言う面白い人。

 

一緒にゲームもしたりして、

 

「◯◯君超うまい!」

 

とゲームを通してY美さんと仲良しになった。

 

それからも時々家にお邪魔してはゲームで一緒に遊んでた。

 

高校卒業になり、F子は遠方の大学に進学となり、結局別れた。

 

自分は地元の大学に入学した。

 

大学に行きだしてしばらくしたある日、突然Y美さんに声を掛けられた。

 

「久し振り!あれから彼女出来た~?」

 

と話すY美さんが、

 

「ねぇ、暇なら新しいゲーム買ったんだけどさ、一人でやるのつまんないから家に来ない?」

 

だって。さすがに元カノの家なんで気が引けたが、Y美さんが

 

「誰もいないし気にしないでいいよ!乗りなよ」

 

と車に乗せられ家に連れていかれた。

 

F子がいなくても気が引けるまま家に上がり、Y美さんとゲームをした。

 

着替えたY美さんは胸元がユルユルで、屈むと谷間が見えてドキッとした。

 

俺は気になってチラチラと覗いていた。

 

ゲームに夢中になって気が付くと夜7時になっていた。

 

帰り車で送ってもらう時に連絡先をを聞かれたので教えた。

 

それからは時々、ゲームの話などでメールしたり、1回だけは俺のアパートで一緒にゲームをしたりもした。

 

そんなある日、夜10時前に携帯電話が鳴った。

 

「ねぇ~、今何してんの~?」

 

と明らかに酔ってる感じの喋り方で、

 

「忘年会やってたんだけどさぁ~、つまんないからそっち行っていい?」

 

と強引な電話だった。

 

ちょうどアダルト動画を見ながら、せんずり中だったので断ると、

 

「お願い、もう部屋の前だし」

 

と言われ、慌てて停止してテレビを消した直後にY美さんがピンポンとやってきた。

 

酔ってフラフラしてるので、支えながら部屋に入れて、とりあえず座らせた。

 

「上司にお尻触られて気分悪いの」

 

と言われ、

 

「どうせ触られんなら若い男がいいし」

 

だって。苦笑いしてると、

 

「◯◯君なら触ってもいいよ!」

 

と笑いながらお尻を突き出すY美さん。

 

細い身体の割に巨尻で、触り心地良さそう。

 

ちょっとだけ触ってみたら柔らかな感触だった。

 

「どう?」

 

と言われ、

 

「柔らかいです」

 

て言ったら、

 

「◯◯君のお尻も触らせて」

 

と言われてお尻を向けたら、

 

「どれ」

 

と触ってきて、

 

「やっぱ男の子のお尻は硬いねぇ~」

 

と。

 

「こっちも硬いんじゃないの~?」

 

そう言っていきなりチンポを触ってきた。

この体験談の続きを読む

射精管理している男性を焦らしまくって最後はオナニーさせました

射精管理
画像はイメージです

 

射精管理中の男性から会ってほしいと言われました

 

私は33歳の主婦です。

 

ある時ネットを通じて、

 

「射精管理して下さい」

 

という書き込みをしていた若い男性と知り合いになりました。

 

話を聞くと、毎日寸止めオナニーをしているらしく、一人では孤独を感じるからやる気にさせて欲しいとのことでした。

 

私も暇をもてあましていたので応じる事にし、最初はなんとなく、

 

「まだイッちゃダメ!」

 

とか

 

 

「今日もおちんちんシゴいて寸止めオナニーしなさい」

 

とかメールしていたんですが、彼と携帯の番号をやり取りするまで、さほど時間はかかりませんでした。

 

初めての電話の時は私のほうが緊張してドキドキしていたかもしれません。

 

最初は何でもない会話をしていたのですが、やがて話題はエッチな方向に行きました。

 

私は、

 

「今、オナニー出来る?」

 

と聞いてみました。

 

彼は息を漏らしながら、

 

「出来ます」

 

と言いました。

 

私は増々興奮してしまいました。

 

(私の命令で、彼はオナニーをしているんだ)

 

電話の向こうではぁはぁ言っているのが聞こえます。

 

息遣いが荒くなってきました。

 

しばらくして私は、

 

「もう、やめなさい!」

 

と言いました。

 

その日を境に、彼のおちんちんを私が支配することになったのです。

 

メールも直接携帯に送るようになりました。

 

「若い女性店員のいるコンビニでエロ本を買いなさい」

 

「今すぐ、近くのトイレに入って寸止めオナニーしなさい」

 

「返事が遅いわよ!私が許すまで、おちんちんには一切触れちゃダメ!」

 

それから約1ヶ月もの間、彼に射精を禁止しました。

 

すると一変して彼のほうから、

 

「会って下さい」

 

と言われたんです。

 

その時には、私にとりましても彼の存在は大きなものになっていたのです。

 

(会ってしまったら、この関係が終わってしまうのでは?)

 

という心配もありましたが、会わないでいると後悔が大きくなりそうな気がしたので、私は会う決断をしました。

この体験談の続きを読む